ソロ曲の演奏で得られるものとは

2020年03月23日 348PV

東京クラリネット教室のレッスンでは、基礎をしっかり身につけながら、それを活かしてソロ曲を練習されて、発表会での演奏に挑戦している方が、多くいらっしゃいます。

クラリネットソロ曲の演奏に挑戦してみよう

ピアノ伴奏でソロ曲を吹く、また、人前で演奏することで、音楽力も技術力もぐっと向上できますので、ぜひチャレンジしていただけたらと思いますが、今回はその挑戦によって得られるものを、1つずつ考えていきましょう。

ソロ曲の演奏で得られるもの

吹奏楽やアンサンブルなどの、いわゆる合奏では意識しにくいものが、「1人でクラリネットを吹く」ということと、本番を設定することで、はっきり見えるようになり、身につきやすくなります。

具体的には

  • 表現に関すること
  • 技術に関すること
  • 精神的なコントロール

などが考えられます。

表現・技術というのは、大まかに分類すると「演奏面」ですね。
そこに併せて、精神的な部分での成長が見込めるわけです。

演奏面と精神面どちらも向上していこう

では、演奏面・精神面で得られることについて、1つずつ詳しくお話していきます。

表現に関すること

もちろん合奏などでも表現力は求められますが、ソロ演奏の時の比重は比べものになりません。
なにせ、自分がどうやるかが、その曲の出来に直結するからです。

では、「音楽的な表現」とはなんでしょうか。

日常の表現において、言葉というのは大きな意味と力を持ちますが、私達管楽器の演奏にはその言葉というものがありませんので、音1つ1つに意味を持たせた上で、文章のようなまとまり(=フレーズ)が求められます。

そして、どこを強調したいのか、どんな曲に仕上げたいのか、をしっかり意識した上での演奏が必要となります。

さらには、それらを聴いている人に伝えなければいけません。
意識することはできても、思っていることを演奏に出すというのは、考えている以上に大変で、この「伝える」ということが一番難しいと思います。

聴いてくれる人達の手元には、楽譜はありませんので、例えば強弱ひとつとっても、大げさに、「ちょっとやりすぎじゃない?」と思うくらいやってみて、ちょうど良かったりします。

考えていることと、実際の自分の演奏表現がどう聞こえるのかを確認するには、録音してみると良いでしょう。

今は、手元で手軽に録って聴くことができますので、自分が思っているように表現されているかを、都度確認していけば、やるべきことが見え、表現力がどんどんと身につき、向上していきます。

技術に関すること

曲によって当然難易度は違いますが、細かい音が並んだ曲にチャレンジしようと思った時、その精度の差は、やはり合奏よりソロの方が顕著になります。

大人数で吹いている時には、(本来は良いことではないですが)多少転んでしまったり、音を抜かしてしまったりしても、なんとなくごまかすことができたりしますが、ソロではそうは行きません。

となると、安定した指回しをするためには、どのような練習をすべきなのか、というのを、しっかりと考えて、実行する必要があります。

よく言われる「ゆっくり大きく」「付点練習をする」などに加え、自分にとって効率的な練習とは何か、どういう練習の比率でやるとより上達していくのか、を考え、「量より質」の無駄のない練習ができるように、きちんと考えられた練習をするように心がけましょう。

そうすれば、「演奏技術」と併せて、「自分に合った練習方法」も手に入れることができ、今後に役立てることができます。

精神的なコントロール

ソロ曲に挑戦することで、演奏面が向上していくのは、当然と言えば当然です。
しかしそれだけではなく、精神面で得られることもあります。

人前で練習の成果を発揮する、ということ

人前でクラリネットを吹く、ということは、人に聴かせられる演奏というものとはどんなものなのか、を考えることに始まり、緊張下での本来のパフォーマンスの発揮、また、緊張自体のコントロールなども必要になります。

クラリネットを吹く際の緊張コントロール術

これはやはり、1人で練習していたり、イメージトレーニングをいくら重ねても、得られない感覚ですし、ほんの数分だとしても、1回本番で演奏することは、数時間の練習にも匹敵するくらい、大きな収穫があるでしょう。

発表会などの期日までに曲を仕上げる、ということ

また、「仕上げる期限のある練習」というのも、大いなる成長に繋がります。

「よし、本番に向けて頑張っていこう」という状態からスタートし、「練習は順調」と感じたり「このままじゃ間に合わないかも!」と焦ったり。
日にちが進むにつれ、本番を控えての練習だからこその、独特な感情を知ることになるでしょう。

演奏技術の項でもお話しましたが、この時にも「自分に合った練習方法」が必要なことを痛感するでしょうし、残り少ない日数の中でいかに練習時間を確保するかに執心することも、必死で仕上げようと頑張ることも、全てが財産になります。

