時間がある時に基礎力アップ!

2020年04月01日 605PV

楽譜を見ながら座って演奏する生徒

新年度が始まりましたね。

とは言え、今はいろいろなことに制限があり、年齢問わず演奏会がなくなってしまった生徒さん達も多いですし、通常の部活もできなかったり、「今まではカラオケで練習してたのに、出かけられない…」という話も、生徒さんからお聞きしました。

外出自体も思うようにできない今、どうしても落ち込んだ気分になってしまいやすいですが、「普段できない練習ができる」と前向きに捉え、のびのびと楽器が吹ける状況になった時に「あの人、基礎力が上がってる!」と思ってもらえるような練習を、今だからこそやってみましょう。

何をするにもやはり「基礎力」

吹奏楽にせよオーケストラにせよ、特に部活で吹いている方達は、いつもはゆっくりと個人練習・基礎練習をする時間がないと思います。
たまにできても、惰性でやっていないでしょうか。

しかし、やはり基礎力がなければ、合奏の曲でどうしてもクリアできない箇所が出てきてしまったり、部分練習に時間を取られたりしてしまいますので、合奏ができない今を有意義に過ごせると、今後が大きく変わっていきます。

どんな練習をするといいのか、今回はお手元に楽器があって、音を出すことが可能な方の練習方法を考えていきましょう。

ロングトーン

やはり基礎練習といえば、ロングトーンは外せません。
まだ文字が書けなかった頃、まず鉛筆の持ち方を練習し、1つ1つの文字をゆっくり丁寧に書くことから始めて、すらすらと書けるようになるまで繰り返し練習しましたよね。

楽器を吹く上で、ロングトーンをすることは、それと同じことです。

ロングトーンには「タンギングする」「指を回す」ということ以外、クラリネットを吹く全ての要素が含まれていると言っていいでしょう。

常にチューナーを繋いで、びくびくと音程を気にしながら吹いたり、「きれいな音が出したい」とマウスピースやリガチャー、リードなどをあれこれ変えるよりも、考えられること全てに気を回してロングトーンをする方が、余程良い音程・良い音が手に入ります。

  • 姿勢・座り方(立ち方)
  • 楽器の持ち方
  • アンブシュア(口のくわえ方)
  • ブレス
  • 音の吹き出し
  • 音の伸ばし方
  • 音の切り方・切るタイミング
  • カウント

ざっと挙げただけでも、楽器を吹くには、これだけのことを同時にやらねばなりません。
かなり多いですよね。

曲を吹くとなると、ここにプラスして、楽譜を読み取り、指を回し、音楽的に吹くことが必要ですので、それらがないロングトーンの時に、ここに列挙したことが当たり前にできるようにしておいた方がいいことは、考えるまでもないことですね。

「クラリネットの演奏に、あまり自信がない&he ...... 続きを読む
「クラリネットの演奏に、あまり自信がない…」「曲を吹く時に、堂々と吹けない」などの悩みをお持ちの方は、実は少なくないと思います。 自分の演奏に自信を持つためには、やはり「基礎をしっかり練習してある」という『自信の根拠』を作ることが大切です。 何度も、重要性について ...... 続きを読む
2017年05月06日 17,070pv

もう一回、基礎をしっかり確認したいという、経験 ...... 続きを読む
もう一回、基礎をしっかり確認したいという、経験者の方のレッスンでした。 もちろん毎回ロングトーンをやっていたのですが、初見を兼ねた基礎練習中心だったので、今日は徹底してロングトーンをやることにしました。 ロングトーンは、ついつい「なあなあ」になりがちですが、いろんな要素を含んだ ...... 続きを読む
2017年01月31日 2,162pv

初見力を上げるためにも、必ず運指表などで自分が吹いている音(楽譜)を見ながら、テンポに合わせるためにメトロノームをかけ、全ての音の運指を覚えるために、半音階で吹くことが大切です。

