クラリネットを定期的に調整に出すことの大切さ

2019年11月28日 945PV

キーが分解されたクラリネット

個人でクラリネットを持っている方は、『修理』ではなく『調整』のために、楽器店や工房に行っていますか?

「楽器は、壊れた時だけ職人さんに見てもらって、直してもらうもの」と思っているのであれば、それは半分正解で、半分不正解です。

壊れていなくても、プロに定期的に楽器の状態を見てもらうことの大切さを、今回はお話したいと思います。

上手に吹けないのは楽器のせいかも

クラリネットを吹いていて、「何か調子が悪いかも…」と思う場合に考えられる原因は、

  • 自分自身
  • リード
  • 楽器

です。

自分の調子やリードの状態に関しては、気にしている方が多いのですが、クラリネット吹きはストイックな方が多いからか「思うようにいかないのは、楽器のせいである」という結論に至る方は、少ないように見えます。

例えば、チューニングの「ド」のすぐ下の「シ」(楽器が最も長い状態)を吹く時に、小指を左手のみにすると出だしが引っかかって立ち上がりに違和感があるけれど、両小指を押さえる、または右手の替え指を使うとすんなり鳴る、という場合は、明らかに楽器のせいです。

それを、自分自身の問題だと思い込み、練習を重ねたところで、無駄な時間を使うことになります。
楽器の状態が良くないのに、自身の技術の向上を図ったところで、根本解決にはならないからです。

では、どうしてそんなことが起きてしまうのでしょうか。

なぜ調整が必要なのか

リペア職人の机と道具類

クラリネットのパッドには、紙やフェルトが使われているものが多いため、湿度や温度で微妙に形が変わってきてしまったり、必要以上の力でキーを押すことを続けた結果、それによって徐々に変形したり、と、「ずっと同じ状態」といかないのが実情です。

そのため、パッドによってピタッとふさがらないといけないホールが、目では見えないくらいの隙間を伴ってしまい、前述のようなことが起こるのです。

また、演奏により、キーに継続的な負荷がかかっているわけですので、特に使用頻度が高いキーに、微妙なぐらつきなど「遊び」と呼ばれるものが発生してしまうこともあります。

そしてこの少しずつのずれは、どんなにクラリネットを丁寧に扱って、どんなにきれいに掃除をしたとしても、避けられるものではありません

ですので、プロの手による、きちんとした調整が必要なのです。

理想は「常に良い状態」

私がここ数年通っているザ・クラリネットショップの職人さんに、以前「歯医者さんと一緒で、悪くなったから通うのではなく、良い状態をずっと維持するために、3~4ヶ月に1回は調整に持ってきて下さいね」と言われたことがあります。

それまで私は、「年に1回調整に出せば良い」と、昔どこかで言われたことを律義に守っていて(もしくはもっと間が空いていたことも…)、そんな頻度で楽器の調整に行っていましたが、ザ・クラリネットショップに楽器を持っていくようになってからは、職人さんに言われたことを、極力守るようにしています。

1年は12ヶ月ですので、最低でも3回は調整に出しているわけですが、やはりプロが言う通り、こまめに調整してもらうことのメリットというのは、大いにあるなと感じます。

具体的には、

  • 楽器の良い状態が維持できる
  • 楽器の不調によるストレスや、余分な練習が減る
  • 年単位で見た時の、調整にかかるコストが下がる

という点が挙げられます。

楽器の良い状態が維持できる

定期的にプロの目と手でチェックをしてもらっているわけですので、良い状態を維持することができます。
3~4ヶ月に1回見てもらえば、余程の扱いをしない限り、ひどい不調に陥ることはないでしょう。

「そんなにしょっちゅう練習してるわけじゃないし…」という方も、先述の通り木管楽器は湿度や温度の影響を受けやすいので、季節の変わり目に調整に持っていくことで、良くない意味での「あれ…こんな吹き心地だっけ…?」を避けられます。

楽器の不調によるストレスや、余分な練習が減る

先程も書いたように、クラリネットの状態が万全でないためにうまく演奏できないのに、それが楽器のせいだと気づけないと、余分な練習時間が必要になります。

しかも、熱心に練習したところで、持っている道具の状態が悪いのであれば、上達は望めませんので、「なんで吹けるようにならないのよ!」と、ストレスに繋がってしまうことが考えられます。

