アンブシュアから考える効率の良いブレス

2020年04月04日 4,298PV

マウスピースと楽譜

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。

ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。

今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良いブレスについて考えていきましょう。

クラリネットのアンブシュアの基本

クラリネットのマウスピースのくわえ方ですが、特に部活では、しばしば間違った情報が広がっていることを感じます。

私も、小学生の時に吹奏楽クラブに入ってクラリネットを始めましたが、アンブシュアについて同じパートの人からいろいろ教わったことが、残念ながらほぼ全部間違っていました。

若さとは恐ろしいもので、それでも難なく吹いてはいたのですが、中学生で個人レッスンに通い始めたところ、先生に駄目出しをされまくり、全て修正するのがとても大変だった記憶がありますので、なるべく早いうちに自分の状態を知って、正しいくわえ方を身につけていきましょう。

マウスピースのくわえ方の基本は、「無駄がない」ことです。
余分な力が入ったり、余計な動きをすることは、「スムーズなブレス」の妨げになりますし、良い音とは程遠くなってしまいます。

マウスピースの固定の仕方

まず、マウスピースは固定が必要ですが、決して噛んではいけません
上の歯と、唇越しの下の歯で、挟み込むようにします。

歯を上下に閉めるというよりは、歯のくっつかない「い」の口をして、そこにマウスピースをつっかえ棒のように挟むイメージですね。

マウスピースのくわえ方

うまく挟めたら口を閉じるわけですが、口角をぎゅっと引いて、口を締めていませんか?
マウスピースをくわえる際には、「口を閉める」であって「口を締める」ではないんです。

マウスピースには厚みがありますので、口角を引いてしまうと、

横に引きすぎた良くないアンブシュア

こんな風に、上下の唇は限りなく近くなるものの、隙間が空きます。
隙間があると、当然息が漏れてしまうので、それを避けるために、上唇と下唇にぎゅっと力を入れて、口を締めてしまいます。

力を入れて、息漏れしないようにした写真がこちらです。

横に引きすぎた良くないアンブシュア

先程の写真よりも、上下の力がかかっているのがわかりますか?

わかりやすいように、並べてみましょう。

横に引きすぎた良くないアンブシュア

左がくわえただけの状態、右が吹く時の状態です。
口角の力の変化はそうでもないですが、右の写真では特に上唇に力が入っていますね。

上下に力がかかれば、マウスピースとリードの隙間が狭くなり、息が入りにくくなりますし、リードの振動も妨げてしまいます。
そうすれば当然、音色にも影響が出ます。

「口を横に引いて!」というのは、よく聞くワードではありますが、実は間違いです。

先程書いた「閉める」と「締める」の違いはここですね。
ぎゅっと引っ張って締めるのではなく、ただ閉じるだけ、が求められます。

また、横に引いてしまうと、先程の写真のように、吹いていない時も、上下の唇が「閉まってないけど、たくさん息を吸うほどの空間はない」という感じになってしまうので、ブレスの時にいちいち口をゆるめて形を変えないといけなくなり、スムーズな息の出し入れができませんし、安定した音が出せなくなります。

さらに、余分な力が入っていれば、疲れるまでの時間も早くなってしまい、口の脇から息が漏れ始めてしまいますので、口角に力を入れるのはやめましょう。

もう一つの良くないアンブシュア

また、たまに見られるのが「う」の口になってしまうくわえ方。

口がとがって良くないアンブシュア

このように「うー」と言っているかのような形は、上唇に力が入っているにも関わらず、口全体はゆるんでしまうので、音程含め、音が汚くなってしまいます。

大切なのは、普段何もない状態で口を閉じているのに、限りなく近い形です。

バランスの良いアンブシュアを身につけよう

では、音もしっかり出て、ブレスのしやすいアンブシュアを考えていきましょう。

口角を引かず、歯を固定した状態が、こちらの写真です。

正面と横から見た良いアンブシュア

上の歯は浅め(5~7㎜くらい)に、下は少し深めで、口の中に入るリードが7~10㎜くらいの位置でくわえると、このように自然に口が開きます。

この時に、吹いている時と同じ圧力で歯を当てておく(挟んでおく)ことが大切です

この状態のまま、開いている部分から、体の中の余分な息を吐き出し、そして目一杯空気を吸い込みます。
これくらいの幅で口が開いていると、かなり楽に、たくさん吸い込めるはずです。

