クラリネットリードの育て方

2016年11月19日 47,605PV
当たりのリードに優しく接するリス

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。

リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。

クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。

まずは全リードを開封

開封されたたくさんの新品リード

まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリードを一気に開封します。

良いリードが入っていますように!

祈りながら迷わずザクザク開けていきましょう。

この状態で1日から数日間空気にさらします。

バンドーレンのクラリネットリードを使用する場合、フランスで封をされたリードを開けたその時から、現地の湿度と日本の湿度の違いで、徐々に水分を吸収し始めます。

ヨーロッパや北海道といった湿度の低い地域では、多少かける時間が異なりますが、手順はだいたい同じです。

第1回目:リードに水分を含ませる

まずはリードに水分を含ませるため、1枚ずつクラリネットにつけて、順番に軽く吹いていきましょう。

吹く時間は1枚数分でOK。

お気に入りのフレーズでも、スケールでもサラッと吹いて、リードを確認していきましょう。

この段階で重要なのは、「聞こえ方」より「吹き心地」です。

現段階では絞り込むことが目的ではないので、今つけているそのリードがあなたにとって

  • 吹き心地が良く使えそうなリード
  • 吹き心地が悪く使えそうにないリード

これくらいざっくりとでいいので分けていきましょう。

初心者の場合、最初は個体差があることにも気づきにくいので、自分の呼吸量との兼ね合いをみながら、「息が入りやすいかどうか」を意識しながら絞り込んでみてください。

1枚では違いがわからなくても、例えば10枚あれば、必ず違いは見つけられるので、しっかりと意識して取り組んでみてくださいね。

1枚吹いたら、水分をきちんと拭き取ってリードケースへと戻し、後でわかりやすいように

  • 吹き心地が良く使えそうなリードには○
  • 吹き心地が悪く使えそうにないリードには×

と印を付けておきましょう。

全リードを一度寝かせて放置する

箱に入っているリードを全てざっと吹いて、一度水分を含ませたら、その状態で時間を置き、リードに水分を浸透させていきます。

余分な水分は拭き取ってからリードケースに入れ、箱へと戻して数日間(最低1日以上)置きましょう。

そもそもどうしてリードを寝かせるの?

リードを育てるために、なぜ数日間も寝かせるのでしょう?

