クラリネットを定期的に調整に出すことの大切さ

2019年11月28日 660PV

個人でクラリネットを持っている方は、『修理』ではなく『調整』のために、楽器店や工房に行っていますか?

「楽器は、壊れた時だけ職人さんに見てもらって、直してもらうもの」と思っているのであれば、それは半分正解で、半分不正解です。

壊れていなくても、プロに定期的に楽器の状態を見てもらうことの大切さを、今回はお話したいと思います。

上手に吹けないのは楽器のせいかも

クラリネットを吹いていて、「何か調子が悪いかも…」と思う場合に考えられる原因は、

  • 自分自身
  • リード
  • 楽器

です。

自分の調子やリードの状態に関しては、気にしている方が多いのですが、クラリネット吹きはストイックな方が多いからか「思うようにいかないのは、楽器のせいである」という結論に至る方は、少ないように見えます。

例えば、チューニングの「ド」のすぐ下の「シ」(楽器が最も長い状態)を吹く時に、小指を左手のみにすると出だしが引っかかって立ち上がりに違和感があるけれど、両小指を押さえる、または右手の替え指を使うとすんなり鳴る、という場合は、明らかに楽器のせいです。

それを、自分自身の問題だと思い込み、練習を重ねたところで、無駄な時間を使うことになります。
楽器の状態が良くないのに、自身の技術の向上を図ったところで、根本解決にはならないからです。

では、どうしてそんなことが起きてしまうのでしょうか。

なぜ調整が必要なのか

クラリネットのパッドには、紙やフェルトが使われているものが多いため、湿度や温度で微妙に形が変わってきてしまったり、必要以上の力でキーを押すことを続けた結果、それによって徐々に変形したり、と、「ずっと同じ状態」といかないのが実情です。

そのため、パッドによってピタッとふさがらないといけないホールが、目では見えないくらいの隙間を伴ってしまい、前述のようなことが起こるのです。

また、演奏により、キーに継続的な負荷がかかっているわけですので、特に使用頻度が高いキーに、微妙なぐらつきなど「遊び」と呼ばれるものが発生してしまうこともあります。

そしてこの少しずつのずれは、どんなにクラリネットを丁寧に扱って、どんなにきれいに掃除をしたとしても、避けられるものではありません

ですので、プロの手による、きちんとした調整が必要なのです。

理想は「常に良い状態」

私がここ数年通っているザ・クラリネットショップの職人さんに、以前「歯医者さんと一緒で、悪くなったから通うのではなく、良い状態をずっと維持するために、3~4ヶ月に1回は調整に持ってきて下さいね」と言われたことがあります。

それまで私は、「年に1回調整に出せば良い」と、昔どこかで言われたことを律義に守っていて(もしくはもっと間が空いていたことも…)、そんな頻度で楽器の調整に行っていましたが、ザ・クラリネットショップに楽器を持っていくようになってからは、職人さんに言われたことを、極力守るようにしています。

1年は12ヶ月ですので、最低でも3回は調整に出しているわけですが、やはりプロが言う通り、こまめに調整してもらうことのメリットというのは、大いにあるなと感じます。

具体的には、

  • 楽器の良い状態が維持できる
  • 楽器の不調によるストレスや、余分な練習が減る
  • 年単位で見た時の、調整にかかるコストが下がる

という点が挙げられます。

楽器の良い状態が維持できる

定期的にプロの目と手でチェックをしてもらっているわけですので、良い状態を維持することができます。
3~4ヶ月に1回見てもらえば、余程の扱いをしない限り、ひどい不調に陥ることはないでしょう。

「そんなにしょっちゅう練習してるわけじゃないし…」という方も、先述の通り木管楽器は湿度や温度の影響を受けやすいので、季節の変わり目に調整に持っていくことで、良くない意味での「あれ…こんな吹き心地だっけ…?」を避けられます。

楽器の不調によるストレスや、余分な練習が減る

先程も書いたように、クラリネットの状態が万全でないためにうまく演奏できないのに、それが楽器のせいだと気づけないと、余分な練習時間が必要になります。

しかも、熱心に練習したところで、持っている道具の状態が悪いのであれば、上達は望めませんので、「なんで吹けるようにならないのよ!」と、ストレスに繋がってしまうことが考えられます。

楽器が良い状態であれば、「上手に吹けないのは自分のせいだ」と、諦めがつきますので、練習したらした分上達できますし、すっきりとした気持ちで打ち込めるわけです。

年単位で見た時の、調整にかかるコストが下がる

また、「しょっちゅう調整に持っていったら、お金がかかるじゃん!」と思われるかもしれませんが、悪くなってしまったものを良い状態に戻すのには、やはりそれ相応の手間とコストがかかります。

