クラリネットのきれいな片づけ方と注意点

2018年07月11日 8,387PV
ピカピカのクラリネット

クラリネットの組み立て方・リードのセッティングも大切ですが、きちんと掃除して片づけることも、木でできているクラリネットにはとても重要なんです。

クラリネットを吹くにあたり、まず大切なことは「 ...... 続きを読む
クラリネットを吹くにあたり、まず大切なことは「正しく楽器を組み立てること」「正しくリードをつけること」です。 以前、クラリネットの正しい組み立て方については、こちらのブログに書きました。 クラリネットの正しい組み立て方 今回は、わかっていそうで、意外とわかっていない『クラリネ ...... 続きを読む
2018年04月09日 14,394pv

きれいに掃除をしているかが、楽器の良い状態を維持することに直結しますので、今回はクラリネットを吹いたあとの掃除とお手入れの仕方について、ご説明します。

管体の掃除用布・スワブ

クラリネットの掃除には、スワブという布を使います。

テーブルに広げられたスワブ

スワブには様々な形のものがありますが、広く使われているのは、四角い布から対角線上に長いひもが出ていて、その先におもりが入っているタイプです。

メーカーによって、両方にひもが伸びているもの、片方だけのものとあります。

両方に伸びているものは、万一楽器の中にスワブが詰まってしまった時に、元の方向に引き抜くために考えられたそうです。

どちらを選ぶかは、好みでいいでしょう。

また、素材もいろいろありますが、マイクロファイバーでできているものが、現在の主流です。

これは、滑りも良く、管体に詰まりにくいのでおすすめです。

では、順を追って片づけ方を見ていきましょう。

リードもきちんと水分を取る

今回は、以前お伝えした組み立て方と逆順で進めていきますので、まずリードを外します。

クラリネットリードのつけ方の手順とコツ

その際、ぐるぐるとたくさんリガチャーのネジをゆるめると、次に使う時にその分締めないといけないので、手前に半回転くらいさせるだけで大丈夫です。

ちょっとだけゆるめたら、右手でリードを押さえながら、左手でリガチャーを持ち上げると、簡単に外れます。

マウスピースにリードをセッティングする手順

リードを外したら、必ずスワブでリードの水分を取りましょう

よくそのままケースにしまっている人を見かけますが、リードは植物でできています。

濡れたまましまってしまうと、水で濡れた紙がよれよれになってしまうように、リードの先端部分が波打ってしまうので、水分を拭き取る必要があります。

スワブで水分を取っているリード

リードを傷つけないように、スワブで挟み込んで、滑らせるようにして拭きましょう。

2・3回繰り返して水分を取ったら、ケースにしまいます。

マウスピースの掃除

次に、マウスピースを外します。

組み立て方の説明の時にお伝えしたように、入れる時・外す時は必ず一番近いパーツ同士を持つようにして下さい。

ここでは、マウスピースとたるですね。

マウスピースは直接くわえる部分ですし、かなりの水滴がつきます。

この水滴をスワブで取るのですが、普通のサイズのスワブを使う場合は、抜き切らないようにします

まず、マウスピースの太い方(下部)から、スワブのおもりを通します。

マウスピースに途中まで通されたスワブ

ここで、そのままシュパッとスワブを抜いてしまいたいところですが、マウスピースはとても繊細。

スワブによって擦れてしまい、中が少しずつ摩耗してしまいます。

(ひもを通すだけでも駄目、と言う方もいます)

摩耗してしまうと、職人さんが目に見えるか見えないかの違いにこだわって削ったマウスピースの形が徐々に変わってしまうので、気づかぬうちに吹き心地も変わってしまう、というわけです。

ですので、この写真くらいまでスワブを通したら、布の部分を持って、元の方向に少し引っ張ります。

その後、またひもを少し引っ張って…と、軽く何往復かさせたら、最終的に布を引っ張って、ひもの部分を取り出します。

先程も書いたように、スワブは抜き切らないで下さいね。

マウスピース専用スワブの活用

もし、このような

マウスピース専用のスワブ

マウスピース専用のスワブを持っていれば、こちらはごく柔らかい素材でできていますので、普通に通して大丈夫です。

その際も、

マウスピース専用のスワブを通されたマウスピース

必ずマウスピースの太い方から、スワブを通しましょう。

ちなみに私は、普通のスワブしか持っていないので、吹き込み口の部分の水分と、たるに入れるジョイント内部の水分を取るだけで、基本的にはスワブは通していません。

ごくたまに、気になったら通すようにしています。

マウスピースをしまう時の一工夫

マウスピースをしまう時は、割れてしまったりして使えなくなったリードをつけてしまうようにするといいですよ。(つけ方は、なんとなくで大丈夫です)

リードをつけていないと、リガチャーの緩めすぎなどで、キャップの上部裏側がマウスピースの上部に接触し、摩耗や欠けたりすることもごくまれにありますが、そのような事態を防げます。

