吹奏楽「気持ちを一つに!」ってどういう意味?

2017年07月28日 3,992PV
学校の教室で合奏する吹奏楽部

一般の吹奏楽団に所属されている生徒さんのレッスンで、メロディとそのハモリ(メロディと同じ動きだけど、音の高さが違う)のバランスの取り方と、一緒に吹く人によって、吹きやすいと感じる時があるという話になりました。

「言葉よりも、体感するのが一番!」ということで、楽団ではハモりを吹いている生徒さんですが、今回はメロディを吹いてもらい、私がハモりを担当。

吹き終わって、生徒さんが開口一番「やっぱり、先生とだと吹きやすいです~」。

そう言っていただけて良かったですが、この「吹きやすい・吹きにくい」もしくは「合わせやすい・合わせにくい」というのは、なんなのでしょうか。

たくさんある「合わせるシチュエーション」

吹奏楽やオーケストラ、アンサンブル、またはピアノ伴奏でソロを吹く、など、クラリネットをやっていると、人と合わせる機会はとても多いと思います。

「もっと周りを聴いて!」「気持ちを一つに!」なんて言われることもあるかと思いますが、周りを聴きすぎたら遅れるし、気持ちを一つに揃えるってどうやるの?ですよね。

合わせるためにまずやるべきこと

この時にまずやるべきなのは、「楽譜に忠実に吹くこと」です。

各自がしっかりと、自分のパートを責任を持って吹くことから、全ては始まります。

ここで、変に周りに気を遣いすぎたり、音程を気にしすぎて、迷ってしまっては、その先へ進めません。

音、リズム、テンポ、強弱、アーティキュレーション。

楽譜に書いてあることを、全て再現できるように、しっかりと練習しましょう。

この「当たり前だけど、実はとても難しいこと」ができていないと、「吹きやすい」「合わせやすい」と思ってもらうことはできません。

「合わせる」にもいろいろある

これらができたら、初めて「合わせる」ことに気持ちを向けます。

ただ、一口に「合わせる」と言っても、自分が担当している役割やパートによって、やるべきことは変わってきます。

大まかに分けると、メロディー・ハモリ・伴奏のいずれかを担当することになると思いますが、それぞれの心構えをお話しましょう。

メロディーを担当している場合

メロディーを吹いている時は、周りを聴くことは必要ですが、ハモリや伴奏に合わせようとする気持ちは、そこまで強く持つことはありません。

というと、誤解を生んでしまいそうですが、メロディーが「こう吹く!」と提示しないことには、周りが合わせることはできないので、ハモリや伴奏を探ってしまっては、演奏が成り立たない、ということです。

メロディーを担当する時には、正確に、かつ堂々と吹きましょう。

気持ちとしては「私についてきて!」で大丈夫です。

ハモリを担当している場合

メロディーと同じ動きをしていながら、違う高さの音を吹く、いわゆる「ハモリ」を担当している時には、一番周りに気を配る必要があります。

このハモリが「どうメロディーにつける(寄り添って吹く)か」で、メロディー担当の人の吹きやすさが、格段に変わるからです。

かと言って、探りすぎてはいけません。

ハモリが迷っていては、メロディーも、さらには伴奏までも、「吹きにくいな…」と感じることになってしまいます。

「メロディーの人は、どのように吹きたいのだろうか」というのを念頭に、できればメロディー担当の人の息遣いにまで気を配るといいでしょう。

(近くにいる場合は、指を動かすタイミングまで気を回せるとさらにいいのですが、かなり難しいので、無理はしないようにして下さいね)

