子どもたちを全力で笑顔にした保育園訪問演奏

4,291PV
保育園訪問演奏で演奏するフルート奏者とクラリネット奏者

9月のとある日、ご依頼をいただき、保育園に訪問演奏に行ってきました。

「30分くらいで、子供達が一緒に演奏できる曲も入れてもらって、あとは適当に。あ、短いクラシックも1曲入れて下さい」

というオーダーをいただきましたが、小さい子達にとって、30分というのはかなり長い時間。

クラリネット1本では、確実に飽きられてしまう…ということで、ちょうど夏期休暇で日本に帰国中だった、在ドイツのフルート奏者の友人に、お付き合いいただくことにしました。

演奏曲を決めよう

まずは選曲。

保育園で普段から歌っている曲なら、「じゃあ、みんなで歌ってねー」という時間にしなくても、思い思いに歌ってくれるかなと思ったのですが、お聞きしてみたところ「各クラスで別々の曲をやってるので、全員共通の曲は特にないですー」とのこと。

むむむ…

0歳児クラスで歌っている曲なら、上の子達も歌えるのではないかしら、と思ったりもしましたが、先生方もお忙しいし、せっかく委ねて下さっているのに、あまりしつこく聞くのも失礼かなと、全く今回の演奏に関係ない友人も巻き込んで、やいのやいのと選曲会議。

無事演奏曲目が決定しました!

プログラム

楽譜を準備

曲が決まったら、楽譜の準備です。

クラリネット二重奏の楽譜や、友人が送ってくれた歌用の楽譜を、フルートとクラリネット用の楽譜に書き替えます。

「ん?二重奏の楽譜なのに、書き替えるの?」と思われるかもしれませんね。

なぜわざわざそんなことをするのかと言うと、理由が2つあります。

フルートとクラリネットの音域の違い

理由その1。

フルートとクラリネットでは、担当している音の高さが違います。

フルートは高い音が得意です。

一方、クラリネットは、フルートよりも少し下の音域を受け持つことが多く、また、低い音まで出すことができます。

ですので、その得意な音域に合わせて楽譜を書き替えた方が、お互いに良い部分が存分に出せる、というわけです。

この楽譜ではフルートが少し低めですが、フルートとクラリネットの二重奏の楽譜

こんな風に、「フルートは高い音担当」「クラリネットは低い音担当」と、持ち味を生かした楽譜にします。

フルートとクラリネットの『ド』の違い

理由その2。

フルートとクラリネットでは『ド』の音が違います。

「せーの!」でフルートとクラリネットが、自分達の『ド』の音を吹くと、見事にぶつかります。

ハモりもしません。

先程の楽譜を見ていただくと、上段のフルートの楽譜は、ト音記号の横に何も調号がついていませんが、下段クラリネットの楽譜には、♯が2つついています。

これは、それぞれの楽器の『ド』が違う、という証なのです。

ということで、クラリネット二重奏用の楽譜を、フルートとクラリネットでそのまま吹くと、とてもおもしろいことになってしまいますので、書き替えの必要があるのです。

2人でリハーサル

せっせと楽譜を書き替えて準備したら、いよいよ合わせです。

友人はプロオケ奏者。

皆で吹く上で音程はとても大切なので、ちょっとしたところにも、オーケストラで吹いている人ならではの技があり、とても勉強になりました。

どんな技かと言うと、一音一音、耳を使って音程をはめていきます。

どんな速い曲でも。

フルートは、楽器と口の当たり方の角度を変えると、音程が変わるので、それをパパパッと音ごとに調整していくのです。

彼女にとっては当たり前のことだと思うのですが、これにはすごい衝撃を受けました。

私ももちろん、耳を使ってないわけではないのですけどね。

調整の仕方の次元が違います。

スタジオのロビーで教室の貼り紙を見るフルート奏者

合わせ後、スタジオのロビーで、「東京クラリネット教室のリスを発見!」だそうです。

いよいよ訪問演奏当日!

さて当日。

朝10時からとのご依頼でしたが、当日はしっかりした合わせもできないので、30分ほど前に伺いました。

軽く音出しをして、いざ本番です!