ソロ演奏の本番で自信も手に入る

東京クラリネット教室では、過去5回の発表会を行いましたが、本番前のレッスンでは「どうしよう…」と心配顔だった生徒さん達も、発表会での演奏後には皆さん晴れやかな顔をされ、「今度の曲は何にしようかな」と、すぐに次へと照準を合わせていらっしゃる姿を、間近で拝見してきました。

それはやはり、今回書き連ねてきたことを、実際に経験して、糧にされた証拠。
発表会後のレッスンでは、皆さん一回りも二回りも成長された演奏を、聴かせて下さいます。

好きな曲をレッスン内で吹くだけでも、もちろん得るものはありますが、本番で演奏することで手に入るものは、絶対に想像以上です。

一度人前で吹く機会に挑戦してみて、「やっぱり、もう人前はちょっと…」でも構いません。
それも、やってみたからこそわかることで、大切なことです。

無理強いはできませんが、ぜひソロ曲の演奏にチャレンジして、今までと違う成長を感じて下さいね。

その他のレッスン日誌

力を抜いた演奏で良い音を手に入れよう

東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんの多くが、共通して悩まれていることが「力」。 入り方、入る箇所に違いはありま…

2020年02月11日 535PV

クラリネットソロ曲の演奏に挑戦してみよう

個人レッスンに通われている方の目的・目標は様々ですが、東京クラリネット教室の生徒さんで、発表会で演奏するためのソロ曲に挑戦されてい…

2020年03月10日 410PV

ソロ曲の演奏で得られるものとは

東京クラリネット教室のレッスンでは、基礎をしっかり身につけながら、それを活かしてソロ曲を練習されて、発表会での演奏に挑戦している方…

2020年03月23日 348PV

時間がある時に基礎力アップ!

新年度が始まりましたね。 とは言え、今はいろいろなことに制限があり、年齢問わず演奏会がなくなってしまった生徒さん達も多いですし、…

2020年04月01日 269PV

ほっぺを膨らまさずにクラリネットを吹く方法

体験レッスンで初めてクラリネットに触れた方や、楽器を始めたばかりの方に多いのが、ほっぺをぷくーっと膨らませた吹き方。 そのように…

2017年11月01日 9,410PV

クラリネット初心者が気にすべきロングトーンの注意点

今日は、吹奏楽部ができて3年目の中学校で、楽器を始めたばかりの1年生のレッスン。 B♭クラリネットとバスクラリネットが1人ずつな…

2016年06月14日 3,592PV

クラリネットを持つ時の手の形に気をつけましょう

小学校の吹奏楽団に入っていて、他の楽器からクラリネットに移りたい!という、とても嬉しいことを言ってくれている5年生の女子2人が、体…

2016年06月12日 2,918PV

クラリネットの練習でメトロノームを使う重要性

今日は、大人の生徒さんのレッスンがありました。 この方は、数年前から「持ち曲を増やそう」ということで、発表会のためだけでなく、普…

2016年06月13日 2,751PV

調性記号(調号)のつけ方

今日は、大人の生徒さんのレッスンでした。 宿題は、♭が一つついている、ヘ長調(F-dur)の曲です。 練習の成果を聞かせてもら…

2016年07月02日 2,722PV

Twitter
Follow us on twitter

Twitter
Follow us on twitter

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


音大進学サポートプラン

基礎ピアノに聴音、ソルフェージュの進学サポートプラン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

音大進学サポートプラン

音大進学サポートプラン

基礎ピアノに聴音、ソルフェージュの進学サポートプラン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

時間がある時に基礎力アップ!

新年度が始まりましたね。 とは言え、今はいろいろなことに制限があり、年齢問わず演奏会がなくなってしまった生徒さん達も多いですし、…

2020年04月01日 269PV

ソロ曲の演奏で得られるものとは

東京クラリネット教室のレッスンでは、基礎をしっかり身につけながら、それを活かしてソロ曲を練習されて、発表会での演奏に挑戦している方…

2020年03月23日 347PV

クラリネットソロ曲の演奏に挑戦してみよう

個人レッスンに通われている方の目的・目標は様々ですが、東京クラリネット教室の生徒さんで、発表会で演奏するためのソロ曲に挑戦されてい…

2020年03月10日 410PV

力を抜いた演奏で良い音を手に入れよう

東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんの多くが、共通して悩まれていることが「力」。 入り方、入る箇所に違いはありま…

2020年02月11日 535PV

拍子を正しく知ってリズムを掴もう

読譜は得意ですか? 東京クラリネット教室に通われている生徒さんも「新しい曲は、慣れるまでが大変」とおっしゃっている方が、たくさん…

2020年01月15日 646PV

クラリネットを演奏する上で「書く」ことの大切さ

レッスンで、部活で、普段の練習で、クラリネットを吹く際に「楽譜に書く」作業をしていますか?「何を?」と思った方、今日からクラリネッ…

2019年12月13日 919PV

クラリネットで音楽的な演奏をするためのコツ

いよいよ、第5回発表会まで、残り1ヶ月となりました。今回も、ソロやアンサンブルで、多くの生徒さんにご参加いただきます。 出演予定…

2019年11月29日 1,347PV

右手の使い方でクラリネットの運指スピードを上げよう

東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんには、部活や一般の楽団、また当教室のアンサンブルなどで合奏に参加されている方がたく…

