最新動画 良かったら観てね

拍子を正しく知ってリズムを掴もう

1,579PV
初見の楽譜を座って吹く生徒

読譜は得意ですか?

東京クラリネット教室に通われている生徒さんも「新しい曲は、慣れるまでが大変」とおっしゃっている方が、たくさんいらっしゃいます。

新しい楽譜をすらすら吹くためには、「音」が読み取れることと、「リズム」が読み取れることが必要です。

今回は、「リズム」に焦点を当てて、苦手克服を目指しましょう。

拍子の読み方を知ろう

まず、楽譜を読む時に大切なのは「拍子」です。
拍子を見ていないのに、リズムを掴むことはできません。

では、拍子の読み方・意味は、きちんとわかっていますか?

拍子の説明の楽譜

ここに、3種類の拍子があります。

各拍子の名前は書いてありますが、分母(赤丸)と分子(青丸)が、何を表しているのか、正しく理解しているでしょうか。

分母(赤丸)は、音符の種類です。
左から、四分音符・八分音符・二分音符を表しています。

また、分子(青丸)は、1小節の中に、その分母の音符が何個入るかを表しています。

すなわち、

ということです。

ではなぜ、このようにいろいろな拍子があるのでしょうか。

拍子の違いによる基準の違い

上記の3つの拍子の大きな違いは、基準となる音符の種類が異なる点にあります。

基準の音符、1小節に入る音符の数の違いで、曲の表情が変わりますので、作曲者の求める音楽により、様々な拍子というのが存在するのです。

さて、4分の4拍子では、四分音符が1小節に4つ入る、とお伝えしました。
この場合は、四分音符を1と数えます。

8分の6拍子だと、八分音符が基準になりますので、八分音符が1になり、四分音符は2になります。
2分の2拍子であれば、二分音符が1になるので、四分音符は0.5です。

これが正しくわかっていなければ、何を基準にカウントされているのかわからないため、楽譜を見てもリズムをはめることは不可能、ということになってしまうのです。

新しい曲を始める時には、まず拍子を見て、数え方をしっかり把握しましょう。

リズムのはめ方のコツ

クラリネットアンサンブルのスコア

「リズムがわからない!」という時は、ついつい逃避したくなりますが、そうもいきません。
まずは落ち着いて、先程の「拍子で決まった基準の音符」にはまる音を見つけましょう。

例えばこの譜例は、拍子記号が写っていませんが、2分の2拍子ですので、各小節2拍ずつで進んでいきます。

その2拍にはまる音(カウントに合う音)を見つけましょう。

この曲の場合、Cの1小節目の2拍目のあたまはタイですので、改めて音が鳴ることはありません。

また、シンコペーションで少し複雑なため、「なんだかよくわからない…」という場合は、裏拍にあたる、四分音符にはまる音を探してみて下さい。

今の説明を楽譜に書き込んでみると、

拍の数え方が書き込まれた楽譜

このようになります。

まずはカウント(数字)にはまる音を見つけ、それでもよくわからなければ、裏拍(ト)にはまる音を見つける、これがリズムを掴むための第一歩です。

この理解なくして、正しいリズムでの演奏はあり得ません。

もっと細かい音符(三十二分音符や六十四分音符など)が出てきてしまった場合は、さらに細分化して、八分音符や十六分音符を基準に考えるといいでしょう。

拍子を理解し、リズムを理解する

歌いながら新曲の譜読みをする生徒

拍子をきちんと把握しないことには、リズムを紐解くことができないことが、おわかりいただけましたか?

「拍子の理解はなんとなく」「リズムは雰囲気で」では、ピシッとした演奏は絶対にできません。

そんなに難しい作業ではありませんので、まず拍子を見る、そこで定められたカウントにリズムをはめる、ということを、当たり前にできるようにしていきましょう。

クラリネット無料体験レッスン クラリネット無料体験レッスン
リズム 基礎練習 音楽の知識
合奏 215
音楽の知識 67
クラリネット 48
基礎 40
演奏技術 32
読譜 28
リード 21
イベント 18
拍子 18
リズム 18

全500件 1〜4件目を表示中

最新記事一覧
レッスン日誌一覧
アンサンブル一覧
講師ブログ一覧
クラリネットイベント一覧