クラリネットB♭管とA管の違い

2020年11月10日 804PV

クラリネット用ダブルケースに入ったB♭管とA管

「クラリネット」と一口に言っても、実はいろいろな長さの楽器があります。

普段私達が使っている楽器(B♭管)以外は、基本的に「特殊管」と呼ばれるのですが、特殊管として扱われない楽器の一つにA管があります。

結構名前を聞くけれど、よくわからないA管。
オーケストラを観ていて「なんであの奏者は楽器を替えてるんだろう…」「どうして横に同じような楽器が立ててあるのかな」と思われたことがあれば、その片方がA管です。

今回は、B♭管とA管の違いを知っていきましょう。

実音楽器と移調楽器

まず、「B♭(ベー)とかA(アー)ってなんなの?」という疑問があると思いますので、そこからご説明しましょう。

管楽器には「実音楽器」と「移調楽器」があります。

実音楽器

簡単に言うと、実音楽器は「ピアノと同じドレミが出せる楽器」です。
フルートやオーボエ、ファゴットなどがそうですね。

移調楽器

一方、移調楽器は「その楽器のドレミが、ピアノのドレミと異なる楽器」のことを指します。
クラリネット以外にも、トランペットやサックス、フレンチホルンなど、吹奏楽のほとんどの楽器が移調楽器です。

移調楽器と一言で言っても、「ドを吹いた時に、ピアノの何の音が鳴るのか」は、楽器によって様々です。

移調楽器の表記はドイツ語

ドレミが楽器によって違うということは、例えば吹奏楽で「はい、じゃみんなでドの音吹いてー」と指揮者から指示をされた場合、全員で同じ音を鳴らすことができません。

ですので、基本的には吹奏楽やオーケストラなどでドレミを表したい時は、ドイツ語での呼び方(ドイツ音名)を用います。

それが「B♭(ベー)」「A(アー)」などで、「B♭管」などの呼び名は、その楽器のドを吹いた時に、ピアノの何の音が鳴るのかを表しています。

B♭管は、「ド」を吹いた時に「ピアノのシ♭(ドイツ語でベー)」が、A管は「ド」を吹いた時に「ピアノのラ(ドイツ語でアー)」が鳴ります。

移調楽器に関しては「その楽器のドを吹いた時に、ピアノの何の音が鳴る楽器を使ってほしいのか」が、楽譜に記載されています。

B♭管とA管のパート譜

吹奏楽ではA管が出てくることはありませんが、ソロ曲やアンサンブルの時に楽器を間違えてしまうと大変なことになるので、しっかり確認して下さいね。

また、オーケストラの楽譜の場合は、途中で「in A」「in B♭」などと書かれていることがありますが、その表記は途中(その小節)から楽器を持ち替えることを示しています。

「B♭(ベー)」の表記について

実はドイツ語では「B」を「ベー」と読み、「シ♭」を表しています。
ちなみに「シ」の音は「H(ハー)」と表記するので、「ベー」に♭はいりません。

しかし、英語圏では「シ」のことを「B」、「シ♭」を「B♭」と書きますので、混乱を招かないように「B♭管」と書いて「ベーかん」と呼んで(読んで)います。

B♭管とA管の見た目の違い

同じ「ド」を吹いても、違う音が出るということは、B♭管とA管には明白な違いがあります。
それは長さです。

B♭管とA管の比較向かって左がA管、右がB♭管です。
(この写真では、直接楽器を立てていますが、スタンドを使わずに立てるのはとても危険なのでやめて下さいね)

楽器というのは、長ければ低い音が鳴ります。
「シ♭」と「ラ」は半音違いですので、A管の方が半音分長くなっています。

上管だけで

B♭管とA管の上管の比較

これくらいの違いがあります。

また、下管は

B♭管とA管の下管の比較

上管よりさらに長さに差があります。

このように、上管・下管が少しずつ長く作られていて、トータルでは

B♭管とA管の比較

これほどの差になります。

A管はB♭管に比べて長いですが、楽器の中の太さ(内径)はどちらも同じなので、A管の方が少し抵抗のある吹奏感になります。

それが、A管独特の柔らかく、少し憂いを帯びたような音色の理由です。

どうしてB♭管とA管なのか

ではなぜ、B♭管とA管という2種類の楽器が作られたのでしょうか。

実は、最初からB♭管とA管に絞って作られたわけではありません。
クラリネットにはC管・D管・Es管・F管…などなど、様々な長さの楽器が存在していましたが、音色の問題やいろんな意味での扱いやすさなどから、B♭管とA管がスタンダードなクラリネットとして残ったようです。(Es管は今も特殊管として使われていますね)

