時間がある時に基礎力アップ!

2020年04月01日 1,167PV

楽譜を見ながら座って演奏する生徒

新年度が始まりましたね。

とは言え、今はいろいろなことに制限があり、年齢問わず演奏会がなくなってしまった生徒さん達も多いですし、通常の部活もできなかったり、「今まではカラオケで練習してたのに、出かけられない…」という話も、生徒さんからお聞きしました。

外出自体も思うようにできない今、どうしても落ち込んだ気分になってしまいやすいですが、「普段できない練習ができる」と前向きに捉え、のびのびと楽器が吹ける状況になった時に「あの人、基礎力が上がってる!」と思ってもらえるような練習を、今だからこそやってみましょう。

何をするにもやはり「基礎力」

吹奏楽にせよオーケストラにせよ、特に部活で吹いている方達は、いつもはゆっくりと個人練習・基礎練習をする時間がないと思います。
たまにできても、惰性でやっていないでしょうか。

しかし、やはり基礎力がなければ、合奏の曲でどうしてもクリアできない箇所が出てきてしまったり、部分練習に時間を取られたりしてしまいますので、合奏ができない今を有意義に過ごせると、今後が大きく変わっていきます。

どんな練習をするといいのか、今回はお手元に楽器があって、音を出すことが可能な方の練習方法を考えていきましょう。

ロングトーン

やはり基礎練習といえば、ロングトーンは外せません。
まだ文字が書けなかった頃、まず鉛筆の持ち方を練習し、1つ1つの文字をゆっくり丁寧に書くことから始めて、すらすらと書けるようになるまで繰り返し練習しましたよね。

楽器を吹く上で、ロングトーンをすることは、それと同じことです。

ロングトーンには「タンギングする」「指を回す」ということ以外、クラリネットを吹く全ての要素が含まれていると言っていいでしょう。

常にチューナーを繋いで、びくびくと音程を気にしながら吹いたり、「きれいな音が出したい」とマウスピースやリガチャー、リードなどをあれこれ変えるよりも、考えられること全てに気を回してロングトーンをする方が、余程良い音程・良い音が手に入ります。

  • 姿勢・座り方(立ち方)
  • 楽器の持ち方
  • アンブシュア(口のくわえ方)
  • ブレス
  • 音の吹き出し
  • 音の伸ばし方
  • 音の切り方・切るタイミング
  • カウント

ざっと挙げただけでも、楽器を吹くには、これだけのことを同時にやらねばなりません。
かなり多いですよね。

曲を吹くとなると、ここにプラスして、楽譜を読み取り、指を回し、音楽的に吹くことが必要ですので、それらがないロングトーンの時に、ここに列挙したことが当たり前にできるようにしておいた方がいいことは、考えるまでもないことですね。

「クラリネットの演奏に、あまり自信がない&he ...... 続きを読む
「クラリネットの演奏に、あまり自信がない…」「曲を吹く時に、堂々と吹けない」などの悩みをお持ちの方は、実は少なくないと思います。 自分の演奏に自信を持つためには、やはり「基礎をしっかり練習してある」という『自信の根拠』を作ることが大切です。 何度も、重要性について ...... 続きを読む
2017年05月06日 19,641pv

もう一回、基礎をしっかり確認したいという、経験 ...... 続きを読む
もう一回、基礎をしっかり確認したいという、経験者の方のレッスンでした。 もちろん毎回ロングトーンをやっていたのですが、初見を兼ねた基礎練習中心だったので、今日は徹底してロングトーンをやることにしました。 ロングトーンは、ついつい「なあなあ」になりがちですが、いろんな要素を含んだ ...... 続きを読む
2017年01月31日 3,078pv

初見力を上げるためにも、必ず運指表などで自分が吹いている音(楽譜)を見ながら、テンポに合わせるためにメトロノームをかけ、全ての音の運指を覚えるために、半音階で吹くことが大切です。

丁寧なロングトーンで、どこでも応用の利く、広い意味での「良い音」を手に入れましょう。

楽譜を見ながら座って演奏する生徒

タンギング

クラリネットにおいて、タンギングは相当難しいテクニックです。

もちろん、「練習しなくても四分音符160のテンポで十六分音符が刻める」なんて方もいらっしゃいますが、苦手に感じている人の方が圧倒的に多いと思います。

クラリネットは、金管楽器やフルートと違って、リードに直接触れて音を切らなければいけないのが、一番難しい点でしょう。
しかもリードが小さいので、舌が触れていた量や舌を離すスピードが、思いきり音に出てしまうのが、また難しいところ。

