最新動画 良かったら観てね

クラリネットでピアノ曲『亜麻色の髪の乙女』

70PV
新しく購入したクラリネットを座って吹く生徒

まだかろうじて風は爽やかですが、徐々に蒸し暑い日が増えてきましたね。

レッスンにいらした生徒さんにも、ご挨拶したあとに「今日も暑いですねぇ」と思わず言ってしまう日々です。

真夏には、最近の暑さより10℃くらい上がることが考えられますので、今のうちに暑さに慣れておいて、夏を無事に乗り切っていきたいものですね。

そんなこんなで、いよいよ第13回発表会まであと2ヶ月ほどとなりました。

毎回とまではいきませんが、年1回くらいのペースでどなたかが発表会で演奏されるのが、ドビュッシーの『亜麻色の髪の乙女』です。

聴いているよりも、演奏するのが何倍も難しい『亜麻色の髪の乙女』ですが、ポイントを押さえて、気持ち良く演奏できるようにしていきましょう。

好みの調で演奏しよう

『亜麻色の髪の乙女』は、前回お話した『春の歌』同様、元々はピアノ曲です。

24曲ある前奏曲集の中の1曲で、他の曲達もまるで絵画のタイトルのような、美しい曲名がつけられています。

ゆったりした三拍子が特徴の曲ですが、原曲は♭6こという一瞬しり込みしてしまいそうな調で書かれていて(実際は黒鍵中心になるので、意外と難しくありません)、クラリネットで演奏される時はそのままの調(B♭クラリネットであれば♭4つ)で演奏されることは少なく、私が持っている楽譜だけでも♯1つ(クラリネットは♯3つ)であったり、調号なし(クラリネットは♯2つ)であったり、様々な調に編曲されています。

♭系の調と♯系の調では、曲の雰囲気が変わるのですが、ヴァイオリン編曲版で有名なものは♯1つだそうですし、自分の吹きやすさや、好みで選んでしまって良さそうですね。

もちろん、原調にこだわるのも良いと思います。

ちなみに、東京クラリネット教室の生徒さんが演奏される時には、「クラリネット名曲31選」の楽譜をお勧めしています。(ヴァイオリン版と同じく♯1つの調に編曲されたものです)

クラリネットでピアノ曲『亜麻色の髪の乙女』

リズムのはめ方を歌って確認する生徒

この曲の最大の難しさは、「クラリネットがメロディー、ピアノが伴奏」と明確にわかれているわけではない点でしょう。

クラリネットが一番上の音を担当して演奏してはいるのですが、ピアノが伴奏している上で自由に吹く、というよりも、一緒に和音を作り上げていく要素の方が大きいのです。

ということは、ピアノが何をやっているかの正しい理解が必要になります。

これは、ドビュッシーの曲をクラリネットで吹く際に、どの曲でも共通して求められることが多いので、いつも以上に「ピアノが担当していることを知り、ピアノと一緒に吹く」という意識を持って臨んで下さいね。

では、具体的な演奏方法を考えていきましょう。

曲の吹き出し

まず曲の最初ですが、クラリネットのみで始まります。

一音目の「ミ」の音は、強弱記号ピアノの指示ですが、恐る恐る吹いてはいけません。

出だしはクリアに、でも、どこからともなく聞こえてくるような音で吹き始められると、曲の世界にすっと入り込むことができるでしょう。

テンポをしっかり刻んでから吹き始めるようにしないと、その先が不安定になりますので、注意して下さい。

大事な音型

その後の八分音符と十六分音符2つの音型ですが、曲全体を通して鍵となるリズムですので、吹き方次第で仕上がりが大きく変わります。(あとから出てくる十六分音符2つと八分音符も同じ)

手に持った小さなボールを、軽く上に投げ、それが放物線を描いて手に戻ってくることを想像してみて下さい。

投げ上げる瞬間に、少しの力をボールに伝えると、あとはこちらの意思とは関係なく楕円の動きをして、返ってくるわけですが、それが八分音符+十六分音符2つ(もしくは十六分音符2つ+八分音符)の音型の吹き方のイメージになります。

