東京クラリネット教室
東京クラリネット教室

クラリネットを吹くための腹式呼吸を身につける

2019年03月23日2,093PV

クラリネットを吹くのに必要な腹式呼吸。

クラリネット演奏に大切な正しい腹式呼吸
部活で、レッスンで、しばしば聞く『腹式呼吸』。クラリネットを始めとして、管楽器を吹くには不可欠なことですが、正しく理解していますか?意外と、誤った認識が広まっているように感じるので、今回はわかっていそうでわ ...... 続きを読む
2019年03月17日1,356pv

意味はわかっていても、楽器を吹くとなると、うまくできない方も多いのではないでしょうか。

今回は、クラリネット演奏が格段に楽になる、腹式呼吸の身につけ方と、実際にクラリネットを吹く時に使えるようにするための練習方法を学んでいきましょう。

腹式呼吸を体感しよう

「理屈はわかってても、腹式呼吸ってできないんだよね」

「できてるのかできてないのか、わからないな」

という方のために、腹式呼吸の練習方法をお伝えします。

まずは、腹式呼吸の正解を知ることが大切。

簡単なのは、「体を横たえる」ことです。

仰向けで横になったら、お腹に手を当てて、呼吸に合わせて上下するお腹に意識を向けてみましょう。

吸ったら膨らみ、吐けばへこむ。

ごく自然に腹式呼吸ができていると思います。

その状態を、しっかり覚えましょう。

ここできちんとインプットすることが、後々クラリネットを持って練習する時に、大きな差となります。

ただし、寝ようと思って布団に入った時にこれをやってしまうと、気になってしまって寝つけなくなったりすることがあるので、注意して下さいね。

腹式の練習のポイントは前傾姿勢

腹式呼吸をしている状態がわかったら、次の段階は、体を起こしての腹式呼吸の体感です。

これが案外難しいので、いきなり楽器を吹く時のように普通に座ってやるのは、やめておいた方がいいと思います。

椅子に浅く腰かけたら、体を前に倒してみましょう。(かなり倒した方が、わかりやすいです)