舌をリードにつける量を最小限にすることと、なるべく素早くリードから舌を離すことに重点を置いて、練習することが必要です。

まず大前提として、ロングトーンと同じ息を入れましょう。
(ということは、やはりロングトーンをしっかりやっておかねば、次の段階に進めないのです)

そして、リードにつける舌の量。
タンギングはよく「トゥ・トゥ・トゥ」と表現されますが、「トゥ」だとリードに触れる舌の面積が広くなり、動きも悪くなりますので、「タ・タ・タ」にして下さい。

実際に声に出してみるとわかりやすいですが、「タ・タ・タ」の方が速く動かすことができ、雑音も少なくなります。

舌をつくイメージが掴めたら、ロングトーンのまっすぐした、太い息を意識しながら、ゆっくり「ターターター」とテヌートで吹いてみましょう。
その時に、舌の動きとリードにつける面積はなるべく小さく、かつパッと舌を引くようにします。

熱いものにうっかり触れてしまった時に、「あちっ!」と手を引っ込めますよね。
そんなイメージで、リードに触るか触らないかのところで、舌をサッと引いて下さい。

勘違いしている方が意外に多いのですが、タンギングは「リードに舌をつけること」ではなく、「リードから舌を離すこと」です。

ですので、舌を引くスピードに気をつけて練習しましょう。

タンギングに関しては、大は小を兼ねないので、この動きができないと、もっと短い音を吹いたり、速いタンギングをすることはできません。

「音を切る」ことよりも「舌を最小限動かして、最小限リードに触れ、最小限の動きで素早く引く」に重点を置いて、慌てず、丁寧に練習しましょう。

音階練習(スケール)

スケールの楽譜

私は大学時代、「スケールさえやってれば、曲の練習なんかしなくていいんだよ」と恩師から言われました。

「先生はなんでも吹けるから、そんなこと言うんじゃん!」と思っていましたが、今となって思えば、これは本当におっしゃる通りです。

音階練習(スケール)と言っても、別に「ドレミファソラシド」と吹くだけではありません。

「ドミソド・ミソドミ」と進んでいく分散和音(アルペジオ)だったり、「ドミ・レファ・ミソ・ファラ」と進んでいく三度の練習だったり、様々な練習パターンがあります。

いわゆる「曲」には、これらの組み合わせが多く使われていますので、普段からいろんな調でスケールを吹いておけば、曲の時に意識せずとも応用ができ、先程の恩師の言葉に繋がるわけです。

音階練習をする時は、パラパラとなんとなく吹くのではなく、十六分音符で吹くのであれば、八分音符40くらいからメトロノームを鳴らして、ゆっくり始めましょう。

その際は、

  • ロングトーンの息で吹く
  • 音と音のつながりの意識
  • 指の動きに無駄がないか
  • 余分な音が間に入ってないか
  • 正確なテンポで吹けているか

など、これもまた多くのことに気を回して吹くことが大切です。

ゆっくりのテンポでできてきたら、徐々にテンポを上げていけると、速い曲にも対応できるようになっていきますね。

テンポを上げるのとともに、どうしても転んでしまう部分が出てきてしまった場合は、そこだけ取り出して、繰り返し練習してみたり、全体を付点の2パターンで吹いてみたりしましょう。

最近入会された生徒さん。 「基礎をしっかり固 ...... 続きを読む
最近入会された生徒さん。 「基礎をしっかり固めたい」とのことで、「スケールをやろうと思うのですが…」と相談されました。 スケールをやる意味は? スケール(音階練習)は、ロングトーンが安定して吹けるようになった人が、次に取り入れるべき練習です。 スケールで気をつ ...... 続きを読む
2017年02月07日 5,152pv

音階の本は多数出ていますが、一番のおすすめは、国立音楽大学出版、ロルフ・アイヒラー著『Scales for Clarinet』です。

全調同じ難易度で書いてあること(当たり前のようで、意外と少ないんです)、かなり広い音域をカバーしていること、最低限できていると良いと思われる練習パターンを7パターン載せていること、など、おすすめする理由はいろいろありますが、価格が1000円+税、というのも、魅力だと思います。

また、もしもう一歩二歩進んだスケールの本が欲しい、ということであれば、海外からの取り寄せになってしまいますが、Béla Kovács(ハンガリー表記だとKovács Béla)の書いた『EVERYDAY SCALE EXERCISES』(Mindennapos skálagyakorlatok)がおすすめです。