楽器が良い状態であれば、「上手に吹けないのは自分のせいだ」と、諦めがつきますので、練習したらした分上達できますし、すっきりとした気持ちで打ち込めるわけです。

年単位で見た時の、調整にかかるコストが下がる

また、「しょっちゅう調整に持っていったら、お金がかかるじゃん!」と思われるかもしれませんが、悪くなってしまったものを良い状態に戻すのには、やはりそれ相応の手間とコストがかかります。

一方、定期的に持っていけば「前回これくらい手を入れたから、今はこんな状態だろう」と職人さんも予測がつくそうですし、多少のずれが生じていたとしても、さっと直せるそうで、時間もお金もかかりません。

実際、部活で忙しすぎて、1年近く調整に出せなかったという生徒の楽器を、私が自分の楽器と一緒に調整に出しに行った際、彼女の1回分の調整代より、私の1年分の調整代の方が安価だった、ということがあります。

金額も抑えられて、いつでも吹きやすい楽器であれば、言うことなしですよね。

自分のお気に入りの工房・職人さんを見つけよう

2名のクラリネットリペア職人

定期的な調整の大切さがおわかりいただけましたか。

調整して下さる方によって、仕上がりは変わってきますので、自分好みの状態にしてくれる職人さん・工房を見つけられるといいですね。

また、あまり大きな声では言えませんが、「え、なんでそんなにかかるの!?」という見積もりを出すお店もあります。

納得しての支払いならもちろんいいのですが、目の前できちんとどの部分に調整が必要かを説明しながら見積もりをしてくれて、良心的な価格で、質の高い調整・修理をしてくれるところもあります。

自分の大切なクラリネットをお願いするわけですから、しっかりリサーチして、長いお付き合いのできる工房を見つけ出せるといいですね。

そして、継続的・定期的に調整に出すことを、常に心がけましょう。

みんなが読んでる人気記事

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? … 「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レ…

2016年03月10日 56,608PV

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法 クラリネットリードの選び方とメンテナンス… クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当てて「あ~~」と声を出した時に、ビリビリと震える感覚があると思います。 声帯という筋肉が振動している間を空気が通って声となって出てくるのですが、クラリネットではリードが声帯に当たります。 要は、リードはクラリネットの声(音色)を決める重要なもの。 しかし、初心者の… リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当て…

2016年03月28日 51,849PV

クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。 クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。 まずは全リードを開封 まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリード クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選…

2016年11月19日 46,053PV

修理・調整

緊急事態!クラリネットのバネが折れた時の応急処置 緊急事態!クラリネットのバネが折れた時の… 緊急事態!クラリネットのバネが折れた時の応急処置

連休ど真ん中の先日、クラリネットを始めたばかりの生徒さんに、組み立て方をお伝えしようとケースから自分の楽器の上管を出したところ、なんだか違和感… 「ん?なんだこれ。キーが曲がった??」 そんな手荒なことはしていないし、長年演奏してきて、今さらキーを曲げてしまうような迂闊なことはしないはず。 この違和感は一体…!? キー… 連休ど真ん中の先日、クラリネットを始めたばかりの生徒さんに、組み立て方をお伝えしようとケ…

2019年01月15日 2,535PV

ドイツで楽器工房巡り~フルート工房~ ドイツで楽器工房巡り~フルート工房~ ドイツで楽器工房巡り~フルート工房~

今回は、ドイツ・バンベルクのシュヴェンク&セゲルケというクラリネット工房を見学させてもらった数日後に訪れた街、同じくドイツのマルクノイキルヘンでの工房見学について書いていきます。 ひとまず、バンベルクでクラリネット工房は見せてもらったので、次はフルート工房へ! マルクノイキルヘンってどこ?どんな街? マルクノイキルヘンは、チェコとの国境に程近い、小… 今回は、ドイツ・バンベルクのシュヴェンク&セゲルケというクラリネット工房を見学させてもら…