手は、お腹に当てるか腰を掴むようにして、ゆっくりと息を吸い込みます。

お腹が膨らめば大丈夫。

きちんと腹式呼吸ができています。

できていたら、徐々に体を倒す角度を浅くしていきましょう。

最終的に、クラリネットを吹く姿勢まで持っていければ、この練習は終了です。

うまくできなかった時は

もしも「え、膨らまないけど」という方は、吸いながら自分の意思で膨らましてみましょう。

もちろん吐いたらへこませます。

始めのうちは、「わざと膨らませる」「わざとへこませる」で構いません。

いずれ呼吸とお腹が連動してきて、吸えば膨らむし、吐けばへこむようになります。

クラリネットを吹く姿勢で実践

腹式呼吸の感覚が掴めたら、クラリネットを構えてみましょう。

楽器を吹く姿勢ですので、背中はまっすぐ(反ったり丸まったりしては駄目です)、椅子の前の方に座って、足をしっかりついて下さい。

上半身から、余分な力が抜けるはずです。

準備ができたら、息を吐いてみます。

お腹に意識を向けて、へこんでいるかを確認しましょう。

その際注意するのは、「ふぅ」とため息をつくように、脱力しながら吐かないことです。

人の体の動きは対になっていますので、吐きながら脱力してしまうと、吸う時に力が入ってしまいます。

また、力を抜くと肩が下がるので、吸った時に肩が上がって、体の重心が上に上がり、胸式呼吸になってしまうのです。

あくまでも体(背中)はまっすぐにし、余分な力が抜けている状態からは動かないようにすることが大切です。

しっかり体の中の空気を出したら、力まずにたっぷり吸い込みましょう。

陥りやすいお腹の使い方

「これ以上吸えない」というところまで吸い込んだら、楽器に息を吹き入れるわけですが、その際の空気の出し方も、大切なポイントです。

歌を歌おうと息を吸い込み、歌っている最中、お腹がみるみるへこんでいく、ということは、そうそうないはずですが、いざクラリネットを吹くとなると

  • 吹く瞬間に「フッ」とお腹がへこむ
  • 吹いている間にどんどんお腹がへこんでいく

ということが、起きやすいはずです。

一気にお腹がへこむのは、音を出そうと勢いよく空気を押し出していることが原因です。

また、徐々にお腹がへこんでいくことに関しては、お腹の使い方を間違えているのと併せて、空気の使い方のイメージがしっかり持てていないことが考えられます。

では、空気の使い方の良いイメージとは、どんなものでしょうか。

腹式呼吸の際の息の正しいイメージ

吸い込んだ空気を、太い円柱状のものと仮定して考えてみましょう。

その円柱がどんどん細くなっていくのが、上記の「吹いている間にどんどんお腹がへこんでいく」状態です。

太い柱が細くなっていくということは、柱自体がぐらついてしまうので、体やお腹にぐっと力を入れて、そのぐらつきを抑え込む必要があります。

力を入れてしまっては、息が自然に出せないことは、もうおわかりですよね。

では、どうしたらいいのか。

円柱の太さは維持したまま、上から息を使っていくのが、理想の息の使い方、と言えます。

歌っている時は、この息の使い方が自然にできるので、お腹がへこんでいかないのです。

図にすると、

このようなイメージです。

薄い色が先に使われていく空気、濃い色が残っている空気です。

右図のように、吸い込んだ時の太さ(お腹の膨らみ)を維持することで、それが支えになり、クラリネット演奏時に、どこにも力を入れずに一定の息を保つことが可能になります。

そのことを気にしながら、適当な高さでいいので、一回「あー」と歌ってみましょう。

息を出しても、お腹の膨らみが変わらないことが改めて体感できたら、いよいよ最後の段階です。

クラリネットに息を入れてみる

イメージが掴めたら、いざクラリネットの中に息を吹き入れてみましょう。

この時に、頑張って大きい音を出そうとすると、呼吸や体の使い方は元に戻ってしまいます。

ひとまず、今は正しい腹式呼吸を身につけ、それを利用して余分な力を使わずに楽器を吹くことが目的ですので、体が楽であることに重点を置きましょう。

そのために、ここで使う息は、音が鳴るか鳴らないかくらいでも構いません。

一度、体の中の空気を吐き出し、たっぷりとお腹に吸い込んで、先の「円柱を上から使っていくイメージ」でそっと楽器に息を入れます。

いかがですか?

歌を歌う時のように、どこにも力を入れることなく、継続して息を体から出すことができましたか?

慣れてきたら、徐々に息の量を増やし、しっかりとした音が鳴らせるところまで持っていきましょう。

この時に、焦りは禁物。

今までやってきたことを変える時に、焦ってしまうと、現時点で吹きやすい「以前の吹き方」にあっさり戻ります。

少しずつ、きちんと身につけてから、普段の演奏で使える状態に持っていきましょう。

楽な演奏を目指して

正しい腹式呼吸が身につくと、体に力を入れることがなくなりますので、演奏が楽になります。

また、「なかなか息が続かない」といった悩みの解決の一助にもなります。

まずはクラリネットがない状態で、腹式呼吸を練習し、だんだんと楽器を吹く時にも使えるようにしていきましょう。

その他の講師ブログ
バスクラリネット用シャイニーケースのここがお勧め!

バスクラリネット用シャイニーケースのここがお勧め!