ご存知のように、まず私達が出会うクラリネットは、B♭管ですし、多くの方がA管の必要性を感じることなく、クラリネットを演奏されていると思います。

そのような理由から「別にB♭管だけでいいじゃん。困らないし」と思われるかもしれませんが、実は半音違いのB♭管とA管が存在する大きな意味があります。

B♭管とA管の使い分け

クラリネット用ダブルケースに入ったB♭管とA管

吹奏楽をやっていて、特にオーケストラ曲の編曲ものだった場合、「♯だらけで、めちゃめちゃ大変なんだけど…」という経験はありませんか?

B♭管というのは、元々♭が2つついた調の楽器なので、それを打ち消すために♯を2つ背負っています。

と言われても、「は?どういうこと?」ですよね。

例えば、ピアノと同じドレミが鳴らせるフルートと比べてみましょう。
簡単に言うと、フルートが♯や♭が何もついていない楽譜を吹いていた時、同じ調で吹こうとするとB♭管は自動的に♯が2つ足されます。

ということは、フルートが♯2つならクラリネットは♯4つ、フルートが♯4つならクラリネットは♯6つ…と、とにかく♯がたくさんになるのです。

吹奏楽では、同じように♯を背負っている楽器が多いので、♯がたくさんな曲は案外少ないのですが、オーケストラでは容赦なく♯の海に放り込まれます。

そうなった時に、A管があると、途端に演奏が容易になります。

A管は、B♭管とは逆に元々♯3つの調の楽器ですので、♭を3つ背負っています。
フルートが♯2つならA管は♭1つ、フルートが♯4つならA管は♯1つで済みます。

実音楽器にとって♭が多い曲であればB♭管、♯が多い曲であればA管を吹けば、運指が楽になるのです。
(とはいえ、吹奏楽でA管を使うわけにはいきませんが)

A管独特の音色

しかし、オーケストラでA管が使われる理由は、それだけではありません。

先程も書いたように、A管はB♭管に比べると、ほんの少し哀愁のある柔らかな音が鳴りますので、作曲者がその部分にA管の音色が欲しくて持ち替えを指示されたり、曲全体を通してA管を指定されていることもあります。

また、ソロ曲でも、A管のために書かれた曲というのが、いくつもあります。
モーツァルトの『クラリネット協奏曲』や、シューマンの『幻想小曲集』が有名どころでしょうか。

少なくともこの2曲は、A管を持っていない人でも演奏できるように、B♭管用に移調された楽譜が出ていたりもしますが、指が非常に難しいのに加え、やはりB♭管の明るい響きだと、曲が本来持つ雰囲気や良さを出すのがとても難しくなります。

A管用に書かれた曲は、やはりA管で吹くのがベストですね。

機会があればぜひ体験を

オーケストラに入ったり、専門的にクラリネットを学んだりしないと、なかなか吹く機会のないA管ですが、B♭管と同じセッティングで同じように吹いても、いつもと違った音色が出て、とても興味深い楽器です。

もしチャンスがあれば、ぜひ吹いてみて下さいね。

みんなが読んでる人気記事

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? … 「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レ…

2016年03月10日 69,845PV

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法 クラリネットリードの選び方とメンテナンス… クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当てて「あ~~」と声を出した時に、ビリビリと震える感覚があると思います。 声帯という筋肉が振動している間を空気が通って声となって出てくるのですが、クラリネットではリードが声帯に当たります。 要は、リードはクラリネットの声(音色)を決める重要なもの。 しかし、初心者の… リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当て…

2016年03月28日 57,151PV

クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。 クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。 まずは全リードを開封 まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリード クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選…

2016年11月19日 53,536PV
クラリネット本体

新たにクラリネットを購入する際に気をつけること 新たにクラリネットを購入する際に気をつけ… 新たにクラリネットを購入する際に気をつけること

来月には高校生になる、今日の生徒。 今までは、中学校の備品のクラリネットを使っていましたが、高校生になるにあたり、楽器を購入するよう、進学先の吹奏楽部の顧問の先生から言われているそう。 先月までは「まだ買わない方がいいです」と、親御さんにお話してあり、やっとそろそろ買っても平気な季節になってきました。 楽器を買わない方がいい季節がある? 金管楽器… 来月には高校生になる、今日の生徒。 今までは、中学校の備品のクラリネットを使っていまし…

