クラリネット上達に欠かせないロングトーン練習

2019年09月26日 2,977PV
楽譜を見ながら座って演奏する生徒

東京クラリネット教室には、クラリネットを未経験から始めて、徐々にできることが増えてきた方や、長いブランクを経てクラリネットを再開した生徒さんが、多くいらっしゃいます。

また、部活で日々頑張っている子達もいます。

その全ての方達にとって、最適かつ重要な練習は、やはりロングトーンです。

あれこれやりたいことがあって、何をやっていいかわからない時も、まずはロングトーン。

しっかり意味のあるロングトーンを経てから、次の段階に進むことで、その先は驚くほど順調に進んでいけます。

レッスンの際も、特別な場合を除いて、まずロングトーンを聴かせていただいています。

生徒さんごとの課題が、顕著に出るものだからです。

今回は、ロングトーンにはどんな意味があるのか、また、どんなことに気をつけて練習すると、より効果的なのかを、改めて考えていきましょう。

ロングトーンをやる意味

ロングトーンというのは、クラリネットをやり始めて、一番最初に出合う練習でしょう。
クラリネットだけではなく、どの管楽器にとっても、そうだと思います。

しかし、「ただ伸ばすだけの練習」と捉えられがちなので、なんとなくやり過ごしている方が多いように感じます。

私は、楽器演奏をよく、文字を書くことや、文章を読むことに例えてお話しするのですが、それになぞらえてロングトーンをご説明すれば、「筆記具を正しく持つ」「丁寧に、一つ一つの文字を身につけていく」など、すらすらと文章を書くために、幼少期に当たり前にやっていたことと同じです。

つまり、

  • 正しくクラリネットを持ち、正しいアンブシュアで、楽器を吹く
  • 一つ一つの運指の習得と、曲を吹くために大切な要素を身につけていく

それがロングトーンをやる意味で、これらはすらすらと曲を吹くために必要なことなのです。

部活などで楽器を始めると、「ほら、いいから曲を吹いて!」という状況に追い込まれやすく、「とにかく音を出す」ことに目を奪われ、基礎は置き去りになります。

すると、将来的にクラリネットを吹き続けようとした時に、「あれ?私、ちゃんとした吹き方知らないかも…」ということになって、迷いが生まれてしまいます。

「音が出るからいいや~」ではなく、きちんとした基礎練習があってこその良い演奏であることを、しっかり心に留めておきましょう。

効果的なロングトーンにするために

楽譜を見ながら座って演奏する生徒

しかし、何も考えずにただ音を伸ばしても、それは「ただ音を伸ばす練習」でしかありません。

ロングトーンは、クラリネットを吹く上での全ての要素が詰まっていますので、きちんと意識をしながら練習しましょう。

そして、必ずメトロノームを使います。

本来の目的をきちんと意識する

私がレッスンや、生徒さんの練習時にお勧めしているロングトーンは、四分音符60で、8拍伸ばして4拍お休み、のパターンです。

このくらいの長さが伸ばせれば、曲の中でもあまり困りませんし、これ以上の遅さ・長さになると、「長く伸ばすこと」が目的になりがちです。

長く伸ばすことが目的になると、小さい音でとにかく伸ばそうとしたり、苦しくなってきた時に、無理矢理息を絞り出したりしてしまいます。

しかし、ロングトーンで大切なのは楽な状態で、より大きく、まっすぐ伸ばすことなので、そのような吹き方は、本来の目的から大きく外れることになります。

四分音符60・8拍に設定して、伸ばしている最中に「これ以上吹くと、力が入るかも」「音が細くなるかも」という時は、その手前で切ってしまって大丈夫です。

そして、次の音に行くまでの休みの間に、なぜ続かなかったのかを、しっかり考えましょう。

息を吸い足りなかったのか、音を出すのに力をかけてしまって空気をロスしたのか、はたまた両方なのか。

都度修正していけるといいですね。

正しくカウントする

8拍数える時には、「1~8」で数えるのではなく、4のサイクルでカウントしましょう。

曲の中で、8拍子と4拍子が交互に出てくることは、かなりの確率でありません。

4拍で数え続ける練習を、ロングトーンの時にしておくことで、曲でもきちんと数え続けることができるようになります。

ですので、先程の「吹き方が変わりそうな時は、8拍より手前で切る」場合も、4のサイクルは止めないようにします。

例えば、2拍早めに切った時に、冷静に「3・4」と数えられれば、それを曲で活かせ、自分がどこを吹いているか見失うこともなくなるでしょう。

最近、吹奏楽部に所属している中学生や高校生の入 ...... 続きを読む
最近、吹奏楽部に所属している中学生や高校生の入会が増えています。 また、小学校~高校の部活へ、クラリネットパート指導にも行っていますが、よく聞くのが「どこを吹いているのか、わからなくなることがある」ということ。 吹いているところを見失ってしまう人には、ある傾向があります。 そ ...... 続きを読む
2019年08月30日 2,239pv

