第5回音高・音大受験の実技模試

1,880PV
演奏しているトランペットのアップ

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。

この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。

受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発揮することが求められます。

どんなにコツコツと練習を重ねてきて、イメージトレーニングをしてきても、想定外のことが起こるのが本番。
少しでも、入試までに経験を積んでおくことが大切です。

本日試験官をやって下さるのは、プロのトランペット奏者の方。
東京クラリネット教室の講師と合わせて2名が試験官、また教室関係者2名も、スタッフとして入室しますので、計4名の前で演奏してもらいます。

今回は、東京都立総合芸術高校音楽科(総芸)の入試を想定して、なるべく忠実に、本番の流れなどを再現します。

集合時間は「到着時間」ではない

実技模試の説明を聞く参加者

入試においては「何時までに集合するように」という指示が、各学校からあります。
しかしこれは、学校に到着すればいい時間ではありません。

今回の参加者も、こちらからお伝えした集合時間に、かなり余裕を持って、会場に到着していました。
いいことですね。

交通機関の遅延や道に迷うことの想定、また、ぎりぎりに到着した時に、心の余裕を失うことを考えたら、早く着くことにデメリットはありません。

会場となる、学校までの行き方を下調べしておくことにプラスして、当日は充分な時間の余裕を持っておきましょう。

その際、学校内に入れないことも予見して、防寒対策はしっかり行って下さいね。

臨機応変さを身につけておく

実技模試で控室に移動する参加者

試験当日は、未知のことだらけです。

どこで待たなくてはいけないのかに始まり、待ち時間や楽器を出せるタイミング、音を出す場所は?音出しの長さは?その部屋には何人で入るの?…と、考え始めたらきりがありません。

志望校の入試に関して、あらかじめ情報を集められる限り集めておくことは大事ですが、それができない場合もあります。

どんな状況になっても平常心で、落ち着いて対応できるように、自分をきちんと持っておきましょう。

東京クラリネット教室の実技模試の特徴は「2回本番を体験できる」こと。
もちろんこの2回は、違うシチュエーションです。

違うということは、「臨機応変さ」が求められます。

今回は、1回目は音出し・本番共に合同、2回目はどちらも個別で行います。
この場で、どんどん対応力を身につけましょう。

待ち時間との向き合い方

実技模試で音出しを待つトランペットの参加者

学校や受験生の人数によって、複数人同時に個別なり合同なりで、練習室にて音出しをさせてもらえることもありますが、それでも受験生全員同時ということはありえないので、待ち時間というのは、音高・音大入試において決して逃れられないものです。

その間、どう気持ちを維持し、楽器やリードの状態を保てるかは、その後の実技試験の出来に、大きく関わってきます。

普段、練習をしている時には、ずっと吹いていると思いますので、楽器を持ったまま、しばらく時間を置いたり、寒いところで時間を過ごしたりすることはないはずです。

できれば練習の時に、例えば10分間音を出さない時間を作って、待ち時間を想定してみると、入試の時に役立つでしょう。
入試本番までに、少なくとも一度はやってみると良いですよ。

実技試験会場内での振る舞い

実技模試会場内で他の参加者の演奏を聴くサックスの参加者

大抵の学校では、まとめて試験会場に入ることが多いため、かなりの確率で他の受験生の演奏を聴くことになります。

自分の演奏が終わっていれば、心に余裕も生まれると思いますが、「次に自分が吹かねばならない」となると、緊張と闘うことに必死になってしまい、自分の世界に入り込んでしまうことも多々あるでしょう。

その時の態度・振る舞いが、受験結果に直結することはないはずですが、試験官にいい印象を与えないことは確実です。

集中することは構いません。
しかし、周りが見えなくなり、「あの人は何をしているんだろうか」と思わせるような状態にならないように注意しましょう。

人前での演奏を経験して

実技模試で演奏するトランペットの参加者

今回は、2人の参加者に、入試本番さながらの体験をしていただきましたが、お二方とも平常心を保つということや、練習してきた持てる力を全て発揮することの難しさを、存分に体感していただけたようです。

実技模試を受けていなければ、これが入試当日だったということ。
「そうでなくて良かった…」と、貴重な体験を糧に、志望校の入試に向けて、ますます研鑽していっていただけたらと思います。

年明けには、東京クラリネット教室「第6回音高・音大入試の実技模擬試験」を行います。

来年度の受験生も、音高・音大入試を見据えた1・2年生も、実技模試への参加は、入試本番に向けて、かなりの経験値を得ることができます。
ぜひ積極的にご参加下さいね。

クラリネット無料体験レッスン クラリネット無料体験レッスン
実技模擬試験 音高・音大受験
合奏 182
基礎練習 147
音楽の知識 67
クラリネット 48
基礎 40
読譜 26
運指 23
リード 21
拍子 17
リズム 17

全443件 1〜16件目を表示中

最新記事一覧
レッスン日誌一覧
アンサンブル一覧
講師ブログ一覧
クラリネットイベント一覧