2017年03月06日 15,268PV

ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~ ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~ ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~

何年か前に、ドイツのクラリネット工房を見学させてもらう機会がありました。 意外と目にするチャンスがない、楽器工房。今回は、そのことについて綴ろうと思います。 ミュンヘン経由でバンベルクへ! 伺ったのは、バンベルクにあるシュヴェンク&セゲルケ。 ドイツには、物作りをするための資格「マイスター制度」というのがあります。 手工業で独立開業するため… 何年か前に、ドイツのクラリネット工房を見学させてもらう機会がありました。 意外と目にす…

2018年02月09日 4,634PV

クラリネットが抜けない時の対処方法 クラリネットが抜けない時の対処方法 クラリネットが抜けない時の対処方法

クラリネットは5つのパーツからできていますが、練習後に「抜けなくなった!」という経験はありませんか。 「きちんとグリスも塗ってるのに、なんで…」と思われるかもしれませんが、抜けない原因は、実はそこではありません。 クラリネットのパーツ同士が抜けなくなってしまう理由と、対処方法を正しく知って、今後焦らなくて済むようにしておきましょう。 … クラリネットは5つのパーツからできていますが、練習後に「抜けなくなった!」という経験はあ…

2020年12月10日 690PV
関連記事

レジェールリードとは? レジェールリードとは? レジェールリードとは?

レジェールリード 2000年頃から市場に出回り始めたレジェールリード。 発売当初は、樹脂でいい音が鳴るわけがない、という意見が多くありましたが、技術は向上し、完成度は年々高くなってきています。 今回はそんなレジェールリードについてご紹介します。 レジェールリードってなに? 演奏する環境や湿度、割れや破損といった、コンディションによって演奏が左右… レジェールリード 2000年頃から市場に出回り始めたレジェールリード。 発売当初は、…

2016年09月16日 15,865PV

クラリネットの吹き心地と音色はセッティング次第 クラリネットの吹き心地と音色はセッティン… クラリネットの吹き心地と音色はセッティング次第

先週木曜日は、レッスン回数の都合でお休みだったので、2週間ぶりのレッスンです。 まずロングトーンをしてもらいましたが、音は鳴っているものの、なんだか苦しそうに吹かれています。 リードを見分けましょう クラリネットのリードは大きく3つに分けられます。 音の鳴りが良く吹きやすいもの 鳴りにくくて息が入らず苦しいもの ちゃんと鳴るけど、やたら息… 先週木曜日は、レッスン回数の都合でお休みだったので、2週間ぶりのレッスンです。 まずロ…

2016年09月22日 6,676PV

少し吹きにくいリードで練習したい時の注意点 少し吹きにくいリードで練習したい時の注意… 少し吹きにくいリードで練習したい時の注意点

アンサンブルに参加されている生徒さんのレッスンでした。 「リード替えたんです~」とおっしゃっていたので、ロングトーンの前に少し音出ししていただくと、なんだか少し吹きにくそう。 「そのリード、吹きにくくないですか?」とお聞きしたところ、「少し吹きにくいですけど、でも簡単に鳴るリードばかり吹いていては駄目ですよね?」とのお返事。 これ、実は難しいところ… アンサンブルに参加されている生徒さんのレッスンでした。 「リード替えたんです~」とおっ…

2017年01月20日 4,713PV

緊急事態!クラリネットのバネが折れた時の応急処置 緊急事態!クラリネットのバネが折れた時の… 緊急事態!クラリネットのバネが折れた時の応急処置

連休ど真ん中の先日、クラリネットを始めたばかりの生徒さんに、組み立て方をお伝えしようとケースから自分の楽器の上管を出したところ、なんだか違和感… 「ん?なんだこれ。キーが曲がった??」 そんな手荒なことはしていないし、長年演奏してきて、今さらキーを曲げてしまうような迂闊なことはしないはず。 この違和感は一体…!? キー… 連休ど真ん中の先日、クラリネットを始めたばかりの生徒さんに、組み立て方をお伝えしようとケ…