文字でお伝えするのはすごく難しいのですが、始めの音の吹き出しの勢い(強さではない)で、あとの二音が自然についてくる、という感じです。

その音型が連なっている時は、ポーンポーンポーンと、連続して投げてみましょう。(頭の中で)

拍のあたまの勢いで、円運動が続いていくように演奏できると、音楽が流れていきます。

曲の山

抑揚はありつつも、基本的に穏やかに進んでいきますが、曲の真ん中(19小節目)にある「Un peu animé」から、急に山に向かいます。

ピアノも音数が増え、一番一緒に音楽を作り上げている感覚が強い部分かもしれません。

うまくピアノの流れに乗っかりましょう。

少し切迫感のある音型で上行していき、Un peu animéから3小節目で、この曲の最高音(今回の編曲だとファ♯)が出てきます。

高い音だからと必死で出そうとせず、切迫していた雰囲気からの解放を意識すると、のびやかに演奏できます。(山とは言え、強弱の指示はメゾフォルテです)

前後の指の流れを考えると少し難しいのですが、たくさん押さえる方の運指を使った方が、ファ♯は鳴りやすいですし、音程も音質も良くなりますので、ゆっくり繰り返し練習して、なめらかに吹けるようにしていきましょう。

この部分は、わかりやすく上っていって曲の山に到達し、わかりやすく下りてくる音型ですので、それに従って音量も上げ下げします。

その後の4小節は、曲の終わりに向けて、落ち着きを取り戻すようにしましょう。

再現部と曲の終わり

最後から11小節目のアウフタクトからは、曲の最初と同じメロディーが1オクターブ上で再現されます。

高い「ミ」の音は、ただでさえきちんと鳴るツボが狭いので、「ピアニシモて!!」という感じは否めませんが、この部分はピアノパートは和音を伸ばしていますし、あまりにテンポや拍子を無視しすぎなければ、自分の間(ま)で出て大丈夫です。

très doux(とても優しく)の指示もありますので、おどおどせず心穏やかに、ここも曲の最初の音同様、遠くからすーっと聞こえてくるような吹き出しができると、うっとりするような演奏になります。

終わりから5小節目にまた上行形が出てきますが、perdendosiの指示がありますので、うっかり大きくなってしまわないように、気をつけねばなりません。

「2オクターブ近く上がるのに、≪消えていくように≫とは…?」という難しさですが、その前もピアニシモですし、少なくとも音量のキープに努め、その小節3拍目の高い「レ」が飛び出さないように気を遣えれば、最後の「ド♯」にそっと入ることができます。

最後の伸ばしは3小節と1拍ありますので、デクレッシェンドをかけてしまったりすると、途中で消えてしまう可能性があります。

ここも音量キープで、切る時に余韻を残すように消えられると、最後までこの曲の世界に浸りきることができるでしょう。

ドビュッシーらしさを表現しよう

楽器を持って笑顔の生徒

実は『亜麻色の髪の乙女』は、39小節しかありませんが、そんな短さを感じさせないくらい、ドビュッシーらしさがぎゅっと詰まった、美しい曲です。

そしてその「ドビュッシーらしさ」というのは、先述したように、ピアノと一緒に作り上げることで表現でき、完成します。

ピアノ譜も見開き1ページに収まる長さですので、その楽譜を見ながら練習するのもいいかもしれません。(ピアノ譜にもクラリネットパートは書いてあります)

いつも以上にピアノパートに気を配り、1人で演奏しているかのような、一体感のある音楽を作っていきましょう。

クラリネット無料体験レッスン クラリネット無料体験レッスン
クラリネットの吹き方 ソロ 表現方法
合奏 325
基礎練習 154
音楽の知識 68
クラリネット 51
基礎 43
読譜 32
演奏技術 32
吹奏楽・オーケストラ 29
運指 28
リード 22

全656件 1〜4件目を表示中

最新記事一覧
レッスン日誌一覧
アンサンブル一覧
講師ブログ一覧
クラリネットイベント一覧