クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう

2020年07月10日 287PV

笑顔で話をする生徒

7月になって、あっという間に上旬も終わり。
今年は、雨が多い梅雨ですね。

楽器の管理・リードの管理を適切に行って、良い状態を維持するようにしましょう。
湿度の高いところに、放置したりしては駄目ですよ。

また、エアコンをつける季節になってきましたので、吹き出した風がクラリネットに直接当たらないように気を配ることも大切。

楽器の割れは、冬だけのものではないので、要注意!です。

さて今回は、タンギングのお話をしようと思います。

クラリネットはタンギングが難しい楽器とされていますので、苦手な方も多いはず。
まずはタンギングの仕組みを知って、きれいなタンギングをするために必要なことを理解しましょう。

なぜクラリネットのタンギングは難しいのか

世代にもよるとは思いますが、小学校や中学校の音楽の授業でリコーダーに触れた方は、多くいらっしゃると思います。

リコーダーでは、習い始めて一番最初にタンギングをやります。
その時に、苦労した記憶はあるでしょうか。

「タンギングの時は、トゥトゥトゥって言ってね」と教わっていると思いますが、特に何も意識せずに「トゥートゥートゥー」とやっていたはずです。

リコーダーでは難なくタンギングができたのに、なぜクラリネットだと難しく感じるのか。

答えは簡単。
「クラリネットがリード楽器だから」です。

リコーダーでは、息の流れを舌で区切れば良かったのですが、クラリネットのタンギングは、息は流したまま、リードの振動を止めねばなりません

同じ『タンギング』でも、求められていること・やらねばならないことが、実は異なっているので、難易度に差が出てくるのです。

タンギングの発音イメージを切り替えよう

オンラインレッスンで演奏する生徒

それでは、「クラリネットのタンギング、嫌だなぁ…」を嫌ではなくしていくための基盤作りを、考えていきましょう。

「タンギングが汚い」「舌の音がすると言われる」など、タンギングの悩みは尽きることがありませんね。

これは、タンギングの時に、リードに必要以上の舌が触れているところから起きているのですが、まず、タンギングに対する概念「トゥトゥトゥと言う」を取っ払いましょう

ついさっき、リコーダーの話の時に「トゥトゥトゥって言ってね」と言われたはず、と書いておいてなんなのですが、「トゥ(tu)」という音は、少し雑音やにごりを伴いますので、実はタンギングに適しません。

これは、リコーダーの講師の研修を受けに行った時に言われた話なのですが、リコーダーのタンギングでも、発音を「タ(ta)」にすると、クリアに音を切ることができるようになるそうです。

特にクラリネットは、先述の通りリードに舌をつけねばなりませんので、「タ(ta)」の方がリードに触れる舌の面積を減らすことができ、圧倒的にきれいに・速くタンギングできます。

リードに触れる舌は最小限

先程から、ちらちらと触れてきましたが、「必要以上に舌をリードにつけない」「リードに触れる舌の面積を減らす」ことは、クリアな美しいタンギングには不可欠です。

べたっと舌をつければ、リードの振動は止まるので、もちろん音は切れますが、ぺたぺたした舌の音が聞こえたり、速いタンギングが困難になります。

極力、リードに触れる舌の面積は、減らすようにしましょう。

例えばスタッカートや、音と音の間を空けたい時にも、舌が触れる量を増やすわけではなく、つけている時間を長くするだけです。

舌のどこを使えばいいのか

笑顔で話を聞く生徒

では、その「最小限の舌の触れ方」ですが、よくレッスンでも「どこをつけたらいいのですか?」と質問されます。

タンギングでリードに触れる舌の位置は、大まかに「舌先」「真ん中に近い部分」に二分できると思います。

舌先でリードに触れる方が、速くコンパクトに動かすことができるのですが、舌の長さや形などによって、真ん中に近い部分になる方もいるでしょう。(私もそうです)

ここで大切なのが「舌の力を抜いて、なるべく自然な状態でリードに触れる位置」がベストである、ということです。

試しに、マウスピースをくわえて、「タタタタ…」と発音してみましょう。

舌のどの部分がリードに触れましたか?
ここで触れる部分が、自分にとって楽な位置、ということです。

私も、速いタンギングができるようになりたくて、舌のどこを使うかを探求している友人に、矯正の仕方を教わったことがあります。

しかし、かえって力が入ってしまい、思うように動かせない上、全く上手に切れなくなってしまい、しばらくの間「私の自然なタンギングって、どんなだっけ…」と、迷路に入ってしまったことがあります。