2019年01月15日 3,733PV

年に一度はクラリネットをメンテナンスに出そう 年に一度はクラリネットをメンテナンスに出… 年に一度はクラリネットをメンテナンスに出そう

今日は楽器をメンテナンスに出されていた生徒さんのレッスンでした。 この生徒さんは、定期的に出されていて、楽器のコンディションには気を配られている方なのですが、うっかり前回から1年以上経ってしまったので、レッスンの隙を見てメンテナンスに出すことにしました。 クラリネット講師という職業をしていると、個人でクラリネットを楽しまれている方を含め、メンテナンス… 今日は楽器をメンテナンスに出されていた生徒さんのレッスンでした。 この生徒さんは、定期…

2016年10月24日 3,384PV

クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因

すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の体調も、クラリネットやリードの調子も、良い状態を維持できるように過ごしていきましょう。 日々レッスンをしていると、「急に音が出なくなってしまう」という状況に遭遇することがあります。 「さっきまで出てたのに…!」と思うと、焦ってしまいますが、意外と単純… すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の…

2020年10月09日 2,073PV

クラリネットリードの寿命はいつ? クラリネットリードの寿命はいつ? クラリネットリードの寿命はいつ?

主なクラリネットのリードは、葦(あし)という植物でできていますので、劣化に伴う寿命があります。 それはよく聞く話ですが、ではクラリネットリードの寿命っていつで、どうやって見極めたらいいのでしょうか。 リードの寿命はいつ? 一般的に、葦でできたクラリネットリード(ケーンリード)の寿命は「1枚あたり約1ヶ月」と言われています。ですので、例えば3枚でロー… 主なクラリネットのリードは、葦(あし)という植物でできていますので、劣化に伴う寿命があり…

2020年10月19日 1,336PV

クラリネットのマウスピースとリードの相性 クラリネットのマウスピースとリードの相性 クラリネットのマウスピースとリードの相性

クラリネットを演奏するのに、不可欠なマウスピースとリード。この2つに、相性があるというのは意識したことがありますか。 奏者本人が吹きやすいのがもちろん一番大切なのですが、「リードっていろいろ種類があって、結局どれが合うのかわからない…」という方も多いと思いますので、ぜひ参考になさって下さい。 マウスピースの型番を知ろう マウスピー… クラリネットを演奏するのに、不可欠なマウスピースとリード。この2つに、相性があるというの…

2021年02月20日 147PV

記事検索
Search Articles

記事検索
Search Articles

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

お知らせ

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネット喉を開ける方法 クラリネット喉を開ける方法 クラリネット喉を開ける方法

「クラリネットを一生懸命吹いていると、喉が閉まって(締まって)しまう」というのは、東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんからも、よく聞く話です。 喉が閉まれば、他にも良くない影響が出てきてしまいますので、原因と解決方法を知って、喉を自然に開けてクラリネットを演奏できるようにしていきましょう。 なぜ喉が閉まる(締まる)のか 喉を開けるた… 「クラリネットを一生懸命吹いていると、喉が閉まって(締まって)しまう」というのは、東京ク…

2021年02月23日 55PV

クラリネットのアンブシュアを疲れづらくする方法 クラリネットのアンブシュアを疲れづらくす… クラリネットのアンブシュアを疲れづらくする方法

クラリネット吹きと、「口が疲れて、アンブシュア(くわえ方)が崩れてしまう」というお悩みは、切っても切れないものだと思います。 東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんからも、よくご相談を受けますが、この「口の疲れ」の主な原因は2つ。 今回、口が疲れてしまう理由をきちんと知って、疲れづらいアンブシュアを維持できるようにしていきましょう。 … クラリネット吹きと、「口が疲れて、アンブシュア(くわえ方)が崩れてしまう」というお悩みは…

2021年01月19日 295PV

短い練習時間で上達できるクラリネットの練習方法 短い練習時間で上達できるクラリネットの練… 短い練習時間で上達できるクラリネットの練習方法

東京クラリネット教室の生徒さんには、部活で吹かれている方・楽団に入って演奏されている方もいらっしゃいますし、発表会などを目標に個人で練習されたり、教室のアンサンブルに参加されている方もいます。 どの方も共通して言えるのは、他の生活の合間を縫って、クラリネットを演奏されている、ということ。「許されるなら、ずーっとクラリネットを吹いていたい!」という方ばか… 東京クラリネット教室の生徒さんには、部活で吹かれている方・楽団に入って演奏されている方も…