それは、先ほどの手順で仕分けしてから、時間を置いたことで、リードの質が変化する可能性があるからなのです。

数日後、吹き心地が良いと思ったリードも、状態が変わっている場合もあります。

水分を含ませてから空気にさらしたことで、リードの繊維が柔らかくなるためです。

第2回目:リードの状態を確認し、絞り込んでいこう

水分を含ませてから数日間寝かせ、開封直後とは状態が変わったリード達を、チェックしていきましょう。

一度吹くことで水分を含んだリードは、大きく分けて3つの状態へと変化しますので、○をつけたものを、もう一度吹いて絞り込んでいきます。

今回も、お気に入りのフレーズやスケールをサラッと吹いて確認してみましょう。

使えそうなリード

純粋に吹き心地が良いものが該当します。

この吹き心地というものに、ルールはありません。

「あなたが吹きやすい」と感じるものを選んで大丈夫です。

初心者の方でも、複数枚吹いていけば、吹きやすい、吹きづらい、といったリードの違いがわかるかと思います。

リードケースに書いた○を、◎にしておくと良いでしょう。

使えそうにないリード

数日経ち、中には使い物にならない、と感じるリードへと変化しているものが含まれていることがあります。

こういったリードが、良いリードになる可能性はないので、育てる必要はありません。

こちらも後でわかりやすいように、リードケースなどに×と印をつけておきましょう。

鳴りすぎるリード

水分を含み、音が鳴りすぎる状態になっていることがあります。

これは、こちらの息の量に耐えられない、コシがない状態となって、鳴りすぎてしまうリードを言います。

ここで一つ注意しなければならない事があります。

それは、この鳴りすぎるリードの中には、限りなく使えるリードに近い「使えるかもしれないリード」も含まれているということです。

なんか惜しいな…

といった感覚が残ると思います。

こういったリードは、練習用としては十分使えるリードの可能性があるので、これも分けておきましょう。

リードケースには△印を追加しておくといいでしょう。

使えそうなリードを絞り込もう

先ほど分けた「使えないリード」は避けておき、「使えそうなリード」を1枚ずつ吹いていきましょう。

第1回目での目的は「吹き心地」でしたが、今回の目的は「いいリードを選ぶ」ことです。

ざっくりと「吹き心地」だけではなく、「聞こえ方」なども意識して、しっかりと使えるリードを選定していきましょう。

注意する項目は以下の通りです。

  • タンギングがしやすいか
  • スタッカートがうまく発音できるか
  • 高音はしっかり鳴るか

といった事にフォーカスしてみてください。

高音については、人によって出せる音域が異なると思いますので、自分がクラリネットで出せる一番高い音で、鳴りを確認してください。

慣れてきたら自分の好みやこだわりを基準に、チェック項目を増やしていくといいでしょう。

良い音だけど、なんか変……

気をつけたいのは、とても良い音が鳴るけれど、「息をもっていかれる」というリード。

良い音が鳴るだけに、つい気になってしまいますが、吹いていて苦しいリードを無理して吹くのは、良い演奏にはつながりません。

ここは絶対に頑張ってはいけないところ。

この手のリードは、鳴りすぎてしまって練習用に避けておいたものよりも、使用しにくい場合もあります。

この時点でしっかり分けてしまいましょう。

良いリードの特徴とは

良いリードというのは、なんといってもバランスがよく取れていて、

  • 息が入りやすい(吹きやすい)
  • 音がどの音域もまんべんなく鳴る
  • 音質が良い
  • 程よい抵抗がある

といった特徴があります。

息が入りやすいリード(吹きやすい)

入れた息の量が、素直にそのまま全て音になるようなイメージです。

吹きやすいリードは、クラリネットのパフォーマンスを最大限引き出してくれます。

音がどの音域もまんべんなく鳴るリード

低音から高音まで、鳴りにくい音がなく、全音域が綺麗に鳴ります。

レジスターキィを使った音域に上がっても、吹き心地が変わることなく、全ての音がバランス良く鳴る状態です。

音域ではなく、ある音が鳴りづらい場合、これはクラリネット本体に問題がある可能性があるので、メンテナンスを依頼しましょう。

初めてクラリネットをメンテナンスに出し、音色が大きく変わってビックリしている生徒をよくみかけます。

定期的なメンテナンスを心がけるのはとても重要なことです。

クラリネット奏者として、しっかり意識しましょう。

音質が良いリード

リードは一枚一枚で音質が変わってきます。音がビャービャーせず、まとまった音が出るイメージです。

経験が浅く、まだ判断がつかない場合は、自分の好みの音を探すことを意識すると、徐々にこだわりが持てるようになってきます。

ビャービャーした音が好み!なのは構いませんが、アンサンブルになると、あの人一人でビャービャーしてるね、という事になりかねないので、調和を意識することは重要です。

周りの音をちゃんと聴いて、一定の音色の中で、あなた好みの音を探していきましょう。

程よい抵抗があるリード

「吹きやすいのに抵抗がある」

慣れないうちは理解に苦しむかもしれません。

しかしたくさん経験していくことで、自分なりのいいリードの選び方が見つかっていくものです。

クラリネットリードには「自分にとって程よい抵抗」があり、「自分にとって吹きやすいリード」がある、という感覚を手に入れると、いいリードを選ぶ時、ささっとリードを絞り込む技術が身についていきます。