丁寧なロングトーンで、どこでも応用の利く、広い意味での「良い音」を手に入れましょう。

楽譜を見ながら座って演奏する生徒

タンギング

クラリネットにおいて、タンギングは相当難しいテクニックです。

もちろん、「練習しなくても四分音符160のテンポで十六分音符が刻める」なんて方もいらっしゃいますが、苦手に感じている人の方が圧倒的に多いと思います。

クラリネットは、金管楽器やフルートと違って、リードに直接触れて音を切らなければいけないのが、一番難しい点でしょう。
しかもリードが小さいので、舌が触れていた量や舌を離すスピードが、思いきり音に出てしまうのが、また難しいところ。

舌をリードにつける量を最小限にすることと、なるべく素早くリードから舌を離すことに重点を置いて、練習することが必要です。

まず大前提として、ロングトーンと同じ息を入れましょう。
(ということは、やはりロングトーンをしっかりやっておかねば、次の段階に進めないのです)

そして、リードにつける舌の量。
タンギングはよく「トゥ・トゥ・トゥ」と表現されますが、「トゥ」だとリードに触れる舌の面積が広くなり、動きも悪くなりますので、「タ・タ・タ」にして下さい。

実際に声に出してみるとわかりやすいですが、「タ・タ・タ」の方が速く動かすことができ、雑音も少なくなります。

舌をつくイメージが掴めたら、ロングトーンのまっすぐした、太い息を意識しながら、ゆっくり「ターターター」とテヌートで吹いてみましょう。
その時に、舌の動きとリードにつける面積はなるべく小さく、かつパッと舌を引くようにします。

熱いものにうっかり触れてしまった時に、「あちっ!」と手を引っ込めますよね。
そんなイメージで、リードに触るか触らないかのところで、舌をサッと引いて下さい。

勘違いしている方が意外に多いのですが、タンギングは「リードに舌をつけること」ではなく、「リードから舌を離すこと」です。

ですので、舌を引くスピードに気をつけて練習しましょう。

タンギングに関しては、大は小を兼ねないので、この動きができないと、もっと短い音を吹いたり、速いタンギングをすることはできません。

「音を切る」ことよりも「舌を最小限動かして、最小限リードに触れ、最小限の動きで素早く引く」に重点を置いて、慌てず、丁寧に練習しましょう。

音階練習(スケール)

楽譜

私は大学時代、「スケールさえやってれば、曲の練習なんかしなくていいんだよ」と恩師から言われました。

「先生はなんでも吹けるから、そんなこと言うんじゃん!」と思っていましたが、今となって思えば、これは本当におっしゃる通りです。

音階練習(スケール)と言っても、別に「ドレミファソラシド」と吹くだけではありません。

「ドミソド・ミソドミ」と進んでいく分散和音(アルペジオ)だったり、「ドミ・レファ・ミソ・ファラ」と進んでいく三度の練習だったり、様々な練習パターンがあります。

いわゆる「曲」には、これらの組み合わせが多く使われていますので、普段からいろんな調でスケールを吹いておけば、曲の時に意識せずとも応用ができ、先程の恩師の言葉に繋がるわけです。

音階練習をする時は、パラパラとなんとなく吹くのではなく、十六分音符で吹くのであれば、八分音符40くらいからメトロノームを鳴らして、ゆっくり始めましょう。

その際は、

  • ロングトーンの息で吹く
  • 音と音のつながりの意識
  • 指の動きに無駄がないか
  • 余分な音が間に入ってないか
  • 正確なテンポで吹けているか

など、これもまた多くのことに気を回して吹くことが大切です。

ゆっくりのテンポでできてきたら、徐々にテンポを上げていけると、速い曲にも対応できるようになっていきますね。

テンポを上げるのとともに、どうしても転んでしまう部分が出てきてしまった場合は、そこだけ取り出して、繰り返し練習してみたり、全体を付点の2パターンで吹いてみたりしましょう。