これは余談になりますが、多くの方が使っているヴァンドレンのマウスピースは、銀を変色させる成分を含んでいるそうで、管体と一緒にケースに入れると、キーの色が茶色く変わってしまいます。

マウスピース専用のケースに入れたり、布にくるんでポーチに入れたり、また、少しかさばりますが、買った時の箱に入れるなどして、別に持つようにしましょう。

管体の水分を取り除く

さて、マウスピースをきれいにしたら、管体にスワブを通します。

ここで、一点注意していただきたいことがあります。

管体を上から覗いてみると

管内のでっぱりを確認するために上から見た上管

このような出っ張りがあります。

レジスターキーで開閉している穴についているパーツです。

このパーツにはスワブがとても引っかかりやすいんです。

スワブをベル側から通して、この出っ張りに引っかかって詰まってしまうと、自分でどうにかするのはほぼ無理です。

詰まり防止用に、両方にひもが伸びているスワブでも、詰まり方によっては、ひもが役に立たないこともあります。

たたんである状態から、いきなり通そうとしてしまうと、かなりの高確率で詰まりますので、通す前には、スワブを軽く広げてから通しましょう。

詰まりの防止策として、たる側(楽器上部)から通すのも有効です。

私は、クラリネットを始めたばかりの方には、この通し方をおすすめしています。

こちらからなら、先程の出っ張りからの距離も近いので、万一引っかかってしまっても、布を引っ張って元に戻すことができます。

スワブが通されたクラリネット

その際楽器を立てて通すと、これまた詰まりやすくなりますので、慣れるまでは写真のように少し横にして通すと、すんなり通すことができます。

また、通していて何か抵抗を感じるような時は、無理に引っ張らないようにしましょう。

無理をすると、後悔することになってしまいます。

管体にも、2・3回通しましょう。

順番に分解していく

全体にスワブを通したら、分解していきます。

その前に、まずたるを上から覗いてみましょう。

もしそこに水分が溜まっていたら、

このようにスワブで拭き取ります。

スワブ越しに、指でぐりぐりとすると、きれいに取れます。

その時に、もしジョイント部分にグリスがついているようであれば、まずティッシュなどで取り除いて下さい。

スワブで拭いてしまうと、管体内部にスワブを通した時に、楽器の中にグリスがついてしまいます。

たるを外したら逆さにして、上管とのジョイント部分も覗いて、濡れていれば水分を取りましょう。

その後

楽器を片づける際に濡れていたり汚れていたりしないか注意する箇所

上管ジョイント表面(赤丸部分)の水分も忘れずに拭きます。

また、青丸部分にグリスが溜まったりしていないか、確認します。

コルクについているグリスは、とても重要ですが、このような部分に溜まってしまったものは、ただのゴミです。

これも、ティッシュできれいに拭き取りましょう。

組み立て・片づけ共通の注意点

上管と下管を抜く時は、組み立ての時と同様

下管と上管のジョイントで押さえるべき箇所

上管のキーを押さえて、赤丸内のパーツを持ち上げます。

また、

下管と上管のジョイントで押さえてはいけない箇所

下管のキー(赤丸)は触らないようにしましょう。

片づけに関しては、組み立ての時のようにジョイント部分がぶつかって、コルクがはがれてしまうようなことはありませんが、摩耗の原因になりますので、必ず守って下さいね。

クラリネットの正しい組み立て方

キーを曲げないために

それと、この上管・下管の分解の際に、最も気をつけていただきたいことがあります。

上管と下管を抜く時に気をつけるキィ

赤丸内のトリルキーと、青丸内の左手小指のキーは、ほぼ同じ高さについています。

ですので、何も考えずに勢いよく回すと、噛み合ってしまい、取れなくなったり、キーが変形したりしてしまいます。

  • まず、それぞれが離れる方向(上管は向かって左・下管は右)に回すこと
  • そっと、少しずつ動かすこと

に気をつけて、抜くようにして下さい。

その間ずっと、上管のキーは押しっぱなし、下管のキーは触らないようにしましょう。

プラスアルファの掃除

先程と同じように、ジョイント部分の水分も拭き取りながら、全て分解したら、とりあえずは完了です。

しかし、演奏中に、あまりこまめにスワブを通すことができなかった時など、ホールに水が溜まってしまっていることがあります。

その水は、スワブでは取り除くことができませんので、下記のようにして、きれいにしましょう。

クラリネット上管の水分を取っている女性

上管下部に右手のひらを当て、下から空気が抜けるのを防ぎます。(私は、人差し指付け根の少し膨らんでいる部分を当てています)

左手で普段楽器を吹く時のようにトーンホール(指穴)を押さえたら、上部から息を吹き込みます。

当然、出口をふさいでいるので、空気はどこからも抜けません。

その状態で、キーを瞬間的に開けることを繰り返すと、そのホールから空気が出て、中に溜まっている水も一緒に外に出ます。

(この写真では、管体サイドについているトリルキーを押さえています)

もし水が出たら、出てきた水をスワブで拭き取り、もう一度内部にもスワブを通しましょう。

また、水が出たホールに、

クリーニングペーパーの使い方

クリーニングペーパーを挟んで、パッドについた水分をしっかり取ることも大切です。

下管に関しては、このような掃除方法はありませんので、もし下管のホールから水が出てきているのに気づいたら、クリーニングペーパーで取って下さい。

ただ、下管のホールからも水が出るようでは、演奏中に掃除をしなさすぎです。

もう少しスワブを通す回数を増やしましょう。

きれいに磨いて終了

これで、演奏後の掃除は終わりです。

最後に

クラリネットのキィを磨いている女性

キー磨き用の布で、指紋を拭き取ればお手入れも完了です。

スワブをしまう場所に注意!