2018年03月15日 2,205PV

年に一度はクラリネットをメンテナンスに出そう 年に一度はクラリネットをメンテナンスに出… 年に一度はクラリネットをメンテナンスに出そう

今日は楽器をメンテナンスに出されていた生徒さんのレッスンでした。 この生徒さんは、定期的に出されていて、楽器のコンディションには気を配られている方なのですが、うっかり前回から1年以上経ってしまったので、レッスンの隙を見てメンテナンスに出すことにしました。 クラリネット講師という職業をしていると、個人でクラリネットを楽しまれている方を含め、メンテナンス… 今日は楽器をメンテナンスに出されていた生徒さんのレッスンでした。 この生徒さんは、定期…

2016年10月24日 2,175PV

メンテナンスで甦るクラリネット本来の吹き心地 メンテナンスで甦るクラリネット本来の吹き… メンテナンスで甦るクラリネット本来の吹き心地

私の生徒の間で、にわかに楽器調整ブームが来ています。 楽器はメンテナンスが必要 ブームというのもおかしな言い方かもしれませんが、以前は私が、時期を見て「そろそろ調整に出しますか?」と声をかけて楽器屋さんに預ける、という形だったのですが、良心的でとても腕のいい職人さんを見つけ、そのお店の話を生徒達にしたところ、「レッスンの合間を見てそのお店に出しに行っ… 私の生徒の間で、にわかに楽器調整ブームが来ています。 楽器はメンテナンスが必要 ブー…

2016年08月04日 1,547PV

楽譜を見ながらクラリネットを吹く初級者アンサンブルの生徒
初級者アンサンブル

楽器は不調になる前に調整へ出そう 楽器は不調になる前に調整へ出そう 楽器は不調になる前に調整へ出そう

2018年1月29日、今年最初の未経験者向けアンサンブルが開催されました。 講師を含めたクラリネット3名でのアンサンブルです。今回は新曲の2曲にフォーカスしてじっくり演奏していきます。 演奏曲目(順不同) くるみ割り人形より 行進曲 別れの曲 タンギングをマスターしよう 「くるみ割り人形」を演奏するのに、必要不可欠なのがタンギングです… 2018年1月29日、今年最初の未経験者向けアンサンブルが開催されました。 講師を含め…

2018年01月30日 1,031PV

関連記事

クラリネットの正しい組み立て方 クラリネットの正しい組み立て方 クラリネットの正しい組み立て方

クラリネットの組み立て方、しっかり理解していますか? クラリネットは楽器の構造上、間違った組み立て方をしてしまうと、大切な楽器を壊してしまうこともあります。 今回は『クラリネットの組み立て』について、順を追って確認していきます。 すっかり慣れてしまっているプレイヤーの方も、初心に戻って基礎を見直してみると、意外と「ついうっかり…」が見… クラリネットの組み立て方、しっかり理解していますか? クラリネットは楽器の構造上、間違…

2017年09月24日 14,318PV

クラリネットの魅力とは クラリネットの魅力とは クラリネットの魅力とは

名前は広く知られているはずなのに、「黒くて長い楽器」という認識止まりの方が意外と多い、クラリネット。 今回はその「知ってそうで知らないクラリネット」を、生徒さんの目線からご紹介していきましょう。 クラリネットの魅力 クラリネットを選んでいただいた理由をぜひお聞きしたいので、未経験の方が体験レッスンにいらした時には「なぜクラリネットを選ばれたのですか… 名前は広く知られているはずなのに、「黒くて長い楽器」という認識止まりの方が意外と多い、ク…

2019年02月23日 3,785PV

ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~ ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~ ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~

何年か前に、ドイツのクラリネット工房を見学させてもらう機会がありました。 意外と目にするチャンスがない、楽器工房。今回は、そのことについて綴ろうと思います。 ミュンヘン経由でバンベルクへ! 伺ったのは、バンベルクにあるシュヴェンク&セゲルケ。 ドイツには、物作りをするための資格「マイスター制度」というのがあります。 手工業で独立開業するため… 何年か前に、ドイツのクラリネット工房を見学させてもらう機会がありました。 意外と目にす…

2018年02月09日 3,247PV

少しずつクラリネットの扱いに慣れていきましょう 少しずつクラリネットの扱いに慣れていきま… 少しずつクラリネットの扱いに慣れていきましょう

日曜日の吉祥寺は、人が本当に多いですね。 特に、駅前のアーケードはかなり賑わっていて、駅からスタジオに行くのも、平日よりも余分に時間がかかってしまう気がします。 組み立ては覚えているかな? 今日は、2週間ぶりの小2の男の子のレッスンでした。 前回は組み立て方を教えたのですが、「覚えてる?」と聞くと「うーん…」との返事。1度やっただけ… 日曜日の吉祥寺は、人が本当に多いですね。 特に、駅前のアーケードはかなり賑わっていて、…