ただ、この本に関しては、全調が確実に吹けることを前提に書かれており、「♯も♭も4つが限界かな」など、吹ける調に制限がある場合は、この本の本来の使い方ができませんので、「何調でも、どんと来い!」という方向けです。

三本柱をしっかり押さえよう

楽譜を見ながら座って演奏する生徒

クラリネットを吹くにあたり、重要な基礎練習は、今回挙げた「ロングトーン」「タンギング」「音階練習(スケール)」です。

ロングトーンの項で『ロングトーンには「タンギングする」「指を回す」ということ以外、クラリネットを吹く全ての要素が含まれている』と書いてあったことを覚えていますか?

ロングトーンに含まれていない練習が「タンギング」「音階練習」で、フォローされる、ということですね。

「他にもいろんな練習があるじゃん!」と思われるかもしれませんが、どの練習もこの3つを柱に、そこから派生した練習のはずです。

ベースとしては、この3つを押さえればいいだけなのですが、裏を返せば「この3つが全てできなければ、きちんと吹くことは難しい」ということになります。

今は、急に部活がなくなったり、楽団の練習が中止になってしまい、手元に曲の楽譜がなくて何をしたらいいか…と、呆然としている方も多いと思いますが、「これは基礎を固めるチャンスだ!」と前向きに考えて、三本柱を強固なものにしていきましょう。

数か月後、大きな差となって表れますよ。

みんなが読んでる人気記事

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? … 「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レ…

2016年03月10日 65,514PV

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法 クラリネットリードの選び方とメンテナンス… クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当てて「あ~~」と声を出した時に、ビリビリと震える感覚があると思います。 声帯という筋肉が振動している間を空気が通って声となって出てくるのですが、クラリネットではリードが声帯に当たります。 要は、リードはクラリネットの声(音色)を決める重要なもの。 しかし、初心者の… リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当て…

2016年03月28日 56,588PV

クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。 クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。 まずは全リードを開封 まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリード クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選…

2016年11月19日 51,609PV
基礎

クラリネットで良い音を出すために必要な3つのこと クラリネットで良い音を出すために必要な3… クラリネットで良い音を出すために必要な3つのこと

  学校の部活に教えに行くと、「クラリネットの音を良くしたい」という話を、生徒や顧問の先生からよく聞きます。 この「音を良くする」とは、いったい何を指しているのでしょうか? そして「良い音」を出すために必要な要素とは何か、説明していきたいと思います。 音を良くする方法とは マウスピースやリガチャーを変えただけでも、音に変化はありますが…   学校の部活に教えに行くと、「クラリネットの音を良くしたい」という話を、生…

2016年12月05日 8,059PV

クラリネットを吹く時の悪い癖を見つけよう クラリネットを吹く時の悪い癖を見つけよう クラリネットを吹く時の悪い癖を見つけよう

春の歌に取り組んでいる生徒さん。 この曲は、ゆったりした曲なのですが、途中に十六分音符が数小節に渡って並んでいる箇所があります。 その部分で右手小指の形が重要になってくるので、手の形や指の位置を直す練習をしていたわけですが、音が鳴らないことがとても多く、それも以前から気になっていました。 ロングトーンではいい音がするのに、曲に入ると音色も変わってし… 春の歌に取り組んでいる生徒さん。 この曲は、ゆったりした曲なのですが、途中に十六分音符…

2016年09月25日 4,042PV

クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因

すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の体調も、クラリネットやリードの調子も、良い状態を維持できるように過ごしていきましょう。 日々レッスンをしていると、「急に音が出なくなってしまう」という状況に遭遇することがあります。 「さっきまで出てたのに…!」と思うと、焦ってしまいますが、意外と単純… すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の…

2020年10月09日 541PV

クラリネットで息が続かない原因と改善方法 クラリネットで息が続かない原因と改善方法 クラリネットで息が続かない原因と改善方法

急に肌寒い日が続いていますね。そういえば、この季節は秋雨というものがあるんだった…と天気予報を見て、がっかりする日々です。 実は、梅雨の時期よりも秋雨の方が、雨が降ることが多いそう。リードや楽器の管理をしっかり行いましょう。 さて、クラリネットを吹いていて、「なんだか思うように息が続かないな」ということはありませんか。 意外と原因はは… 急に肌寒い日が続いていますね。そういえば、この季節は秋雨というものがあるんだった&hel…

