最新動画 良かったら観てね

『糸』をクラリネットで情感豊かに吹くには

74PV
レッスンで座って演奏する生徒

新しい年になりました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

年明け早々いろんなことがあって、2024年がまだ10日しか経ってないなんて、にわかには信じ難いくらいですね。

北陸ご出身の生徒さんや知人も多く、未だ気持ちは落ち着きませんが、なるべく早く、穏やかな日々になってもらいたいものです。

クラリネットを吹いている皆さんにとっては、それぞれ目標や、クラリネット吹きとしてなりたい自分があると思いますので、少しでもそこに近づけるように、今年も楽しみつつ上達していけるといいですね。

東京クラリネット教室は、来月第12回発表会を控えていますが、発表会で人気な曲の一つが『糸』。

どなたかが発表会で演奏されて、聴いていた方が「私もやりたい!」と思う曲ナンバーワン(講師調べ)ですので、今回は「より伝わる演奏」の目指し方を考えていきましょう。

理想の演奏を持とう

ご存知の方も多いと思いますが、『糸』は中島みゆきさんの名曲です。

なんと、延べ20組以上のアーティストにカバーされているそうで、もしかしたら「オリジナルって、中島みゆきさんなのか…!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

かく言う私も、櫻井和寿さんがBank Bandでカバーされた演奏を聴いて、きちんと知った次第なので、「『糸』と言えば櫻井さん」というイメージです。

ですので、私が吹くとしたら、「櫻井さんの歌みたいに演奏できたらいいな~」と思いながらになるかと思います。

もちろん、どなたかが歌っているのではなくて、「この前、発表会で演奏された方、とっても素敵だったな」でもいいですし、「すごく美しいサックスの演奏聴いたんだよね」でもいいので、理想とする演奏を持つようにしましょう。

ただ、その人の演奏をコピーするのでは意味がないので、あくまで心惹かれた雰囲気を目指すようにすると、自分らしさもあり、かつ人の心に届く演奏ができるはずです。

『糸』をクラリネットで情感豊かに吹くには

座って笑顔で楽器の掃除をする生徒

世間でも人気の曲だけあり、クラリネット用にもいろいろな編曲がありますが、今回は「めちゃモテクラリネット」の楽譜に沿って、聴く人の心に響く演奏方法をご説明していきます。

1番(A~C終わりまで)

レジスターキーを使わない音域で始まりますので、クラリネットらしい、太くて豊かな音を鳴らしたいところです。

強弱記号としては弱めの指示になっていますが、音が低いこともあり、たっぷり息を吹き込んだ方が美しく聞こえます。(強くはならないように注意)

ここではあまり感情を込めすぎない方が良いですが(まだ1番なので)、低い「ソ」に向かって軽くクレッシェンドをかけ、6度上の「ミ」は少し引くような気持ちで吹くと、自然な流れが生まれます。

B以降も同じく6度の進行(「ミ」→「ド」、「ド」→「ラ」)が出てきますが、これも下の音をしっかり鳴らして、その響きの中で上の音に進むようにすると、スラーもきれいにかけることができますので、特にレジスターキーを押す音域に飛ぶ時に「上の音を鳴らすぞ!」と気合いを入れてジャンプしないように気をつけましょう。

Cからはサビです。

このあたりは、どこでブレスを取っていいのか迷ってしまいますが、Cの前で丁寧かつ素早く吸うと、歌詞(フレーズ)を損なわずにブレスができます。

Cはまた低い音域になりますので、気持ち良く吹き切りましょう。

下の「ド」からチューニングの「ド」に飛ぶ箇所も、上の音は裏声を出すような、軽い吹き方を心がけて下さい。(軽さはあくまでイメージなので、息のスピードは維持します)

その後の「ドレミ」はしっかり息を入れるといいですね。

1番の終わりで伸ばしている「ド」の音は、穏やかに消えていくようにデクレッシェンドをかけられると、ピアノがイントロと同じことを弾いているのと、自然に入れ替わることができます。

2番(D~F終わりまで)

1番よりも1オクターブ上で演奏されます。

強弱記号は1番よりも強くなっていますが、音域が上がっていることを考えると「音量を上げるぞ!」と思ってしまうと、うるさくなってしまうことがありますので、気をつけて下さい。