2016年11月20日 2,160PV

記事検索
Search Articles

記事検索
Search Articles


音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

お知らせ

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネットで響きのある高音を出すためには クラリネットで響きのある高音を出すために… クラリネットで響きのある高音を出すためには

あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行して、今月からスタジオレッスンを再開しましたが、早1ヶ月が経とうとしています。 オンラインレッスンも、想像以上に違和感がなく、受講いただいた生徒さんには好評でしたが、とは言え、スタジオやカラオケ店などが閉まっていた期間、おうちで音が出せない方には、レッスンを受けていた… あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行し…

2020年06月30日 139PV

久しぶりにクラリネットを吹く時に気をつけること 久しぶりにクラリネットを吹く時に気をつけ… 久しぶりにクラリネットを吹く時に気をつけること

梅雨に入ってしまいましたね。リード楽器には、厳しい季節がやってきました。 湿度によってリードの状態が変わり、吹きやすさが左右されてしまいますので、使うリードは1枚だけにせず、何枚か良さそうなものを選んでおいて、その日に一番吹きやすいものを使うようにしましょう。 ただし、「一番吹きやすい」を優先した結果、いつも同じものにならないよう、ローテーションする… 梅雨に入ってしまいましたね。リード楽器には、厳しい季節がやってきました。 湿度によって…

2020年06月15日 253PV

音符と休符の捉え方を変えて吹けるリズムを増やそう 音符と休符の捉え方を変えて吹けるリズムを… 音符と休符の捉え方を変えて吹けるリズムを増やそう

気づけば6月。4月・5月と、好きに外出できない生活が続いていたせいか、ワープしたような、なんだか不思議な感覚がありますね。 6月に入り、オンラインレッスンと併せて、スタジオレッスンも再開しました。直接生徒さんの顔を拝見できるのは、やはりほっとします。 ただ、まだまだ不安な方もいらっしゃると思いますし、「今日は、なんだか外には行きたくない気分&hell… 気づけば6月。4月・5月と、好きに外出できない生活が続いていたせいか、ワープしたような、…

2020年06月07日 295PV

細かくて苦手な部分との向き合い方 細かくて苦手な部分との向き合い方 細かくて苦手な部分との向き合い方

日々、粛々と過ごしていたら、あっという間に5月も下旬。 いよいよ緊急事態宣言も解除ということで、徐々に日常を取り戻していけたらとは思いますが、ここで羽目を外してはいけませんね。 天候に左右されないオンラインレッスン 5月は、天気が悪くて肌寒かったり、かと思えば季節先取りの暑さだったりと、落ち着かないことこの上ない感じですが、こんな時にオンラインレッ… 日々、粛々と過ごしていたら、あっという間に5月も下旬。 いよいよ緊急事態宣言も解除とい…

2020年05月30日 281PV

長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に… 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法

最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習されているようで、レッスンでお目にかかるのが毎回楽しみです。 「家なので、リラックスして吹けます」という方も、「パソコンの前だと緊張する!」という方もいらして、それぞれ反応が違って、興味深いですね。 今は、誰かと合わせて演奏することができませんが、コンピューターで伴奏… 最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習され…

2020年05月20日 361PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

クラリネットアンサンブルに真剣に取り組む生徒達
初級者アンサンブル

回数を重ねるごとにできることを増やすためには 回数を重ねるごとにできることを増やすため… 回数を重ねるごとにできることを増やすためには

2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元々の人数が少ないのもありますが、毎回皆さん揃っていただけるので、前回やったこと・できたことの続きの状態から開始できるのがありがたいですね。 今回も、先月スタートの『小さな世界』を演奏しましょう。 前回アンサンブルの状態を維持しておく 毎回恒例の「全員でロング… 2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元…

