クラリネットの高い音を丸く柔らかくする方法

2020年09月18日 315PV

座って演奏する生徒

だいぶ秋の気配がしてきましたね。

私は、うっかり窓を開けたまま寝てしまうことも多いのですが、喉風邪をひく大きな要因になってしまうので、皆さんはお気をつけ下さいね。
喉が痛い時は、楽器の練習はお預けになってしまいますよ。

本日はしばらく間が空いてしまった生徒さんのレッ ...... 続きを読む
本日はしばらく間が空いてしまった生徒さんのレッスンでした。準備中に何気なく話をしていたら、なんだかいつもと声が違うような… よくよく聞いてみると、寒暖の差にやられてしまったのか、喉が痛い日が続いていて、今日もまだ痛いとのこと。 今日は久しぶりのレッスンですし、無理 ...... 続きを読む
2016年10月19日 7,664pv

さて、クラリネットを演奏している上で、「高音がきつくなってしまう」というのは、かなり多くの方が抱えているお悩みだと思います。

高い音は、そもそも周波数が高いので、キンキンして聞こえるものですが、クラリネットの奏法を誤ると、そのキンキンがさらに強調されてしまうことになります。

吹奏楽などでも、意外と高音は出てきますので、今回は少しでも柔らかく聞こえる音を出すためにはどうしたら良いかを、考えていきましょう。

高音がきつくなる理由は?

丸く柔らかい音の出し方を考える前に、まずはクラリネットの高い音がきつくなってしまう原因を知りましょう。

主な原因は、

  • アンブシュア(口のくわえ方)
  • イメージ

の4点です。

クラリネットは、低い音から高い音まで、息のスピードや形を変えることは、基本的にはしません。
しかし、高い音をきちんと鳴らすためには、スピードのある息が必要です。

これは、「低い音も、高い音が鳴る息で吹く」ことを意味するのですが、どうしても「高い音は頑張って速い息を入れねばならない」とだけ考えてしまいがちです。

すると、「頑張って速い息を入れる」が、力みに繋がってしまいます。
力みながら声を出してみるとわかるように、力のかかった息は、硬い音しか鳴らせないため、きつい音色になってしまうのです。

アンブシュア(口のくわえ方)

「高い音は、口をきゅっと締めて出す」と思っていませんか?

確かに、口を締めて息を通した方が、簡単に息のスピードを上げることができます。
しかし、口が必要以上に締まってしまうと、リードの振動が妨げられてしまうため、「高い音は出るけれど、キーキーして、なんだか嫌な音…」ということになってしまいます。

High B♭より上の音は、指が飛び飛びの独特な運指をしますね。

特に、左手人差し指を使わないことがとても多いため、どうしてもその指が上がって、ぴーんと伸びてしまったり、右手の小指に力が入ってしまったりします。

良くない指の形

指に力が入れば、もちろん腕・体・口などにも力が入り、息もスムーズに出なくなるため、先述のことに繋がり、きつい音が鳴ります。

イメージ

高音を出すイメージというのが、音色に直結します。

「頑張らないと出ない」「息を勢いよく入れないと出ない」など、吹き方に関するイメージもそうですし、息の出し方の形のイメージも、「鋭く出す」「とにかくわーっと息を入れる」と思っていたりすると、そのような音色になります。

丸く柔らかい高音を出すためのイメージとは

座って演奏する生徒

きつい音になってしまう理由がわかったら、丸く柔らかい高音を出すために大切なことも、わかってきます。

美しい高音を出すためには、先程書いた4つの要素が大切ですので、まずはそのためのイメージをしっかり固めましょう。

高い音をしっかり鳴らすためには、スピードの速い息は不可欠です。
私は、ぴんと張った糸や針金くらいの細さの息を、素早く、前にまっすぐ出し続けているイメージで高音を吹いています。

広い面(例えば30cm角くらい)で、ばーっと息を出すようなイメージで吹いてしまうと、息を力で押すような吹き方になってしまうので、スピードも落ちますし、音が広がってしまいます。

ピアノやギターなどを、想像してみましょう。
高音を鳴らす弦は細いですね。
弦を使う楽器と管楽器では、音の鳴る原理が違いますが、そんな細さのイメージを持つ、ということです。