2020年12月18日 448PV

クラリネット難しい?初心者に必要な2つの基礎 クラリネット難しい?初心者に必要な2つの… クラリネット難しい?初心者に必要な2つの基礎

東京クラリネット教室には、全くの未経験からクラリネットを始められた方もたくさんいらっしゃるのですが、「クラリネットなんてやったことがないけれど、興味があるから習ってみたいな」と思われた多くの方は、「でも、本当に自分も音が出せて、吹けるようになるんだろうか…」という点がやはり不安で、最初の一歩を躊躇してしまうのではないでしょうか。 そこで、… 東京クラリネット教室には、全くの未経験からクラリネットを始められた方もたくさんいらっしゃ…

2020年11月19日 564PV

クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因 クラリネット急に音が出なくなる原因

すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の体調も、クラリネットやリードの調子も、良い状態を維持できるように過ごしていきましょう。 日々レッスンをしていると、「急に音が出なくなってしまう」という状況に遭遇することがあります。 「さっきまで出てたのに…!」と思うと、焦ってしまいますが、意外と単純… すっかり秋ですね。 急に寒くなりましたし、雨が続くこともあったりして大変ですが、自身の…

2020年10月09日 2,073PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

本番に向け真剣にアンサンブルする上級者アンサンブルメンバー
上級者アンサンブル

アンサンブルでの不安感をなくすために大切なこと アンサンブルでの不安感をなくすために大切… アンサンブルでの不安感をなくすために大切なこと

本日は午前中の中級者アンサンブルに引き続き、午後には上級者アンサンブルも行われました。いよいよ発表会前最後の合わせです。 今月も、B♭クラリネット4名・バスクラリネット1名で、発表会での演奏曲、A.リード作曲『アルメニアンダンス・パート1』をしっかり仕上げていきましょう。 最後の仕上げ前に現状の確認 東京クラリネット教室のアンサンブルクラスは、準備… 本日は午前中の中級者アンサンブルに引き続き、午後には上級者アンサンブルも行われました。い…

2021年01月09日 188PV

本番に向け真剣にアンサンブルする中級者アンサンブルメンバー
中級者アンサンブル

曲の中で正しく和音を響かせるためには 曲の中で正しく和音を響かせるためには 曲の中で正しく和音を響かせるためには

2021年1月9日、今年1回目の中級者アンサンブルが開催されました。 今日の参加者は、発表会参加予定のB♭クラリネット6名(内1名はE♭クラリネット兼任)と講師のバスクラリネットの計7名です。 いよいよ発表会目前。良いイメージのまま本番に臨めるように、今日も丁寧に練習していきましょう。 演奏曲目 さくらのうた~FIVE 魔女の宅急便メドレー… 2021年1月9日、今年1回目の中級者アンサンブルが開催されました。 今日の参加者は、…

2021年01月09日 217PV

本番に向け真剣にアンサンブルする初級者アンサンブルメンバー
初級者アンサンブル

本番は「良い緊張」をしよう 本番は「良い緊張」をしよう 本番は「良い緊張」をしよう

2021年1月4日、今年1回目の初級者アンサンブルが行われました。 いつもは月末開催のアンサンブルですが、年明け早々にやることになったのは、来週発表会を控えているから。世間の情勢的には、普通に発表会ができるものかやや不安ではありますが、来週のこの時間に清々しい気分でいるために、あと少し頑張りましょう。 今日も、B♭クラリネット4名での演奏です。 演… 2021年1月4日、今年1回目の初級者アンサンブルが行われました。 いつもは月末開催の…

2021年01月04日 280PV

ギターとの演奏を楽しむバンドアンサンブルメンバー
バンドアンサンブル

自分のテンポのくせを知って安定した演奏を目指そう 自分のテンポのくせを知って安定した演奏を… 自分のテンポのくせを知って安定した演奏を目指そう

2020年12月24日、第51回目のバンドアンサンブルが開催されました。こちらのクラスも今年最後の演奏となり、2020年のアンサンブルは全て終了です。 実は、残念ながら1月の発表会後からは全部のアンサンブルクラスを一旦休止することになりましたので、発表会には参加しないこのバンドアンサンブルは、今日を最後に春頃まではお休みとなります。 とても残念ですが… 2020年12月24日、第51回目のバンドアンサンブルが開催されました。こちらのクラスも…