必ず楽譜を見る

楽譜が読めない、と思っている方は特に、ロングトーンの時に、必ず楽譜を見るようにしましょう。

時間があれば、半音階で吹きます。

そして、自分がどの高さの、なんという音を出しているのか、しっかり楽譜で確認しながら、ロングトーンをしましょう。

半音階も、指の流れで順番ならなんとなく吹ける…という状態にしてはいけません。

曲で、楽譜を見ると同時に、勝手に指がその音を押さえられるようにするには、ロングトーンで楽譜を見ることが不可欠です。

音一つ一つと運指を、きっちり結びつけていきましょう。

正しく手を使う

ロングトーンの際は、音を1つずつ伸ばしていますので、指をパラパラと速く動かすことはありませんね。

指を動かそうとすると、どうしても力が入ったり、変な持ち方をしてしまったりすることがありますが、その心配がない、ということになります。

クラリネットを握ってしまっていないか、使っていない指は持ち場を離れてしまっていないか、右手の親指は無理なく楽器を支えているか、ひじは張っていないか、など、手の使い方を、鏡があればその前に座り、チェックしながら吹きます。

ここで変なことをしていたら、曲で指が回りません。

手の形・力を、見逃さないようにしましょう。

最大限の呼吸をする

先述の通り「楽な状態で、より大きく、まっすぐ伸ばす」ためには、たっぷり息を吸うことが大切です。

できれば、お休みの「3」で体の中にある空気を吐き出し、「4」で自分の最大限吸い込むようにしましょう。

人の動きは対になっているので、「もう吸えない!」というところまで吸えれば、あとは勝手に空気が出てきます。

それを楽器に吹き込めば、「楽な状態で、より大きく、まっすぐ伸ばせる」というわけです。

出だしを合わせる

アップライトピアノの上にあるメトロノームと楽譜

2人以上で演奏する場合、吹き出しを合わせることは、演奏の第一印象として、とても大切です。

しかし、これは意外に難しく、普段からやっていないとできません。

ブレスを、メトロノームのカウントと合わせてすることを、先程書きましたが、ブレスを合わせているにも関わらず、出だしがメトロノームに合わない、ということは、多々あります。

また、合わせようとすると、力んでしまったりすることもありますので、ロングトーン練習では、必ずメトロノームを使用し、慣れておくことが大事です。

吹き出しと吹き終わりにも気を回す

「まっすぐ伸ばす」というのは、伸ばしている最中のことだけではありません。

音の出だしや吹き終わりが弱くなったり、逆に強くなったりしないことも意味します。

ロングトーンの理想は、最初から最後まで、まっすぐな音です。

曲中のフレーズの終わりに、音を弱くすることなどはありますが、あれは「弱くしている」のであって、「弱くなっている」のではありません。

最初の音にアクセント、も同義です。

「意図的に強くしている」のと「ついつい出だしがきつくなっちゃう」は違いますね。

まずは、まっすぐな音、という素材を用意した上で、それぞれのシチュエーションで加工するのです。

出だしから吹き終わりまで、音量も力も、何も変わらない音を出しましょう。

ロングトーンは惰性では吹けない

運指表

このように考えてみると、ロングトーンは「ただ伸ばすだけの練習」どころか、「とんでもなく大変な練習」であることが、わかると思います。

その分、集中して練習すれば、クラリネット演奏が底上げされることは、間違いありません。

惰性で吹いてしまいやすい練習だからこそ、今一度意義を見直して、確かな演奏力を身につけていきましょう。

みんなが読んでる人気記事

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? … 「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レ…

2016年03月10日 65,514PV

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法 クラリネットリードの選び方とメンテナンス… クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当てて「あ~~」と声を出した時に、ビリビリと震える感覚があると思います。 声帯という筋肉が振動している間を空気が通って声となって出てくるのですが、クラリネットではリードが声帯に当たります。 要は、リードはクラリネットの声(音色)を決める重要なもの。 しかし、初心者の… リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当て…