しかし、これはあくまでイメージで、実際に息をそんな細さにするわけではありませんので、注意しましょう。

そして、その細い糸や針金の形を想像しながら息を前に出しつつ、音を出すイメージは、裏声を出す時のように、頭の後ろから斜め上に向かって出てくるようにします。

そうすることで、鳴らす音のイメージが鋭くなりすぎす、息はしっかり前に出すことができるようになります。

ちょっと難しいですが、息は前に素早く、音は裏声を出す時のようなイメージを持つようにしましょう。

息は、楽器に斜めに吹き入れる、ではなく、自分の顔から上にしか世界がないように想像をして前に出すのも、高音を鳴らす時には有効です。

また、音が顔の前から伸びた糸や針金に、軽やかに乗っかっているようなイメージも持てると、音も軽やかに出せるはずです。

力はどこにもかけない

笑顔でクラリネットのセッティングをする生徒

イメージがしっかり持てたら、実際に音を出してみましょう。

アンブシュア(口のくわえ方)は、高音を出すからと締めたりゆるめたりせず、例えば開放「ソ」を吹いている時と同じようにしましょう。
指も、ぎゅうぎゅうと楽器を握りしめたり、使っていない指が伸びてしまうようなことは避けて下さい。

そして、恐る恐る吹くのは禁物です。

柔らかな音を出そうと思って、探りながら息を入れてしまうと、息のスピードは落ちますので、鳴らなかったり、重音(鳴らしたい音以外にも低い音が同時に鳴る状態)になってしまったりします。

息を一度吐いて体を空にしたら、たっぷり吸って、前にまっすぐ、思いきって息を出します。
その時に、力は一切入れません。
軽やかに、しかしまっすぐな音を想像しながら、楽に吹いてみましょう。

以前よりも、鋭さが減った柔らかい音が鳴りませんか?

ただ、もしかしたら、音量は以前より下がったように感じるかもしれません。
それは、「高い音を出す!」と頑張って、勢いよく息を入れていた時よりも、良い意味で音がきゅっとまとまり、丸く柔らかな音になったため、そのように聞こえるだけです。

音量よりも、響かせることを意識して吹ければ、高音は嫌な音にならず、演奏することができます。

「理想の高音」を持とう

高音は「自分の音色が嫌だから」という理由で、ついつい練習をすることを避けてしまいがちです。
しかし、練習しなければ、その「嫌な音」からは抜け出せませんね。

息や音の出し方のイメージにプラスして、「どんな音を鳴らしたいか」というイメージがしっかり持てていると、その音色を目標に頑張ることができます。

いろいろな音源を聴いて、自分の好きなクラリネットの高音を見つけてみましょう。

そして、今回お話したことを参考にしていただいて、その音色に近づけるよう練習を重ねてみて下さい。
ただし、その理想に近づけるために、奏法(息の入れ方や口の形など)自体を崩してしまうと、他の音域でまた迷いが生まれてしまうので、吹き方は変えないようにくれぐれも気をつけましょう。

何事もそうですが、焦らず丁寧に練習することが大切。
自分の状態をその都度しっかり把握しながら、良いイメージを持って、少しずつ頑張って下さいね。

みんなが読んでる人気記事

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? … 「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レ…

2016年03月10日 63,617PV

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法 クラリネットリードの選び方とメンテナンス… クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当てて「あ~~」と声を出した時に、ビリビリと震える感覚があると思います。 声帯という筋肉が振動している間を空気が通って声となって出てくるのですが、クラリネットではリードが声帯に当たります。 要は、リードはクラリネットの声(音色)を決める重要なもの。 しかし、初心者の… リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当て…

2016年03月28日 56,242PV

クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。 クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。 まずは全リードを開封 まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリード クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選…

2016年11月19日 50,482PV
演奏技術

クラリネットの特性で音程の悪い音には右手をプラス クラリネットの特性で音程の悪い音には右手… クラリネットの特性で音程の悪い音には右手をプラス

先週、新しいリードを手にして、番手を3から、3と1/2に上げた生徒のレッスンです。 回数は吹けなかったものの、リードはちゃんと選べた、と言うので、早速ロングトーンをしてもらいましょう。 そのリードの硬さ、自分に合ってますか? 音は悪くないのですが、普段はきちんと鳴らせている音が、伸ばしているうちに割れてしまったり、レジスターの音域の息のスピードがい… 先週、新しいリードを手にして、番手を3から、3と1/2に上げた生徒のレッスンです。 回…