第3回目:使えるリードに育てていこう

気に入ったリードが見つかったからと言って、そのリードばかり吹いていてはいけません。

もちろん吹く頻度にもよりますが、リードの寿命は一般的に「1枚1ヶ月」と言われています。

箱を開け、選んでまもないリードを吹き続ければ、もっと短くなってしまう可能性があります。

それを避けるためには、良いと思ったリードを「安定した状態で」複数枚持ち、ローテーションさせるのが一番いい方法でしょう。

そのためにも、「リードを育てる」ことが必要となります。

「育てる」と言っても、特別難しいことをするわけではありません。

2回目の絞り込みで見つけた自分にとって吹きやすいリードを、できるだけ毎日、30分くらいずつ吹いて、状態を落ち着かせていきます。

それ以外の時間は、今まで吹いていたリードで練習しましょう。

この、少しずつ慣らしていくことを「育てる」と言います。

数日間、同じように繰り返したら、新しいリードも、以前からのリードと同じように吹いて大丈夫です。

「今日はこのリード」「明日はこちら」というようにローテーションさせるのもいいですし、練習を始める前に一通り吹いて、その日一番吹きやすいリードで吹くのもいいでしょう。

その場合は、毎回同じリードにならないようにだけ、気をつけて下さい。

できれば、練習が数時間に及ぶ時は、途中でリードを替えると、より長持ちします。

せっかく見つかった良いリードが、少しでも長く、いい状態で吹けるように、常に気を配り続けましょう。

リード育成マスターへの道

クラリネット未経験者・初心者は「自分の基準」がないため、いいリードを選定し、育てることは難しいかと思います。

自分の基準がない段階では

  • 吹きやすい
  • 吹きにくい

この2つだけは忘れずに、リードを選んでみてください。

上達していくにつれ、タンギングしやすく、うまく音が切れる等、自分の演奏基準を持てるようになります。

たくさん練習しているうちに、音色が理解できるようになり、いずれ自分に合った「リードの心地良い抵抗」を見つけられるようになります。

慣れない時は、あれこれ迷って時間がかかってしまうものですが、経験を積み、微妙なリードも容赦なくビシビシと選定していけると、時間も有効に使えるようになってきます。

自分なりのこだわりをもって、良いリードを育ててくださいね。

みんなが読んでる人気記事

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? … 「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レ…

2016年03月10日 59,314PV

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法 クラリネットリードの選び方とメンテナンス… クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当てて「あ~~」と声を出した時に、ビリビリと震える感覚があると思います。 声帯という筋肉が振動している間を空気が通って声となって出てくるのですが、クラリネットではリードが声帯に当たります。 要は、リードはクラリネットの声(音色)を決める重要なもの。 しかし、初心者の… リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当て…

2016年03月28日 53,548PV

クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。 クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。 まずは全リードを開封 まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリード クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選…

2016年11月19日 47,606PV
リード

クラリネットリードの正しいつけ方 クラリネットリードの正しいつけ方 クラリネットリードの正しいつけ方

クラリネットを吹くにあたり、まず大切なことは「正しく楽器を組み立てること」「正しくリードをつけること」です。 以前、クラリネットの正しい組み立て方については、こちらのブログに書きました。 クラリネットの正しい組み立て方 今回は、わかっていそうで、意外とわかっていない『クラリネットリードの正しいつけ方』について、確認していきましょう。 リードをつけ… クラリネットを吹くにあたり、まず大切なことは「正しく楽器を組み立てること」「正しくリード…

2018年04月09日 15,574PV

クラリネットリードのつけ方の手順とコツ クラリネットリードのつけ方の手順とコツ クラリネットリードのつけ方の手順とコツ

前回は、クラリネットのリードをつける際に、注意すべきことをお伝えしました。 クラリネットリードの正しいつけ方 今回は、「注意点はわかってるけど、リードが思い通りにならないっ!」とお悩み中の方々のために、リードをつける際の手順の一例をご説明します。 リードケースからのリードの出し入れ つけ方をご説明する前に、まず一点。 リードは、欠けてしまうと使… 前回は、クラリネットのリードをつける際に、注意すべきことをお伝えしました。 クラリネッ…

