音階が吹ければ曲が吹ける!?

2016年11月26日 1,630PV
ソロのパート譜

今日は、高校2年生の子が体験レッスンに来てくれました。

体験レッスンは日付変更も可能!

最初は、2週前の体験レッスンに申し込んでくれていたのですが、ある日「キャンセルさせて下さい」と連絡があったので、「ご都合が悪くなったのであれぱ、他の日に変更も可能です」と返信したところ、今日なら大丈夫ということで、無事に体験レッスンに来てもらうことができました。

吉祥寺駅で待ち合わせをして、スタジオに向かう際に「部活で吹いてるんですか?」とお聞きしたら、「部活でも吹いてるんですが、教育系の大学をクラリネットで受験したいんです」とのお返事。

今ついている先生が、ご都合で来年3月頃までしか日本にいらっしゃらないそうで、新しく先生を探しているということでした。

「きれいな出だし」は「弱い吹き出し」?

普段受けているレッスンでは、音階と曲をやっているそうですが、今日はまだ音を出していないということで、まずはロングトーンを聴かせてもらいました。

さすが専門的に学んでいるだけあって、音はまっすぐ、しっかり出ています。
ただ、「きれいな出だし」を気にするあまり、音の立ち上がりの息が弱いことが何回かありました。

これは、難しい部分ではありますが、息を弱くして吹き出してしまうと、息のスピードが下がるため、もさっとした出だしになって、立ち上がりが遅れて聞こえる原因となります。

最初から最後まで同じ量の息を吹き込めるように、また、息のスピードも変わらないように注意して吹きましょう。

苦手部分を意識しすぎない

ロングトーンの次は、音階です。

大学入試に向けて全調やっているようなので、「♯・♭4つまでで、一番得意な調と、一番苦手な調を吹いて下さい」と言うと、F-dur(ヘ長調)とg-moll(ト短調)をチョイス。

確かにmollは、臨時記号もあるし、特にそれが高音の折り返しでつくと、急に滑らかに吹けなくなるので嫌ですね。
自分で得手不得手がわかっているのは、素晴らしいことです。

スケールでも曲でも、よく見られるのが「嫌だな」と思っている部分は、無意識に息をセーブするため、スラーがかかりにくくなったり、音がきちんと鳴らなくなったりします。

嫌なものに対して、積極的になれる人は、そうそういないですよね。

ですので、気持ちはわかりますが、いくら指が上手にできていても、息が弱くてはきれいにつながりません。

そうするとなおさら「あー、やっぱりここ苦手」が積み重なっていき、さらに息を吹き込まなくなる…という悪循環に陥ってしまうのです。

苦手な調・苦手な運指・苦手なタンギングなどなど、良くない意識を持ちやすい部分こそ、思い切って息を入れるようにしましょう。

音階は音の羅列ではない

また、音階は、曲に比べて「ただ吹いているだけ」になりがちです。

「フレーズを意識して」「音と音のつながりを考えて」と言われても、正直音階に曲のようなメロディーがあるわけでもないし、音が並べてあるだけだし、一体どうすれば…と、悩んだことがある方も多いと思います。

私も以前はそうでしたが、大学時代についていた先生が、「音階さえやっていれば、曲なんか練習しなくても吹ける!」と、音階に重きを置いている先生だったので、徹底的に教え込まれました。

大切なのは、「音階の始めの音が、どこに向かっているのかを考えて吹くこと」です。

例えばさっきのF-dur。
下のファから始まって、3オクターブ上のファで折り返し、最初のファに戻って終わります。

何も考えずに「ファソラシ♭ドレミファ……ドシ♭ラソファミファー」と音を並べるのではなく、吹き出しのファは最後のファに向かっていること、出だしから吹き終わりまでが1つのかたまりであることを意識することで、息の流れが生まれます。

息の流れは、フレーズ感につながるので、ただ音が並んでいるだけ、という状態から、まとまりを持った演奏へと変化するのです。

ただの指練習ではないという意識を持つ

そして、テンポを気にして、パラパラと吹いてしまわず、拍をフルに使って十六分音符を吹くようにしましょう。
テヌート気味に、と言ったらわかりやすいでしょうか。

スラーで吹く、というのは「タンギングをしなければスラーになる」わけではありません。

なめらかに、1拍の中に隙間なく十六分音符を吹くようにして、初めて「スラーで吹いている」ことになります。

その際は、指の動かし方にも気を配りましょう。
上下の動きが大きいと、これまたスラーではなくなってしまいます。

基礎がなければ曲は吹けない

音階のあとには、受験生の定番曲と言ってもいい、ウェーバーの曲を少しやりました。

ゆっくりなテンポで始まるこの曲、吹き始めて6拍目に、「ラソファミ」という並びの十六分音符が出てきます。

指も簡単、どうってこともない音ですが、ここに先程の音階での吹き方が生きてきます。
拍を目一杯使った、テヌート気味のスラーです。

音階でその吹き方をやっていなければ、曲でそのような部分が出てくるたびに、練習をしなくてはなりません。

しかし逆に言えば、基礎である音階でやってあれば「あ、ここはあの吹き方だな」と、スイッチを入れればいいだけです。

  • 小さい音よりも大きい音
  • パラパラと次の音に移るのではなく、拍をフルに使った吹き方
  • 短いタンギングではなく、テヌートで吹く練習

これらが大切な理由は単純です。

大きい音を小さくするのは簡単だし、拍をフルに使って吹ければ、パラパラと吹くのも楽。

テヌートでタンギングするには、舌の動きを最小限にする必要があるので、それができれば大きく動かすのも容易。

曲の中で必要なものを、標準装備しておけば、あとはなんにでも対応できます。
それを磨くのが、ロングトーンであり、音階なのです。

曲に追われると、ついつい曲練習ばかりに目を奪われてしまいますが、基礎力を向上・安定させることで、曲の精度は上がります。

時間のやりくりをうまくして、基礎練習を怠ることのないようにしましょう。

スケール

自由に動く指を音階練習で手に入れよう! 自由に動く指を音階練習で手に入れよう!… 自由に動く指を音階練習で手に入れよう!

最近入会された生徒さん。 「基礎をしっかり固めたい」とのことで、「スケールをやろうと思うのですが…」と相談されました。 スケールをやる意味は? スケール(音階練習)は、ロングトーンが安定して吹けるようになった人が、次に取り入れるべき練習です。 スケールで気をつけることは どの音域もまんべんなく出せるか 指は均等に動かせるか … 最近入会された生徒さん。 「基礎をしっかり固めたい」とのことで、「スケールをやろうと思…

2017年02月07日 3,810PV

調によって変わる♯や♭に慣れて曲を吹きこなそう 調によって変わる♯や♭に慣れて曲を吹きこ… 調によって変わる♯や♭に慣れて曲を吹きこなそう

アンサンブルに参加してくれている生徒のレッスンでした。 今アンサンブルでやっている曲は、調がバラバラ。 歌ものは、原調のままやっているので、やたら♯が多い曲があったり、かと思えば、クラリネットソロ用に書かれた楽譜で、♯1こで始まったのに、途中で♭3こに転調する曲があったりして…大混乱。 ♯が多い曲はきちんと吹けるのに、その後何もついて… アンサンブルに参加してくれている生徒のレッスンでした。 今アンサンブルでやっている曲は…

2017年02月16日 2,001PV

人気の関連記事

自分に合った練習方法でクラリネットの上達を目指そう 自分に合った練習方法でクラリネットの上達… 自分に合った練習方法でクラリネットの上達を目指そう

9月に買った新しいクラリネットにも、すっかり慣れた大学生のレッスンでした。 音で異なる響きと抜け 今日も、まずロングトーンをやってもらいましたが、どの音もしっかり鳴らせていて、毎日コツコツと頑張っているのがきちんとわかります。 クラリネットの特性で音程の悪い音には右手をプラス 鳴りと音程が不安定な音に対する対処もしてありましたが、残念だったのは、… 9月に買った新しいクラリネットにも、すっかり慣れた大学生のレッスンでした。 音で異なる…

2016年10月30日 5,550PV

クラリネットの運指を覚える鍵は『異名同音』 クラリネットの運指を覚える鍵は『異名同音… クラリネットの運指を覚える鍵は『異名同音』

今日も初心者の方のレッスンでした。一週間って、あっという間ですね。 前回やったことをまず思い出そう とは言え、楽器をお持ちでないので、レッスンは組み立て方を思い出すところから。 5回目ともなると、一瞬迷ったとしても、パッと組み立てられるようになってきました。 リードもささっとつけられましたが、前回、リードをケースから出し入れする時のやり方が間違っ… 今日も初心者の方のレッスンでした。一週間って、あっという間ですね。 前回やったことをま…

2016年11月28日 2,302PV

音の方向性を意識して苦手なスラーを克服しよう 音の方向性を意識して苦手なスラーを克服し… 音の方向性を意識して苦手なスラーを克服しよう

先週の日曜日に、所属している吹奏楽団の本番も無事終わり、ほっと一息…かと思いきや、すでに3月の演奏会に向けて初見大会が始まっている、という生徒さんのレッスンでした。 クラリネットの大敵・跳躍練習 初見段階なので曲も決まっておらず、楽譜もまだ配られていないそうで、今日はいつも指揮者に「ちゃんとスラーで吹いて!」と注意されるという、基礎合奏… 先週の日曜日に、所属している吹奏楽団の本番も無事終わり、ほっと一息…かと思…

2016年11月27日 2,130PV

クラリネットの練習の積み重ねで手に入るもの クラリネットの練習の積み重ねで手に入るも… クラリネットの練習の積み重ねで手に入るもの

お孫さんの七五三のお祝いに、クラリネットを演奏している動画をプレゼントする、とおっしゃっていた生徒さん。 先週は喉が痛くてお休みだったので、今日、その時のお話を伺いました。 かわいいお客さんに生演奏をプレゼント 結局、お食事会での披露は見送られて、おうちにお孫さんを招いて、生演奏をしたそうです。 楽器と楽譜、譜面台を用意していたら、雰囲気を察した… お孫さんの七五三のお祝いに、クラリネットを演奏している動画をプレゼントする、とおっしゃっ…

2016年11月28日 1,392PV

「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう 「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう… 「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう

いよいよ、4月も終わりに近づいてきました。残念ながら、自由に遊びに行くことはできませんが、可能な限り太陽の光をしっかり浴びて、心身ともに健康を保っていきましょう。 さて、前回お話したように、東京クラリネット教室では、既存の生徒さん向けのオンラインレッスンを開始し、おかげさまで好評を博しております。 ただ、今まで教室の備品を使ってレッスンを受けていたた… いよいよ、4月も終わりに近づいてきました。残念ながら、自由に遊びに行くことはできませんが…

2020年04月27日 525PV

長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に… 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法

最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習されているようで、レッスンでお目にかかるのが毎回楽しみです。 「家なので、リラックスして吹けます」という方も、「パソコンの前だと緊張する!」という方もいらして、それぞれ反応が違って、興味深いですね。 今は、誰かと合わせて演奏することができませんが、コンピューターで伴奏… 最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習され…

2020年05月20日 218PV

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に… 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法

最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習されているようで、レッスンでお目にかかるのが毎回楽しみです。 「家なので、リラックスして吹けます」という方も、「パソコンの前だと緊張する!」という方もいらして、それぞれ反応が違って、興味深いですね。 今は、誰かと合わせて演奏することができませんが、コンピューターで伴奏… 最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習され…

2020年05月20日 218PV

2人以上での演奏の質を数段上げるには 2人以上での演奏の質を数段上げるには… 2人以上での演奏の質を数段上げるには

5月になった途端、初夏の陽気が続いていますね。皆様、体調を崩されてないでしょうか。 相変わらず、スタジオでのレッスンはおあずけ状態ですが、オンラインレッスンでお元気そうな生徒さんの顔が拝見できて、とても嬉しいですし、私自身も今の生活の張りになっています。 今は望まざる生活ではありますが、大人の方であれば、在宅勤務によりなくなった通勤時間などを練習時間… 5月になった途端、初夏の陽気が続いていますね。皆様、体調を崩されてないでしょうか。 相…

2020年05月10日 282PV

「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう 「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう… 「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう

いよいよ、4月も終わりに近づいてきました。残念ながら、自由に遊びに行くことはできませんが、可能な限り太陽の光をしっかり浴びて、心身ともに健康を保っていきましょう。 さて、前回お話したように、東京クラリネット教室では、既存の生徒さん向けのオンラインレッスンを開始し、おかげさまで好評を博しております。 ただ、今まで教室の備品を使ってレッスンを受けていたた… いよいよ、4月も終わりに近づいてきました。残念ながら、自由に遊びに行くことはできませんが…

2020年04月27日 525PV

楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方… 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方

早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることもできないので、せっかくの春を満喫できなくて残念ですね。 東京クラリネット教室では、以前からの生徒さん向けに、先週から急遽オンラインでのレッスンを開始しました。直接お会いしてレッスンできないのは寂しいですが、同じ時間を共有できる、というのは、今の時期大切だなとしみじみ… 早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることも…

2020年04月20日 408PV

クラリネットを吹かずにできる基礎練習 クラリネットを吹かずにできる基礎練習… クラリネットを吹かずにできる基礎練習

4月に入って10日が経ちましたが、都市部の方々はますます我慢が必要な生活になってしまいましたね。 残念ながら、東京クラリネット教室も、スタジオでのレッスンやアンサンブルを一旦休止することとなってしまいましたが、今は心身ともに健康を保って、またのびのびとクラリネットを吹ける日を待ちましょう。 こんな時は、普段避けてしまいがちな基礎練習がおすすめです。 … 4月に入って10日が経ちましたが、都市部の方々はますます我慢が必要な生活になってしまいま…

2020年04月10日 682PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

クラリネットアンサンブルに真剣に取り組む生徒達
初級者アンサンブル

回数を重ねるごとにできることを増やすためには 回数を重ねるごとにできることを増やすため… 回数を重ねるごとにできることを増やすためには

2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元々の人数が少ないのもありますが、毎回皆さん揃っていただけるので、前回やったこと・できたことの続きの状態から開始できるのがありがたいですね。 今回も、先月スタートの『小さな世界』を演奏しましょう。 前回アンサンブルの状態を維持しておく 毎回恒例の「全員でロング… 2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元…

2020年02月26日 413PV

楽しそうにバンドアンサンブルする生徒達
バンドアンサンブル

いろいろな調に対応できるようにするには いろいろな調に対応できるようにするには… いろいろな調に対応できるようにするには

2020年2月25日、第45回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、急にいらっしゃれなくなってしまった方と、ドラマーがお休みということで、B♭クラリネット4名・バスクラリネット(半分ちょっとキーボード)・ギターの6名での演奏となります。 ドラムとベースがないと少し寂しい感じはしますが、いつもと響きが変わりそうでワクワクしますね。 今回も… 2020年2月25日、第45回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、急にい…

2020年02月25日 346PV

クラリネットアンサンブルする生徒達
上級者アンサンブル

アンサンブルの質を上げる3つのポイント アンサンブルの質を上げる3つのポイント… アンサンブルの質を上げる3つのポイント

本日は、上級者アンサンブルが行われました。 1名、お仕事の都合でお休みでしたが、先月から加わって下さった方も継続してご参加いただけたので、今日はB♭クラリネット4名・バスクラリネット1名の計5名でのアンサンブルとなりました。 演奏曲は、先月に引き続き、レハール作曲の『メリーウィドウ』をメドレー形式に編曲した『メリーウィドウセレクション』です。 その… 本日は、上級者アンサンブルが行われました。 1名、お仕事の都合でお休みでしたが、先月か…

2020年02月23日 364PV

クラリネットアンサンブルする生徒達
中級者アンサンブル

「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと 「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと… 「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと

2020年2月22日、今年2回目の中級者アンサンブルが開催されました。 久しぶりのご参加の方と、体験の方がいらっしゃる予定だったので、「今回は人数が多い!」とホクホクしていたのですが、いざ当日になってみたら、お仕事や体調不良の方などがいらっしゃって、講師含めて4名でのアンサンブルとなりました。 今は特に、いろいろ流行っているので怖いですね。不調な方は… 2020年2月22日、今年2回目の中級者アンサンブルが開催されました。 久しぶりのご参…

2020年02月22日 338PV

バンドアンサンブルする生徒達
バンドアンサンブル

「してほしいこと」ができる演奏を目指す 「してほしいこと」ができる演奏を目指す… 「してほしいこと」ができる演奏を目指す

2020年1月28日、第44回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、B♭クラリネット3名・バスクラリネット(半分キーボード)・ベース(ちょこっとキーボード)・ドラムの、6名での演奏となります。 前回に比べ、少し人数が少なくて寂しいですが、今年1回目のバンドアンサンブル、びしっとかっこよく演奏しましょう! 演奏曲目(順不同) 鈴懸の… 2020年1月28日、第44回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、B♭ク…

2020年01月28日 562PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス… アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 492PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知… 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょこちょこと拍子が変わったり、見慣れない拍子(変拍子)が出てくることがあります。 「4分の〇拍子」だと、そこまで数え方が難しくないと思いますが、それに比べて「8分の〇拍子」って、頻出するわりにわかりにくい…と思っ… ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹…

2020年03月28日 761PV

音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方… 音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る舞いは、自分自身が最高のパフォーマンスをするためにも、試験官に良い印象を与えるという意味でも、とても大切です。 その時になってみないとわからないことも多いのですが、できる限りのイメージトレーニングをしておきましょう。 試験… 音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室すること…

2019年12月19日 963PV

音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは… 音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に就いたり、舞台関係の仕事などでも同じと言えるでしょう。 そしてこの能力は、音楽高校や音楽大学を受験する時点で、大いに必要となります。 音高・音大受験で試験官が見ているのは、専攻楽器の演奏技術の高さのみに留まらず、総合的な音… 音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 …

2019年12月17日 766PV

実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは 実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素と… 実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは

音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多く、受験期間も長期にわたります。 科目は、専攻実技、副科ピアノ、楽典、聴音、新曲視唱などなど。(もちろん普通のお勉強も) 私は都立高の音楽科に通っていましたが、他の学校よりも入学試験の日程が長かったですし、音大に至っては1週間も入試が続きました。 この数ある受験… 音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多…

2019年12月13日 836PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試… 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 506PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試… 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 515PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会… 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 595PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試… 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 576PV

東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会… 東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブ 「クラリネットのお友達が欲しい!」という生徒さんの声で始まった、こちらの懇親会。 今回は、昨年の初懇親会よりも、多くの方にご参加いただきました。 幅広い年齢層のたくさんのご参加者 東京クラリネット教室第2回懇親… 2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催され…

2019年10月17日 674PV

Twitter
Follow us on twitter

Twitter
Follow us on twitter