また、音量にも注意します。

例えば、メロディーもフォルテ、ハモリである自分のパートもフォルテの場合、「私、フォルテだから~」と思いきり吹いてはいけません。

ハモリは、あくまでメロディーに寄り添うのが仕事。

メロディーを引き立てる、少し引いた音量で吹くといいでしょう。

しかし、オクターブユニゾン(メロディーの1オクターブ下の同じ音)を吹く時だけは、少し変わってきます。

この場合は、下パートがしっかり支える(大きめに吹く)ことで、音楽に深みが出て、メロディーが引き立ちます。

ハモリの気持ちは「メロディーを盛り立てるために、寄り添います!支えます!」がいいですね。

伴奏を担当している場合

伴奏と言っても、伸ばしていたり、刻んでいたりと様々ですが、共通して言えるのは「メロディーを支える立場だけれど、メロディーを聞きすぎてはいけない」ということです。

ピラミッドの土台や、家の柱がグラグラしていては駄目なように、伴奏もどっしりと構えて、テンポをキープする必要があります。

それでこそ、メロディーやハモリは、上に乗っかることができます。

だからと言って、我関せずでもいけません。

頭の中にメロディーを流しながら、メロディーを想像しながら吹くことで、ごく自然にメロディーやハモリとのまとまりが生まれるのです。

伴奏の人は「しっかり土台を作っているので、気持ち良く上で演奏して下さいね」という心持ちで吹くのが、他のパートの人の吹きやすさを生みます。

「みんなで音楽を作っている」ことを常に意識

各役割での気をつけるべきポイントを書いてきましたが、一番大切なのは「みんなで一緒に演奏しているんだ」という意識を持つことです。

それが「気持ちを一つに!」につながります。

また、例えば吹奏楽であれば、「どのパートが自分と同じことをやっているのか」「この部分の伴奏は誰が吹いているのか」など、気にかけるようにすることで、「もっと周りを聴いて!」が自然にできるようになるのです。

私は、人と合わせる時に、同じことをやっているパート・違うことをやっているけれど、重要だと思うパートを、楽譜に書き込みます。

そうすると、実際にその部分を吹く時に、自然と意識が向きます。

意識が向けば、気を配ることも少しずつできるようになります。

気を配れれば、そのパートに寄せることやつけることもできるので、「あ、吹きやすい」と感じてもらうこともできるのです。

1つ1つ着実に身につけよう

「吹きやすい」「合わせやすい」と思ってもらうためには、まず自分の楽譜をきちんと吹くことから。

少しずつできることを増やしていって、アンサンブルや合奏をより深く楽しんで下さいね。

みんなが読んでる人気記事

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? … 「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レ…

2016年03月10日 59,312PV

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法 クラリネットリードの選び方とメンテナンス… クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当てて「あ~~」と声を出した時に、ビリビリと震える感覚があると思います。 声帯という筋肉が振動している間を空気が通って声となって出てくるのですが、クラリネットではリードが声帯に当たります。 要は、リードはクラリネットの声(音色)を決める重要なもの。 しかし、初心者の… リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当て…

2016年03月28日 53,548PV

クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。 クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。 まずは全リードを開封 まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリード クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選…

2016年11月19日 47,605PV
関連記事

東京クラリネット教室第3回発表会 東京クラリネット教室第3回発表会 東京クラリネット教室第3回発表会

2018年12月24日、東京クラリネット教室第3回発表会が行われました。 風が少し強かったものの、無事に晴れて一安心。湿度が高いと、リードの状態も変わってしまうので、天気はかなり重要ですよね。 今回も、前回と同じ会場での開催です。 自然光も入る、柔らかい雰囲気の中、たくさんのお客様にご来場いただき、温かな会となりました。 寒い季節の音出し … 2018年12月24日、東京クラリネット教室第3回発表会が行われました。 風が少し強か…

2018年12月31日 1,566PV

第4回音高・音大受験の実技模試 第4回音高・音大受験の実技模試 第4回音高・音大受験の実技模試

2019年2月10日(日)、本年2回目となる、東京クラリネット教室「第4回音高音大受験の実技模擬試験」が行われました。 「専攻楽器のレッスンを受けているから大丈夫!」とはいかないのが、音大や音高の入試。 より本番に近いシチュエーションだからこそわかる、待ち時間や音出し室での過ごし方、試験会場などでの立ち居振る舞いまでも、実践的に学んでいただくのが、こ… 2019年2月10日(日)、本年2回目となる、東京クラリネット教室「第4回音高音大受験の…

2019年02月10日 1,365PV

東京クラリネット教室第4回発表会 東京クラリネット教室第4回発表会 東京クラリネット教室第4回発表会

2019年7月7日、東京クラリネット教室第4回発表会が行われました。 日々変わる天気予報に一喜一憂した数日間でしたが、結局は朝からしっかりめの雨。今までの発表会はお天気に恵まれていたのですが、今回は残念でした。 第4回発表会も、第2回・第3回と同じ会場での開催です。 今日は、ほぼ満席になる予定ですよ。ちょっとドキドキしちゃいますね。 本番用リ… 2019年7月7日、東京クラリネット教室第4回発表会が行われました。 日々変わる天気予…