よく見られるのが、圧力を維持したままでも、充分な量の息を吸えるのですが、なんとなく口を大きく開けないとたくさん吸えない気がして、唇はリードにくっついているものの、唇越しの下の歯の当て方が変わってしまう、というブレスの仕方です。

より多く吸おうと、口をゆるめてしまわないように気をつけましょう。(マウスピースから口が離れてしまうなんて、絶対駄目ですよ)

たくさん吸ったら、そのまま口を閉じます。

正面と横から見た良いアンブシュア

これ以上、どこかに力を入れることなく、息を吹き入れましょう。

口は、本当にただ閉じるだけです
もちろん、息が漏れないようにしなくてはならないので、「ゆるゆる」というわけではありませんが、意図的に力を入れることをしてはいけません。

このアンブシュアであれば、力が入っていないので、口角を引いて口を閉じた場合のように、マウスピースとリードの隙間が狭くなることも、リードの振動を妨げてしまうこともなく、音がすんなりと鳴ります。

また、上下の歯で圧力はかけているので、リードの余計な部分が振動しようとすることもなく、良い音で鳴らすことができます。
(口がゆるいと、音が汚くなってしまうのは、本来震えなくていい、リードの少し厚くなっている部分が、振動しようとするからです)

そして、次にブレスをする時には、これまた上下の歯の圧力を維持したまま、先程の口の開いている状態に戻しましょう。

元々、口が開いている状態でマウスピースをくわえているので、「ブレスのために口を開ける」ではなく「単に口を閉じるのをやめる」という考え方がいいですね。

正面から見た良いアンブシュア

一番大切なのは、「歯を固定した上で」この2枚の写真のように、ただ開け閉めする、ということです。

リードミスをする原因は、リードにかかる圧力がブレス時に下がり、吹き始める時に締めすぎてしまう、もしくは、「ブレスのあとに締めてはいけない」という意識が強すぎて、必要な圧力に戻せないまま吹き始めてしまうからです。

リードミスは、締めすぎてもゆるすぎても起こります

そしてその「締めすぎ・ゆるめすぎ」を引き起こすのは、前の音を吹き終わった時に「よし、この音終わり」となんとなく口をゆるめたり、急いで息を吸わねばと、パッと口を離してしまうことにあります。

最初のブレスの際に、口をしっかり作っておくことも大切ですが、それ以上に、前の音を吹き終わった時に、口をゆるめてしまわないように気をつけることが、素早く安定したブレスをもたらしますし、何度ブレスしても、同じクオリティーの音で鳴らせることに繋がります。

ゆっくりと繰り返し練習しよう

良いアンブシュアがわかったら、何度も練習してみましょう。

鏡を見ながら、口を開けてくわえる→ブレスをして閉じてみる→また開けてみる、のように、ゆっくりと、上下の歯の圧力や、口の形を変えなくても、マウスピースの脇の唇を開閉できるような練習をして、慣れてきたら、実際に音を出してみましょう。

ここで慌てると、曲の中で生かせるアンブシュアとブレスは、身につきません。

この2点が正しくできれば、演奏は見違えます。
ゆっくりと繰り返し練習して、安定したアンブシュアとブレスを手に入れましょう。

みんなが読んでる人気記事

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? … 「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レ…

2016年03月10日 69,847PV

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法 クラリネットリードの選び方とメンテナンス… クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当てて「あ~~」と声を出した時に、ビリビリと震える感覚があると思います。 声帯という筋肉が振動している間を空気が通って声となって出てくるのですが、クラリネットではリードが声帯に当たります。 要は、リードはクラリネットの声(音色)を決める重要なもの。 しかし、初心者の… リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当て…

2016年03月28日 57,151PV

クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。 クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。 まずは全リードを開封 まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリード クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選…

2016年11月19日 53,537PV
ブレス

クラリネットが吹きやすくなる2つのコツ クラリネットが吹きやすくなる2つのコツ クラリネットが吹きやすくなる2つのコツ

先週体験レッスンにいらした方が、無事に入会して下さいました。 なんと、2週間後には所属している吹奏楽団の演奏会があるとのこと。 せっかく趣味としてやっているのに「4年間やってきたけど、一度も楽しくない」そうなので、演奏会まで2回しかレッスンはできませんが、少しでも本番が楽しかったと思っていただけるように、尽力する旨お話しました。 さて、今回の体験レ… 先週体験レッスンにいらした方が、無事に入会して下さいました。 なんと、2週間後には所属…

2016年07月03日 9,165PV

クラリネットを吹くための腹式呼吸を身につける クラリネットを吹くための腹式呼吸を身につ… クラリネットを吹くための腹式呼吸を身につける

クラリネットを吹くのに必要な腹式呼吸。 クラリネット演奏に大切な正しい腹式呼吸 今回は、クラリネット演奏が格段に楽になる、腹式呼吸の身につけ方と、実際にクラリネットを吹く時に使えるようにするための練習方法を学んでいきましょう。意味はわかっていても、楽器を吹くとなると、うまくできない方も多いのではないでしょうか。 腹式呼吸を体感しよう 「理屈はわか… クラリネットを吹くのに必要な腹式呼吸。 クラリネット演奏に大切な正しい腹式呼吸 今回…

2019年03月23日 7,386PV

音の吹き終わりに舌で息を止めないようにしましょう 音の吹き終わりに舌で息を止めないようにし… 音の吹き終わりに舌で息を止めないようにしましょう

ほぼ1ヶ月ぶりの、小学2年生の男の子のレッスンでした。 すっかり組み立ても忘れてしまっていて、ベルとたるを一生懸命くっつけようとしたりしていました。 なんだかほほえましいですが、今後は確実に覚えていってくれたらいいなと思います。 楽器の組み立てはそんな感じでしたが、リードの付け方はいつも通りばっちり。 得意なことがあるのは、とてもいいことですね。… ほぼ1ヶ月ぶりの、小学2年生の男の子のレッスンでした。 すっかり組み立ても忘れてしまっ…

2017年01月15日 5,174PV

素早く正確なブレスでリズムをキープ 素早く正確なブレスでリズムをキープ 素早く正確なブレスでリズムをキープ

吹奏楽部に所属している大学生のレッスンでした。 彼女の課題は、ブレス。 ロングトーンのゆっくりしたテンポでも、素早い吸い方をしてしまうことを、以前から継続して直しているところです。 吹く時には、息の速さに気をつけているかと思いますが、「息を吸う速さ」って、意識したことありますか? 無意識に吸ってませんか? 私自身もやっていて、生徒さん達にも勧め… 吹奏楽部に所属している大学生のレッスンでした。 彼女の課題は、ブレス。 ロングトーン…

2017年02月12日 3,329PV

テンポを掴むコツはブレスにあり テンポを掴むコツはブレスにあり テンポを掴むコツはブレスにあり

本日も、『春の歌』を頑張ってらっしゃる生徒さんのレッスンでした。 先週新しいリードにされて、少ししっくり来てなかったようですが、今日は落ち着いていましたね。 いつでもメトロノームと仲良く さて、今日も『春の歌』の続きです。 曲の中で、自分の得手不得手によってテンポが速くなったり遅くなったり…というのは、音楽をやる上で一番良くないと私… 本日も、『春の歌』を頑張ってらっしゃる生徒さんのレッスンでした。 先週新しいリードにさ…

2016年07月25日 3,039PV
関連記事

車は楽器練習ができる最高の防音室 車は楽器練習ができる最高の防音室 車は楽器練習ができる最高の防音室

クラリネットは、思っているより音が通るので、練習場所には頭を悩ませている方が多いと思います。 実は、自動車というのは、とても身近な防音室であることには、気づいていましたか? 今回は、車が練習場所に向いている理由を、お伝えしていきましょう。 考えられるクラリネットの練習場所 クラリネットが練習できる場所、と考えて、思い浮かぶのは 音楽用スタジ… クラリネットは、思っているより音が通るので、練習場所には頭を悩ませている方が多いと思いま…

2021年02月16日 105PV

クラリネット喉を開ける方法 クラリネット喉を開ける方法 クラリネット喉を開ける方法

「クラリネットを一生懸命吹いていると、喉が閉まって(締まって)しまう」というのは、東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんからも、よく聞く話です。 喉が閉まれば、他にも良くない影響が出てきてしまいますので、原因と解決方法を知って、喉を自然に開けてクラリネットを演奏できるようにしていきましょう。 なぜ喉が閉まる(締まる)のか 喉を開けるた… 「クラリネットを一生懸命吹いていると、喉が閉まって(締まって)しまう」というのは、東京ク…

2021年02月23日 55PV

記事検索
Search Articles

記事検索
Search Articles

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

お知らせ

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネット喉を開ける方法 クラリネット喉を開ける方法 クラリネット喉を開ける方法

「クラリネットを一生懸命吹いていると、喉が閉まって(締まって)しまう」というのは、東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんからも、よく聞く話です。 喉が閉まれば、他にも良くない影響が出てきてしまいますので、原因と解決方法を知って、喉を自然に開けてクラリネットを演奏できるようにしていきましょう。 なぜ喉が閉まる(締まる)のか 喉を開けるた… 「クラリネットを一生懸命吹いていると、喉が閉まって(締まって)しまう」というのは、東京ク…

2021年02月23日 55PV

クラリネットのアンブシュアを疲れづらくする方法 クラリネットのアンブシュアを疲れづらくす… クラリネットのアンブシュアを疲れづらくする方法

クラリネット吹きと、「口が疲れて、アンブシュア(くわえ方)が崩れてしまう」というお悩みは、切っても切れないものだと思います。 東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんからも、よくご相談を受けますが、この「口の疲れ」の主な原因は2つ。 今回、口が疲れてしまう理由をきちんと知って、疲れづらいアンブシュアを維持できるようにしていきましょう。 … クラリネット吹きと、「口が疲れて、アンブシュア(くわえ方)が崩れてしまう」というお悩みは…

2021年01月19日 295PV

短い練習時間で上達できるクラリネットの練習方法 短い練習時間で上達できるクラリネットの練… 短い練習時間で上達できるクラリネットの練習方法

東京クラリネット教室の生徒さんには、部活で吹かれている方・楽団に入って演奏されている方もいらっしゃいますし、発表会などを目標に個人で練習されたり、教室のアンサンブルに参加されている方もいます。 どの方も共通して言えるのは、他の生活の合間を縫って、クラリネットを演奏されている、ということ。「許されるなら、ずーっとクラリネットを吹いていたい!」という方ばか… 東京クラリネット教室の生徒さんには、部活で吹かれている方・楽団に入って演奏されている方も…

2020年12月18日 448PV

クラリネット難しい?初心者に必要な2つの基礎 クラリネット難しい?初心者に必要な2つの… クラリネット難しい?初心者に必要な2つの基礎

東京クラリネット教室には、全くの未経験からクラリネットを始められた方もたくさんいらっしゃるのですが、「クラリネットなんてやったことがないけれど、興味があるから習ってみたいな」と思われた多くの方は、「でも、本当に自分も音が出せて、吹けるようになるんだろうか…」という点がやはり不安で、最初の一歩を躊躇してしまうのではないでしょうか。 そこで、… 東京クラリネット教室には、全くの未経験からクラリネットを始められた方もたくさんいらっしゃ…

2020年11月19日 565PV

クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因

すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の体調も、クラリネットやリードの調子も、良い状態を維持できるように過ごしていきましょう。 日々レッスンをしていると、「急に音が出なくなってしまう」という状況に遭遇することがあります。 「さっきまで出てたのに…!」と思うと、焦ってしまいますが、意外と単純… すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の…