ですので、舌のどこを使うかに執心するよりも、より楽に・より少ない量をリードにつける、という練習をした方が、きれいなタンギングを身につけられるのです。

舌をリードのどこに当てるか

舌を楽に動かしてリードに当たる位置が、自分にとっては最適な位置だということはわかっていただけたかと思いますが、そうなると「リードのどこに触れればいいの?」という疑問も湧いてくると思います。

これについては、私の大学時代の師匠の言葉をお借りして説明しましょう。

「舌がリードのどこかに触れれば、振動は止まるんだよ」

かなり極端な物言いではありますが、これもまた、「無理にどこに触れるかを気にせず、自然な状態で舌をリードに当てればいい」ということですね。

私もとにかくタンギングが苦手でしたので、師匠からはたくさんの課題をもらいました。
その時に言われたのが、先述の言葉。

舌のどこをリードに当てなければいけないのか、リードのどこに舌を当てるべきなのか…と、「タンギングとは」に囚われていた私でしたが「おぉ…粗いけど、なんて的確な言葉…」と感動したのを覚えています。

とにかく、力を入れたり、無理をしないことが大切なんですね。

仕組みがわかったら練習あるのみ!

「タンギングってよくわからないけど、練習していればどうにかなるでしょ。口の中はどうせ見えないし」なんて、闇雲にやっていても、目標にはなかなか近づけません。

今回お話したポイントを押さえ、また、自分がどんな音を出しているのかしっかり耳を使いながら、練習しましょう。

コツが掴めれば、どんどん向上していけるはずです。

焦らず、まずはゆっくり大きな音で(これは全ての練習の基本ですね)、少しずつ、楽にコンパクトに舌を動かせるように練習を重ねていって下さいね。

みんなが読んでる人気記事

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? … 「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レ…

2016年03月10日 59,315PV

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法 クラリネットリードの選び方とメンテナンス… クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当てて「あ~~」と声を出した時に、ビリビリと震える感覚があると思います。 声帯という筋肉が振動している間を空気が通って声となって出てくるのですが、クラリネットではリードが声帯に当たります。 要は、リードはクラリネットの声(音色)を決める重要なもの。 しかし、初心者の… リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当て…

2016年03月28日 53,549PV

クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。 クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。 まずは全リードを開封 まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリード クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選…

2016年11月19日 47,606PV
タンギング

クラリネットでタンギングするコツと発音方法 クラリネットでタンギングするコツと発音方… クラリネットでタンギングするコツと発音方法

先週に引き続き、創部3年目の中学校の吹奏楽部に行ってきました。 今日は、1年生ながらコンクールに出ることになった、バスクラリネットの男の子のレッスンです。 彼の一番の癖は、ほっぺたを膨らませてしまうこと。 クラリネット初心者が気にすべきロングトーンの注意点 ほっぺたを膨らませても、いいことはありません。 「息をたくさん出している気がする」だけで… 先週に引き続き、創部3年目の中学校の吹奏楽部に行ってきました。 今日は、1年生ながらコ…

2016年07月12日 11,573PV

クラリネットで音を出す時の出だしの吹き方 クラリネットで音を出す時の出だしの吹き方 クラリネットで音を出す時の出だしの吹き方

4月から高校に進学し、なかなか強い吹奏楽部に入る予定の中学3年生。 今のうちに、基礎の再確認です。 今日は、ロングトーンの出だしを直しました。 よくある「出だしの悩み」 「音の立ち上がりが、なんだか汚ない」「チューニングの時に、最初だけ高くなってしまう」などの原因の1つは、出だしに強く舌を突いていることです。 クラリネットの場合、音を出す瞬間に… 4月から高校に進学し、なかなか強い吹奏楽部に入る予定の中学3年生。 今のうちに、基礎の…

2017年02月13日 8,719PV

タンギングの練習ではブレスの位置にも気をつけよう タンギングの練習ではブレスの位置にも気を… タンギングの練習ではブレスの位置にも気をつけよう

いつも目標を持って頑張っている大学生のレッスンです。 スタッカートであごが動かないようにするための練習 前回のレッスンでは、スタッカートについてレッスンしましたが、まだまだタンギング自体に迷っているようです。 今日は「ゆっくりなら大丈夫なのに、速いタンギングをすると口が動いてしまう」と言うので、原因の究明と、対策を伝えました。 ゆっくりなタンギン… いつも目標を持って頑張っている大学生のレッスンです。 スタッカートであごが動かないよう…

