音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろう

2020年07月31日 192PV

オンラインレッスンで笑顔で話をする生徒

いよいよ7月も終わり。
東京は、梅雨が明けないまま8月に突入ですね。

雨は嫌だなぁと思いつつ、かと言って梅雨が明けたら真夏。
暑さも嫌だわ…と、身勝手なことを考える日々です。

練習時、エアコンが直接当たるところに、ちょっと楽器を置いて休憩…なんてことをしてしまうと、楽器の割れに繋がりますので、「割れは冬のもの」というイメージを捨てて、夏場もしっかり楽器の取り扱いに注意しましょう。

さて、レッスンで相談されることは様々ですが、聞かれる頻度が高いものの1つに、「音の詰まり」があります。

クラリネットで「音が詰まる」ってなんでしょう?
今回は、理由と解決法を正しく知っていきましょう。

「音が詰まる」ってなんだろう

「音が詰まる」とよく言いますが、実際に音は見えないし、クラリネット本体に詰まるものでもないし、意外とよくわからないですよね。

「息を入れているのにちゃんと音が鳴らない」「音が遠くに飛んでいる感じがしない」「すっと音が出ない」など、人それぞれ「詰まる」の定義は違うと思いますが、簡単に言うと、クラリネットの場合、その詰まった感というのは、リードが適切に振動していない状態です。

そう言われると、なんとなくそうなる理由と、どうしたらいいかわかりそうな気がしませんか?
では、その部分を具体的に考えていきましょう。

音が詰まってしまう理由と解決法

オンラインレッスンでアンブシュアを確認する生徒

音が詰まってしまう(リードが適切に振動しない)理由はいろいろとありますが、主な原因は、以下の通りです。

  • アンブシュア(口のくわえ方)
  • 息の出し方
  • リード

アンブシュア(口のくわえ方)

一番の理由は、アンブシュア(口のくわえ方)によるものでしょう。

「くわえ方が浅い」「口を締めすぎたり、噛んでしまっている」などにより、すぐに詰まり感を感じるようになります。

まず、くわえ方が浅いと、口の中に入るリードが少なくなります。
口の中のリードが少なければ、当然音が出るために振動する面が小さくなりますので、息を入れようとしても入らず、苦しかったり、音が鳴りにくくなります。

そのような時は、思っているより、ほんの少しだけくわえ方を深くしてみましょう。

リードに下唇を当てたまま、ずりっと滑らせるようにして、口の中のリードを増やすと、打って変わって息が入りやすくなり、すっと音が鳴らせるはずです。
(深すぎると、逆に吹きにくくなりますので、程良い位置を探して下さいね)

また、締めすぎたり、噛んだりしてしまっている場合は、リードの振動を力ずくで止めているような状態になっていますので、「マウスピースは挟むだけ」という点を、再度見直しましょう。

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になり ...... 続きを読む
クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいま ...... 続きを読む
2020年03月24日 1,224pv

息の出し方

これは意外と盲点なのですが、「音が詰まっている」のではなく「実は息が体から出ていなくて、音がきちんと鳴っていない」ことがあります。

リードをしっかり振動させるには、充分な息が必要ですが、体に力が入ってしまうと、息が出てこないため、リードの振動は少なくなります。

試しに、両手をぐっと握って、お腹にも力を入れて、「あー」と言ってみましょう。

いつもの声が出ないですよね?
それを、クラリネットを吹いている時だと「音が詰まっている」と感じてしまうことがあるのです。

また、そのように、力んでしまっていて、息が出ていない時でも、脳は「めちゃめちゃ頑張って息を出している」と錯覚してしまうそうで、そこが厄介なところ。

特に、声に出せばわかりやすいですが、楽器をくわえてしまうと、自分の体に力が入っているかどうかの冷静な判断はしにくく、また先程の脳の錯覚が加わると「こんなに頑張ってるのに、なんで音が鳴らないの!!」と思ってしまい、ますます頑張って、ますます息が止まる…という悪循環に陥ります。

アンブシュア(口のくわえ方)は万全なのに、音が細かったり、詰まっている気がする時は、自分の体の状態にも目を向けてみましょう。

リード

こちらも気づきにくいのですが、リードが古くないでしょうか。
古いリードは、音が急に出にくくなります

気に入ったリードをずっと使い続けていると、コシがなくなってきて、振動の仕方が変わってきますので、「昨日まで普通だったのに、なんか今日は音が詰まる気が…」なんて時は、一番にリードを疑いましょう。

クラリネット吹きは、ストイックな方が多いので、リードのせいだとしても「いや、道具のせいにしては駄目だ」と思いがちなので要注意。
リードのせいなこともあるんです!