2018年04月19日 5,958PV

クラリネットのリードを効率よく選ぶ方法 クラリネットのリードを効率よく選ぶ方法 クラリネットのリードを効率よく選ぶ方法

クラリネットをより良く演奏するには、リード選びが不可欠です。 自分に合ったリードがなければ、本来のパフォーマンスを発揮することはできません。 しかし、新しく開けたリードは、何度も吹いて絞り込んでいかないといけないですし、試す枚数も多いので、「まとまった時間を取るのが大変で、ついつい先送り…」という方が多いのではないでしょうか。 東京ク… クラリネットをより良く演奏するには、リード選びが不可欠です。 自分に合ったリードがなけ…

2019年04月18日 1,685PV

失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方

クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよくわかってなかったり、今さら聞けないこともありませんか?今回は、リードを選ぶ際に注意すべき点について、改めて考えてみましょう。 リードに書いてある数字の意味 まずは、リードリードの箱に書いてある「2と1/2」「3」などの数字についてです。 これを「リードの厚さ… クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよ…

2020年07月28日 198PV
関連記事

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知… 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょこちょこと拍子が変わったり、見慣れない拍子(変拍子)が出てくることがあります。 「4分の〇拍子」だと、そこまで数え方が難しくないと思いますが、それに比べて「8分の〇拍子」って、頻出するわりにわかりにくい…と思っ… ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹…

2020年03月28日 6,926PV

ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~ ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~ ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~

何年か前に、ドイツのクラリネット工房を見学させてもらう機会がありました。 意外と目にするチャンスがない、楽器工房。今回は、そのことについて綴ろうと思います。 ミュンヘン経由でバンベルクへ! 伺ったのは、バンベルクにあるシュヴェンク&セゲルケ。 ドイツには、物作りをするための資格「マイスター制度」というのがあります。 手工業で独立開業するため… 何年か前に、ドイツのクラリネット工房を見学させてもらう機会がありました。 意外と目にす…

2018年02月09日 3,494PV

クラリネットの運指を覚える鍵は『異名同音』 クラリネットの運指を覚える鍵は『異名同音… クラリネットの運指を覚える鍵は『異名同音』

今日も初心者の方のレッスンでした。一週間って、あっという間ですね。 前回やったことをまず思い出そう とは言え、楽器をお持ちでないので、レッスンは組み立て方を思い出すところから。 5回目ともなると、一瞬迷ったとしても、パッと組み立てられるようになってきました。 リードもささっとつけられましたが、前回、リードをケースから出し入れする時のやり方が間違っ… 今日も初心者の方のレッスンでした。一週間って、あっという間ですね。 前回やったことをま…

2016年11月28日 2,611PV

拍子を正しく知ってリズムを掴もう 拍子を正しく知ってリズムを掴もう 拍子を正しく知ってリズムを掴もう

読譜は得意ですか? 東京クラリネット教室に通われている生徒さんも「新しい曲は、慣れるまでが大変」とおっしゃっている方が、たくさんいらっしゃいます。 新しい楽譜をすらすら吹くためには、「音」が読み取れることと、「リズム」が読み取れることが必要です。 今回は、「リズム」に焦点を当てて、苦手克服を目指しましょう。 拍子の読み方を知ろう まず、楽譜を読… 読譜は得意ですか? 東京クラリネット教室に通われている生徒さんも「新しい曲は、慣れるま…

2020年01月15日 977PV

「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう 「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう 「吹く」こと以外の音楽的基礎力を上げよう

いよいよ、4月も終わりに近づいてきました。残念ながら、自由に遊びに行くことはできませんが、可能な限り太陽の光をしっかり浴びて、心身ともに健康を保っていきましょう。 さて、前回お話したように、東京クラリネット教室では、既存の生徒さん向けのオンラインレッスンを開始し、おかげさまで好評を博しております。 ただ、今まで教室の備品を使ってレッスンを受けていたた… いよいよ、4月も終わりに近づいてきました。残念ながら、自由に遊びに行くことはできませんが…