最近入会された生徒さん。 「基礎をしっかり固 ...... 続きを読む
最近入会された生徒さん。 「基礎をしっかり固めたい」とのことで、「スケールをやろうと思うのですが…」と相談されました。 スケールをやる意味は? スケール(音階練習)は、ロングトーンが安定して吹けるようになった人が、次に取り入れるべき練習です。 スケールで気をつ ...... 続きを読む
2017年02月07日 3,810pv

音階の本は多数出ていますが、一番のおすすめは、国立音楽大学出版、ロルフ・アイヒラー著『Scales for Clarinet』です。

全調同じ難易度で書いてあること(当たり前のようで、意外と少ないんです)、かなり広い音域をカバーしていること、最低限できていると良いと思われる練習パターンを7パターン載せていること、など、おすすめする理由はいろいろありますが、価格が1000円+税、というのも、魅力だと思います。

また、もしもう一歩二歩進んだスケールの本が欲しい、ということであれば、海外からの取り寄せになってしまいますが、Béla Kovács(ハンガリー表記だとKovács Béla)の書いた『EVERYDAY SCALE EXERCISES』(Mindennapos skálagyakorlatok)がおすすめです。

ただ、この本に関しては、全調が確実に吹けることを前提に書かれており、「♯も♭も4つが限界かな」など、吹ける調に制限がある場合は、この本の本来の使い方ができませんので、「何調でも、どんと来い!」という方向けです。

三本柱をしっかり押さえよう

楽譜を見ながら座って演奏する生徒

クラリネットを吹くにあたり、重要な基礎練習は、今回挙げた「ロングトーン」「タンギング」「音階練習(スケール)」です。

ロングトーンの項で『ロングトーンには「タンギングする」「指を回す」ということ以外、クラリネットを吹く全ての要素が含まれている』と書いてあったことを覚えていますか?

ロングトーンに含まれていない練習が「タンギング」「音階練習」で、フォローされる、ということですね。

「他にもいろんな練習があるじゃん!」と思われるかもしれませんが、どの練習もこの3つを柱に、そこから派生した練習のはずです。

ベースとしては、この3つを押さえればいいだけなのですが、裏を返せば「この3つが全てできなければ、きちんと吹くことは難しい」ということになります。

今は、急に部活がなくなったり、楽団の練習が中止になってしまい、手元に曲の楽譜がなくて何をしたらいいか…と、呆然としている方も多いと思いますが、「これは基礎を固めるチャンスだ!」と前向きに考えて、三本柱を強固なものにしていきましょう。

数か月後、大きな差となって表れますよ。

基礎

自分に合った練習方法でクラリネットの上達を目指そう 自分に合った練習方法でクラリネットの上達… 自分に合った練習方法でクラリネットの上達を目指そう

9月に買った新しいクラリネットにも、すっかり慣れた大学生のレッスンでした。 音で異なる響きと抜け 今日も、まずロングトーンをやってもらいましたが、どの音もしっかり鳴らせていて、毎日コツコツと頑張っているのがきちんとわかります。 クラリネットの特性で音程の悪い音には右手をプラス 鳴りと音程が不安定な音に対する対処もしてありましたが、残念だったのは、… 9月に買った新しいクラリネットにも、すっかり慣れた大学生のレッスンでした。 音で異なる…

2016年10月30日 5,551PV

目標を持つことが上達への第一歩 目標を持つことが上達への第一歩… 目標を持つことが上達への第一歩

先月体験レッスンにいらした方が、お仕事との兼ね合いがとれそう、とのことで、無事に入会して下さって、今日は初レッスンでした。 目指すところを設定しよう 経験者の方なので、クラリネットを再開するにあたり、今後どうしていきたいかをお聞きしたところ、「まずは基礎をきちんとやってから、みんなで合わせたり、将来的には吹奏楽団などで吹いてみたいです」とのこと。 … 先月体験レッスンにいらした方が、お仕事との兼ね合いがとれそう、とのことで、無事に入会して…

