「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

29,030PV
変拍子の楽譜

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょこちょこと拍子が変わったり、見慣れない拍子(変拍子)が出てくることがあります。

「4分の〇拍子」だと、そこまで数え方が難しくないと思いますが、それに比べて「8分の〇拍子」って、頻出するわりにわかりにくい…と思っている方も多いのではないでしょうか。

これは、「8分の〇拍子」という拍子の、基本的な考え方さえわかれば、難しいことではありません。
逆に言えば、カウントの仕方がわかっていなければ、楽器を持って呆然とすることになってしまいますので、この機会にしっかり把握しておきましょう。

「8分の〇拍子」の拍の捉え方

例えば今、バンドアンサンブルで新曲候補として挙がっている曲は、全編通しては、「8分の12拍子」もしくは「4分の4拍子」で進んでいくのですが、途中で「8分の6拍子」「8分の10拍子」「8分の13拍子」が出てきます。

「8分の6拍子」はさておき、「10」だの「13」だの、「どうやって数えればいいわけ?」という感じですよね。

そこで、まず押さえておくべきことは、八分音符が基準になる拍子において大切なのは「八分音符は、基本的に3つでひとかたまり」ということです。

まずは、「8分の〇拍子」でよく出てくるものを、しっかり理解しましょう。

割り切れる8分の〇拍子の楽譜

「8分の」系の拍子で使われることが多いのは、この4つだと思います。
いずれも、前述の通り八分音符が3つずつで区切られていますね。

ですので、速いテンポで演奏される場合は、そのかたまりを基準に

として指揮をしたり、演奏することがほとんどです。

速い曲なのに「1・2・3・4・5・6・7・8…」なんて必死に数え続けていては、クラリネットを吹くどころの話ではなくなってしまいますので、大きな拍子でカウントするようにしましょう。

ただし、八分音符も併せて感じるようにしないと、演奏が崩れてしまいます。
数字ではなくてもいいので、必ず八分音符のカウントも、心の中で続けるようにして下さい。

また、ゆっくりな曲の演奏の時も、八分音符を並列的に並べて感じるのではなく、上記のような大きな拍子も感じながら演奏すると、音楽が流れて聞こえます。

3で割れ切れない拍子の時は

他にも、吹奏楽曲などで出てくる可能性のある拍子も、知っておきましょう。

先程までは、3で割り切れる拍子でしたが、当然3で割り切れない拍子というのも存在します。
特に「8分の5拍子」「8分の7拍子」「8分の8拍子」は、変拍子の中でも、比較的目にすることがありますが、3で割り切れないですね。

5拍子・8拍子であれば、3拍子と6拍子を参考に、「3」と「2」に分けることは、なんとなく想像がつきますが、7拍子の場合はどうなるでしょう。

「7なら、3で割って3のかたまりが2つと、余りが1拍の3拍子でしょ」

というのは、残念ながら半分正解で半分不正解。
拍子の考え方は合っていますが、八分音符のかたまりの最低単位は「2」になります

変拍子の8分の〇拍子の楽譜

楽譜にすると、このような感じです。
「あー、見たことあるかも…」という方も多いのではないでしょうか。

この楽譜からわかる通り、

と数えます。

これらは、「しょっちゅう出てくる」というほど、よく使われる拍子ではありませんが、かと言って、「全然出てこない」というわけでもありません。

例えば、A.リードの『アルメニアンダンス・パート1』では、8分の5拍子のこの2パターンが、1小節ごとに交互に出てきますね。

その部分を演奏するのに、「8分の5拍子のパターンは2つある」「それが小節ごとに切り替わっている」ということがわかっていて吹けるのと、ただ音を5コ並べて吹くのでは、演奏の質が大きく変わってきます。

きちんと、拍の捉え方・数え方を知っておきましょう。

割り切れない拍子の場合、八分音符2つの拍の位置が異なることもありますが、この3つの拍子に関しては、ほとんどの場合、このパターンで演奏されます。

他にもある「8分の〇拍子」

頻度は少ないものの、最初に書いた「10」や「13」などの拍子も知っておきましょう。

こちらも、先述の通り「八分音符は基本的に3つでひとかたまり」「八分音符のかたまりの最低単位は2」を応用すれば、どのように数えればいいかわかります。

譜例で見てみましょう。

8分の10拍子と13拍子の楽譜

このように、八分音符を3つと2つに分けるので、

となります。

先程も書いたように、八分音符2つのかたまりが、別の拍に来ることもありますので、それは曲の流れや記譜の仕方で判断するようにしましょう。

8分の8拍子と4分の4拍子は同じ?

さて、ここまで「8分の〇拍子」の様々なパターンを見てきましたが、ふと疑問が沸いた方がいるのではないかと思います。

それは、「8分の6拍子」と「4分の3拍子」、また、「8分の8拍子」と「4分の4拍子」はそれぞれ同じ拍子ではないのか、ということ。

確かに、八分音符の数は、「8分の6拍子」と「4分の3拍子」は6こ、「8分の8拍子」と「4分の4拍子」は8こと、どちらも同じですね。

しかし、前述の通り「8分の〇拍子」は八分音符3つのかたまりが、基本の数え方です。

一方、「4分の〇拍子」は、あくまでも四分音符が基準の拍子になりますので、「四分音符1つの中に、八分音符は2つ」ということで、カウントの仕方が異なり、「8分の6拍子」は2拍子で、「4分の3拍子」は3拍子ということになります。

八分音符のトータルの数に惑わされず、正しく拍子を掴みましょう。

余談になりますが、たまに4分の4拍子なのに、8分の8拍子に聞こえるように、1拍目・2拍目の裏・4拍目に、アクセントやテヌートが書かれていたり、その拍にだけ音がある場合があります。
(4分の3拍子を、8分の6拍子に聞こえるように演奏することもあります)

吹奏楽のパート譜

この写真の上2段は、とてもいい例ですね。
4分の4拍子の曲ですが、アーティキュレーションや拍の位置で、8分の8拍子が表現されています。

これは、作曲家がこっそりと別の拍子を織り混ぜている箇所ですので、大げさにアーティキュレーションをつけて、違う拍子がしっかり際立つように吹きましょう。

「8分の〇拍子」を難しく考えすぎない

ホールでの吹奏楽の練習風景

ここまで細かく説明してきましたが、実際に演奏する時に、拍子の変化や変拍子、「8分の〇拍子」についてあまり一生懸命数えてしまうと、音楽の流れが滞ってしまったり、訳がわからなくなってしまいます。

まずは、メロディーをしっかり知って、その小節がどんなカウントになるのか把握し、そして、慣れてきたら歌いながら手拍子をしてみて、体に馴染ませていきましょう。

リズムや拍子は、とにかく慣れです。
自分のパートがすらすらと吹けるように、音源も効果的に使ってみて下さいね。

クラリネット無料体験レッスン クラリネット無料体験レッスン
拍子 音楽の知識
合奏 182
クラリネットの吹き方 139
クラリネット 48
基礎 40
演奏技術 32
読譜 26
運指 23
リード 21
拍子 17
イベント 15

全463件 1〜4件目を表示中

最新記事一覧
レッスン日誌一覧
アンサンブル一覧
講師ブログ一覧
クラリネットイベント一覧