2016年03月28日 56,588PV

クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。 クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。 まずは全リードを開封 まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリード クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選…

2016年11月19日 51,608PV
ロングトーン

演奏力が身につくロングトーンの練習方法 演奏力が身につくロングトーンの練習方法 演奏力が身につくロングトーンの練習方法

「クラリネットの演奏に、あまり自信がない…」「曲を吹く時に、堂々と吹けない」などの悩みをお持ちの方は、実は少なくないと思います。 自分の演奏に自信を持つためには、やはり「基礎をしっかり練習してある」という『自信の根拠』を作ることが大切です。 何度も、重要性については、日誌やこのブログにも書いていますが、今回はロングトーンの大切さと注意点… 「クラリネットの演奏に、あまり自信がない…」「曲を吹く時に、堂々と吹けない…

2017年05月06日 19,641PV

ロングトーンで曲を吹く?曲で生かせるクラリネットの基礎練習 ロングトーンで曲を吹く?曲で生かせるクラ… ロングトーンで曲を吹く?曲で生かせるクラリネットの基礎練習

楽器を始めた人はまず「ロングトーン」の練習をすると思います。 一つの音を長く伸ばすあれです。 大きな音でまっすぐ吹けるようにするのが目的ですが、吹く前の準備、深い呼吸、音の出だし、音の伸び方、音の切り方… 常に気を配り、全てが万全になるように練習します。 終わりのない基礎練習 「できるようになったので、次は何をやればいいですか?」… 楽器を始めた人はまず「ロングトーン」の練習をすると思います。 一つの音を長く伸ばすあれ…

2016年03月11日 6,717PV

クラリネット演奏がもっと楽になる2つのコツ クラリネット演奏がもっと楽になる2つのコ… クラリネット演奏がもっと楽になる2つのコツ

今日のレッスンは、一般の吹奏楽団で頑張っている生徒さん。 7月に定演が終わり、次は11月に本番、となかなか忙しくされています。 レッスンの回数を経るほどに、ロングトーンの音が太くしっかりしてきたのですが、ご本人もそこに気づかれているそうで、「この前の吹奏楽の練習で、自分の音が聞こえたんです!今までは、聞こえないのは溶け込んでいるからだと思っていたので… 今日のレッスンは、一般の吹奏楽団で頑張っている生徒さん。 7月に定演が終わり、次は11…

2016年08月30日 6,416PV

もう一度ロングトーンを見直そう もう一度ロングトーンを見直そう もう一度ロングトーンを見直そう

もう一回、基礎をしっかり確認したいという、経験者の方のレッスンでした。 もちろん毎回ロングトーンをやっていたのですが、初見を兼ねた基礎練習中心だったので、今日は徹底してロングトーンをやることにしました。 ロングトーンは、ついつい「なあなあ」になりがちですが、いろんな要素を含んだ練習です。 どのような意味があり、どのようなことに気をつけるべきか、きち… もう一回、基礎をしっかり確認したいという、経験者の方のレッスンでした。 もちろん毎回ロ…

2017年01月31日 3,078PV

ロングトーンで効果的に相対音感を身につけよう ロングトーンで効果的に相対音感を身につけ… ロングトーンで効果的に相対音感を身につけよう

いよいよ、お孫さんにプレゼントする演奏の動画撮影が間近に迫った生徒さん。 今日は最後の確認のレッスンでした。 基礎練習をやる意味をきちんと考える 楽器の扱いに慣れた生徒さんには、楽器を出す時と片付ける時に、練習の進捗や近況をお聞きするのですが、こちらの生徒さん、今日のお仕事のお昼休みは、昔ピアノをやっていた方と、20年以上チェロを習っている方と一緒… いよいよ、お孫さんにプレゼントする演奏の動画撮影が間近に迫った生徒さん。 今日は最後の…

2016年11月14日 2,382PV
関連記事

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 2,982PV

クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因

すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の体調も、クラリネットやリードの調子も、良い状態を維持できるように過ごしていきましょう。 日々レッスンをしていると、「急に音が出なくなってしまう」という状況に遭遇することがあります。 「さっきまで出てたのに…!」と思うと、焦ってしまいますが、意外と単純… すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の…