クラリネットをやっている方の中で、個人持ちの割合が多いのは、B♭管・A管と、バスクラリネットかなと思いますが、楽器ケースについて興味を…

2019年09月20日172PV

バスクラリネット用シャイニーケース使用時の注意点

バスクラリネット用シャイニーケース使用時の注意点

先日、バスクラリネット用シャイニーケースを購入しました。バスクラリネット用シャイニーケースのここがお勧め!このケースは、L…

2019年09月27日138PV

クラリネット演奏で右手人差し指を効率的に使おう

クラリネット演奏で右手人差し指を効率的に使おう

クラリネットを吹く上で、左右どちらとも「人差し指を効率的に使う」ことができると、運指のスムーズさは格段に向上します。クラリネッ…

2019年10月23日351PV

良いクラリネットリードを選ぶチェックポイント

良いクラリネットリードを選ぶチェックポイント

クラリネットを吹くに当たって、絶対に避けて通れないのがリードの問題。自分に合ったもの・自分の好みのものを見つけることが、不可欠…

2019年10月30日244PV

クラリネットを定期的に調整に出すことの大切さ

クラリネットを定期的に調整に出すことの大切さ

個人でクラリネットを持っている方は、『修理』ではなく『調整』のために、楽器店や工房に行っていますか?「楽器は、壊れた時だけ職人さん…

2019年11月28日176PV

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。当た…

2016年03月10日44,805PV

クラリネットのマウスピースとリガチャーの選び方

クラリネットのマウスピースとリガチャーの選び方

マウスピースとリガチャーっていつ交換するの?そもそも交換する物なの?はい、どちらも消耗品なので交換する必要があります。ただ、使ってる頻…

2016年03月10日19,718PV

綺麗な音は姿勢から!クラリネットの正しい練習方法

綺麗な音は姿勢から!クラリネットの正しい練習方法

小学校~高校の、吹奏楽部クラリネットパート指導に行くことがあります。初めて行く学校や久しぶりに行く学校もあるので、現在どの程度のレベル…

2016年03月09日10,418PV

クラリネットが現在の形に至るまでの歴史

クラリネットが現在の形に至るまでの歴史

クラリネットとは?「クラリネットをやっています」と言うと、必ずのように「あぁ!壊れちゃったやつですね」とか「パパからもらったや…

2015年09月03日10,361PV

吹奏楽とオーケストラ、ブラスバンドの違いとは

吹奏楽とオーケストラ、ブラスバンドの違いとは

「吹奏楽、オーケストラとブラバンの違いって …… 何ですか?」こんな質問を個人レッスンや学校の生徒から聞かれる事があります。私の個人レ…

2016年03月09日9,831PV

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


音大進学サポートプラン

音大進学サポートプラン

基礎ピアノに聴音、ソルフェージュの進学サポートプラン


アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

音大進学サポートプラン

音大進学サポートプラン

基礎ピアノに聴音、ソルフェージュの進学サポートプラン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネットで音楽的な演奏をするためのコツ

クラリネットで音楽的な演奏をするためのコツ

いよいよ、第5回発表会まで、残り1ヶ月となりました。今回も、ソロやアンサンブルで、多くの生徒さんにご参加いただきます。出演予定…

2019年11月29日257PV

右手の使い方でクラリネットの運指スピードを上げよう

右手の使い方でクラリネットの運指スピードを上げよう

東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんには、部活や一般の楽団、また当教室のアンサンブルなどで合奏に参加されている方がたく…

2019年10月26日339PV

クラリネット上達に欠かせないロングトーン練習

クラリネット上達に欠かせないロングトーン練習

東京クラリネット教室には、クラリネットを未経験から始めて、徐々にできることが増えてきた方や、長いブランクを経てクラリネットを再開し…

2019年09月26日385PV

クラリネット演奏中に迷子にならないようにする方法

クラリネット演奏中に迷子にならないようにする方法

最近、吹奏楽部に所属している中学生や高校生の入会が増えています。また、小学校~高校の部活へ、クラリネットパート指導にも行っていますが、…

2019年08月30日438PV

クラリネットを吹く際の緊張コントロール術

クラリネットを吹く際の緊張コントロール術

いよいよ、東京クラリネット教室第4回発表会が近づいてきました。今日のレッスンで、出演する生徒さんが「私、すごく緊張するんです…」とおっ…

2019年07月06日740PV

クラリネット上達のために自分の得意を見極めよう

クラリネット上達のために自分の得意を見極めよう

自分は基礎練習が得意なのか、曲が得意なのか、ということを考えたことがありますか?日々レッスンをしていると、自分の得意なことを知っている…

2019年06月23日607PV

クラリネット演奏の敵である「力」を抜こう

クラリネット演奏の敵である「力」を抜こう

クラリネットのレッスンをしていると、「吹く時に力が入ってしまう」という悩みがある方や、力が入っている自覚はないものの「なんかしんどい……

2019年05月16日1,348PV

クラリネット演奏時の適切な顔の角度を見つけよう

クラリネット演奏時の適切な顔の角度を見つけよう

クラリネットを吹く上で、顔の角度というのは、音色の良し悪しや、リードミスの有無などに繋がるとても大切なポイントです。吹奏楽部のクラリネ…

2019年04月23日1,152PV


アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

各自が責任を持って自分のパートを鳴らそう
バンドアンサンブル

各自が責任を持って自分のパートを鳴らそう

2019年11月26日、第42回目のバンドアンサンブルが開催されました。久しぶりに、全員揃っての演奏になるかなと楽しみにしてい…

2019年11月26日207PV

音程と縦の線を合わせて演奏の質を格上げする
初級者アンサンブル

音程と縦の線を合わせて演奏の質を格上げする

2019年11月25日、今年11回目の初級者アンサンブルが行われました。先月、体験参加された生徒さんが、今回から正式にご参加下さる…

2019年11月25日186PV

アンサンブルは段階を追って組み立てよう
上級者アンサンブル

アンサンブルは段階を追って組み立てよう

本日は、上級者アンサンブルが行われました。今回の参加者は、発表会に出演予定のB♭クラリネット4名とバスクラリネット1名の、計5名です。…

2019年11月24日218PV

アンサンブルで合奏力を上げるために必要なこと
中級者アンサンブル

アンサンブルで合奏力を上げるために必要なこと

先月から始まった土曜日午前中のアンサンブルクラスの第2回目が、早速行われました。前回から2週間しか経っていないのですが、ほぼ全…

2019年11月02日192PV

クラリネットでAnother Day of Sunに挑戦
バンドアンサンブル

クラリネットでAnother Day of Sunに挑戦

2019年10月29日、第42回目のバンドアンサンブルが開催されました。東京クラリネット教室第2回ライブから、3週間が経ちまし…

2019年10月29日176PV

誰かに聞かせるための演奏で心がけること
初級者アンサンブル

誰かに聞かせるための演奏で心がけること

2019年10月28日、今年10回目の合奏未経験者向けアンサンブルが行われました。今日は、アンサンブルデビューの体験の方がいら…

2019年10月28日280PV

アンサンブルで上手に演奏するための準備と練習方法
上級者アンサンブル

アンサンブルで上手に演奏するための準備と練習方法

本日は、合奏経験者向けアンサンブルが行われました。B♭クラリネット4名とバスクラリネット1名、そこに体験の方が2人いらして下さ…

2019年10月27日287PV

苦手なリズムを克服するための練習方法
中級者アンサンブル

苦手なリズムを克服するための練習方法

今回の参加者は、B♭クラリネット6名と、講師のバスクラで計7名です。アンサンブルに興味はあったものの、なかなかご予定が合わず、…

2019年10月19日148PV

各自が責任を持って自分のパートを鳴らそう
バンドアンサンブル
音程と縦の線を合わせて演奏の質を格上げする
初級者アンサンブル
アンサンブルは段階を追って組み立てよう
上級者アンサンブル
アンサンブルで合奏力を上げるために必要なこと
中級者アンサンブル
クラリネットでAnother Day of Sunに挑戦
バンドアンサンブル
誰かに聞かせるための演奏で心がけること
初級者アンサンブル
アンサンブルで上手に演奏するための準備と練習方法
上級者アンサンブル
苦手なリズムを克服するための練習方法
中級者アンサンブル