2020年02月26日 523PV

楽しそうにバンドアンサンブルする生徒達
バンドアンサンブル

いろいろな調に対応できるようにするには いろいろな調に対応できるようにするには いろいろな調に対応できるようにするには

2020年2月25日、第45回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、急にいらっしゃれなくなってしまった方と、ドラマーがお休みということで、B♭クラリネット4名・バスクラリネット(半分ちょっとキーボード)・ギターの6名での演奏となります。 ドラムとベースがないと少し寂しい感じはしますが、いつもと響きが変わりそうでワクワクしますね。 今回も… 2020年2月25日、第45回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、急にい…

2020年02月25日 440PV

クラリネットアンサンブルする生徒達
上級者アンサンブル

アンサンブルの質を上げる3つのポイント アンサンブルの質を上げる3つのポイント アンサンブルの質を上げる3つのポイント

本日は、上級者アンサンブルが行われました。 1名、お仕事の都合でお休みでしたが、先月から加わって下さった方も継続してご参加いただけたので、今日はB♭クラリネット4名・バスクラリネット1名の計5名でのアンサンブルとなりました。 演奏曲は、先月に引き続き、レハール作曲の『メリーウィドウ』をメドレー形式に編曲した『メリーウィドウセレクション』です。 その… 本日は、上級者アンサンブルが行われました。 1名、お仕事の都合でお休みでしたが、先月か…

2020年02月23日 458PV

クラリネットアンサンブルする生徒達
中級者アンサンブル

「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと 「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと 「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと

2020年2月22日、今年2回目の中級者アンサンブルが開催されました。 久しぶりのご参加の方と、体験の方がいらっしゃる予定だったので、「今回は人数が多い!」とホクホクしていたのですが、いざ当日になってみたら、お仕事や体調不良の方などがいらっしゃって、講師含めて4名でのアンサンブルとなりました。 今は特に、いろいろ流行っているので怖いですね。不調な方は… 2020年2月22日、今年2回目の中級者アンサンブルが開催されました。 久しぶりのご参…

2020年02月22日 443PV

バンドアンサンブルする生徒達
バンドアンサンブル

「してほしいこと」ができる演奏を目指す 「してほしいこと」ができる演奏を目指す 「してほしいこと」ができる演奏を目指す

2020年1月28日、第44回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、B♭クラリネット3名・バスクラリネット(半分キーボード)・ベース(ちょこっとキーボード)・ドラムの、6名での演奏となります。 前回に比べ、少し人数が少なくて寂しいですが、今年1回目のバンドアンサンブル、びしっとかっこよく演奏しましょう! 演奏曲目(順不同) 鈴懸の… 2020年1月28日、第44回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、B♭ク…

2020年01月28日 667PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 802PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知… 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょこちょこと拍子が変わったり、見慣れない拍子(変拍子)が出てくることがあります。 「4分の〇拍子」だと、そこまで数え方が難しくないと思いますが、それに比べて「8分の〇拍子」って、頻出するわりにわかりにくい…と思っ… ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹…

2020年03月28日 2,572PV

音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る舞いは、自分自身が最高のパフォーマンスをするためにも、試験官に良い印象を与えるという意味でも、とても大切です。 その時になってみないとわからないことも多いのですが、できる限りのイメージトレーニングをしておきましょう。 試験… 音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室すること…

2019年12月19日 1,137PV

音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に就いたり、舞台関係の仕事などでも同じと言えるでしょう。 そしてこの能力は、音楽高校や音楽大学を受験する時点で、大いに必要となります。 音高・音大受験で試験官が見ているのは、専攻楽器の演奏技術の高さのみに留まらず、総合的な音… 音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 …

2019年12月17日 886PV

実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは 実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素と… 実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは

音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多く、受験期間も長期にわたります。 科目は、専攻実技、副科ピアノ、楽典、聴音、新曲視唱などなど。(もちろん普通のお勉強も) 私は都立高の音楽科に通っていましたが、他の学校よりも入学試験の日程が長かったですし、音大に至っては1週間も入試が続きました。 この数ある受験… 音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多…

2019年12月13日 1,013PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 617PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 590PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 728PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 661PV

東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブ 「クラリネットのお友達が欲しい!」という生徒さんの声で始まった、こちらの懇親会。 今回は、昨年の初懇親会よりも、多くの方にご参加いただきました。 幅広い年齢層のたくさんのご参加者 東京クラリネット教室第2回懇親… 2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催され…

2019年10月17日 808PV