第3回目のアンサンブルでした。

4月に見学に来てくれた生徒が、今日から加わってくれることになりましたが、元々参加していた方と、あまりにやりたい曲のジャンルが違うので、前後半に分けることに。

ちょうど、直前に体験レッスンに来ていた大学生が、見学に来てくれました。

今日の編成も、前後半ともにクラリネット・ギター&ベース(曲によって持ち替え)・ドラム・キーボードの4人です。

演奏曲目前半(順不同)

  1. A whole new world
  2. ルージュの伝言

演奏曲目後半(順不同)

  1. Eleanor Rigby
  2. In my life

A whole new world

『A whole new world』は、昨年の発表会で、ピアノ伴奏で吹いた思い入れのある曲です。
それ以来少し間が空きましたが、思い出しながらの演奏。

この曲は、クラリネットでは♯1つで始まり、途中で♭3つに転調します。
クラリネットには比較的めずらしい♭系の曲であること、転調してからの音の高さに、ついつい動揺してしまうこと、また今回は以前と違うバンド形式ということで、緊張の音出しだったようですが、なかなか度胸のある子なので、堂々と演奏していました。

ルージュの伝言

『ルージュの伝言』は、クラリネットにとって出しやすい音域ですし、それこそ「歌うように」吹けて、さらっと通すことができました。
レッスンでは、ピアノ伴奏で練習していましたが、原曲のようにドラムが入ると、一気にかっこよくなりますね。

気になるところを少しだけ練習してもらってから、何回か通して、前半終了です。

このまま、次のアンサンブルも聞いていくとのことで、後半の生徒さんは、見学者2人の中吹くことになりました。
口では「いやいや、聴かずに帰っていいんですよー」とおっしゃっていましたが、初回のように変な緊張をされるわけでもなく、落ち着いて吹けるようになってきました。

やはり慣れは大事ですね。

普段の練習から意識すること

ただ、曲を吹くとなると、どうしても基礎練習と吹き方が変わってしまい、ピーピー鳴ってしまうのは、残念なところ。
ご本人は「変えてるつもりはないんですが…」とのことですが、クラリネットはほんのわずかでも、口や息の力加減が変化すると、ピーやキャーが出てしまいます。

せっかく、ロングトーンではいい音がしているので、「曲を吹くんだ」と気負うことなく、また、指や体にも力が入らないように気をつけて吹けるように、練習の時から気をつけてみて下さい。

とは言え、かなり上達もしてきましたし、曲を楽しむ余裕も出てきたようなので、後半の生徒さんは、来月から新しい曲にも挑戦することになりました。

楽譜を準備しておきますので、より一層頑張って練習して下さいね。

次回のバンドアンサンブル

2019年10月29日(火)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

バンドアンサンブル

ライブ後初のアンサンブルです。
本番で演奏した曲に加え、新曲もできたらいいなと思っていますが、何をやるかはお楽しみに!
クラシック以外の曲を、クラリネットで吹いてみたい方は、ぜひご参加下さい。

バンドアンサンブルは
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags