実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは

2019年12月13日 689PV

音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多く、受験期間も長期にわたります。

科目は、専攻実技、副科ピアノ、楽典、聴音、新曲視唱などなど。
(もちろん普通のお勉強も)

私は都立高の音楽科に通っていましたが、他の学校よりも入学試験の日程が長かったですし、音大に至っては1週間も入試が続きました。

この数ある受験科目の中での、重要な順、気になりますよね。

受験を控えた生徒や保護者、実技模試に参加された方など、多くの方々から「どんな割合で力を入れたらいいんですか?」と質問をいただきます。

「楽典はバッチリだけど、聴音と新曲視唱が苦手…」
「専攻は自信があるけど、副科ピアノが…」

そんな方も多いでしょう。

「じゃあ、得意なものをより伸ばす方向で!」と、どこかに力を集中させたら、受験科目が多くて大変な音高・音大受験も、なんとかなりそうな気がしてきます。

では実際に、どの受験科目が一番重要なのでしょうか。

答えは簡単、全て重要です。

普通大学とは違う音大受験事情

「そんな身も蓋もないことを…」と思われるかもしれませんが、音高・音大では、音楽を総合的に学ぶ準備ができているかどうかが大切なので、何か一つだけ秀でていても駄目なのです。

もちろん「全てが平均値で良い」ということではなく、「大きな偏りがあることは、良くない」ですので、勘違いはしないで下さいね。

例えば、専攻の楽器が同じくらいの実力で、合格ラインに乗っかるかどうか、という受験生が2人いたとします。

2人とも、実技試験では力を出し切り、甲乙つけがたい、しかしどちらかしか合格にできない、となった時に、当然総合力が勝る方が、合格を手にします。

ですので、どれかに力を入れるのではなく、自分自身の音楽力全体の底上げが必要なのです。

人生の岐路に立つということ

バランス良く音楽力の向上を目指すのではなく、「どの科目に力を入れようか」と考えている時点で、今後の音楽人生がちょっと心配になります。

ここで手に入れた総合的な音楽の力は、将来必ず役に立ちます。
その道を歩んできた人間が言うのですから、間違いありません。

「別にそんなことできなくても、クラリネットを演奏するのに困らないじゃん」と思っても、ではなぜ入試にその科目が組み込まれているのかを考えてみましょう。

音楽をやっていくのに、必要だからなのです

ここで、科目の取捨選択をしてしまうことは、進むべき方向ではない道に踏み出してしまうことを意味します。

科目ごとの重要度を考えることがやめられたら、先程もお伝えしたように、音楽力全体の底上げをすべく、しっかりスキルアップしていきましょう。

演奏技術は経験で向上させられる

一方、専攻実技は「専攻」というだけあり、より良くできる人が求められます。

「クラリネット専攻で入学したいけど、あまり上手に吹けないんだ」なんてことは、あり得ないわけで、妥協せずに突き詰めた練習が必要です。

そしてそれは、入試の実技試験直前の音出し時間に、飛躍的に向上したりすることはもちろんなく、日々の積み重ねの集大成が、受験当日に発揮されるわけですので、本番に向けてできる限り演奏スキルを上げておかねばなりません。

しかし、いくら練習を頑張っても、いざ実技模試や実技試験に臨んだ時に、初めて感じる張り詰めた空気に緊張してしまい、全身の震えが起きたり、挨拶をすることもままならず、信じられないくらい自分の力を発揮できず、落ち込んでしまう、という受験生は多くいます。

これは「楽器の練習をきちんとしてきたかどうか」という話ではなく、自分が緊張した時に、どのような状態に陥るのかを、しっかり把握しておく作業をしてこなかった結果なのです。

受験当日、「やるだけのことをやってきて、今が最高の状態!!」と思っていても、緊張によって平常心でいられなくなってしまっては、その努力が台無しになってしまいます。

実技試験当日までに、緊張と、緊張した時の自分と向き合う機会を増やしましょう。

できることならば、1回でも多く知らない人の前・知らない場所での演奏経験を積むことが、お勧めです。

その経験により、本番で発揮できる力は、抜群に安定感を増します。

それは、東京クラリネット教室「音高・音大受験の実技模試」で、入試に近い状況を複数回経験した生徒が、回数を追うごとに自信のある表情に変わっていくことからも、一目瞭然です。

体験しなくてはわからないこと、体験すればわかることが、必ずあります。
それが、入試の場では遅いのです。

1回でも多く本番に近い場で演奏をしておく

人前でのソロ演奏は嫌…と、なるべく避けたくなる気持ちはよくわかります。

しかし、入試ではそんなことは言ってられません。
絶対に、複数の、しかもプロの鋭い目にさらされて、演奏せねばならないからです。

せっかく頑張ってきたことが、水泡に帰すことがないように、なるべく多く、実技模試などの実践の場を経験しておきましょう。

その他の講師ブログ

音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に…

2019年12月17日 655PV

音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る…

2019年12月19日 812PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょ…

2020年03月28日 251PV

アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多い…

2020年04月04日 250PV

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。…

2016年03月10日 52,264PV

クラリネットのマウスピースとリガチャーの選び方

マウスピースとリガチャーっていつ交換するの?そもそも交換する物なの? はい、どちらも消耗品なので交換する必要があります。 ただ…

2016年03月10日 21,270PV

綺麗な音は姿勢から!クラリネットの正しい練習方法

小学校~高校の、吹奏楽部クラリネットパート指導に行くことがあります。 初めて行く学校や久しぶりに行く学校もあるので、現在どの程度…

2016年03月09日 12,294PV

クラリネットが現在の形に至るまでの歴史

クラリネットとは? 「クラリネットをやっています」と言うと、必ずのように「あぁ!壊れちゃったやつですね」とか「パパからもらったや…

2015年09月03日 11,714PV

吹奏楽とオーケストラ、ブラスバンドの違いとは

「吹奏楽、オーケストラとブラバンの違いって …… 何ですか?」 こんな質問を個人レッスンや学校の生徒から聞かれる事があります。 …

2016年03月09日 11,593PV

Twitter
Follow us on twitter

Twitter
Follow us on twitter

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


音大進学サポートプラン

基礎ピアノに聴音、ソルフェージュの進学サポートプラン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

音大進学サポートプラン

音大進学サポートプラン

基礎ピアノに聴音、ソルフェージュの進学サポートプラン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

時間がある時に基礎力アップ!

新年度が始まりましたね。 とは言え、今はいろいろなことに制限があり、年齢問わず演奏会がなくなってしまった生徒さん達も多いですし、…

2020年04月01日 268PV

ソロ曲の演奏で得られるものとは

東京クラリネット教室のレッスンでは、基礎をしっかり身につけながら、それを活かしてソロ曲を練習されて、発表会での演奏に挑戦している方…

2020年03月23日 345PV

クラリネットソロ曲の演奏に挑戦してみよう

個人レッスンに通われている方の目的・目標は様々ですが、東京クラリネット教室の生徒さんで、発表会で演奏するためのソロ曲に挑戦されてい…

2020年03月10日 410PV

力を抜いた演奏で良い音を手に入れよう

東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんの多くが、共通して悩まれていることが「力」。 入り方、入る箇所に違いはありま…

2020年02月11日 534PV

拍子を正しく知ってリズムを掴もう

読譜は得意ですか? 東京クラリネット教室に通われている生徒さんも「新しい曲は、慣れるまでが大変」とおっしゃっている方が、たくさん…

2020年01月15日 646PV

クラリネットを演奏する上で「書く」ことの大切さ

レッスンで、部活で、普段の練習で、クラリネットを吹く際に「楽譜に書く」作業をしていますか?「何を?」と思った方、今日からクラリネッ…

2019年12月13日 918PV

クラリネットで音楽的な演奏をするためのコツ

いよいよ、第5回発表会まで、残り1ヶ月となりました。今回も、ソロやアンサンブルで、多くの生徒さんにご参加いただきます。 出演予定…

2019年11月29日 1,346PV

右手の使い方でクラリネットの運指スピードを上げよう

東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんには、部活や一般の楽団、また当教室のアンサンブルなどで合奏に参加されている方がたく…

2019年10月26日 1,753PV


アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

回数を重ねるごとにできることを増やすためには
初級者アンサンブル

回数を重ねるごとにできることを増やすためには

2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元々の人数が少ないのもありますが、毎回皆さん…

2020年02月26日 314PV

いろいろな調に対応できるようにするには
バンドアンサンブル

いろいろな調に対応できるようにするには

2020年2月25日、第45回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、急にいらっしゃれなくなってしまった方と、ドラマー…