2016年11月22日 2,620PV

クラリネットの練習の積み重ねで手に入るもの クラリネットの練習の積み重ねで手に入るも… クラリネットの練習の積み重ねで手に入るもの

お孫さんの七五三のお祝いに、クラリネットを演奏している動画をプレゼントする、とおっしゃっていた生徒さん。 先週は喉が痛くてお休みだったので、今日、その時のお話を伺いました。 かわいいお客さんに生演奏をプレゼント 結局、お食事会での披露は見送られて、おうちにお孫さんを招いて、生演奏をしたそうです。 楽器と楽譜、譜面台を用意していたら、雰囲気を察した… お孫さんの七五三のお祝いに、クラリネットを演奏している動画をプレゼントする、とおっしゃっ…

2016年11月28日 1,392PV

「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう 「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう… 「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう

いよいよ、4月も終わりに近づいてきました。残念ながら、自由に遊びに行くことはできませんが、可能な限り太陽の光をしっかり浴びて、心身ともに健康を保っていきましょう。 さて、前回お話したように、東京クラリネット教室では、既存の生徒さん向けのオンラインレッスンを開始し、おかげさまで好評を博しております。 ただ、今まで教室の備品を使ってレッスンを受けていたた… いよいよ、4月も終わりに近づいてきました。残念ながら、自由に遊びに行くことはできませんが…

2020年04月27日 528PV

楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方… 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方

早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることもできないので、せっかくの春を満喫できなくて残念ですね。 東京クラリネット教室では、以前からの生徒さん向けに、先週から急遽オンラインでのレッスンを開始しました。直接お会いしてレッスンできないのは寂しいですが、同じ時間を共有できる、というのは、今の時期大切だなとしみじみ… 早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることも…

2020年04月20日 409PV

人気の関連記事

クラリネットの運指を覚える鍵は『異名同音』 クラリネットの運指を覚える鍵は『異名同音… クラリネットの運指を覚える鍵は『異名同音』

今日も初心者の方のレッスンでした。一週間って、あっという間ですね。 前回やったことをまず思い出そう とは言え、楽器をお持ちでないので、レッスンは組み立て方を思い出すところから。 5回目ともなると、一瞬迷ったとしても、パッと組み立てられるようになってきました。 リードもささっとつけられましたが、前回、リードをケースから出し入れする時のやり方が間違っ… 今日も初心者の方のレッスンでした。一週間って、あっという間ですね。 前回やったことをま…

2016年11月28日 2,302PV

音の方向性を意識して苦手なスラーを克服しよう 音の方向性を意識して苦手なスラーを克服し… 音の方向性を意識して苦手なスラーを克服しよう

先週の日曜日に、所属している吹奏楽団の本番も無事終わり、ほっと一息…かと思いきや、すでに3月の演奏会に向けて初見大会が始まっている、という生徒さんのレッスンでした。 クラリネットの大敵・跳躍練習 初見段階なので曲も決まっておらず、楽譜もまだ配られていないそうで、今日はいつも指揮者に「ちゃんとスラーで吹いて!」と注意されるという、基礎合奏… 先週の日曜日に、所属している吹奏楽団の本番も無事終わり、ほっと一息…かと思…

2016年11月27日 2,131PV

合奏ではカウントを絶対止めないようにしよう 合奏ではカウントを絶対止めないようにしよ… 合奏ではカウントを絶対止めないようにしよう

今月のアンサンブルで新曲をやるため、しばらく使っていなかった♭の指を一生懸命思い出している最中の生徒さん。 早いもので、次の火曜日にはアンサンブルがやってきます。 今日のプランを立てよう この曲は、途中で転調して、クラリネットの場合は♯1つが♭3つになるのですが、今日は♭の運指をしっかり指に覚え込ませたいので、♯の部分はなし。 そして、この方が担… 今月のアンサンブルで新曲をやるため、しばらく使っていなかった♭の指を一生懸命思い出してい…

2016年11月25日 2,033PV

長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に… 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法

最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習されているようで、レッスンでお目にかかるのが毎回楽しみです。 「家なので、リラックスして吹けます」という方も、「パソコンの前だと緊張する!」という方もいらして、それぞれ反応が違って、興味深いですね。 今は、誰かと合わせて演奏することができませんが、コンピューターで伴奏… 最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習され…

