最新動画 良かったら観てね

押さえるべきクラリネットアンサンブルの要点

71PV
人数が揃わない中頑張って合わせる初級者アンサンブルメンバー

2023年12月18日、今年12回目の初級者アンサンブルが行われました。

7名いたメンバーが3名になってしまい、今年の最初の頃からしばらくは少し寂しかったですが、次の発表会に向けて1名戻ってきて下さったので、4名で年末を迎えられて良かったですね。

とはいえ、皆さんお忙しくて、なかなか全員揃わないのが残念なところ。

本日も、お仕事のご都合でお一人お休みになってしまいましたので、B♭クラリネット3名で合わせていきます。(通し演奏の時のみ講師も参加)

演奏曲は、モーツァルト作曲『アヴェ・ヴェルム・コルプス』とF.チャーチル作曲『いつか王子様が』です。

そろそろ仕上げスイッチを入れよう

東京クラリネット教室は、約半年に1回発表会がありますので、譜読み~本番までのアンサンブルクラスの回数は、6・7回です。

今回は、前回発表会後からのクラスは6回。
今日を入れて残り3回ですので、もうすでに折り返しを過ぎていることになります。

以前、他のクラスでもお話しましたが、アンサンブルや合奏など、複数人で演奏する場合、仕上げの目標を本番にしてはいけません

本番に照準を合わせてしまうと、もっと音楽的な仕上げを目指せたかもしれないのに、「とりあえず楽譜通り音を出せた」という状態になりがちだからです。

楽譜に書いてある音を正しく出すのは当たり前で、そこからいかに「自分達の演奏」をするかが大切です。

少なくとも新年からは「仕上げスイッチ」をバシッと入れていきましょう。

押さえるべきクラリネットアンサンブルの要点

個人練習の時間中にそれぞれの悩みを話す初級者アンサンブルメンバー

クラリネットアンサンブルに限らず、2人以上で合わせる時には

という点がポイントになってきます。

特に、「自分のパートを責任を持って演奏する」というのは、当たり前のことなので簡単そうに思えますが、書いてある音だけでなく、アーティキュレーションや強弱なども、全てにおいて楽譜通り吹くことが求められますので、もしかしたら楽器演奏上一番難しいことかもしれません。

そうなると、楽譜通りに吹くことばかりに集中してしまい、「出だしのブレスのシンクロ」以下4点の「他の人と合わせる作業」が、どうしても置き去りになります。

結果、ずれても気づけなかったり、音楽を作り上げるところまで至らず、アンサンブルとして惜しい仕上がりになってしまいますので、みんなで合わせる時には、合わせることに集中できるように、しっかり個人練習をしておくようにしましょう。

今回も、例えば出だしがぴたっと揃って出られた時は、その後も気持ち良く吹くことができたと思います。

ちょっとしたことで、演奏していく心持ちも変わっていきますので、少なくとも今回挙げた5点はしっかり押さえて、アンサンブルに臨むようにしていきましょう。

本番へのイメトレをしておこう

人数が揃わない中頑張って合わせる初級者アンサンブルメンバー

今回、最後の通しで初めての録音をしたわけですが、やはり「録音」というプレッシャーがあるだけで、自分の実力を発揮できなかったり、今日やったことが出せなかったり、いろいろとアクシデントがありましたね。

これは、本番にも通じます。

発表会では、場所は練習時よりかなり広く、お客さんもいるわけですし、さらなる緊張もします。

そのような中で、いかにそれまで練習してきたことを出せるか、というのは、イメトレをしておくことでもだいぶ変わってきますので、過去の経験を生かして、本番を想定した練習をしておくようにしておきましょう。

もちろん、安定した技術面を手に入れることも大切です。
うまく時間を使って、練習を重ねておいて下さいね。

クラリネット無料体験レッスン クラリネット無料体験レッスン
合奏
クラリネットの吹き方 170
基礎練習 154
音楽の知識 68
クラリネット 51
基礎 43
読譜 32
演奏技術 32
吹奏楽・オーケストラ 29
運指 28
リード 22

全621件 1〜16件目を表示中

最新記事一覧
レッスン日誌一覧
アンサンブル一覧
講師ブログ一覧
クラリネットイベント一覧