いつものイメージで吹けない時、人はそのイメージに近づけようと無理をしてしまいますので、良くない吹き方になってしまいがちです。
お気に入りを捨てるのは心が痛みますが、一度状態が悪くなったリードが復活することはありませんので、諦めて別のリードを昇格させましょう。

楽器が理由の場合

特定の音が詰まった感覚になる場合は、楽器が壊れていたり、調整の必要があることもあります。
上記の3つの理由をクリアにしても変わらない時は、楽器のせいである可能性も考えてみましょう。

すっと息が入る状態を目指そう

オンラインレッスンで笑顔で話をする生徒

詰まった感じがする時は、クラリネットを吹いていても楽しくないですよね。

今回お伝えした理由の中で、まずは自分がどの状態に近いかを考えて、焦らずにゆっくり解決していきましょう。

よくわからない時は、1つずつ丁寧に試してみて、すっと息が入る吹き方を目指して下さいね。

みんなが読んでる人気記事

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? … 「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レ…

2016年03月10日 59,315PV

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法 クラリネットリードの選び方とメンテナンス… クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当てて「あ~~」と声を出した時に、ビリビリと震える感覚があると思います。 声帯という筋肉が振動している間を空気が通って声となって出てくるのですが、クラリネットではリードが声帯に当たります。 要は、リードはクラリネットの声(音色)を決める重要なもの。 しかし、初心者の… リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当て…

2016年03月28日 53,548PV

クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。 クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。 まずは全リードを開封 まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリード クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選…

2016年11月19日 47,606PV
演奏技術

音の方向性を意識して苦手なスラーを克服しよう 音の方向性を意識して苦手なスラーを克服し… 音の方向性を意識して苦手なスラーを克服しよう

先週の日曜日に、所属している吹奏楽団の本番も無事終わり、ほっと一息…かと思いきや、すでに3月の演奏会に向けて初見大会が始まっている、という生徒さんのレッスンでした。 クラリネットの大敵・跳躍練習 初見段階なので曲も決まっておらず、楽譜もまだ配られていないそうで、今日はいつも指揮者に「ちゃんとスラーで吹いて!」と注意されるという、基礎合奏… 先週の日曜日に、所属している吹奏楽団の本番も無事終わり、ほっと一息…かと思…

2016年11月27日 2,454PV

真剣にアンサンブルする合奏経験者向けアンサンブルのメンバー
上級者アンサンブル

本番直前にやっておくと良いこと 本番直前にやっておくと良いこと 本番直前にやっておくと良いこと

本日は、年内最後の合奏経験者向けアンサンブルでした。 明日に本番を控え、皆さん顔が引きつってるような… それぞれ練習を重ねてきていただいていますので、このメンバーだからこそできる演奏を目指して、最後の仕上げをしましょう! 演奏曲目 星に願いを 宝島 通し練習で自分の状態を把握しよう 楽器が冷えた状態では、チューニングは… 本日は、年内最後の合奏経験者向けアンサンブルでした。 明日に本番を控え、皆さん顔が引き…

2018年12月23日 760PV

細かくて苦手な部分との向き合い方 細かくて苦手な部分との向き合い方 細かくて苦手な部分との向き合い方

日々、粛々と過ごしていたら、あっという間に5月も下旬。 いよいよ緊急事態宣言も解除ということで、徐々に日常を取り戻していけたらとは思いますが、ここで羽目を外してはいけませんね。 天候に左右されないオンラインレッスン 5月は、天気が悪くて肌寒かったり、かと思えば季節先取りの暑さだったりと、落ち着かないことこの上ない感じですが、こんな時にオンラインレッ… 日々、粛々と過ごしていたら、あっという間に5月も下旬。 いよいよ緊急事態宣言も解除とい…

2020年05月30日 396PV

クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対処法 クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対… クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対処法

7月だと言うのに肌寒い日が続いていたかと思えば、急に夏の暑さがやってきたり、なんだか落ち着きませんね。さらに、例年より雨も多い気がしますので、体調管理・楽器やリードの管理をしっかり行いましょう。 ここのところ制限がある日々で、しばらく楽器を調整に出すことができなかった方も多いと思います。私も、前回出してからあっという間に7ヶ月が過ぎてしまいました。 … 7月だと言うのに肌寒い日が続いていたかと思えば、急に夏の暑さがやってきたり、なんだか落ち…

2020年07月20日 222PV
関連記事

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 1,224PV

拍子を正しく知ってリズムを掴もう 拍子を正しく知ってリズムを掴もう 拍子を正しく知ってリズムを掴もう

読譜は得意ですか? 東京クラリネット教室に通われている生徒さんも「新しい曲は、慣れるまでが大変」とおっしゃっている方が、たくさんいらっしゃいます。 新しい楽譜をすらすら吹くためには、「音」が読み取れることと、「リズム」が読み取れることが必要です。 今回は、「リズム」に焦点を当てて、苦手克服を目指しましょう。 拍子の読み方を知ろう まず、楽譜を読… 読譜は得意ですか? 東京クラリネット教室に通われている生徒さんも「新しい曲は、慣れるま…

2020年01月15日 977PV

力を抜いた演奏で良い音を手に入れよう 力を抜いた演奏で良い音を手に入れよう 力を抜いた演奏で良い音を手に入れよう

東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんの多くが、共通して悩まれていることが「力」。 入り方、入る箇所に違いはありますが、多くの方がどこかしら力んだ状態で吹かれています。 しかし、クラリネットを吹く上での余分な力というのは、演奏の邪魔にしかなりませんし、求める「良い音」とは遠ざかってしまいます。 今回は、力をかけてしまいやすいポイントを… 東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんの多くが、共通して悩まれていることが…

2020年02月11日 814PV

楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方

早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることもできないので、せっかくの春を満喫できなくて残念ですね。 東京クラリネット教室では、以前からの生徒さん向けに、先週から急遽オンラインでのレッスンを開始しました。直接お会いしてレッスンできないのは寂しいですが、同じ時間を共有できる、というのは、今の時期大切だなとしみじみ… 早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることも…

2020年04月20日 702PV

ソロ曲の演奏で得られるものとは ソロ曲の演奏で得られるものとは ソロ曲の演奏で得られるものとは

東京クラリネット教室のレッスンでは、基礎をしっかり身につけながら、それを活かしてソロ曲を練習されて、発表会での演奏に挑戦している方が、多くいらっしゃいます。 クラリネットソロ曲の演奏に挑戦してみよう ピアノ伴奏でソロ曲を吹く、また、人前で演奏することで、音楽力も技術力もぐっと向上できますので、ぜひチャレンジしていただけたらと思いますが、今回はその挑戦… 東京クラリネット教室のレッスンでは、基礎をしっかり身につけながら、それを活かしてソロ曲を…

2020年03月23日 639PV

クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう

7月になって、あっという間に上旬も終わり。今年は、雨が多い梅雨ですね。 楽器の管理・リードの管理を適切に行って、良い状態を維持するようにしましょう。湿度の高いところに、放置したりしては駄目ですよ。 また、エアコンをつける季節になってきましたので、吹き出した風がクラリネットに直接当たらないように気を配ることも大切。 楽器の割れは、冬だけのものではない… 7月になって、あっという間に上旬も終わり。今年は、雨が多い梅雨ですね。 楽器の管理・リ…

2020年07月10日 287PV

記事検索
Search Articles

記事検索
Search Articles

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

お知らせ

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネットから出てくる水の正体と処置の仕方 クラリネットから出てくる水の正体と処置の… クラリネットから出てくる水の正体と処置の仕方

8月に入って梅雨が明けた途端、いきなり暑いですね。 人にとって過酷な環境というのは、クラリネットにとっても良くない環境ということ。ケースに入れていれば大丈夫、ということはなく、普段の保管状態も大切ですので、すごく暑い部屋に置いておいたりすることは、くれぐれも避けましょう。 また、冬もそうですが、夏場のクーラーがついている時にも気になるのが、演奏中にク… 8月に入って梅雨が明けた途端、いきなり暑いですね。 人にとって過酷な環境というのは、ク…

2020年08月04日 151PV

音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろう 音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろ… 音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろう

いよいよ7月も終わり。東京は、梅雨が明けないまま8月に突入ですね。 雨は嫌だなぁと思いつつ、かと言って梅雨が明けたら真夏。暑さも嫌だわ…と、身勝手なことを考える日々です。 練習時、エアコンが直接当たるところに、ちょっと楽器を置いて休憩…なんてことをしてしまうと、楽器の割れに繋がりますので、「割れは冬のもの」というイメージを… いよいよ7月も終わり。東京は、梅雨が明けないまま8月に突入ですね。 雨は嫌だなぁと思い…

2020年07月31日 192PV

クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対処法 クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対… クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対処法

7月だと言うのに肌寒い日が続いていたかと思えば、急に夏の暑さがやってきたり、なんだか落ち着きませんね。さらに、例年より雨も多い気がしますので、体調管理・楽器やリードの管理をしっかり行いましょう。 ここのところ制限がある日々で、しばらく楽器を調整に出すことができなかった方も多いと思います。私も、前回出してからあっという間に7ヶ月が過ぎてしまいました。 … 7月だと言うのに肌寒い日が続いていたかと思えば、急に夏の暑さがやってきたり、なんだか落ち…

2020年07月20日 222PV

クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう

7月になって、あっという間に上旬も終わり。今年は、雨が多い梅雨ですね。 楽器の管理・リードの管理を適切に行って、良い状態を維持するようにしましょう。湿度の高いところに、放置したりしては駄目ですよ。 また、エアコンをつける季節になってきましたので、吹き出した風がクラリネットに直接当たらないように気を配ることも大切。 楽器の割れは、冬だけのものではない… 7月になって、あっという間に上旬も終わり。今年は、雨が多い梅雨ですね。 楽器の管理・リ…

2020年07月10日 287PV

クラリネットで響きのある高音を出すためには クラリネットで響きのある高音を出すために… クラリネットで響きのある高音を出すためには

あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行して、今月からスタジオレッスンを再開しましたが、早1ヶ月が経とうとしています。 オンラインレッスンも、想像以上に違和感がなく、受講いただいた生徒さんには好評でしたが、とは言え、スタジオやカラオケ店などが閉まっていた期間、おうちで音が出せない方には、レッスンを受けていた… あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行し…

2020年06月30日 378PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

真剣にアンサンブルする生徒達
初級者アンサンブル

統一感のある演奏をするために押さえると良いこと 統一感のある演奏をするために押さえると良… 統一感のある演奏をするために押さえると良いこと

2020年7月27日、今年3回目の初級者アンサンブルが行われました。 他のアンサンブル3クラスもそうですが、今月は無事に開催することができて、本当に良かったです。少しアンサンブルしにくいセッティングになってしまうのは、今は我慢。同じ空間で一緒に演奏できるだけでも、ありがたいですね。 本日は、1名お休みでしたが、以前から体験のお申し込みがあった生徒さん… 2020年7月27日、今年3回目の初級者アンサンブルが行われました。 他のアンサンブル…

2020年07月27日 191PV

真剣にアンサンブルする生徒達
上級者アンサンブル

読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう 読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう 読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう

本日は、上級者アンサンブルが開催されました。 こちらのクラスも5ヶ月ぶりとなりましたが、どのクラスもそこまで時間が経ったように感じないのが、不思議なところですね。 今日は、ご都合で1名お休みでしたが、B♭クラリネット4名・バスクラリネット1名の計5名でのアンサンブルになりました。一般の方の体験受付再開については、検討中ですので、しばらくは今までのメン… 本日は、上級者アンサンブルが開催されました。 こちらのクラスも5ヶ月ぶりとなりましたが…

2020年07月26日 193PV

真剣にアンサンブルする生徒達
中級者アンサンブル

8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるようになろう 8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるよう… 8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるようになろう

2020年7月25日、今年3回目の中級者アンサンブルが開催されました。 バンドアンサンブル同様、こちらも5ヶ月ぶり。現在は、アンサンブル体験は個人レッスン受講の生徒さんのみを対象に行っておりますが、今日は体験参加の方が1名と以前からの参加者4名、講師のバスクラリネットを合わせて、6名でのアンサンブルです。 久しぶりの中級者アンサンブル、以前やっていた… 2020年7月25日、今年3回目の中級者アンサンブルが開催されました。 バンドアンサン…

2020年07月25日 157PV

楽しそうに演奏するバンドアンサンブルメンバー
バンドアンサンブル

ブランク明けのアンサンブルをより楽しむためにやっておくと良いこと ブランク明けのアンサンブルをより楽しむた… ブランク明けのアンサンブルをより楽しむためにやっておくと良いこと

2020年7月21日、第46回目のバンドアンサンブルが開催されました。 前回アンサンブルより、あっという間に5ヶ月が経ってしまいました。まだまだ、以前と全く同じというわけにはいきませんが、アンサンブルができる環境が戻ってきたことは、ありがたいなと思います。 欠席の方が数名いらしたので、本日の参加者は、B♭クラリネット2名とバスクラリネット(半分以上ピ… 2020年7月21日、第46回目のバンドアンサンブルが開催されました。 前回アンサンブ…

2020年07月21日 293PV

クラリネットアンサンブルに真剣に取り組む生徒達
初級者アンサンブル

回数を重ねるごとにできることを増やすためには 回数を重ねるごとにできることを増やすため… 回数を重ねるごとにできることを増やすためには

2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元々の人数が少ないのもありますが、毎回皆さん揃っていただけるので、前回やったこと・できたことの続きの状態から開始できるのがありがたいですね。 今回も、先月スタートの『小さな世界』を演奏しましょう。 前回アンサンブルの状態を維持しておく 毎回恒例の「全員でロング… 2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元…

2020年02月26日 645PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方

クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよくわかってなかったり、今さら聞けないこともありませんか?今回は、リードを選ぶ際に注意すべき点について、改めて考えてみましょう。 リードに書いてある数字の意味 まずは、リードリードの箱に書いてある「2と1/2」「3」などの数字についてです。 これを「リードの厚さ… クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよ…

2020年07月28日 198PV

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 1,224PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知… 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょこちょこと拍子が変わったり、見慣れない拍子(変拍子)が出てくることがあります。 「4分の〇拍子」だと、そこまで数え方が難しくないと思いますが、それに比べて「8分の〇拍子」って、頻出するわりにわかりにくい…と思っ… ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹…

2020年03月28日 6,926PV

音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る舞いは、自分自身が最高のパフォーマンスをするためにも、試験官に良い印象を与えるという意味でも、とても大切です。 その時になってみないとわからないことも多いのですが、できる限りのイメージトレーニングをしておきましょう。 試験… 音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室すること…

2019年12月19日 1,468PV

音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に就いたり、舞台関係の仕事などでも同じと言えるでしょう。 そしてこの能力は、音楽高校や音楽大学を受験する時点で、大いに必要となります。 音高・音大受験で試験官が見ているのは、専攻楽器の演奏技術の高さのみに留まらず、総合的な音… 音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 …

2019年12月17日 1,068PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 749PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 665PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 829PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 767PV

東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブ 「クラリネットのお友達が欲しい!」という生徒さんの声で始まった、こちらの懇親会。 今回は、昨年の初懇親会よりも、多くの方にご参加いただきました。 幅広い年齢層のたくさんのご参加者 東京クラリネット教室第2回懇親… 2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催され…

2019年10月17日 947PV