2020年10月09日 541PV

クラリネットで息が続かない原因と改善方法 クラリネットで息が続かない原因と改善方法 クラリネットで息が続かない原因と改善方法

急に肌寒い日が続いていますね。そういえば、この季節は秋雨というものがあるんだった…と天気予報を見て、がっかりする日々です。 実は、梅雨の時期よりも秋雨の方が、雨が降ることが多いそう。リードや楽器の管理をしっかり行いましょう。 さて、クラリネットを吹いていて、「なんだか思うように息が続かないな」ということはありませんか。 意外と原因はは… 急に肌寒い日が続いていますね。そういえば、この季節は秋雨というものがあるんだった&hel…

2020年09月25日 431PV

真剣にアンサンブルする中級者アンサンブルメンバー
中級者アンサンブル

音符の見た目に惑わされないようにしよう 音符の見た目に惑わされないようにしよう 音符の見た目に惑わされないようにしよう

2020年8月22日、今年4回目の中級者アンサンブルが開催されました。 前回、体験で参加して下さった方も、継続していただけることになりましたが、あいにく今回はお休み。もうお一方もご都合でいらっしゃれなくなってしまい、今日はE♭クラリネット1名、B♭クラリネット3名と講師のバスクラリネットの計5名でのアンサンブルとなりました。 先月同様、今回も福田洋介… 2020年8月22日、今年4回目の中級者アンサンブルが開催されました。 前回、体験で参…

2020年08月22日 384PV

クラリネット難しい?初心者に必要な2つの基礎 クラリネット難しい?初心者に必要な2つの… クラリネット難しい?初心者に必要な2つの基礎

東京クラリネット教室には、全くの未経験からクラリネットを始められた方もたくさんいらっしゃるのですが、「クラリネットなんてやったことがないけれど、興味があるから習ってみたいな」と思われた多くの方は、「でも、本当に自分も音が出せて、吹けるようになるんだろうか…」という点がやはり不安で、最初の一歩を躊躇してしまうのではないでしょうか。 そこで、… 東京クラリネット教室には、全くの未経験からクラリネットを始められた方もたくさんいらっしゃ…

2020年11月19日 157PV

記事検索
Search Articles

記事検索
Search Articles

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

お知らせ

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネット演奏時の適切な顔の角度を見つけよう クラリネット演奏時の適切な顔の角度を見つ… クラリネット演奏時の適切な顔の角度を見つけよう

クラリネットを吹く上で、顔の角度というのは、音色の良し悪しや、リードミスの有無などに繋がるとても大切なポイントです。 吹奏楽部のクラリネット奏者が陥りがちなくせとは レッスンをしていて、特に個人でクラリネットを始められた生徒さんに、しばしば見られる顔の角度の傾向について、今回はお話していきます。 「顔を下げない」を気にしすぎると クラリネットは、… クラリネットを吹く上で、顔の角度というのは、音色の良し悪しや、リードミスの有無などに繋が…

2019年04月23日 3,606PV

吹奏楽部のクラリネット奏者が陥りがちなくせとは 吹奏楽部のクラリネット奏者が陥りがちなく… 吹奏楽部のクラリネット奏者が陥りがちなくせとは

東京クラリネット教室の生徒さんには、学生の頃に吹奏楽部に属していた方や、現役の吹奏楽部員が多くいます。 また、学校に出向いて、外部講師として吹奏楽部のクラリネットパートのレッスンをすることもあるのですが、かなりの割合で、吹奏楽をやっている(やっていた)方に見られる、共通のくせというものがあります。 「くせ」と言うからには、あまりいいことではありません… 東京クラリネット教室の生徒さんには、学生の頃に吹奏楽部に属していた方や、現役の吹奏楽部員…

2019年04月09日 4,331PV

広い空間をイメージしてクラリネットを吹こう 広い空間をイメージしてクラリネットを吹こ… 広い空間をイメージしてクラリネットを吹こう

クラリネットを練習する時に、「空間」を意識したことはありますか? 現在、東京クラリネット教室のレッスンで使っている部屋は、どうしても広さに限りがあるので、生徒さん達の演奏が「対譜面台」「対楽譜」になっているな、と感じることがちょくちょくあります。 たとえ狭い練習室で練習していても、そこがよく響くホールや、教会などであると想像することで、音の出し方や聞… クラリネットを練習する時に、「空間」を意識したことはありますか? 現在、東京クラリネッ…