2020年04月27日 799PV

真剣にアンサンブルする生徒達
初級者アンサンブル

アンサンブルの基礎知識を知っておこう アンサンブルの基礎知識を知っておこう アンサンブルの基礎知識を知っておこう

2019年2月25日、今年2回目の合奏未経験者向けアンサンブルが行われました。 いつもご参加いただいている方が、どうしてもご都合がつかず、開催が危ぶまれた今回でしたが、「アンサンブルに興味はあったけど、参加はまだまだ先のつもりでした」という生徒さんに『体験』という形でお越しいただいて、無事に今月のアンサンブルも行うことができました。 レッスンでの二重… 2019年2月25日、今年2回目の合奏未経験者向けアンサンブルが行われました。 いつも…

2019年02月25日 755PV

クラリネットアンサンブルをする生徒達
上級者アンサンブル

自分に合った譜読み方法をきちんと知っておこう 自分に合った譜読み方法をきちんと知ってお… 自分に合った譜読み方法をきちんと知っておこう

本日は、新年最初の合奏経験者向けアンサンブルでした。 始まる時に「発表会お疲れ様でした」と挨拶すると、「あー、そうでしたねー!」との反応。1ヵ月前が、なんだか遠く感じます。 そして、受験のために少しだけお休みしていた中学生が、無事に高校に合格したそうで、今日からまた参加してくれることになりました。 一足早い春の便りですね。 みんなで「おめでとう!… 本日は、新年最初の合奏経験者向けアンサンブルでした。 始まる時に「発表会お疲れ様でした…

2019年01月27日 718PV

楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方 楽器がなくてもできる基礎力の身につけ方

早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることもできないので、せっかくの春を満喫できなくて残念ですね。 東京クラリネット教室では、以前からの生徒さん向けに、先週から急遽オンラインでのレッスンを開始しました。直接お会いしてレッスンできないのは寂しいですが、同じ時間を共有できる、というのは、今の時期大切だなとしみじみ… 早いもので、4月ももう下旬。今は思うように外に出られないですし、友達に会ったりすることも…

2020年04月20日 702PV

音符と休符の捉え方を変えて吹けるリズムを増やそう 音符と休符の捉え方を変えて吹けるリズムを… 音符と休符の捉え方を変えて吹けるリズムを増やそう

気づけば6月。4月・5月と、好きに外出できない生活が続いていたせいか、ワープしたような、なんだか不思議な感覚がありますね。 6月に入り、オンラインレッスンと併せて、スタジオレッスンも再開しました。直接生徒さんの顔を拝見できるのは、やはりほっとします。 ただ、まだまだ不安な方もいらっしゃると思いますし、「今日は、なんだか外には行きたくない気分&hell… 気づけば6月。4月・5月と、好きに外出できない生活が続いていたせいか、ワープしたような、…

2020年06月07日 417PV

記事検索
Search Articles

記事検索
Search Articles

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

お知らせ

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネットから出てくる水の正体と処置の仕方 クラリネットから出てくる水の正体と処置の… クラリネットから出てくる水の正体と処置の仕方

8月に入って梅雨が明けた途端、いきなり暑いですね。 人にとって過酷な環境というのは、クラリネットにとっても良くない環境ということ。ケースに入れていれば大丈夫、ということはなく、普段の保管状態も大切ですので、すごく暑い部屋に置いておいたりすることは、くれぐれも避けましょう。 また、冬もそうですが、夏場のクーラーがついている時にも気になるのが、演奏中にク… 8月に入って梅雨が明けた途端、いきなり暑いですね。 人にとって過酷な環境というのは、ク…

2020年08月04日 151PV

音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろう 音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろ… 音が詰まった感じがする理由と解決法を知ろう