2020年10月09日 2,073PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

本番に向け真剣にアンサンブルする上級者アンサンブルメンバー
上級者アンサンブル

アンサンブルでの不安感をなくすために大切なこと アンサンブルでの不安感をなくすために大切… アンサンブルでの不安感をなくすために大切なこと

本日は午前中の中級者アンサンブルに引き続き、午後には上級者アンサンブルも行われました。いよいよ発表会前最後の合わせです。 今月も、B♭クラリネット4名・バスクラリネット1名で、発表会での演奏曲、A.リード作曲『アルメニアンダンス・パート1』をしっかり仕上げていきましょう。 最後の仕上げ前に現状の確認 東京クラリネット教室のアンサンブルクラスは、準備… 本日は午前中の中級者アンサンブルに引き続き、午後には上級者アンサンブルも行われました。い…

2021年01月09日 188PV

本番に向け真剣にアンサンブルする中級者アンサンブルメンバー
中級者アンサンブル

曲の中で正しく和音を響かせるためには 曲の中で正しく和音を響かせるためには 曲の中で正しく和音を響かせるためには

2021年1月9日、今年1回目の中級者アンサンブルが開催されました。 今日の参加者は、発表会参加予定のB♭クラリネット6名(内1名はE♭クラリネット兼任)と講師のバスクラリネットの計7名です。 いよいよ発表会目前。良いイメージのまま本番に臨めるように、今日も丁寧に練習していきましょう。 演奏曲目 さくらのうた~FIVE 魔女の宅急便メドレー… 2021年1月9日、今年1回目の中級者アンサンブルが開催されました。 今日の参加者は、…

2021年01月09日 217PV

本番に向け真剣にアンサンブルする初級者アンサンブルメンバー
初級者アンサンブル

本番は「良い緊張」をしよう 本番は「良い緊張」をしよう 本番は「良い緊張」をしよう

2021年1月4日、今年1回目の初級者アンサンブルが行われました。 いつもは月末開催のアンサンブルですが、年明け早々にやることになったのは、来週発表会を控えているから。世間の情勢的には、普通に発表会ができるものかやや不安ではありますが、来週のこの時間に清々しい気分でいるために、あと少し頑張りましょう。 今日も、B♭クラリネット4名での演奏です。 演… 2021年1月4日、今年1回目の初級者アンサンブルが行われました。 いつもは月末開催の…

2021年01月04日 280PV

ギターとの演奏を楽しむバンドアンサンブルメンバー
バンドアンサンブル

自分のテンポのくせを知って安定した演奏を目指そう 自分のテンポのくせを知って安定した演奏を… 自分のテンポのくせを知って安定した演奏を目指そう

2020年12月24日、第51回目のバンドアンサンブルが開催されました。こちらのクラスも今年最後の演奏となり、2020年のアンサンブルは全て終了です。 実は、残念ながら1月の発表会後からは全部のアンサンブルクラスを一旦休止することになりましたので、発表会には参加しないこのバンドアンサンブルは、今日を最後に春頃まではお休みとなります。 とても残念ですが… 2020年12月24日、第51回目のバンドアンサンブルが開催されました。こちらのクラスも…

2020年12月24日 269PV

通し練習で礼をする初級者アンサンブルメンバー
初級者アンサンブル

録音を活用してどんどん修正していこう 録音を活用してどんどん修正していこう 録音を活用してどんどん修正していこう

2020年12月21日、今年8回目の初級者アンサンブルが行われました。こちらのクラスも年内最後となります。 今回も、発表会参加予定の方々が全員ご参加下さったので、B♭クラリネット4名でのアンサンブルです。 今日も本番に向け、演奏と共に立ち居振る舞いにも慣れていきましょう。 演奏曲目 星に願いを 小さな世界 演奏以外の準備をしておこう … 2020年12月21日、今年8回目の初級者アンサンブルが行われました。こちらのクラスも年…