2016年10月20日 5,482PV

精度の高いクラリネット演奏を目指そう 精度の高いクラリネット演奏を目指そう 精度の高いクラリネット演奏を目指そう

小学2年生の男の子のレッスンでした。 実は、親御さんからご相談があり、ご都合で来週のレッスンが最後。 この数ヶ月頑張った成果を発表する場所を、次回は設ける予定です。 先週、2曲楽譜を渡したのですが、1曲はまだ手をつけてないというので、今日は「これは必ず吹けるようにしてね」と伝えた『きらきら星』をやりました。 課題の進み方をまず確認 前回、レッス… 小学2年生の男の子のレッスンでした。 実は、親御さんからご相談があり、ご都合で来週のレ…

2017年02月12日 4,044PV

クラリネットで『宝島』をかっこよく吹くコツ クラリネットで『宝島』をかっこよく吹くコ… クラリネットで『宝島』をかっこよく吹くコツ

昨年11月に行われた、吹奏楽の聖地・普門館の閉館イベントでは、来場者による大合奏が何度も起きたという、超有名曲『宝島』。 実際に吹いたことがある人も、まだ吹いたことがない人も「かっこいいから好き!」という方が多いのではないでしょうか。 東京クラリネット教室の合奏経験者向けアンサンブルも、第3回発表会で『宝島』を演奏しました。 今回は、そんな『宝島』… 昨年11月に行われた、吹奏楽の聖地・普門館の閉館イベントでは、来場者による大合奏が何度も…

2019年01月17日 3,401PV

初めてのクラリネット初めての音 初めてのクラリネット初めての音 初めてのクラリネット初めての音

クラリネット未経験の方が、体験レッスンに来てくださいました。 ずっと何か楽器をやってみたくて、いろいろ考えていたけれど、演奏ジャンルがクラシックからジャズまでと幅広いクラリネットにしてみた、とのことでした。 全く楽器に触れたことがない方に、クラリネットを選んでいただけるのは、ありがたいし嬉しい話です。 クラリネット未経験者の特徴 長いことクラリネ… クラリネット未経験の方が、体験レッスンに来てくださいました。 ずっと何か楽器をやってみ…

2016年10月02日 3,155PV

好きな曲を自由に吹くことと楽譜を再現することの違い 好きな曲を自由に吹くことと楽譜を再現する… 好きな曲を自由に吹くことと楽譜を再現することの違い

アンサンブルで、大好きなビートルズの曲を頑張っている生徒さん。 今は、4曲練習中です。 好きな曲を吹く時気をつけること 知っている曲・好きな曲は、思い入れがある分、上達も早い場合が多いのですが、つい「楽譜を読むこと」よりも、「自分の知っている音楽」を優先してしまったり、きちんと楽譜を読んでいても、細かいリズムは読み飛ばしたりということが起こりやすく… アンサンブルで、大好きなビートルズの曲を頑張っている生徒さん。 今は、4曲練習中です。…

2016年09月01日 2,395PV
関連記事
真剣にアンサンブルする中級者アンサンブルのメンバー
中級者アンサンブル

音符の見た目に惑わされないようにしよう 音符の見た目に惑わされないようにしよう 音符の見た目に惑わされないようにしよう

2020年8月22日、今年4回目の中級者アンサンブルが開催されました。 前回、体験で参加して下さった方も、継続していただけることになりましたが、あいにく今回はお休み。もうお一方もご都合でいらっしゃれなくなってしまい、今日はE♭クラリネット1名、B♭クラリネット3名と講師のバスクラリネットの計5名でのアンサンブルとなりました。 先月同様、今回も福田洋介… 2020年8月22日、今年4回目の中級者アンサンブルが開催されました。 前回、体験で参…

2020年08月22日 293PV

クラリネットで息が続かない原因と改善方法 クラリネットで息が続かない原因と改善方法 クラリネットで息が続かない原因と改善方法

急に肌寒い日が続いていますね。そういえば、この季節は秋雨というものがあるんだった…と天気予報を見て、がっかりする日々です。 実は、梅雨の時期よりも秋雨の方が、雨が降ることが多いそう。リードや楽器の管理をしっかり行いましょう。 さて、クラリネットを吹いていて、「なんだか思うように息が続かないな」ということはありませんか。 意外と原因はは… 急に肌寒い日が続いていますね。そういえば、この季節は秋雨というものがあるんだった&hel…

2020年09月25日 194PV

クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因

すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の体調も、クラリネットやリードの調子も、良い状態を維持できるように過ごしていきましょう。 日々レッスンをしていると、「急に音が出なくなってしまう」という状況に遭遇することがあります。 「さっきまで出てたのに…!」と思うと、焦ってしまいますが、意外と単純… すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の…