2017年03月18日 4,079PV
関連記事

右手の使い方でクラリネットの運指スピードを上げよう 右手の使い方でクラリネットの運指スピード… 右手の使い方でクラリネットの運指スピードを上げよう

東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんには、部活や一般の楽団、また当教室のアンサンブルなどで合奏に参加されている方がたくさんいらっしゃいますが、最近よく聞くのが「指が回らない」「ある一定のテンポ以上、速いパッセージが吹けない」ということ。 これは、運指練習で解決できる場合もありますが、もっと根本的な原因が潜んでいる可能性があります。 つ… 東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんには、部活や一般の楽団、また当教室の…

2019年10月26日 2,089PV

クラリネット演奏で右手人差し指を効率的に使おう クラリネット演奏で右手人差し指を効率的に… クラリネット演奏で右手人差し指を効率的に使おう

クラリネットを吹く上で、左右どちらとも「人差し指を効率的に使う」ことができると、運指のスムーズさは格段に向上します。 クラリネットでラからシを上手に吹くためには スムーズに音から音に移れるということは、当然速い指回しが可能になるので、人差し指の使い方の攻略は、とても大切なことです。 今回は、右手人差し指をどのように使えると、演奏時に苦労せずに済むか… クラリネットを吹く上で、左右どちらとも「人差し指を効率的に使う」ことができると、運指のス…

2019年10月23日 1,269PV

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 1,224PV

拍子を正しく知ってリズムを掴もう 拍子を正しく知ってリズムを掴もう 拍子を正しく知ってリズムを掴もう

読譜は得意ですか? 東京クラリネット教室に通われている生徒さんも「新しい曲は、慣れるまでが大変」とおっしゃっている方が、たくさんいらっしゃいます。 新しい楽譜をすらすら吹くためには、「音」が読み取れることと、「リズム」が読み取れることが必要です。 今回は、「リズム」に焦点を当てて、苦手克服を目指しましょう。 拍子の読み方を知ろう まず、楽譜を読… 読譜は得意ですか? 東京クラリネット教室に通われている生徒さんも「新しい曲は、慣れるま…

2020年01月15日 977PV

力を抜いた演奏で良い音を手に入れよう 力を抜いた演奏で良い音を手に入れよう 力を抜いた演奏で良い音を手に入れよう

東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんの多くが、共通して悩まれていることが「力」。 入り方、入る箇所に違いはありますが、多くの方がどこかしら力んだ状態で吹かれています。 しかし、クラリネットを吹く上での余分な力というのは、演奏の邪魔にしかなりませんし、求める「良い音」とは遠ざかってしまいます。 今回は、力をかけてしまいやすいポイントを… 東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんの多くが、共通して悩まれていることが…

2020年02月11日 814PV

真剣にアンサンブルする初級者アンサンブルのメンバー
初級者アンサンブル

初見演奏で気をつけるべきこと 初見演奏で気をつけるべきこと 初見演奏で気をつけるべきこと

2019年4月22日、今年4回目の合奏未経験者向けアンサンブルが行われました。 この時期は皆様お忙しく、参加予定だった方がいらっしゃれなくなってしまったりしましたが、1月以来お休みされていた生徒さんがいらして下さったので、今日も楽しく演奏しましょう。 7月の発表会に向けて、夏の曲をご用意しました。 夏は来ぬ われは海の子 浜辺の歌 連… 2019年4月22日、今年4回目の合奏未経験者向けアンサンブルが行われました。 この時…

2019年04月22日 788PV

楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方

早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることもできないので、せっかくの春を満喫できなくて残念ですね。 東京クラリネット教室では、以前からの生徒さん向けに、先週から急遽オンラインでのレッスンを開始しました。直接お会いしてレッスンできないのは寂しいですが、同じ時間を共有できる、というのは、今の時期大切だなとしみじみ… 早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることも…

2020年04月20日 702PV

音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろう 音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろ… 音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろう

いよいよ7月も終わり。東京は、梅雨が明けないまま8月に突入ですね。 雨は嫌だなぁと思いつつ、かと言って梅雨が明けたら真夏。暑さも嫌だわ…と、身勝手なことを考える日々です。 練習時、エアコンが直接当たるところに、ちょっと楽器を置いて休憩…なんてことをしてしまうと、楽器の割れに繋がりますので、「割れは冬のもの」というイメージを… いよいよ7月も終わり。東京は、梅雨が明けないまま8月に突入ですね。 雨は嫌だなぁと思い…

2020年07月31日 193PV

記事検索
Search Articles

記事検索
Search Articles

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

お知らせ

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネットから出てくる水の正体と処置の仕方 クラリネットから出てくる水の正体と処置の… クラリネットから出てくる水の正体と処置の仕方

8月に入って梅雨が明けた途端、いきなり暑いですね。 人にとって過酷な環境というのは、クラリネットにとっても良くない環境ということ。ケースに入れていれば大丈夫、ということはなく、普段の保管状態も大切ですので、すごく暑い部屋に置いておいたりすることは、くれぐれも避けましょう。 また、冬もそうですが、夏場のクーラーがついている時にも気になるのが、演奏中にク… 8月に入って梅雨が明けた途端、いきなり暑いですね。 人にとって過酷な環境というのは、ク…

2020年08月04日 151PV

音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろう 音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろ… 音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろう

いよいよ7月も終わり。東京は、梅雨が明けないまま8月に突入ですね。 雨は嫌だなぁと思いつつ、かと言って梅雨が明けたら真夏。暑さも嫌だわ…と、身勝手なことを考える日々です。 練習時、エアコンが直接当たるところに、ちょっと楽器を置いて休憩…なんてことをしてしまうと、楽器の割れに繋がりますので、「割れは冬のもの」というイメージを… いよいよ7月も終わり。東京は、梅雨が明けないまま8月に突入ですね。 雨は嫌だなぁと思い…

2020年07月31日 193PV

クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対処法 クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対… クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対処法

7月だと言うのに肌寒い日が続いていたかと思えば、急に夏の暑さがやってきたり、なんだか落ち着きませんね。さらに、例年より雨も多い気がしますので、体調管理・楽器やリードの管理をしっかり行いましょう。 ここのところ制限がある日々で、しばらく楽器を調整に出すことができなかった方も多いと思います。私も、前回出してからあっという間に7ヶ月が過ぎてしまいました。 … 7月だと言うのに肌寒い日が続いていたかと思えば、急に夏の暑さがやってきたり、なんだか落ち…

2020年07月20日 223PV

クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう

7月になって、あっという間に上旬も終わり。今年は、雨が多い梅雨ですね。 楽器の管理・リードの管理を適切に行って、良い状態を維持するようにしましょう。湿度の高いところに、放置したりしては駄目ですよ。 また、エアコンをつける季節になってきましたので、吹き出した風がクラリネットに直接当たらないように気を配ることも大切。 楽器の割れは、冬だけのものではない… 7月になって、あっという間に上旬も終わり。今年は、雨が多い梅雨ですね。 楽器の管理・リ…

2020年07月10日 288PV

クラリネットで響きのある高音を出すためには クラリネットで響きのある高音を出すために… クラリネットで響きのある高音を出すためには

あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行して、今月からスタジオレッスンを再開しましたが、早1ヶ月が経とうとしています。 オンラインレッスンも、想像以上に違和感がなく、受講いただいた生徒さんには好評でしたが、とは言え、スタジオやカラオケ店などが閉まっていた期間、おうちで音が出せない方には、レッスンを受けていた… あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行し…

2020年06月30日 379PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

真剣にアンサンブルする生徒達
初級者アンサンブル

統一感のある演奏をするために押さえると良いこと 統一感のある演奏をするために押さえると良… 統一感のある演奏をするために押さえると良いこと

2020年7月27日、今年3回目の初級者アンサンブルが行われました。 他のアンサンブル3クラスもそうですが、今月は無事に開催することができて、本当に良かったです。少しアンサンブルしにくいセッティングになってしまうのは、今は我慢。同じ空間で一緒に演奏できるだけでも、ありがたいですね。 本日は、1名お休みでしたが、以前から体験のお申し込みがあった生徒さん… 2020年7月27日、今年3回目の初級者アンサンブルが行われました。 他のアンサンブル…

2020年07月27日 191PV

真剣にアンサンブルする生徒達
上級者アンサンブル

読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう 読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう 読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう

本日は、上級者アンサンブルが開催されました。 こちらのクラスも5ヶ月ぶりとなりましたが、どのクラスもそこまで時間が経ったように感じないのが、不思議なところですね。 今日は、ご都合で1名お休みでしたが、B♭クラリネット4名・バスクラリネット1名の計5名でのアンサンブルになりました。一般の方の体験受付再開については、検討中ですので、しばらくは今までのメン… 本日は、上級者アンサンブルが開催されました。 こちらのクラスも5ヶ月ぶりとなりましたが…

2020年07月26日 194PV

真剣にアンサンブルする生徒達
中級者アンサンブル

8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるようになろう 8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるよう… 8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるようになろう

2020年7月25日、今年3回目の中級者アンサンブルが開催されました。 バンドアンサンブル同様、こちらも5ヶ月ぶり。現在は、アンサンブル体験は個人レッスン受講の生徒さんのみを対象に行っておりますが、今日は体験参加の方が1名と以前からの参加者4名、講師のバスクラリネットを合わせて、6名でのアンサンブルです。 久しぶりの中級者アンサンブル、以前やっていた… 2020年7月25日、今年3回目の中級者アンサンブルが開催されました。 バンドアンサン…

2020年07月25日 158PV

楽しそうに演奏するバンドアンサンブルメンバー
バンドアンサンブル

ブランク明けのアンサンブルをより楽しむためにやっておくと良いこと ブランク明けのアンサンブルをより楽しむた… ブランク明けのアンサンブルをより楽しむためにやっておくと良いこと

2020年7月21日、第46回目のバンドアンサンブルが開催されました。 前回アンサンブルより、あっという間に5ヶ月が経ってしまいました。まだまだ、以前と全く同じというわけにはいきませんが、アンサンブルができる環境が戻ってきたことは、ありがたいなと思います。 欠席の方が数名いらしたので、本日の参加者は、B♭クラリネット2名とバスクラリネット(半分以上ピ… 2020年7月21日、第46回目のバンドアンサンブルが開催されました。 前回アンサンブ…

2020年07月21日 294PV

クラリネットアンサンブルに真剣に取り組む生徒達
初級者アンサンブル

回数を重ねるごとにできることを増やすためには 回数を重ねるごとにできることを増やすため… 回数を重ねるごとにできることを増やすためには

2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元々の人数が少ないのもありますが、毎回皆さん揃っていただけるので、前回やったこと・できたことの続きの状態から開始できるのがありがたいですね。 今回も、先月スタートの『小さな世界』を演奏しましょう。 前回アンサンブルの状態を維持しておく 毎回恒例の「全員でロング… 2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元…

2020年02月26日 645PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方

クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよくわかってなかったり、今さら聞けないこともありませんか?今回は、リードを選ぶ際に注意すべき点について、改めて考えてみましょう。 リードに書いてある数字の意味 まずは、リードリードの箱に書いてある「2と1/2」「3」などの数字についてです。 これを「リードの厚さ… クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよ…

2020年07月28日 198PV

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 1,224PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知… 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょこちょこと拍子が変わったり、見慣れない拍子(変拍子)が出てくることがあります。 「4分の〇拍子」だと、そこまで数え方が難しくないと思いますが、それに比べて「8分の〇拍子」って、頻出するわりにわかりにくい…と思っ… ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹…

2020年03月28日 6,926PV

音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る舞いは、自分自身が最高のパフォーマンスをするためにも、試験官に良い印象を与えるという意味でも、とても大切です。 その時になってみないとわからないことも多いのですが、できる限りのイメージトレーニングをしておきましょう。 試験… 音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室すること…

2019年12月19日 1,468PV

音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に就いたり、舞台関係の仕事などでも同じと言えるでしょう。 そしてこの能力は、音楽高校や音楽大学を受験する時点で、大いに必要となります。 音高・音大受験で試験官が見ているのは、専攻楽器の演奏技術の高さのみに留まらず、総合的な音… 音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 …

2019年12月17日 1,068PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 749PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 665PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 829PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 767PV

東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブ 「クラリネットのお友達が欲しい!」という生徒さんの声で始まった、こちらの懇親会。 今回は、昨年の初懇親会よりも、多くの方にご参加いただきました。 幅広い年齢層のたくさんのご参加者 東京クラリネット教室第2回懇親… 2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催され…

2019年10月17日 947PV