2020年12月24日 269PV

通し練習で礼をする初級者アンサンブルメンバー
初級者アンサンブル

録音を活用してどんどん修正していこう 録音を活用してどんどん修正していこう 録音を活用してどんどん修正していこう

2020年12月21日、今年8回目の初級者アンサンブルが行われました。こちらのクラスも年内最後となります。 今回も、発表会参加予定の方々が全員ご参加下さったので、B♭クラリネット4名でのアンサンブルです。 今日も本番に向け、演奏と共に立ち居振る舞いにも慣れていきましょう。 演奏曲目 星に願いを 小さな世界 演奏以外の準備をしておこう … 2020年12月21日、今年8回目の初級者アンサンブルが行われました。こちらのクラスも年…

2020年12月21日 279PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

クラリネットのマウスピースとリードの相性 クラリネットのマウスピースとリードの相性 クラリネットのマウスピースとリードの相性

クラリネットを演奏するのに、不可欠なマウスピースとリード。この2つに、相性があるというのは意識したことがありますか。 奏者本人が吹きやすいのがもちろん一番大切なのですが、「リードっていろいろ種類があって、結局どれが合うのかわからない…」という方も多いと思いますので、ぜひ参考になさって下さい。 マウスピースの型番を知ろう マウスピー… クラリネットを演奏するのに、不可欠なマウスピースとリード。この2つに、相性があるというの…

2021年02月20日 147PV

車は楽器練習ができる最高の防音室 車は楽器練習ができる最高の防音室 車は楽器練習ができる最高の防音室

クラリネットは、思っているより音が通るので、練習場所には頭を悩ませている方が多いと思います。 実は、自動車というのは、とても身近な防音室であることには、気づいていましたか? 今回は、車が練習場所に向いている理由を、お伝えしていきましょう。 考えられるクラリネットの練習場所 クラリネットが練習できる場所、と考えて、思い浮かぶのは 音楽用スタジ… クラリネットは、思っているより音が通るので、練習場所には頭を悩ませている方が多いと思いま…

2021年02月16日 105PV

クラリネットを公園で演奏する大きなメリット クラリネットを公園で演奏する大きなメリッ… クラリネットを公園で演奏する大きなメリット

クラリネット上達のためには、当然練習が不可欠です。しかし、「家では吹けないんだよー」という方が多いのが実情ですよね。 東京クラリネット教室の体験レッスンにいらした方にも、よく「通われている皆さんはどこで練習されてるんですか?」と質問されます。 併せて、「公園などで吹いてもいいのでしょうか?」と聞かれることも多いので、今回は特にその部分に注目して、練習 クラリネット上達のためには、当然練習が不可欠です。しかし、「家では吹けないんだよー」とい…

2021年02月05日 186PV

クラリネットのチューニング方法 クラリネットのチューニング方法 クラリネットのチューニング方法

ピアノ伴奏とのソロ演奏やアンサンブル、吹奏楽やオーケストラなど、クラリネットの活躍の場はたくさんあります。 それらに共通しているのは「誰かと合わせること」。 合わせる際に大切なことの一つ『チューニング』について、よくわからなかったり、なんとなくになっている部分はありませんか? 今回はその『チューニング』についてご説明していきますので、しっかり知って… ピアノ伴奏とのソロ演奏やアンサンブル、吹奏楽やオーケストラなど、クラリネットの活躍の場は…

2021年01月31日 231PV

クラリネットが抜けない時の対処方法 クラリネットが抜けない時の対処方法 クラリネットが抜けない時の対処方法

クラリネットは5つのパーツからできていますが、練習後に「抜けなくなった!」という経験はありませんか。 「きちんとグリスも塗ってるのに、なんで…」と思われるかもしれませんが、抜けない原因は、実はそこではありません。 クラリネットのパーツ同士が抜けなくなってしまう理由と、対処方法を正しく知って、今後焦らなくて済むようにしておきましょう。 … クラリネットは5つのパーツからできていますが、練習後に「抜けなくなった!」という経験はあ…

2020年12月10日 690PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

東京クラリネット教室第6回発表会 東京クラリネット教室第6回発表会 東京クラリネット教室第6回発表会

2021年1月11日、東京クラリネット教室第6回発表会が行われました。 本来であれば、昨年6月に行う予定だった6回目の発表会ですが、出演者・お客様ともに安心していただける状況を作り出すために思案し、延期しての開催となりました。 カフェタイムを楽しみにして下さっている方も多い、東京クラリネット教室の発表会ですが、今はみんなでわいわい飲食ができる状況では… 2021年1月11日、東京クラリネット教室第6回発表会が行われました。 本来であれば、…

2021年01月11日 302PV

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 1,435PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 1,170PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 1,493PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 1,340PV