2020年10月09日 129PV

記事検索
Search Articles

記事検索
Search Articles

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

お知らせ

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因

すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の体調も、クラリネットやリードの調子も、良い状態を維持できるように過ごしていきましょう。 日々レッスンをしていると、「急に音が出なくなってしまう」という状況に遭遇することがあります。 「さっきまで出てたのに…!」と思うと、焦ってしまいますが、意外と単純… すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の…

2020年10月09日 129PV

クラリネットで息が続かない原因と改善方法 クラリネットで息が続かない原因と改善方法 クラリネットで息が続かない原因と改善方法

急に肌寒い日が続いていますね。そういえば、この季節は秋雨というものがあるんだった…と天気予報を見て、がっかりする日々です。 実は、梅雨の時期よりも秋雨の方が、雨が降ることが多いそう。リードや楽器の管理をしっかり行いましょう。 さて、クラリネットを吹いていて、「なんだか思うように息が続かないな」ということはありませんか。 意外と原因はは… 急に肌寒い日が続いていますね。そういえば、この季節は秋雨というものがあるんだった&hel…

2020年09月25日 194PV

クラリネットの高い音を丸く柔らかくする方法 クラリネットの高い音を丸く柔らかくする方… クラリネットの高い音を丸く柔らかくする方法

だいぶ秋の気配がしてきましたね。 私は、うっかり窓を開けたまま寝てしまうことも多いのですが、喉風邪をひく大きな要因になってしまうので、皆さんはお気をつけ下さいね。喉が痛い時は、楽器の練習はお預けになってしまいますよ。 風邪をひいたら練習を休みましょう さて、クラリネットを演奏している上で、「高音がきつくなってしまう」というのは、かなり多くの方が抱え… だいぶ秋の気配がしてきましたね。 私は、うっかり窓を開けたまま寝てしまうことも多いので…

2020年09月18日 315PV

左手親指レジスターキーの押さえ方 左手親指レジスターキーの押さえ方 左手親指レジスターキーの押さえ方

暦の上では、だいぶ前に秋になりました。しかし、スコールのような急な雷雨があったり、まだまだ日差しがきつかったり、まるで南国で過ごしているような気分になりますね。 クランポンの軽量ケースを使われている方は、強い雨だと中に染み込んでしまう可能性もありますので、ケースを覆えるサイズのビニールを携帯したり、いざという時にケースごとしまえるかばんを持つようにして… 暦の上では、だいぶ前に秋になりました。しかし、スコールのような急な雷雨があったり、まだま…

2020年09月09日 362PV

クラリネット演奏で口の中につばが溜まってしまう理由 クラリネット演奏で口の中につばが溜まって… クラリネット演奏で口の中につばが溜まってしまう理由

朝から暑い日々が続いていますね。 クラリネットを、黒いケースやケースカバーに入れている方が多いと思いますので、直射日光にはくれぐれも気をつけて下さい。ケース内部が、驚くほど高温になってしまうことがあります。 人が心地よく思わない環境は、楽器にとっても良くないということを、忘れないようにしましょう。 さて、レッスンをしていて、「楽器を吹いていて口の中… 朝から暑い日々が続いていますね。 クラリネットを、黒いケースやケースカバーに入れている…

2020年08月17日 833PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

楽しく演奏するバンドアンサンブルメンバー
バンドアンサンブル

スムーズな演奏のためにブレス位置を考えよう スムーズな演奏のためにブレス位置を考えよ… スムーズな演奏のためにブレス位置を考えよう

2020年10月15日、第49回目のバンドアンサンブルが開催されました。 本日は、ご都合が合わずお休みの方もいらっしゃいましたが、B♭クラリネット4名とバスクラリネット(ほとんどピアノ)・ベース・ドラムの7名での演奏となりました。 どの曲もだいぶ慣れてきたので、今日はより楽しく、かっこよく演奏していきましょう! 演奏曲目(順不同) Step … 2020年10月15日、第49回目のバンドアンサンブルが開催されました。 本日は、ご都…

2020年10月15日 133PV

真剣にアンサンブルする初級者アンサンブルメンバー
初級者アンサンブル

自分のパートを自信を持って演奏しよう 自分のパートを自信を持って演奏しよう 自分のパートを自信を持って演奏しよう

2020年9月28日、今年5回目の初級者アンサンブルが行われました。 今回も1名お休みでしたが、他の皆様にはご参加いただけて、講師含めて4名でのアンサンブルとなりました。 前回やったことにプラスして、このメンバーならではの演奏をしていきましょう。 演奏曲目 星に願いを 小さな世界 周りが聴けるようになって気になってくること どち… 2020年9月28日、今年5回目の初級者アンサンブルが行われました。 今回も1名お休み…