2019年07月07日 1,255PV

東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブ 「クラリネットのお友達が欲しい!」という生徒さんの声で始まった、こちらの懇親会。 今回は、昨年の初懇親会よりも、多くの方にご参加いただきました。 幅広い年齢層のたくさんのご参加者 東京クラリネット教室第2回懇親… 2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催され…

2019年10月17日 947PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 829PV

記事検索
Search Articles

記事検索
Search Articles

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

お知らせ

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネットから出てくる水の正体と処置の仕方 クラリネットから出てくる水の正体と処置の… クラリネットから出てくる水の正体と処置の仕方

8月に入って梅雨が明けた途端、いきなり暑いですね。 人にとって過酷な環境というのは、クラリネットにとっても良くない環境ということ。ケースに入れていれば大丈夫、ということはなく、普段の保管状態も大切ですので、すごく暑い部屋に置いておいたりすることは、くれぐれも避けましょう。 また、冬もそうですが、夏場のクーラーがついている時にも気になるのが、演奏中にク… 8月に入って梅雨が明けた途端、いきなり暑いですね。 人にとって過酷な環境というのは、ク…

2020年08月04日 151PV

音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろう 音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろ… 音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろう

いよいよ7月も終わり。東京は、梅雨が明けないまま8月に突入ですね。 雨は嫌だなぁと思いつつ、かと言って梅雨が明けたら真夏。暑さも嫌だわ…と、身勝手なことを考える日々です。 練習時、エアコンが直接当たるところに、ちょっと楽器を置いて休憩…なんてことをしてしまうと、楽器の割れに繋がりますので、「割れは冬のもの」というイメージを… いよいよ7月も終わり。東京は、梅雨が明けないまま8月に突入ですね。 雨は嫌だなぁと思い…

2020年07月31日 192PV

クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対処法 クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対… クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対処法

7月だと言うのに肌寒い日が続いていたかと思えば、急に夏の暑さがやってきたり、なんだか落ち着きませんね。さらに、例年より雨も多い気がしますので、体調管理・楽器やリードの管理をしっかり行いましょう。 ここのところ制限がある日々で、しばらく楽器を調整に出すことができなかった方も多いと思います。私も、前回出してからあっという間に7ヶ月が過ぎてしまいました。 … 7月だと言うのに肌寒い日が続いていたかと思えば、急に夏の暑さがやってきたり、なんだか落ち…

2020年07月20日 222PV

クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう

7月になって、あっという間に上旬も終わり。今年は、雨が多い梅雨ですね。 楽器の管理・リードの管理を適切に行って、良い状態を維持するようにしましょう。湿度の高いところに、放置したりしては駄目ですよ。 また、エアコンをつける季節になってきましたので、吹き出した風がクラリネットに直接当たらないように気を配ることも大切。 楽器の割れは、冬だけのものではない… 7月になって、あっという間に上旬も終わり。今年は、雨が多い梅雨ですね。 楽器の管理・リ…

2020年07月10日 287PV

クラリネットで響きのある高音を出すためには クラリネットで響きのある高音を出すために… クラリネットで響きのある高音を出すためには

あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行して、今月からスタジオレッスンを再開しましたが、早1ヶ月が経とうとしています。 オンラインレッスンも、想像以上に違和感がなく、受講いただいた生徒さんには好評でしたが、とは言え、スタジオやカラオケ店などが閉まっていた期間、おうちで音が出せない方には、レッスンを受けていた… あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行し…

2020年06月30日 378PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

真剣にアンサンブルする生徒達
初級者アンサンブル

統一感のある演奏をするために押さえると良いこと 統一感のある演奏をするために押さえると良… 統一感のある演奏をするために押さえると良いこと

2020年7月27日、今年3回目の初級者アンサンブルが行われました。 他のアンサンブル3クラスもそうですが、今月は無事に開催することができて、本当に良かったです。少しアンサンブルしにくいセッティングになってしまうのは、今は我慢。同じ空間で一緒に演奏できるだけでも、ありがたいですね。 本日は、1名お休みでしたが、以前から体験のお申し込みがあった生徒さん… 2020年7月27日、今年3回目の初級者アンサンブルが行われました。 他のアンサンブル…

2020年07月27日 191PV

真剣にアンサンブルする生徒達
上級者アンサンブル

読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう 読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう 読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう

本日は、上級者アンサンブルが開催されました。 こちらのクラスも5ヶ月ぶりとなりましたが、どのクラスもそこまで時間が経ったように感じないのが、不思議なところですね。 今日は、ご都合で1名お休みでしたが、B♭クラリネット4名・バスクラリネット1名の計5名でのアンサンブルになりました。一般の方の体験受付再開については、検討中ですので、しばらくは今までのメン… 本日は、上級者アンサンブルが開催されました。 こちらのクラスも5ヶ月ぶりとなりましたが…

2020年07月26日 193PV

真剣にアンサンブルする生徒達
中級者アンサンブル

8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるようになろう 8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるよう… 8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるようになろう

2020年7月25日、今年3回目の中級者アンサンブルが開催されました。 バンドアンサンブル同様、こちらも5ヶ月ぶり。現在は、アンサンブル体験は個人レッスン受講の生徒さんのみを対象に行っておりますが、今日は体験参加の方が1名と以前からの参加者4名、講師のバスクラリネットを合わせて、6名でのアンサンブルです。 久しぶりの中級者アンサンブル、以前やっていた… 2020年7月25日、今年3回目の中級者アンサンブルが開催されました。 バンドアンサン…

2020年07月25日 157PV

楽しそうに演奏するバンドアンサンブルメンバー
バンドアンサンブル

ブランク明けのアンサンブルをより楽しむためにやっておくと良いこと ブランク明けのアンサンブルをより楽しむた… ブランク明けのアンサンブルをより楽しむためにやっておくと良いこと

2020年7月21日、第46回目のバンドアンサンブルが開催されました。 前回アンサンブルより、あっという間に5ヶ月が経ってしまいました。まだまだ、以前と全く同じというわけにはいきませんが、アンサンブルができる環境が戻ってきたことは、ありがたいなと思います。 欠席の方が数名いらしたので、本日の参加者は、B♭クラリネット2名とバスクラリネット(半分以上ピ… 2020年7月21日、第46回目のバンドアンサンブルが開催されました。 前回アンサンブ…

2020年07月21日 293PV

クラリネットアンサンブルに真剣に取り組む生徒達
初級者アンサンブル

回数を重ねるごとにできることを増やすためには 回数を重ねるごとにできることを増やすため… 回数を重ねるごとにできることを増やすためには

2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元々の人数が少ないのもありますが、毎回皆さん揃っていただけるので、前回やったこと・できたことの続きの状態から開始できるのがありがたいですね。 今回も、先月スタートの『小さな世界』を演奏しましょう。 前回アンサンブルの状態を維持しておく 毎回恒例の「全員でロング… 2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元…

2020年02月26日 645PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方

クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよくわかってなかったり、今さら聞けないこともありませんか?今回は、リードを選ぶ際に注意すべき点について、改めて考えてみましょう。 リードに書いてある数字の意味 まずは、リードリードの箱に書いてある「2と1/2」「3」などの数字についてです。 これを「リードの厚さ… クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよ…

2020年07月28日 197PV

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 1,224PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知… 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょこちょこと拍子が変わったり、見慣れない拍子(変拍子)が出てくることがあります。 「4分の〇拍子」だと、そこまで数え方が難しくないと思いますが、それに比べて「8分の〇拍子」って、頻出するわりにわかりにくい…と思っ… ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹…

2020年03月28日 6,925PV

音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る舞いは、自分自身が最高のパフォーマンスをするためにも、試験官に良い印象を与えるという意味でも、とても大切です。 その時になってみないとわからないことも多いのですが、できる限りのイメージトレーニングをしておきましょう。 試験… 音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室すること…

2019年12月19日 1,468PV

音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に就いたり、舞台関係の仕事などでも同じと言えるでしょう。 そしてこの能力は、音楽高校や音楽大学を受験する時点で、大いに必要となります。 音高・音大受験で試験官が見ているのは、専攻楽器の演奏技術の高さのみに留まらず、総合的な音… 音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 …

2019年12月17日 1,068PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 749PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 665PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 829PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 767PV

東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブ 「クラリネットのお友達が欲しい!」という生徒さんの声で始まった、こちらの懇親会。 今回は、昨年の初懇親会よりも、多くの方にご参加いただきました。 幅広い年齢層のたくさんのご参加者 東京クラリネット教室第2回懇親… 2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催され…

2019年10月17日 947PV