2020年09月25日 432PV

クラリネット難しい?初心者に必要な2つの基礎 クラリネット難しい?初心者に必要な2つの… クラリネット難しい?初心者に必要な2つの基礎

東京クラリネット教室には、全くの未経験からクラリネットを始められた方もたくさんいらっしゃるのですが、「クラリネットなんてやったことがないけれど、興味があるから習ってみたいな」と思われた多くの方は、「でも、本当に自分も音が出せて、吹けるようになるんだろうか…」という点がやはり不安で、最初の一歩を躊躇してしまうのではないでしょうか。 そこで、… 東京クラリネット教室には、全くの未経験からクラリネットを始められた方もたくさんいらっしゃ…

2020年11月19日 157PV
関連記事

自由に動く指を音階練習で手に入れよう! 自由に動く指を音階練習で手に入れよう! 自由に動く指を音階練習で手に入れよう!

最近入会された生徒さん。 「基礎をしっかり固めたい」とのことで、「スケールをやろうと思うのですが…」と相談されました。 スケールをやる意味は? スケール(音階練習)は、ロングトーンが安定して吹けるようになった人が、次に取り入れるべき練習です。 スケールで気をつけることは どの音域もまんべんなく出せるか 指は均等に動かせるか … 最近入会された生徒さん。 「基礎をしっかり固めたい」とのことで、「スケールをやろうと思…

2017年02月07日 5,152PV

クラリネットの宿命・♯だらけの曲を譜読みする時のコツ クラリネットの宿命・♯だらけの曲を譜読み… クラリネットの宿命・♯だらけの曲を譜読みする時のコツ

先週は、予定があってレッスンを休んだ生徒。 忙しすぎて、この2週間全く楽器を触れなかったらしく、とても不安そうな顔をしていました。 プラスのイメージを持って楽器を吹こう そういう時に限って「これ!」というリードが見つからず、アワアワ… きちんとリードを選んであって、順位もつけていると言っていたので、いつも通り吹けていれば、きっとちゃ… 先週は、予定があってレッスンを休んだ生徒。 忙しすぎて、この2週間全く楽器を触れなかっ…

2016年11月17日 4,745PV

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 2,983PV

クラリネットを吹く際の緊張コントロール術 クラリネットを吹く際の緊張コントロール術 クラリネットを吹く際の緊張コントロール術

いよいよ、東京クラリネット教室第4回発表会が近づいてきました。 今日のレッスンで、出演する生徒さんが「私、すごく緊張するんです…」とおっしゃっていました。せっかく練習してきたのに、緊張によって力を発揮できないのは、もったいないですよね。 そこで、『緊張』について正しく知って、本番で最高のパフォーマンスをするためにどうしたらいいかを、今回… いよいよ、東京クラリネット教室第4回発表会が近づいてきました。 今日のレッスンで、出演…

2019年07月06日 2,329PV

真剣にアンサンブルする中級者アンサンブルメンバー
中級者アンサンブル

音符の見た目に惑わされないようにしよう 音符の見た目に惑わされないようにしよう 音符の見た目に惑わされないようにしよう

2020年8月22日、今年4回目の中級者アンサンブルが開催されました。 前回、体験で参加して下さった方も、継続していただけることになりましたが、あいにく今回はお休み。もうお一方もご都合でいらっしゃれなくなってしまい、今日はE♭クラリネット1名、B♭クラリネット3名と講師のバスクラリネットの計5名でのアンサンブルとなりました。 先月同様、今回も福田洋介… 2020年8月22日、今年4回目の中級者アンサンブルが開催されました。 前回、体験で参…

2020年08月22日 384PV

記事検索
Search Articles

記事検索
Search Articles

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

お知らせ

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネット難しい?初心者に必要な2つの基礎 クラリネット難しい?初心者に必要な2つの… クラリネット難しい?初心者に必要な2つの基礎

東京クラリネット教室には、全くの未経験からクラリネットを始められた方もたくさんいらっしゃるのですが、「クラリネットなんてやったことがないけれど、興味があるから習ってみたいな」と思われた多くの方は、「でも、本当に自分も音が出せて、吹けるようになるんだろうか…」という点がやはり不安で、最初の一歩を躊躇してしまうのではないでしょうか。 そこで、… 東京クラリネット教室には、全くの未経験からクラリネットを始められた方もたくさんいらっしゃ…