2020年02月25日 257PV

アンサンブルの質を上げる3つのポイント
上級者アンサンブル

アンサンブルの質を上げる3つのポイント

本日は、上級者アンサンブルが行われました。 1名、お仕事の都合でお休みでしたが、先月から加わって下さった方も継続してご参加いただ…

2020年02月23日 269PV

「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと
中級者アンサンブル

「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと

2020年2月22日、今年2回目の中級者アンサンブルが開催されました。 久しぶりのご参加の方と、体験の方がいらっしゃる予定だった…

2020年02月22日 242PV

「してほしいこと」ができる演奏を目指す
バンドアンサンブル

「してほしいこと」ができる演奏を目指す

2020年1月28日、第44回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、B♭クラリネット3名・バスクラリネット(半分キー…

2020年01月28日 453PV

ずれてしまった演奏をリセットできるようにしよう
初級者アンサンブル

ずれてしまった演奏をリセットできるようにしよう

2020年1月27日、今年1回目の初級者アンサンブルが行われました。 このメンバーでの初本番となった発表会も無事に終わり、早くも…

2020年01月27日 344PV

いろいろなパートに挑戦して演奏の幅を広げよう
上級者アンサンブル

いろいろなパートに挑戦して演奏の幅を広げよう

本日は、今年初めての上級者アンサンブルが行われました。 発表会での本番から、まもなく1ヶ月。時間が経つのは、本当にあっという間で…

2020年01月26日 351PV

初見演奏の際に押さえるべきこととは
中級者アンサンブル

初見演奏の際に押さえるべきこととは

2020年1月18日、今年初の中級者アンサンブルが開催されました。 昨年12月には、初めての本番を経験し、すっかり結束が固くなっ…

2020年01月18日 372PV

回数を重ねるごとにできることを増やすためには
初級者アンサンブル
いろいろな調に対応できるようにするには
バンドアンサンブル
アンサンブルの質を上げる3つのポイント
上級者アンサンブル
「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと
中級者アンサンブル
「してほしいこと」ができる演奏を目指す
バンドアンサンブル
ずれてしまった演奏をリセットできるようにしよう
初級者アンサンブル
いろいろなパートに挑戦して演奏の幅を広げよう
上級者アンサンブル
初見演奏の際に押さえるべきこととは
中級者アンサンブル

ブログ
Blog

ブログ
Blog

アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多い…

2020年04月04日 250PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょ…

2020年03月28日 251PV

音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る…

2019年12月19日 812PV

音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に…

2019年12月17日 655PV

実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは

音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多く、受験期間も長期にわたります。 科目は…

2019年12月13日 688PV

音大受験当日に向けて準備しておくこと

年末になり、いよいよ音高・音大受験の一般入試が近づいてきました。受験生の方々は、日々演奏技術向上のために頑張っていることと思います…

2019年12月12日 679PV

クラリネットを定期的に調整に出すことの大切さ

個人でクラリネットを持っている方は、『修理』ではなく『調整』のために、楽器店や工房に行っていますか? 「楽器は、壊れた時だけ職人…

2019年11月28日 669PV

良いクラリネットリードを選ぶチェックポイント

クラリネットを吹くに当たって、絶対に避けて通れないのがリードの問題。 自分に合ったもの・自分の好みのものを見つけることが、不可欠…

2019年10月30日 704PV


クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されま…

2020年02月09日 391PV

第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において…

2020年01月12日 439PV

東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいま…

2019年12月29日 494PV

第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・…

2019年12月07日 493PV

東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライ…

2019年10月17日 574PV

東京クラリネット教室第2回ライブ

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブが行われました。 ライブで演奏するのは、バンドアンサンブルのメンバー。 …

2019年10月12日 445PV

東京クラリネット教室第4回発表会

2019年7月7日、東京クラリネット教室第4回発表会が行われました。 日々変わる天気予報に一喜一憂した数日間でしたが、結局は朝か…

2019年07月07日 898PV

第3回音高・音大受験の実技模試

2019年1月14日(月・祝)、東京クラリネット教室「第3回音高音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 昨年も開催したこの実…

2019年01月14日 1,257PV