2020年12月21日 279PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

クラリネットのマウスピースとリードの相性 クラリネットのマウスピースとリードの相性 クラリネットのマウスピースとリードの相性

クラリネットを演奏するのに、不可欠なマウスピースとリード。この2つに、相性があるというのは意識したことがありますか。 奏者本人が吹きやすいのがもちろん一番大切なのですが、「リードっていろいろ種類があって、結局どれが合うのかわからない…」という方も多いと思いますので、ぜひ参考になさって下さい。 マウスピースの型番を知ろう マウスピー… クラリネットを演奏するのに、不可欠なマウスピースとリード。この2つに、相性があるというの…

2021年02月20日 147PV

車は楽器練習ができる最高の防音室 車は楽器練習ができる最高の防音室 車は楽器練習ができる最高の防音室

クラリネットは、思っているより音が通るので、練習場所には頭を悩ませている方が多いと思います。 実は、自動車というのは、とても身近な防音室であることには、気づいていましたか? 今回は、車が練習場所に向いている理由を、お伝えしていきましょう。 考えられるクラリネットの練習場所 クラリネットが練習できる場所、と考えて、思い浮かぶのは 音楽用スタジ… クラリネットは、思っているより音が通るので、練習場所には頭を悩ませている方が多いと思いま…

2021年02月16日 105PV

クラリネットを公園で演奏する大きなメリット クラリネットを公園で演奏する大きなメリッ… クラリネットを公園で演奏する大きなメリット

クラリネット上達のためには、当然練習が不可欠です。しかし、「家では吹けないんだよー」という方が多いのが実情ですよね。 東京クラリネット教室の体験レッスンにいらした方にも、よく「通われている皆さんはどこで練習されてるんですか?」と質問されます。 併せて、「公園などで吹いてもいいのでしょうか?」と聞かれることも多いので、今回は特にその部分に注目して、練習 クラリネット上達のためには、当然練習が不可欠です。しかし、「家では吹けないんだよー」とい…

2021年02月05日 186PV

クラリネットのチューニング方法 クラリネットのチューニング方法 クラリネットのチューニング方法

ピアノ伴奏とのソロ演奏やアンサンブル、吹奏楽やオーケストラなど、クラリネットの活躍の場はたくさんあります。 それらに共通しているのは「誰かと合わせること」。 合わせる際に大切なことの一つ『チューニング』について、よくわからなかったり、なんとなくになっている部分はありませんか? 今回はその『チューニング』についてご説明していきますので、しっかり知って… ピアノ伴奏とのソロ演奏やアンサンブル、吹奏楽やオーケストラなど、クラリネットの活躍の場は…

2021年01月31日 231PV

クラリネットが抜けない時の対処方法 クラリネットが抜けない時の対処方法 クラリネットが抜けない時の対処方法

クラリネットは5つのパーツからできていますが、練習後に「抜けなくなった!」という経験はありませんか。 「きちんとグリスも塗ってるのに、なんで…」と思われるかもしれませんが、抜けない原因は、実はそこではありません。 クラリネットのパーツ同士が抜けなくなってしまう理由と、対処方法を正しく知って、今後焦らなくて済むようにしておきましょう。 … クラリネットは5つのパーツからできていますが、練習後に「抜けなくなった!」という経験はあ…

2020年12月10日 690PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

東京クラリネット教室第6回発表会 東京クラリネット教室第6回発表会 東京クラリネット教室第6回発表会

2021年1月11日、東京クラリネット教室第6回発表会が行われました。 本来であれば、昨年6月に行う予定だった6回目の発表会ですが、出演者・お客様ともに安心していただける状況を作り出すために思案し、延期しての開催となりました。 カフェタイムを楽しみにして下さっている方も多い、東京クラリネット教室の発表会ですが、今はみんなでわいわい飲食ができる状況では… 2021年1月11日、東京クラリネット教室第6回発表会が行われました。 本来であれば、…

2021年01月11日 302PV

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 1,435PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 1,171PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 1,493PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 1,340PV