2020年11月19日 157PV

クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因

すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の体調も、クラリネットやリードの調子も、良い状態を維持できるように過ごしていきましょう。 日々レッスンをしていると、「急に音が出なくなってしまう」という状況に遭遇することがあります。 「さっきまで出てたのに…!」と思うと、焦ってしまいますが、意外と単純… すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の…

2020年10月09日 541PV

クラリネットで息が続かない原因と改善方法 クラリネットで息が続かない原因と改善方法 クラリネットで息が続かない原因と改善方法

急に肌寒い日が続いていますね。そういえば、この季節は秋雨というものがあるんだった…と天気予報を見て、がっかりする日々です。 実は、梅雨の時期よりも秋雨の方が、雨が降ることが多いそう。リードや楽器の管理をしっかり行いましょう。 さて、クラリネットを吹いていて、「なんだか思うように息が続かないな」ということはありませんか。 意外と原因はは… 急に肌寒い日が続いていますね。そういえば、この季節は秋雨というものがあるんだった&hel…

2020年09月25日 432PV

クラリネットの高い音を丸く柔らかくする方法 クラリネットの高い音を丸く柔らかくする方… クラリネットの高い音を丸く柔らかくする方法

だいぶ秋の気配がしてきましたね。 私は、うっかり窓を開けたまま寝てしまうことも多いのですが、喉風邪をひく大きな要因になってしまうので、皆さんはお気をつけ下さいね。喉が痛い時は、楽器の練習はお預けになってしまいますよ。 風邪をひいたら練習を休みましょう さて、クラリネットを演奏している上で、「高音がきつくなってしまう」というのは、かなり多くの方が抱え… だいぶ秋の気配がしてきましたね。 私は、うっかり窓を開けたまま寝てしまうことも多いので…

2020年09月18日 1,186PV

左手親指レジスターキーの押さえ方 左手親指レジスターキーの押さえ方 左手親指レジスターキーの押さえ方

暦の上では、だいぶ前に秋になりました。しかし、スコールのような急な雷雨があったり、まだまだ日差しがきつかったり、まるで南国で過ごしているような気分になりますね。 クランポンの軽量ケースを使われている方は、強い雨だと中に染み込んでしまう可能性もありますので、ケースを覆えるサイズのビニールを携帯したり、いざという時にケースごとしまえるかばんを持つようにして… 暦の上では、だいぶ前に秋になりました。しかし、スコールのような急な雷雨があったり、まだま…

2020年09月09日 538PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

真剣にアンサンブルする中級者アンサンブルメンバー
中級者アンサンブル

本番で複数曲演奏する時の練習の進め方 本番で複数曲演奏する時の練習の進め方 本番で複数曲演奏する時の練習の進め方

2020年11月21日、今年7回目の中級者アンサンブルが開催されました。 今日は、発表会出演予定メンバー全員にご参加いただける予定でしたが、かなりの急用で1名お休みとなり、B♭クラリネット6名と講師のバスクラリネット、合わせて7名での演奏となりました。 先月、体験参加された方も、継続して下さることになり、徐々に人数が増えてきましたね。衛生面で気をつけ… 2020年11月21日、今年7回目の中級者アンサンブルが開催されました。 今日は、発表…

2020年11月21日 157PV

バンドアンサンブルを楽しむ生徒達
バンドアンサンブル

ベースラインがないことで見えてくるものとは ベースラインがないことで見えてくるものと… ベースラインがないことで見えてくるものとは

2020年11月17日、第50回目のバンドアンサンブルが開催されました。 一番最初にできた、こちらのアンサンブルクラス。今年に入って思わぬ休止を余儀なくされてしまいましたが、もう50回目なのですね。 ご参加いただいている皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。 今日は、お休みの方がいらしたので、B♭クラリネット4名・バスクラリネット(ほとんどピアノ)… 2020年11月17日、第50回目のバンドアンサンブルが開催されました。 一番最初にで…

2020年11月17日 131PV

真剣にアンサンブルする初級者アンサンブルメンバー
初級者アンサンブル

苦手な部分がある時の気持ちのコントロール方法 苦手な部分がある時の気持ちのコントロール… 苦手な部分がある時の気持ちのコントロール方法

2020年10月26日、今年6回目の初級者アンサンブルが行われました。 今回からは、しばらくお休みされていた方が復帰され、体験参加の方もいらっしゃって、人数が今までで一番多かったので、これを機に生徒さん達だけでアンサンブルしていただくことにしました。 B♭クラリネット4名で、頑張って下さいね! 演奏曲目 星に願いを 小さな世界 チーム… 2020年10月26日、今年6回目の初級者アンサンブルが行われました。 今回からは、し…