いよいよ7月も終わり。東京は、梅雨が明けないまま8月に突入ですね。 雨は嫌だなぁと思いつつ、かと言って梅雨が明けたら真夏。暑さも嫌だわ…と、身勝手なことを考える日々です。 練習時、エアコンが直接当たるところに、ちょっと楽器を置いて休憩…なんてことをしてしまうと、楽器の割れに繋がりますので、「割れは冬のもの」というイメージを… いよいよ7月も終わり。東京は、梅雨が明けないまま8月に突入ですね。 雨は嫌だなぁと思い…

2020年07月31日 192PV

クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対処法 クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対… クラリネット演奏で雑音がする時の原因と対処法

7月だと言うのに肌寒い日が続いていたかと思えば、急に夏の暑さがやってきたり、なんだか落ち着きませんね。さらに、例年より雨も多い気がしますので、体調管理・楽器やリードの管理をしっかり行いましょう。 ここのところ制限がある日々で、しばらく楽器を調整に出すことができなかった方も多いと思います。私も、前回出してからあっという間に7ヶ月が過ぎてしまいました。 … 7月だと言うのに肌寒い日が続いていたかと思えば、急に夏の暑さがやってきたり、なんだか落ち…

2020年07月20日 222PV

クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう クラリネットのタンギングの仕組みを知ろう

7月になって、あっという間に上旬も終わり。今年は、雨が多い梅雨ですね。 楽器の管理・リードの管理を適切に行って、良い状態を維持するようにしましょう。湿度の高いところに、放置したりしては駄目ですよ。 また、エアコンをつける季節になってきましたので、吹き出した風がクラリネットに直接当たらないように気を配ることも大切。 楽器の割れは、冬だけのものではない… 7月になって、あっという間に上旬も終わり。今年は、雨が多い梅雨ですね。 楽器の管理・リ…

2020年07月10日 287PV

クラリネットで響きのある高音を出すためには クラリネットで響きのある高音を出すために… クラリネットで響きのある高音を出すためには

あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行して、今月からスタジオレッスンを再開しましたが、早1ヶ月が経とうとしています。 オンラインレッスンも、想像以上に違和感がなく、受講いただいた生徒さんには好評でしたが、とは言え、スタジオやカラオケ店などが閉まっていた期間、おうちで音が出せない方には、レッスンを受けていた… あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行し…

2020年06月30日 378PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

真剣にアンサンブルする生徒達
初級者アンサンブル

統一感のある演奏をするために押さえると良いこと 統一感のある演奏をするために押さえると良… 統一感のある演奏をするために押さえると良いこと

2020年7月27日、今年3回目の初級者アンサンブルが行われました。 他のアンサンブル3クラスもそうですが、今月は無事に開催することができて、本当に良かったです。少しアンサンブルしにくいセッティングになってしまうのは、今は我慢。同じ空間で一緒に演奏できるだけでも、ありがたいですね。 本日は、1名お休みでしたが、以前から体験のお申し込みがあった生徒さん… 2020年7月27日、今年3回目の初級者アンサンブルが行われました。 他のアンサンブル…

2020年07月27日 191PV

真剣にアンサンブルする生徒達
上級者アンサンブル

読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう 読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう 読譜のくせを知って効率の良い練習をしよう

本日は、上級者アンサンブルが開催されました。 こちらのクラスも5ヶ月ぶりとなりましたが、どのクラスもそこまで時間が経ったように感じないのが、不思議なところですね。 今日は、ご都合で1名お休みでしたが、B♭クラリネット4名・バスクラリネット1名の計5名でのアンサンブルになりました。一般の方の体験受付再開については、検討中ですので、しばらくは今までのメン… 本日は、上級者アンサンブルが開催されました。 こちらのクラスも5ヶ月ぶりとなりましたが…