保育園訪問演奏で演奏するフルート奏者とクラリネット奏者

最初に伺っていた話だと、2~5歳児がお客さんとのことでしたが、0歳と1歳のクラスの子達も聴きにきてくれて、たくさんの子達の前での演奏になりました。

『森のくまさん』は、やはりみんな知っている曲なので、こちらから促すことなく、知っている子達は元気に

「ある~ひ~!」

その後も、先生方が率先して歌って下さって、みんな目がキラキラ。

ニコニコしながら、大きな声で歌ってくれて、こちらも楽器を吹きながら思わず笑顔に。

楽器を吹いていて、嬉しい瞬間ですね。

私達の楽器、知ってるかな?

せっかくなので、と楽器紹介も織り込んでみました。

フルートの紹介

保育園訪問演奏でフルートの説明をする奏者

まずはフルートの説明から。

「この楽器の名前知ってる人~」と質問したところ、年長さんと思われる男の子が「フルート!」。

知っている子がいてくれて、嬉しいです。

「フルートは、瓶をふ~っと吹いて音を鳴らすのと、同じように鳴らすんですよ」との説明に、興味深げな子供達。

きっと何人かは、おうちに帰ってから、瓶を吹いてみるんだろうな~。

クラリネットの紹介

保育園訪問演奏でクラリネットの説明をする奏者

お次はこちら。

我らがクラリネットです。

残念ながら、名前を知っている子はいませんでしたが、「リードがないと音が鳴らないこと」「低い音から高い音まで、たくさんの音が出せること」などを、実際に吹いてみながらお話すると、「わ~っ!」と歓声が。

この中から、未来のフルート奏者・クラリネット奏者が生まれるかもしれませんね!

一緒に演奏すると楽しいね

楽器紹介が終わったところで『おもちゃのチャチャチャ』です。

年長さんが、タンバリンを練習してくれていたとのことで、前に来てもらい、一緒に演奏しました。

保育園訪問演奏で年長さん達との共演

みんな、とっても上手!

年中さんより下の子達も、大きな声で歌ってくれました。

『幸せなら手をたたこう』では、手拍子や、足をドンドン。

『ドレミの歌』も、元気よく歌ってくれて、あっという間に最後の曲。

『さんぽ』では、みんな立ち上がって、足踏みをしながらの大合唱となりました。

子供達もかなり楽しんでくれていたけれど、一番ノリノリだったのは、先生方だったかも!?

楽しんでくれてありがとう!

小さい子達の集中力は「年齢=分」だと聞いていたので(5歳なら5分)、計30分もの演奏は、飽きてしまうのではないかなと心配していましたが、全くそんなことはなく、みんな楽しく過ごしてくれて一安心。

さらには、「ありがとうございましたっ!」と、手作りのカードをいただいちゃいました。

保育園の子達からもらったお手製のお礼

思わぬプレゼントにびっくり&感動です。

こちらこそありがとうございました!

生演奏はいかがですか?

今回手伝ってくれた友人はドイツに戻ってしまったので、来年の夏まで一緒に演奏できませんが、今後もどんどんこのような機会があるといいなと思っています。

保育園や幼稚園、小学校などで、

「子供達に生演奏を聴かせたいな」

「ピアノやタンバリン以外にも、楽器はあるんだよって教えてあげたいな」

「クラリネットって何??どんな音?」

なんて時には、いつでも飛んでまいります!

このたびの訪問演奏でお世話になった全ての方に、感謝申し上げます。

素敵な機会をありがとうございました。

楽しかったです!

園児からもらった手作りのカードを持ったフルート奏者とクラリネット奏者
クラリネット無料体験レッスン クラリネット無料体験レッスン
イベント 訪問演奏
合奏 185
基礎練習 147
クラリネットの吹き方 139
音楽の知識 67
クラリネット 48
基礎 40
演奏技術 32
読譜 26
運指 23
リード 21

全444件 1〜16件目を表示中

最新記事一覧
レッスン日誌一覧
アンサンブル一覧
講師ブログ一覧
クラリネットイベント一覧