ブログ
Blog

ブログ
Blog

クラリネットを定期的に調整に出すことの大切さ

クラリネットを定期的に調整に出すことの大切さ

個人でクラリネットを持っている方は、『修理』ではなく『調整』のために、楽器店や工房に行っていますか?「楽器は、壊れた時だけ職人さん…

2019年11月28日176PV

良いクラリネットリードを選ぶチェックポイント

良いクラリネットリードを選ぶチェックポイント

クラリネットを吹くに当たって、絶対に避けて通れないのがリードの問題。自分に合ったもの・自分の好みのものを見つけることが、不可欠…

2019年10月30日244PV

クラリネット演奏で右手人差し指を効率的に使おう

クラリネット演奏で右手人差し指を効率的に使おう

クラリネットを吹く上で、左右どちらとも「人差し指を効率的に使う」ことができると、運指のスムーズさは格段に向上します。クラリネッ…

2019年10月23日351PV

バスクラリネット用シャイニーケース使用時の注意点

バスクラリネット用シャイニーケース使用時の注意点

先日、バスクラリネット用シャイニーケースを購入しました。バスクラリネット用シャイニーケースのここがお勧め!このケースは、L…

2019年09月27日138PV

バスクラリネット用シャイニーケースのここがお勧め!

バスクラリネット用シャイニーケースのここがお勧め!

クラリネットをやっている方の中で、個人持ちの割合が多いのは、B♭管・A管と、バスクラリネットかなと思いますが、楽器ケースについて興味を…

2019年09月20日172PV

クラリネットストレートケースのメリット・デメリット

クラリネットストレートケースのメリット・デメリット

「クラリネットの出し入れ、面倒だなぁ…」なんて思ったことはないですか。正直なところ、私はあります。実はクラリネット、吹奏楽やオーケスト…

2019年08月28日286PV

吹奏楽コンクールに向けてクラリネット奏者がやるべきこと

吹奏楽コンクールに向けてクラリネット奏者がやるべきこと

吹奏楽コンクールの季節ですね。教えに行っている学校や、東京クラリネット教室の小中高生の吹奏楽部員の生徒、また一般の方でも、コンクールを…

2019年08月13日310PV

楽譜にドレミを書かずにクラリネットを吹けるようにしよう

楽譜にドレミを書かずにクラリネットを吹けるようにしよう

「楽譜をパッと読むことに自信がない」という理由で、音にドレミを振っている方は、少なくないと思います。特に、吹奏楽部に教えに行くと、「ピ…

2019年07月31日429PV


クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

東京クラリネット教室第2回懇親会

東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。東京クラリネット教室第2回ライ…

2019年10月17日169PV

東京クラリネット教室第2回ライブ

東京クラリネット教室第2回ライブ

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブが行われました。ライブで演奏するのは、バンドアンサンブルのメンバー。…

2019年10月12日130PV

東京クラリネット教室第4回発表会

東京クラリネット教室第4回発表会

2019年7月7日、東京クラリネット教室第4回発表会が行われました。日々変わる天気予報に一喜一憂した数日間でしたが、結局は朝か…

2019年07月07日526PV

第4回音高・音大受験の実技模試

第4回音高・音大受験の実技模試

2019年2月10日(日)、本年2回目となる、東京クラリネット教室「第4回音高音大受験の実技模擬試験」が行われました。「専攻楽器のレッ…

2019年02月10日715PV

第3回音高・音大受験の実技模試

第3回音高・音大受験の実技模試

2019年1月14日(月・祝)、東京クラリネット教室「第3回音高音大受験の実技模擬試験」が開催されました。昨年も開催したこの実技模試で…

2019年01月14日905PV

東京クラリネット教室第3回発表会

東京クラリネット教室第3回発表会

2018年12月24日、東京クラリネット教室第3回発表会が行われました。風が少し強かったものの、無事に晴れて一安心。湿度が…

2018年12月31日774PV

保育園訪問演奏

保育園訪問演奏

9月のとある日、ご依頼をいただき、保育園に訪問演奏に行ってきました。「30分くらいで、子供達が一緒に演奏できる曲も入れてもらって、あと…

2018年10月01日858PV

東京クラリネット教室第1回懇親会

東京クラリネット教室第1回懇親会

2018年9月2日、東京クラリネット教室初ライブに引き続き、第1回懇親会が開催されました。東京クラリネット教室初ライブ教室…

2018年09月16日878PV