2020年05月20日 221PV

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に… 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法

最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習されているようで、レッスンでお目にかかるのが毎回楽しみです。 「家なので、リラックスして吹けます」という方も、「パソコンの前だと緊張する!」という方もいらして、それぞれ反応が違って、興味深いですね。 今は、誰かと合わせて演奏することができませんが、コンピューターで伴奏… 最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習され…

2020年05月20日 221PV

2人以上での演奏の質を数段上げるには 2人以上での演奏の質を数段上げるには… 2人以上での演奏の質を数段上げるには

5月になった途端、初夏の陽気が続いていますね。皆様、体調を崩されてないでしょうか。 相変わらず、スタジオでのレッスンはおあずけ状態ですが、オンラインレッスンでお元気そうな生徒さんの顔が拝見できて、とても嬉しいですし、私自身も今の生活の張りになっています。 今は望まざる生活ではありますが、大人の方であれば、在宅勤務によりなくなった通勤時間などを練習時間… 5月になった途端、初夏の陽気が続いていますね。皆様、体調を崩されてないでしょうか。 相…

2020年05月10日 284PV

「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう 「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう… 「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう

いよいよ、4月も終わりに近づいてきました。残念ながら、自由に遊びに行くことはできませんが、可能な限り太陽の光をしっかり浴びて、心身ともに健康を保っていきましょう。 さて、前回お話したように、東京クラリネット教室では、既存の生徒さん向けのオンラインレッスンを開始し、おかげさまで好評を博しております。 ただ、今まで教室の備品を使ってレッスンを受けていたた… いよいよ、4月も終わりに近づいてきました。残念ながら、自由に遊びに行くことはできませんが…

2020年04月27日 528PV

楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方… 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方

早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることもできないので、せっかくの春を満喫できなくて残念ですね。 東京クラリネット教室では、以前からの生徒さん向けに、先週から急遽オンラインでのレッスンを開始しました。直接お会いしてレッスンできないのは寂しいですが、同じ時間を共有できる、というのは、今の時期大切だなとしみじみ… 早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることも…

2020年04月20日 409PV

クラリネットを吹かずにできる基礎練習 クラリネットを吹かずにできる基礎練習… クラリネットを吹かずにできる基礎練習

4月に入って10日が経ちましたが、都市部の方々はますます我慢が必要な生活になってしまいましたね。 残念ながら、東京クラリネット教室も、スタジオでのレッスンやアンサンブルを一旦休止することとなってしまいましたが、今は心身ともに健康を保って、またのびのびとクラリネットを吹ける日を待ちましょう。 こんな時は、普段避けてしまいがちな基礎練習がおすすめです。 … 4月に入って10日が経ちましたが、都市部の方々はますます我慢が必要な生活になってしまいま…

2020年04月10日 683PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

クラリネットアンサンブルに真剣に取り組む生徒達
初級者アンサンブル

回数を重ねるごとにできることを増やすためには 回数を重ねるごとにできることを増やすため… 回数を重ねるごとにできることを増やすためには

2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元々の人数が少ないのもありますが、毎回皆さん揃っていただけるので、前回やったこと・できたことの続きの状態から開始できるのがありがたいですね。 今回も、先月スタートの『小さな世界』を演奏しましょう。 前回アンサンブルの状態を維持しておく 毎回恒例の「全員でロング… 2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元…

2020年02月26日 414PV

楽しそうにバンドアンサンブルする生徒達
バンドアンサンブル

いろいろな調に対応できるようにするには いろいろな調に対応できるようにするには… いろいろな調に対応できるようにするには

2020年2月25日、第45回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、急にいらっしゃれなくなってしまった方と、ドラマーがお休みということで、B♭クラリネット4名・バスクラリネット(半分ちょっとキーボード)・ギターの6名での演奏となります。 ドラムとベースがないと少し寂しい感じはしますが、いつもと響きが変わりそうでワクワクしますね。 今回も… 2020年2月25日、第45回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、急にい…