2019年03月15日 2,765PV

緊急事態!クラリネットのバネが折れた時の応急処置 緊急事態!クラリネットのバネが折れた時の… 緊急事態!クラリネットのバネが折れた時の応急処置

連休ど真ん中の先日、クラリネットを始めたばかりの生徒さんに、組み立て方をお伝えしようとケースから自分の楽器の上管を出したところ、なんだか違和感… 「ん?なんだこれ。キーが曲がった??」 そんな手荒なことはしていないし、長年演奏してきて、今さらキーを曲げてしまうような迂闊なことはしないはず。 この違和感は一体…!? キー… 連休ど真ん中の先日、クラリネットを始めたばかりの生徒さんに、組み立て方をお伝えしようとケ…

2019年01月15日 3,591PV

クラリネットで季節の曲を吹こう! クラリネットで季節の曲を吹こう! クラリネットで季節の曲を吹こう!

朝晩すっかり冷え込み、本格的な冬になってきました。寒くて縮こまってしまいますが、空気が澄んでいるので、街がキラキラしてきれいですね。 この季節は、楽器が冷えていたり、温まりにくくなっていて水が溜まりやすいので、こまめな掃除を心がけましょう。 さて、近頃のレッスンでは、初見や譜読みの練習にクリスマス曲を取り入れています。 生徒の皆さんの反応も上々!季… 朝晩すっかり冷え込み、本格的な冬になってきました。寒くて縮こまってしまいますが、空気が澄…

2018年12月21日 2,175PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

クラリネットアンサンブルする生徒達
上級者アンサンブル

アンサンブルは段階を追って組み立てよう アンサンブルは段階を追って組み立てよう アンサンブルは段階を追って組み立てよう

本日は、合奏経験者向けアンサンブル、改め上級者アンサンブルが行われました。今回の参加者は、発表会に出演予定のB♭クラリネット4名とバスクラリネット1名の、計5名です。発表会まで、残り2回。少し焦ってきましたが、冷静に曲を組み立てていきましょう。本日の演奏曲は、鈴木英史編曲『フォスターラプソディー』と、ラッセル・コールマン編曲『カルメンファンタジー』です。 … 本日は、合奏経験者向けアンサンブル、改め上級者アンサンブルが行われました。今回の参加者は、発…

2019年11月24日 746PV

クラリネットアンサンブルする生徒達
中級者アンサンブル

アンサンブルで合奏力を上げるために必要なこと アンサンブルで合奏力を上げるために必要な… アンサンブルで合奏力を上げるために必要なこと

先月から始まった土曜日午前中のアンサンブルクラスの第2回目が、早速行われました。 前回から2週間しか経っていないのですが、ほぼ全員ご参加いただけ、また、2名体験にいらして下さったので、今日はB♭クラリネット7名と講師のバスクラリネットで、計8名でのアンサンブルとなりました。 今日のご参加者は、ほとんどの方が部活での合奏経験者でしたが、1名は個人レッス… 先月から始まった土曜日午前中のアンサンブルクラスの第2回目が、早速行われました。 前回…

2019年11月02日 737PV

バンドアンサンブルで演奏する生徒達
バンドアンサンブル

クラリネットでAnother Day of Sunに挑戦 クラリネットでAnother Day o… クラリネットでAnother Day of Sunに挑戦

2019年10月29日、第42回目のバンドアンサンブルが開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブから、3週間が経ちました。なんだか、だいぶ前のような気がしてしまいますね。 ご出演いただいた皆様、お疲れ様でした!心も新たに、また次の本番に向けて、楽しく頑張っていきましょう。 今日は、B♭クラリネット4名とバスクラリネット(たまにキーボード)… 2019年10月29日、第42回目のバンドアンサンブルが開催されました。 東京クラリネ…

2019年10月29日 725PV

クラリネットアンサンブルをしている生徒達と風邪で吹けない生徒
初級者アンサンブル

誰かに聞かせるための演奏で心がけること 誰かに聞かせるための演奏で心がけること 誰かに聞かせるための演奏で心がけること

2019年10月28日、今年10回目の合奏未経験者向けアンサンブルが行われました。 今日は、アンサンブルデビューの体験の方がいらして下さったので「4人でアンサンブル!」と思ったのですが、残念ながらいつもご参加の生徒さんが、体調不良により見学のみ、ということで、今回も講師含め3人でアンサンブルすることになりました。 やはり、人数が多いアンサンブルは、響… 2019年10月28日、今年10回目の合奏未経験者向けアンサンブルが行われました。 今…