1番と同じくらいの音量で吹く気持ちでいていいかもしれません。

ただ、1番よりも歌い込むようにしましょう。

下行形の時にクレッシェンドをかけること、上の音に跳躍する時に下の音を出すことは同じで、さらに気持ちが込められると(大げさに抑揚をつけられると)、Gに向かって盛り上げることができます。

2番は、サビの終わりに音を抜いていくことはしません。

エンディング(G~)

この部分は、今までこの曲に取り組まれてきた生徒さんがほぼ全員、曲に慣れるまでよれよれになってしまった場所です。

主な原因は、装飾音が出てくることと、三連符の登場です。

ベースとしてはサビと同じなのですが、独特のアレンジをされていて難しいので、まずは装飾音を取って練習し、骨組みをきちんと作り上げましょう。

三連符はなめらかに吹きますが、はめ方はきっちりかっちり、「自然な、流れるような三連符」にしないことがポイントです。

Gからは伴奏も派手になりますので、それに乗ってのびのびと、朗々と吹き上げましょう。

フェルマータは、あまり長すぎるとかっこ悪いので、ゆったりカウントの2拍分くらいに収め、その後1拍お休み(空間を作る)、拍の頭を感じてアウフタクトを吹き出すと、すっきりしつつも、終わりに向けてまとめることができます。

しかし、「いかにも数を数えてます!」という感じでフェルマータを伸ばしたり、間を取ったりすると、これまたかっこ悪くなりますし、音楽的ではなくなってしまいます。

カウントが表に出てしまわないように気をつけましょう。

その後の「ド」の音も、1番の終わりと同じく、自然に消えていくようなイメージで伸ばせると、美しく聞こえます。

このアレンジの最後は、サビの吹き出しと同じですが、曲の終わりに向けてテンポをゆるめる(曲をまとめる)必要があります。

2拍目にかけてかかっているタイが伸びたり、十六分音符をゆっくりしてしまうと、遅くするタイミングが少し早いので(間延びします)、3拍目の裏くらいからブレーキをかけるようにすると、不自然にならずに曲を終わることができます。

4拍目は、クラリネットは四分音符で、裏拍では動いていませんので、ピアノ伴奏の八分音符が入るタイミングが重要になります。

ピアニストに、どんなふうに弾いてもらいたいか、自分の理想を遠慮せずに伝えておきましょう。

最後の「ミ」の音は、短かくなってしまうと変ですが、多少長めでも大丈夫ですので、気持ち良く終われることを優先して構いません。

そしてその音は、自分の前にそっと置く感じなのか、それとも、どこまでも遠く飛んでいくイメージなのか、というところまで気を回せると、最後まで思いのこもった演奏として、聴いている人の心に届き、響く音楽となります。

歌の曲を楽器で吹く難しさ

レッスン後に楽器の片づけをする生徒

「好きな歌をクラリネットでも吹いてみたい」と思った時に難しいのは、歌には歌詞があり、クラリネットではその歌詞を表現できない、という点です。

言葉の持つ力はやはり偉大で、多少淡々と歌っていても伝わるものがありますが、クラリネットはそうはいきません。

「やりすぎなんじゃないだろうか」というくらい吹き込んでちょうどいい、ということも多々あります。

「ららら」や「あー」で、大げさに感情を込めて歌ってみると、イメージが掴みやすいと思いますので、ぜひやってみて下さい。

もちろん、あまりに過剰な表現になってしまうと、演歌のようになってしまうこともあるので、加減は大事ですが、伝えたいことがしっかり伝わり、誰かの心を揺さぶる演奏ができるように、表現力を磨いていきましょう。

クラリネット無料体験レッスン クラリネット無料体験レッスン
クラリネットの吹き方 ソロ 表現方法
基礎練習 154
音楽の知識 68
クラリネット 51
基礎 43
読譜 32
演奏技術 32
吹奏楽・オーケストラ 29
運指 28
リード 22
拍子 21

全645件 1〜4件目を表示中

最新記事一覧
レッスン日誌一覧
アンサンブル一覧
講師ブログ一覧
クラリネットイベント一覧