2020年10月26日 183PV

通し練習中の上級者アンサンブルメンバー
上級者アンサンブル

弱い音量を身につけて表現の幅を広げよう 弱い音量を身につけて表現の幅を広げよう 弱い音量を身につけて表現の幅を広げよう

本日は、上級者アンサンブルが行われました。 今回もお休みの方はいらっしゃいましたが、レッスン後の生徒さんが体験参加して下さったので、B♭クラリネット5名・バスクラリネット1名でのアンサンブルとなりました。 今月も、発表会で演奏する、A.リード作曲『アルメニアンダンス・パート1』を練習しましょう。 テンポを探らずに進もう 今日もまずは通し演奏で… 本日は、上級者アンサンブルが行われました。 今回もお休みの方はいらっしゃいましたが、レ…

2020年10月25日 173PV

真剣にアンサンブルする中級者アンサンブルメンバー
中級者アンサンブル

情景の浮かぶ演奏を目指そう 情景の浮かぶ演奏を目指そう 情景の浮かぶ演奏を目指そう

2020年10月24日、今年6回目の中級者アンサンブルが開催されました。 今日もお休みの生徒さんがいらしたものの、前回体験参加された方が、正式に加わって下さったのと、久しぶりに外部からの体験申し込みを再開したので、B♭管7名と講師のバスクラリネットの計8名でのアンサンブルとなりました。 大人数での演奏は、やっぱりわくわくしますね。 今日からは、クラ… 2020年10月24日、今年6回目の中級者アンサンブルが開催されました。 今日もお休み…

2020年10月24日 216PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

クラリネットB♭管とA管の違い クラリネットB♭管とA管の違い クラリネットB♭管とA管の違い

「クラリネット」と一口に言っても、実はいろいろな長さの楽器があります。 普段私達が使っている楽器(B♭管)以外は、基本的に「特殊管」と呼ばれるのですが、特殊管として扱われない楽器の一つにA管があります。 結構名前を聞くけれど、よくわからないA管。オーケストラを観ていて「なんであの奏者は楽器を替えてるんだろう…」「どうして横に同じような楽… 「クラリネット」と一口に言っても、実はいろいろな長さの楽器があります。 普段私達が使っ…

2020年11月10日 169PV

クラリネットリードの寿命はいつ? クラリネットリードの寿命はいつ? クラリネットリードの寿命はいつ?

主なクラリネットのリードは、葦(あし)という植物でできていますので、劣化に伴う寿命があります。 それはよく聞く話ですが、ではクラリネットリードの寿命っていつで、どうやって見極めたらいいのでしょうか。 リードの寿命はいつ? 一般的に、葦でできたクラリネットリード(ケーンリード)の寿命は「1枚あたり約1ヶ月」と言われています。ですので、例えば3枚でロー… 主なクラリネットのリードは、葦(あし)という植物でできていますので、劣化に伴う寿命があり…

2020年10月19日 403PV

指かけに注目して右手を安定させよう 指かけに注目して右手を安定させよう 指かけに注目して右手を安定させよう

クラリネットを演奏している方が抱えているお悩みの中に、「右手がうまく使えない」「右手が痛い」など、右手に関するものがあります。 これは、もちろん右手自体の問題なのですが、その時に注目すべきは指かけ(サムレスト)です。 今回は、意外と気にしていない方が多い、指かけに焦点を当て、右手の悩みを解決していきましょう。 右手に関するよくある悩み まずは、右… クラリネットを演奏している方が抱えているお悩みの中に、「右手がうまく使えない」「右手が痛…

2020年08月28日 612PV

失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方

クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよくわかってなかったり、今さら聞けないこともありませんか?今回は、リードを選ぶ際に注意すべき点について、改めて考えてみましょう。 リードに書いてある数字の意味 まずは、リードリードの箱に書いてある「2と1/2」「3」などの数字についてです。 これを「リードの厚さ… クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよ…

2020年07月28日 688PV

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 2,983PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 1,116PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 952PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 1,167PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 1,089PV

東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブ 「クラリネットのお友達が欲しい!」という生徒さんの声で始まった、こちらの懇親会。 今回は、昨年の初懇親会よりも、多くの方にご参加いただきました。 幅広い年齢層のたくさんのご参加者 東京クラリネット教室第2回懇親… 2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催され…

2019年10月17日 1,339PV