2019年10月26日 1,753PV


アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

回数を重ねるごとにできることを増やすためには
初級者アンサンブル

回数を重ねるごとにできることを増やすためには

2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元々の人数が少ないのもありますが、毎回皆さん…

2020年02月26日 314PV

いろいろな調に対応できるようにするには
バンドアンサンブル

いろいろな調に対応できるようにするには

2020年2月25日、第45回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、急にいらっしゃれなくなってしまった方と、ドラマー…

2020年02月25日 257PV

アンサンブルの質を上げる3つのポイント
上級者アンサンブル

アンサンブルの質を上げる3つのポイント

本日は、上級者アンサンブルが行われました。 1名、お仕事の都合でお休みでしたが、先月から加わって下さった方も継続してご参加いただ…

2020年02月23日 269PV

「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと
中級者アンサンブル

「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと

2020年2月22日、今年2回目の中級者アンサンブルが開催されました。 久しぶりのご参加の方と、体験の方がいらっしゃる予定だった…

2020年02月22日 242PV

「してほしいこと」ができる演奏を目指す
バンドアンサンブル

「してほしいこと」ができる演奏を目指す

2020年1月28日、第44回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、B♭クラリネット3名・バスクラリネット(半分キー…

2020年01月28日 453PV

ずれてしまった演奏をリセットできるようにしよう
初級者アンサンブル

ずれてしまった演奏をリセットできるようにしよう

2020年1月27日、今年1回目の初級者アンサンブルが行われました。 このメンバーでの初本番となった発表会も無事に終わり、早くも…

2020年01月27日 344PV

いろいろなパートに挑戦して演奏の幅を広げよう
上級者アンサンブル

いろいろなパートに挑戦して演奏の幅を広げよう

本日は、今年初めての上級者アンサンブルが行われました。 発表会での本番から、まもなく1ヶ月。時間が経つのは、本当にあっという間で…

2020年01月26日 351PV

初見演奏の際に押さえるべきこととは
中級者アンサンブル

初見演奏の際に押さえるべきこととは

2020年1月18日、今年初の中級者アンサンブルが開催されました。 昨年12月には、初めての本番を経験し、すっかり結束が固くなっ…

2020年01月18日 372PV

回数を重ねるごとにできることを増やすためには
初級者アンサンブル
いろいろな調に対応できるようにするには
バンドアンサンブル
アンサンブルの質を上げる3つのポイント
上級者アンサンブル
「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと
中級者アンサンブル
「してほしいこと」ができる演奏を目指す
バンドアンサンブル
ずれてしまった演奏をリセットできるようにしよう
初級者アンサンブル
いろいろなパートに挑戦して演奏の幅を広げよう
上級者アンサンブル
初見演奏の際に押さえるべきこととは
中級者アンサンブル

ブログ
Blog

ブログ
Blog

アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多い…

2020年04月04日 250PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょ…

2020年03月28日 251PV

音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る…

2019年12月19日 812PV

音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に…

2019年12月17日 655PV

実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは

音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多く、受験期間も長期にわたります。 科目は…

2019年12月13日 689PV

音大受験当日に向けて準備しておくこと

年末になり、いよいよ音高・音大受験の一般入試が近づいてきました。受験生の方々は、日々演奏技術向上のために頑張っていることと思います…

2019年12月12日 680PV

クラリネットを定期的に調整に出すことの大切さ

個人でクラリネットを持っている方は、『修理』ではなく『調整』のために、楽器店や工房に行っていますか? 「楽器は、壊れた時だけ職人…

2019年11月28日 669PV

良いクラリネットリードを選ぶチェックポイント

クラリネットを吹くに当たって、絶対に避けて通れないのがリードの問題。 自分に合ったもの・自分の好みのものを見つけることが、不可欠…

2019年10月30日 705PV


クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されま…

2020年02月09日 391PV

第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において…

2020年01月12日 439PV

東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいま…

2019年12月29日 494PV

第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・…

2019年12月07日 493PV

東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライ…

2019年10月17日 574PV

東京クラリネット教室第2回ライブ

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブが行われました。 ライブで演奏するのは、バンドアンサンブルのメンバー。 …

2019年10月12日 445PV

東京クラリネット教室第4回発表会

2019年7月7日、東京クラリネット教室第4回発表会が行われました。 日々変わる天気予報に一喜一憂した数日間でしたが、結局は朝か…

2019年07月07日 899PV

第3回音高・音大受験の実技模試

2019年1月14日(月・祝)、東京クラリネット教室「第3回音高音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 昨年も開催したこの実…

2019年01月14日 1,257PV