最新動画 良かったら観てね

クラリネットで息が鼻に抜けてしまう状態の解決方法

108PV
笑顔で楽譜を指差しながら話をする生徒

すでに梅雨のような日が続いたり、かと思えば爽やかな日になったりして、クラリネット吹きにとってリードの管理が大変な季節がやってきましたね。

気に入って使っているリードの状態が変わってしまうのもそうですし、しばらく吹いてなくて置いてあったリードがかびてしまう、なんてこともありますので、なるべく温度・湿度ともに安定した場所で保管するようにしましょう。

さて、日々クラリネットのレッスンをしていると、いろいろなお悩みの相談を受けますが、多いご相談の1つが「楽器を吹いていると、鼻に息が抜けてしまう」というもの。

私も高校時代になってしまったことがありますが、本当に辛いですよね。

「周囲に、なった経験がある人がいなくて、どうしていいかわからない」ということも、一緒に聞くことが多いので、今回は鼻から息が抜けてしまう原因と、その解決方法について知っていきましょう。

クラリネット演奏で鼻から息が抜ける原因

クラリネットを吹いていて、意図せず鼻から息が抜けてしまう原因は、簡単に言うと力です。

本来は、お腹を使ってたっぷり息を吸い込み、その息が自然に体から出てきて楽器に入るものなので、のどや口というのはただの通過点でしかありませんし、力はどこにも必要ありません。

また、普段「空気を口から出すぞ」と思った時と、「鼻から出してみよう」と思った時では、のどの意識が切り替わってくれるものです。
クラリネットを持っていない時にやってみると、よくわかりますね。

しかし、「音を大きく出さなきゃ!」などの理由で、息をしっかり吹き込もうとした結果、口元で息を出すような形になってしまうと、のどから後頭部にかけて力が入ってしまいます。

その過剰に力をかけた状態で吹き続けていると、切り替えのスイッチが利かなくなってしまい、「口から出そうとしているのに、勝手に鼻からも息が出てしまう」という状態になってしまうのです。

クラリネットで息が鼻に抜けてしまう状態の解決方法

レッスンの始めにロングトーンをする生徒

クラリネットを吹いていて、鼻から息が抜けてしまうのは、本当に苦しくて辛いですし、のども痛くなってしまったりするので、なるべく早くその状態から抜け出したいですよね。

ただ、「今すぐに直したい!!」と焦ってしまうと、ドツボにはまってしまう可能性があるので、絶対にすぐに結果を求めないようにしましょう

「すぐ治りますよ!」と言いたいところではあるのですが、正直鼻から息が抜ける状態の改善は、時間がかかります。

さて、治すにあたって一番大切なのは、「力を入れなくても音が出せる、ということを体に再度覚えさせる」ということです。

クラリネット演奏時に、鼻から息が抜ける症状が進んでしまい、「疲れた時だけなどではなく、クラリネットを吹こうとすると、ずっと鼻抜けしてしまう」という状態になっている場合、体も頭の中も、「クラリネットを吹く=口からも鼻からも息が出る」と思い込んでしまっています。

これを断ちましょう。

部活などで吹き続けていると、なかなか難しい話ではあるのですが、いつものように練習し続けていては、現状から脱却できません。

そこで、まずはクラリネットにそっと息を入れてみましょう。
音は鳴らそうとしなくて大丈夫です。

その時に、ゆったりしたスピードできちんと一度吐き切って、たっぷり吸って、同じスピード感の息をクラリネットに入れます

力が入る原因の一つが、ブレスしたスピードと、音を出そうとした時の息のスピードの差ですので、必ず同じになるように気をつけましょう。

また、吸い込む量も大切です。
最大限吸うことを目指して下さい。

「音を出そう」と思わず、「ゆっくり息を入れよう」と思うことで、口のみから息が出ることが確認できたら、ほんの少しだけ息のスピードを上げて、もう一度ブレスから始めます。

上げてもできたら、もう少し上げる…ということを、少しずつ繰り返すと、「クラリネットを吹く時は、口からだけ息を出す」という、以前は当たり前にやっていたことを、体と脳が思い出し、それが普通になってきます。

ただし、先述の通り、絶対に焦ってはいけません

「できた!じゃ、次。次。次…」と進んでいくことは、運良くできている可能性もあり、根本解決にならないので、ちゃんと時間をかけるようにして下さい

また、この方法でできるようになっても、曲を吹くと元通り、では、せっかくの練習時間がもったいないことになってしまうので、「曲を吹いても変わらないかな」「大きな音で吹こうとしても大丈夫かな」と、都度厳しめのチェックをするようにしましょう。

他にも、普通に吹く時だけでなく、タンギングの時に限って鼻から抜ける、という場合なども、息を弱めたり、舌の動きをゆるやかにして、修正していって下さいね。

すぐには無理でも治すことはできる!

レッスン中に笑顔の生徒

クラリネットを吹いていて、鼻から息が抜けてしまう状態が続いていると、「もうこのまま治らないんじゃないか…」と絶望的な気持ちになることもあるかと思います。

でも、鼻抜けの経験者の私は、そんなことがなかったかのように、今は普通にクラリネットを吹いていますので、悩んでいる皆さんも必ず抜け出せる日がきます。

「何かをせねば!」と思った時に、どこにも力が入らない、という方は少ないと思います。

「鼻から抜ける息をどうにかせねば」「治さねば」と思えば思うほど、体やのどに力が入り、ますますどうしていいかわからなくなる可能性がありますので、今回お伝えした方法で、少しずつ「楽に吹いていた時の自分」を取り戻していって下さい。

また、今鼻から息が抜けるようなことはなくても、「一生懸命吹いていると、鼻の奥が『クッ』『クッ』と鳴ることがあるなぁ」と思っている方は、鼻抜けの予備軍ですので、早い段階で吹き方を見直して、鼻から息が抜けてしまう状態になる前に食い止めましょう。

鼻抜けの予防に努めることと、なってしまったら焦らないことで、クラリネットを楽しく演奏していきましょうね。

クラリネット無料体験レッスン クラリネット無料体験レッスン
クラリネットの吹き方 ブレス
合奏 236
基礎練習 148
音楽の知識 67
クラリネット 48
基礎 41
演奏技術 32
読譜 28
運指 25
リード 21
吹奏楽・オーケストラ 20

全529件 1〜4件目を表示中

最新記事一覧
レッスン日誌一覧
アンサンブル一覧
講師ブログ一覧
クラリネットイベント一覧