2020年07月26日 193PV

真剣にアンサンブルする生徒達
中級者アンサンブル

8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるようになろう 8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるよう… 8分の6拍子に慣れて上手に演奏できるようになろう

2020年7月25日、今年3回目の中級者アンサンブルが開催されました。 バンドアンサンブル同様、こちらも5ヶ月ぶり。現在は、アンサンブル体験は個人レッスン受講の生徒さんのみを対象に行っておりますが、今日は体験参加の方が1名と以前からの参加者4名、講師のバスクラリネットを合わせて、6名でのアンサンブルです。 久しぶりの中級者アンサンブル、以前やっていた… 2020年7月25日、今年3回目の中級者アンサンブルが開催されました。 バンドアンサン…

2020年07月25日 157PV

楽しそうに演奏するバンドアンサンブルメンバー
バンドアンサンブル

ブランク明けのアンサンブルをより楽しむためにやっておくと良いこと ブランク明けのアンサンブルをより楽しむた… ブランク明けのアンサンブルをより楽しむためにやっておくと良いこと

2020年7月21日、第46回目のバンドアンサンブルが開催されました。 前回アンサンブルより、あっという間に5ヶ月が経ってしまいました。まだまだ、以前と全く同じというわけにはいきませんが、アンサンブルができる環境が戻ってきたことは、ありがたいなと思います。 欠席の方が数名いらしたので、本日の参加者は、B♭クラリネット2名とバスクラリネット(半分以上ピ… 2020年7月21日、第46回目のバンドアンサンブルが開催されました。 前回アンサンブ…

2020年07月21日 293PV

クラリネットアンサンブルに真剣に取り組む生徒達
初級者アンサンブル

回数を重ねるごとにできることを増やすためには 回数を重ねるごとにできることを増やすため… 回数を重ねるごとにできることを増やすためには

2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元々の人数が少ないのもありますが、毎回皆さん揃っていただけるので、前回やったこと・できたことの続きの状態から開始できるのがありがたいですね。 今回も、先月スタートの『小さな世界』を演奏しましょう。 前回アンサンブルの状態を維持しておく 毎回恒例の「全員でロング… 2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元…

2020年02月26日 645PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方 失敗しないリードの選び方

クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよくわかってなかったり、今さら聞けないこともありませんか?今回は、リードを選ぶ際に注意すべき点について、改めて考えてみましょう。 リードに書いてある数字の意味 まずは、リードリードの箱に書いてある「2と1/2」「3」などの数字についてです。 これを「リードの厚さ… クラリネットを演奏するのに、リードは不可欠ですね。 しかし、わかっているようで、実はよ…

2020年07月28日 198PV

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 1,224PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知… 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょこちょこと拍子が変わったり、見慣れない拍子(変拍子)が出てくることがあります。 「4分の〇拍子」だと、そこまで数え方が難しくないと思いますが、それに比べて「8分の〇拍子」って、頻出するわりにわかりにくい…と思っ… ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹…

2020年03月28日 6,926PV

音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る舞いは、自分自身が最高のパフォーマンスをするためにも、試験官に良い印象を与えるという意味でも、とても大切です。 その時になってみないとわからないことも多いのですが、できる限りのイメージトレーニングをしておきましょう。 試験… 音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室すること…

2019年12月19日 1,468PV

音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に就いたり、舞台関係の仕事などでも同じと言えるでしょう。 そしてこの能力は、音楽高校や音楽大学を受験する時点で、大いに必要となります。 音高・音大受験で試験官が見ているのは、専攻楽器の演奏技術の高さのみに留まらず、総合的な音… 音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 …

2019年12月17日 1,068PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 749PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 665PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 829PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 767PV

東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブ 「クラリネットのお友達が欲しい!」という生徒さんの声で始まった、こちらの懇親会。 今回は、昨年の初懇親会よりも、多くの方にご参加いただきました。 幅広い年齢層のたくさんのご参加者 東京クラリネット教室第2回懇親… 2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催され…

2019年10月17日 947PV