2019年10月28日 711PV

クラリネットアンサンブルする生徒達
上級者アンサンブル

アンサンブルで上手に演奏するための準備と練習方法 アンサンブルで上手に演奏するための準備と… アンサンブルで上手に演奏するための準備と練習方法

本日は、合奏経験者向けアンサンブルが行われました。 B♭クラリネット4名とバスクラリネット1名、そこに体験の方が2人いらして下さり、B♭管は計6名。今日は全部で7名の演奏となりました。 いつもは、講師も加わってのアンサンブルなのですが、12月の発表会には生徒さん達だけで出ていただく予定なので、今月から講師は全体像を見て、アンサンブルの組み立てを一緒に… 本日は、合奏経験者向けアンサンブルが行われました。 B♭クラリネット4名とバスクラリネ…

2019年10月27日 554PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

クラリネットリードの正しいつけ方 クラリネットリードの正しいつけ方 クラリネットリードの正しいつけ方

クラリネットを吹くにあたり、まず大切なことは「正しく楽器を組み立てること」「正しくリードをつけること」です。 以前、クラリネットの正しい組み立て方については、こちらのブログに書きました。 クラリネットの正しい組み立て方 今回は、わかっていそうで、意外とわかっていない『クラリネットリードの正しいつけ方』について、確認していきましょう。 リードをつけ… クラリネットを吹くにあたり、まず大切なことは「正しく楽器を組み立てること」「正しくリード…

2018年04月09日 17,933PV

ドイツで楽器工房巡り~フルート工房~ ドイツで楽器工房巡り~フルート工房~ ドイツで楽器工房巡り~フルート工房~

今回は、ドイツ・バンベルクのシュヴェンク&セゲルケというクラリネット工房を見学させてもらった数日後に訪れた街、同じくドイツのマルクノイキルヘンでの工房見学について書いていきます。 ひとまず、バンベルクでクラリネット工房は見せてもらったので、次はフルート工房へ! マルクノイキルヘンってどこ?どんな街? マルクノイキルヘンは、チェコとの国境に程近い、小… 今回は、ドイツ・バンベルクのシュヴェンク&セゲルケというクラリネット工房を見学させてもら…

2018年03月15日 2,930PV

ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~ ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~ ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~

何年か前に、ドイツのクラリネット工房を見学させてもらう機会がありました。 意外と目にするチャンスがない、楽器工房。今回は、そのことについて綴ろうと思います。 ミュンヘン経由でバンベルクへ! 伺ったのは、バンベルクにあるシュヴェンク&セゲルケ。 ドイツには、物作りをするための資格「マイスター制度」というのがあります。 手工業で独立開業するため… 何年か前に、ドイツのクラリネット工房を見学させてもらう機会がありました。 意外と目にす…

2018年02月09日 4,179PV

音大受験の実技試験で良い印象を与える方法 音大受験の実技試験で良い印象を与える方法 音大受験の実技試験で良い印象を与える方法

センター試験も終わり、いよいよ各音楽大学の入試に向けて、受験生の皆さんは一層頑張っている頃だと思います。 東京クラリネット教室「第1回音大受験のおさらい会」も無事に終わりましたが、再開催のリクエストを頂いたので、音大の入試直前に合わせ、2018年2月16日(金)に「第2回音大受験のおさらい会」を開催することとなりました。 人前での演奏に自信がない方は… センター試験も終わり、いよいよ各音楽大学の入試に向けて、受験生の皆さんは一層頑張っている…

2018年01月17日 5,243PV

自分のクラリネットを選んでみよう 自分のクラリネットを選んでみよう 自分のクラリネットを選んでみよう

ここのところ、東京クラリネット教室にいらしている初心者の生徒さん達の、クラリネットの購入が続いています。 教室の備品もあるので、楽器がなくても安心して通っていただくことができますが、貸し出しはしていないため、やはり皆さん「家でも練習した方が、うまくなると思うので」と、楽器の購入に踏み切られるようです。 自分の楽器がある、と思うと、やる気にもつながり、… ここのところ、東京クラリネット教室にいらしている初心者の生徒さん達の、クラリネットの購入…

2017年10月11日 5,803PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events