2020年02月25日 346PV

クラリネットアンサンブルする生徒達
上級者アンサンブル

アンサンブルの質を上げる3つのポイント アンサンブルの質を上げる3つのポイント… アンサンブルの質を上げる3つのポイント

本日は、上級者アンサンブルが行われました。 1名、お仕事の都合でお休みでしたが、先月から加わって下さった方も継続してご参加いただけたので、今日はB♭クラリネット4名・バスクラリネット1名の計5名でのアンサンブルとなりました。 演奏曲は、先月に引き続き、レハール作曲の『メリーウィドウ』をメドレー形式に編曲した『メリーウィドウセレクション』です。 その… 本日は、上級者アンサンブルが行われました。 1名、お仕事の都合でお休みでしたが、先月か…

2020年02月23日 365PV

クラリネットアンサンブルする生徒達
中級者アンサンブル

「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと 「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと… 「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと

2020年2月22日、今年2回目の中級者アンサンブルが開催されました。 久しぶりのご参加の方と、体験の方がいらっしゃる予定だったので、「今回は人数が多い!」とホクホクしていたのですが、いざ当日になってみたら、お仕事や体調不良の方などがいらっしゃって、講師含めて4名でのアンサンブルとなりました。 今は特に、いろいろ流行っているので怖いですね。不調な方は… 2020年2月22日、今年2回目の中級者アンサンブルが開催されました。 久しぶりのご参…

2020年02月22日 338PV

バンドアンサンブルする生徒達
バンドアンサンブル

「してほしいこと」ができる演奏を目指す 「してほしいこと」ができる演奏を目指す… 「してほしいこと」ができる演奏を目指す

2020年1月28日、第44回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、B♭クラリネット3名・バスクラリネット(半分キーボード)・ベース(ちょこっとキーボード)・ドラムの、6名での演奏となります。 前回に比べ、少し人数が少なくて寂しいですが、今年1回目のバンドアンサンブル、びしっとかっこよく演奏しましょう! 演奏曲目(順不同) 鈴懸の… 2020年1月28日、第44回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、B♭ク…

2020年01月28日 563PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス… アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 493PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知… 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょこちょこと拍子が変わったり、見慣れない拍子(変拍子)が出てくることがあります。 「4分の〇拍子」だと、そこまで数え方が難しくないと思いますが、それに比べて「8分の〇拍子」って、頻出するわりにわかりにくい…と思っ… ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹…

2020年03月28日 765PV

音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方… 音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る舞いは、自分自身が最高のパフォーマンスをするためにも、試験官に良い印象を与えるという意味でも、とても大切です。 その時になってみないとわからないことも多いのですが、できる限りのイメージトレーニングをしておきましょう。 試験… 音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室すること…

2019年12月19日 963PV

音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは… 音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に就いたり、舞台関係の仕事などでも同じと言えるでしょう。 そしてこの能力は、音楽高校や音楽大学を受験する時点で、大いに必要となります。 音高・音大受験で試験官が見ているのは、専攻楽器の演奏技術の高さのみに留まらず、総合的な音… 音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 …

2019年12月17日 766PV

実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは 実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素と… 実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは

音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多く、受験期間も長期にわたります。 科目は、専攻実技、副科ピアノ、楽典、聴音、新曲視唱などなど。(もちろん普通のお勉強も) 私は都立高の音楽科に通っていましたが、他の学校よりも入学試験の日程が長かったですし、音大に至っては1週間も入試が続きました。 この数ある受験… 音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多…

2019年12月13日 837PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試… 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 507PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試… 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 516PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会… 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 595PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試… 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 576PV

東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会… 東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブ 「クラリネットのお友達が欲しい!」という生徒さんの声で始まった、こちらの懇親会。 今回は、昨年の初懇親会よりも、多くの方にご参加いただきました。 幅広い年齢層のたくさんのご参加者 東京クラリネット教室第2回懇親… 2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催され…

2019年10月17日 674PV

Twitter
Follow us on twitter

Twitter
Follow us on twitter