一方、定期的に持っていけば「前回これくらい手を入れたから、今はこんな状態だろう」と職人さんも予測がつくそうですし、多少のずれが生じていたとしても、さっと直せるそうで、時間もお金もかかりません。

実際、部活で忙しすぎて、1年近く調整に出せなかったという生徒の楽器を、私が自分の楽器と一緒に調整に出しに行った際、彼女の1回分の調整代より、私の1年分の調整代の方が安価だった、ということがあります。

金額も抑えられて、いつでも吹きやすい楽器であれば、言うことなしですよね。

自分のお気に入りの工房・職人さんを見つけよう

定期的な調整の大切さがおわかりいただけましたか。

調整して下さる方によって、仕上がりは変わってきますので、自分好みの状態にしてくれる職人さん・工房を見つけられるといいですね。

また、あまり大きな声では言えませんが、「え、なんでそんなにかかるの!?」という見積もりを出すお店もあります。

納得しての支払いならもちろんいいのですが、目の前できちんとどの部分に調整が必要かを説明しながら見積もりをしてくれて、良心的な価格で、質の高い調整・修理をしてくれるところもあります。

自分の大切なクラリネットをお願いするわけですから、しっかりリサーチして、長いお付き合いのできる工房を見つけ出せるといいですね。

そして、継続的・定期的に調整に出すことを、常に心がけましょう。

その他の講師ブログ

音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に…

2019年12月17日 647PV

音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る…

2019年12月19日 805PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょ…

2020年03月28日 247PV

アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多い…

2020年04月04日 228PV

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。…

2016年03月10日 52,127PV

クラリネットのマウスピースとリガチャーの選び方

マウスピースとリガチャーっていつ交換するの?そもそも交換する物なの? はい、どちらも消耗品なので交換する必要があります。 ただ…

2016年03月10日 21,249PV

綺麗な音は姿勢から!クラリネットの正しい練習方法

小学校~高校の、吹奏楽部クラリネットパート指導に行くことがあります。 初めて行く学校や久しぶりに行く学校もあるので、現在どの程度…

2016年03月09日 12,258PV

クラリネットが現在の形に至るまでの歴史

クラリネットとは? 「クラリネットをやっています」と言うと、必ずのように「あぁ!壊れちゃったやつですね」とか「パパからもらったや…

2015年09月03日 11,702PV

吹奏楽とオーケストラ、ブラスバンドの違いとは

「吹奏楽、オーケストラとブラバンの違いって …… 何ですか?」 こんな質問を個人レッスンや学校の生徒から聞かれる事があります。 …

2016年03月09日 11,562PV

Twitter
Follow us on twitter

Twitter
Follow us on twitter

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


音大進学サポートプラン

基礎ピアノに聴音、ソルフェージュの進学サポートプラン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

音大進学サポートプラン

音大進学サポートプラン

基礎ピアノに聴音、ソルフェージュの進学サポートプラン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

時間がある時に基礎力アップ!

新年度が始まりましたね。 とは言え、今はいろいろなことに制限があり、年齢問わず演奏会がなくなってしまった生徒さん達も多いですし、…

2020年04月01日 237PV

ソロ曲の演奏で得られるものとは

東京クラリネット教室のレッスンでは、基礎をしっかり身につけながら、それを活かしてソロ曲を練習されて、発表会での演奏に挑戦している方…

2020年03月23日 315PV

クラリネットソロ曲の演奏に挑戦してみよう

個人レッスンに通われている方の目的・目標は様々ですが、東京クラリネット教室の生徒さんで、発表会で演奏するためのソロ曲に挑戦されてい…

2020年03月10日 379PV

力を抜いた演奏で良い音を手に入れよう

東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんの多くが、共通して悩まれていることが「力」。 入り方、入る箇所に違いはありま…

2020年02月11日 513PV

拍子を正しく知ってリズムを掴もう

読譜は得意ですか? 東京クラリネット教室に通われている生徒さんも「新しい曲は、慣れるまでが大変」とおっしゃっている方が、たくさん…

2020年01月15日 638PV

クラリネットを演奏する上で「書く」ことの大切さ

レッスンで、部活で、普段の練習で、クラリネットを吹く際に「楽譜に書く」作業をしていますか?「何を?」と思った方、今日からクラリネッ…

2019年12月13日 912PV

クラリネットで音楽的な演奏をするためのコツ

いよいよ、第5回発表会まで、残り1ヶ月となりました。今回も、ソロやアンサンブルで、多くの生徒さんにご参加いただきます。 出演予定…

2019年11月29日 1,341PV

右手の使い方でクラリネットの運指スピードを上げよう

東京クラリネット教室のレッスンに通われている生徒さんには、部活や一般の楽団、また当教室のアンサンブルなどで合奏に参加されている方がたく…

2019年10月26日 1,738PV


アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

回数を重ねるごとにできることを増やすためには
初級者アンサンブル

回数を重ねるごとにできることを増やすためには

2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元々の人数が少ないのもありますが、毎回皆さん…

2020年02月26日 306PV

いろいろな調に対応できるようにするには
バンドアンサンブル

いろいろな調に対応できるようにするには

2020年2月25日、第45回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、急にいらっしゃれなくなってしまった方と、ドラマー…

2020年02月25日 254PV

アンサンブルの質を上げる3つのポイント
上級者アンサンブル

アンサンブルの質を上げる3つのポイント

本日は、上級者アンサンブルが行われました。 1名、お仕事の都合でお休みでしたが、先月から加わって下さった方も継続してご参加いただ…

2020年02月23日 262PV

「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと
中級者アンサンブル

「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと

2020年2月22日、今年2回目の中級者アンサンブルが開催されました。 久しぶりのご参加の方と、体験の方がいらっしゃる予定だった…

2020年02月22日 237PV

「してほしいこと」ができる演奏を目指す
バンドアンサンブル

「してほしいこと」ができる演奏を目指す

2020年1月28日、第44回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、B♭クラリネット3名・バスクラリネット(半分キー…

2020年01月28日 450PV

ずれてしまった演奏をリセットできるようにしよう
初級者アンサンブル

ずれてしまった演奏をリセットできるようにしよう

2020年1月27日、今年1回目の初級者アンサンブルが行われました。 このメンバーでの初本番となった発表会も無事に終わり、早くも…

2020年01月27日 338PV

いろいろなパートに挑戦して演奏の幅を広げよう
上級者アンサンブル

いろいろなパートに挑戦して演奏の幅を広げよう

本日は、今年初めての上級者アンサンブルが行われました。 発表会での本番から、まもなく1ヶ月。時間が経つのは、本当にあっという間で…

2020年01月26日 347PV

初見演奏の際に押さえるべきこととは
中級者アンサンブル

初見演奏の際に押さえるべきこととは

2020年1月18日、今年初の中級者アンサンブルが開催されました。 昨年12月には、初めての本番を経験し、すっかり結束が固くなっ…

2020年01月18日 371PV

回数を重ねるごとにできることを増やすためには
初級者アンサンブル
いろいろな調に対応できるようにするには
バンドアンサンブル
アンサンブルの質を上げる3つのポイント
上級者アンサンブル
「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと
中級者アンサンブル
「してほしいこと」ができる演奏を目指す
バンドアンサンブル
ずれてしまった演奏をリセットできるようにしよう
初級者アンサンブル
いろいろなパートに挑戦して演奏の幅を広げよう
上級者アンサンブル
初見演奏の際に押さえるべきこととは
中級者アンサンブル

ブログ
Blog

ブログ
Blog

アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多い…

2020年04月04日 228PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょ…

2020年03月28日 247PV

音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る…

2019年12月19日 805PV

音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に…

2019年12月17日 647PV

実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは

音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多く、受験期間も長期にわたります。 科目は…

2019年12月13日 685PV

音大受験当日に向けて準備しておくこと

年末になり、いよいよ音高・音大受験の一般入試が近づいてきました。受験生の方々は、日々演奏技術向上のために頑張っていることと思います…

2019年12月12日 675PV

クラリネットを定期的に調整に出すことの大切さ

個人でクラリネットを持っている方は、『修理』ではなく『調整』のために、楽器店や工房に行っていますか? 「楽器は、壊れた時だけ職人…

2019年11月28日 660PV

良いクラリネットリードを選ぶチェックポイント

クラリネットを吹くに当たって、絶対に避けて通れないのがリードの問題。 自分に合ったもの・自分の好みのものを見つけることが、不可欠…

2019年10月30日 699PV


クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されま…

2020年02月09日 384PV

第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において…

2020年01月12日 437PV

東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいま…

2019年12月29日 485PV

第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・…

2019年12月07日 488PV

東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライ…

2019年10月17日 566PV

東京クラリネット教室第2回ライブ

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブが行われました。 ライブで演奏するのは、バンドアンサンブルのメンバー。 …

2019年10月12日 441PV

東京クラリネット教室第4回発表会

2019年7月7日、東京クラリネット教室第4回発表会が行われました。 日々変わる天気予報に一喜一憂した数日間でしたが、結局は朝か…

2019年07月07日 892PV

第3回音高・音大受験の実技模試

2019年1月14日(月・祝)、東京クラリネット教室「第3回音高音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 昨年も開催したこの実…

2019年01月14日 1,248PV