2020年09月28日 145PV

真剣にアンサンブルする上級者アンサンブルメンバー
上級者アンサンブル

長い曲を演奏する際の疲れを少しでも軽減する方法 長い曲を演奏する際の疲れを少しでも軽減す… 長い曲を演奏する際の疲れを少しでも軽減する方法

本日は、上級者アンサンブルが行われました。 前回体験参加された方はご予定が合わず、もうお一方もお休みでしたので、B♭クラリネット4名・バスクラリネット1名の計5名でのアンサンブルとなりました。 今月も、A.リード作曲『アルメニアンダンス・パート1』を、発表会を目標に頑張っていきましょう。 少しでも疲れを軽減する方法 今回もまずは通しから。 … 本日は、上級者アンサンブルが行われました。 前回体験参加された方はご予定が合わず、もう…

2020年09月27日 146PV

真剣にアンサンブルする中級者アンサンブルメンー
中級者アンサンブル

パートごとに違う動きの中で合うポイントを押さえる大切さ パートごとに違う動きの中で合うポイントを… パートごとに違う動きの中で合うポイントを押さえる大切さ

2020年9月26日、今年5回目の中級者アンサンブルが開催されました。 今回もお休みの方がいらっしゃいましたが、普段個人レッスンに通われている生徒さんが「生まれて初めてアンサンブルをしてみたい!」と体験にいらして下さったので、E♭クラリネット1名・B♭クラリネット5名と、講師のバスクラリネットで、合わせて7名での演奏となりました。 演奏曲は、福田洋介… 2020年9月26日、今年5回目の中級者アンサンブルが開催されました。 今回もお休みの…

2020年09月26日 176PV

楽しく演奏するバンドアンサンブルメンバー
バンドアンサンブル

メドレーやテンポが変わる曲をすんなり演奏するための準備 メドレーやテンポが変わる曲をすんなり演奏… メドレーやテンポが変わる曲をすんなり演奏するための準備

2020年9月17日、第48回目のバンドアンサンブルが開催されました。 先月、体験参加して下さった方が、今後も継続して下さることになったものの、本日はご都合が合わずお休みだったり、急なお休みの生徒さんもいらしたので、B♭クラリネット3名とバスクラリネット(ほとんどピアノ)・ベース・ドラムの6名での演奏となりました。 前回と比べると少し寂しいですが、今… 2020年9月17日、第48回目のバンドアンサンブルが開催されました。 先月、体験参加…

2020年09月17日 220PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

指かけに注目して右手を安定させよう 指かけに注目して右手を安定させよう 指かけに注目して右手を安定させよう

クラリネットを演奏している方が抱えているお悩みの中に、「右手がうまく使えない」「右手が痛い」など、右手に関するものがあります。 これは、もちろん右手自体の問題なのですが、その時に注目すべきは指かけ(サムレスト)です。 今回は、意外と気にしていない方が多い、指かけに焦点を当て、右手の悩みを解決していきましょう。 右手に関するよくある悩み まずは、右… クラリネットを演奏している方が抱えているお悩みの中に、「右手がうまく使えない」「右手が痛…

2020年08月28日 353PV

失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方

クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよくわかってなかったり、今さら聞けないこともありませんか?今回は、リードを選ぶ際に注意すべき点について、改めて考えてみましょう。 リードに書いてある数字の意味 まずは、リードリードの箱に書いてある「2と1/2」「3」などの数字についてです。 これを「リードの厚さ… クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよ…

2020年07月28日 525PV

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 2,282PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知… 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょこちょこと拍子が変わったり、見慣れない拍子(変拍子)が出てくることがあります。 「4分の〇拍子」だと、そこまで数え方が難しくないと思いますが、それに比べて「8分の〇拍子」って、頻出するわりにわかりにくい…と思っ… ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹…

2020年03月28日 12,915PV

音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る舞いは、自分自身が最高のパフォーマンスをするためにも、試験官に良い印象を与えるという意味でも、とても大切です。 その時になってみないとわからないことも多いのですが、できる限りのイメージトレーニングをしておきましょう。 試験… 音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室すること…

2019年12月19日 1,977PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 967PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 855PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 1,042PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 986PV

東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブ 「クラリネットのお友達が欲しい!」という生徒さんの声で始まった、こちらの懇親会。 今回は、昨年の初懇親会よりも、多くの方にご参加いただきました。 幅広い年齢層のたくさんのご参加者 東京クラリネット教室第2回懇親… 2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催され…

2019年10月17日 1,204PV