第7回音高・音大受験の実技模試

2,072PV
実技模試で演奏するクラリネットの受験生

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。

今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。

1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。

受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目の演奏後にもらった講評を、2回目の演奏ですぐに試せる、もし1回目に失敗しても2回目に取り返すことができる、というのが、大きな特徴です。

今回も、前回・前々回とはまた違ったトランペット奏者の方に、試験官をお願いしました。
この実技模試最大の特徴である知らない場所・知らない人の前で本来の力を発揮する経験を、存分にしていただきましょう。

「集合時間」の認識を正しく持つ

実技模試で開始を待つ参加者

受験本番も近いということで、今回は特に気をつけるべきことをしっかり確認していきましょう。

まずは、集合時間について。

今回の参加者は、10分前までには全員到着されていました。
もう少し早くてもいいかなと思いますが、余裕がないわけではないので、良い心がけだと思います。

何度もお伝えしていますが、集合時間は受験会場に到着すればいい時間ではありません
「間に合えばいい」の考え方は、特に受験の時は捨て去りましょう。

また、電車が止まってしまったり、遅延などで思っていたように到着できなくなる可能性も、しっかり考えておきましょう。
迂回できるルートはあるのか、の下調べも大切ですし、万が一に備えてタクシーに乗れるだけのお金を持っておいた方が良いかもしれません。

今は、携帯電話・スマートフォンを持っている人も多いので「何かあったら、その場で調べればいいでしょ」と考えがちですが、その時に「電池が切れた」「携帯が不調」など、想定外に調べられない状況だったら、困りますよね。

受験というのは、「ちょっとお出かけ」とは違います。
「念には念を」と言いますので、やりすぎかも…と思うくらい、万全の準備をしておきましょう

受験会場での待ち時間の過ごし方

実技模試で音出しを待つクラリネットの受験生

音高・音大受験には、ことあるごとに待ち時間がつきまといます。

自分の気持ちの維持やコントロール、寒さ対策、楽器のコンディションの維持は、本来の持てる力を発揮するために、欠かすことのできないものです。

想像するだけではわからなかった、今日この場で感じたことを、しっかり本番へ向けての対策の手としましょう。

私達リード楽器は、待っている間のリードの乾燥も怖いですね。
「緊張のあまり、キャップをせずに控え室を出てしまった…!」なんてことが起きたら、大変です。

うっかりミスにも注意して下さいね。

試験会場での振る舞い方

実技模試の本番会場で演奏するトランペットの参加者

大抵の学校では、試験会場への入室は、数名まとめてになるかと思います。

周囲が言っているかどうかに関わらず、明るくはきはきと(かと言って大きすぎず)「失礼します」と言って、入室するようにしましょう。

音楽の世界は、礼儀をかなり重視します

「入室時に挨拶もしないなんて!」と、マイナス評価を受けることはないはずですが、「場をわきまえた立ち居振る舞いができる人だな」という、プラスの印象を与えることができます。

そして、名前や受験番号を言ってから演奏する場合は、普段しゃべっているより、2トーンくらい高めを狙って声を出すといいですね。

緊張すると、ぼそぼそと早口になりがちですので、しっかり前を見据えて、きちんと試験官に伝えることを意識することが大切です。
これから演奏を聴いて下さる方へ対しての、敬意を込めて言うようにしましょう。

また、自身の演奏前・演奏後に関わらず、他の受験生の演奏を待っている時は、自分の世界に入り込みすぎないように、くれぐれも注意して下さい。

特に、自分が吹く前だと、緊張と闘ったり、演奏に向けて集中しすぎてしまったりと、どうしても「我関せず」の雰囲気を醸し出しやすくなってしまいます。
「他人の演奏を聴く余裕もないのか」と、演奏する前から、試験官に余計な印象を与えてしまうことは、得策ではありません。

実技模試では、待っている間にどう感じ、どんな状態になるかも、体感していただけたかと思います。
集中と緊張のコントロールを、本番に向け、しっかりできるようにしておきましょう。

退室時は、もちろん「失礼しました」「ありがとうございました」を忘れずに。

あとは本番で力を出し切るのみ!

実技模試で演奏するトランペットの参加者

今回の実技模試ももちろん「音出し→本番→講評」を、2巡するスケジュールで行いました。
お二方とも、1回目の講評で言われたことを、すぐに2回目の演奏で試そうとしていたのは、素晴らしかったですね。

今日うまくいった部分は自信に、思っていたことと違った箇所は、今後の研鑽の材料にしていただけたらと思います。

お一人は中学2年生でしたが、もうお一方は先述の通り中学3年生。
あと1週間ちょっとで、入試本番です。

ここまで来たら、まずは体調管理。
次に、できるところまで、演奏を高めておきましょう。

「これくらい吹ければいいかな」は決してありません

飛び抜けて上手な人が、同じ受験生の中に何人もいるかもしれない…という危機感を持って、残りの期間を過ごすようにしましょう。

そして、入学試験にパスすることは大切ですが、それ自体が目標になってはいけません。

音高・音大に合格するということは、今後の音楽家人生のスタートを意味します。
少しでも前の位置、より高い位置から出発できるに越したことはないのです。

そう言った意味でも、できる限り演奏力を向上させておきましょう。

また、来年度以降音高・音大受験を考えている方は、なるべく早めに本腰を入れることをお勧めします。
次回の、東京クラリネット教室「音高・音大受験の実技模擬試験」は、今年の12月開催予定ですので、今からの頑張りを、そこで一度確認していただけたらと思っています。

ここまで頑張ってきた皆さんが、実力を存分に発揮して「やるだけやった!」と思える試験でありますよう、お祈りしています。

クラリネット無料体験レッスン クラリネット無料体験レッスン
イベント 実技模擬試験 音高・音大受験
合奏 182
基礎練習 147
クラリネットの吹き方 139
音楽の知識 67
クラリネット 48
基礎 40
演奏技術 32
読譜 26
運指 23
リード 21

全439件 1〜16件目を表示中

最新記事一覧
レッスン日誌一覧
アンサンブル一覧
講師ブログ一覧
クラリネットイベント一覧