そして最後の注意点。

吹奏楽部に教えに行くと、ベルの中に小さくたたんだスワブを突っ込んで、ケースをパタン…という光景をよく見ますが、ベルはスワブ入れではありません

せっかく、細かに水分を取り除いたのに、水分を含んでいる布をケースに入れてしまっては、なんの意味もなくなってしまいます。

むしろ、管体や、薄い紙とフェルトだったり、革でできているパッドにも、水分を与えることになるわけです。

水分を含んで膨らんだものは、乾くと当然縮みます。

均等に縮んでくれればいいのですが、そんなにうまくいかないことは、想像に難くないですね。

パッドはほんの少しでも変形すると、均等にホールを閉めることができなくなり、吹きにくさに繋がります。

ひどくなれば音も鳴らなくなりますので、水分は大敵

ですから、先程の『プラスアルファの掃除』までやる必要があるわけです。

管体から取り除いた水分を、再び不用意に与えてしまうようなことは、絶対にやめましょう。

自分のやり方を見つけよう

片づけも組み立てと同じで、注意すべき点だけ注意すれば、「絶対にこの順番でやらないといけない」という決まりはありません。

管楽器の中で、一番と言っていいほど細かく分解して、ケースにしまわなければいけないクラリネット。

自分なりの手順を見つけて、きれいに素早く片づけられるようにしていきましょう。

みんなが読んでる人気記事

初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法 初見で楽譜がスラスラ読めるようになる方法

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? … 「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レ…

2016年03月10日 56,605PV

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法 クラリネットリードの選び方とメンテナンス… クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当てて「あ~~」と声を出した時に、ビリビリと震える感覚があると思います。 声帯という筋肉が振動している間を空気が通って声となって出てくるのですが、クラリネットではリードが声帯に当たります。 要は、リードはクラリネットの声(音色)を決める重要なもの。 しかし、初心者の… リードとは クラリネットを吹く上で、リードはなくてはならないものです。 喉に手を当て…

2016年03月28日 51,849PV

クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方 クラリネットリードの育て方

クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選び方とメンテナンス方法でも一部紹介しましたが、今回はリードの育て方にフォーカスして、より詳しく解説していきます。 クラリネット未経験者・初心者の方は是非試してみてくださいね。 まずは全リードを開封 まず箱を開けたら、個包装されているものであれば、全てのリード クラリネットのいいリードの育て方を知りたい、という質問をよくいただきます。 リードの選…

2016年11月19日 46,053PV

関連記事

クラリネットの正しい組み立て方 クラリネットの正しい組み立て方 クラリネットの正しい組み立て方

クラリネットの組み立て方、しっかり理解していますか? クラリネットは楽器の構造上、間違った組み立て方をしてしまうと、大切な楽器を壊してしまうこともあります。 今回は『クラリネットの組み立て』について、順を追って確認していきます。 すっかり慣れてしまっているプレイヤーの方も、初心に戻って基礎を見直してみると、意外と「ついうっかり…」が見… クラリネットの組み立て方、しっかり理解していますか? クラリネットは楽器の構造上、間違…

2017年09月24日 14,318PV

クラリネットの魅力とは クラリネットの魅力とは クラリネットの魅力とは

名前は広く知られているはずなのに、「黒くて長い楽器」という認識止まりの方が意外と多い、クラリネット。 今回はその「知ってそうで知らないクラリネット」を、生徒さんの目線からご紹介していきましょう。 クラリネットの魅力 クラリネットを選んでいただいた理由をぜひお聞きしたいので、未経験の方が体験レッスンにいらした時には「なぜクラリネットを選ばれたのですか… 名前は広く知られているはずなのに、「黒くて長い楽器」という認識止まりの方が意外と多い、ク…

2019年02月23日 3,785PV

ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~ ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~ ドイツで楽器工房巡り~クラリネット工房~

何年か前に、ドイツのクラリネット工房を見学させてもらう機会がありました。 意外と目にするチャンスがない、楽器工房。今回は、そのことについて綴ろうと思います。 ミュンヘン経由でバンベルクへ! 伺ったのは、バンベルクにあるシュヴェンク&セゲルケ。 ドイツには、物作りをするための資格「マイスター制度」というのがあります。 手工業で独立開業するため… 何年か前に、ドイツのクラリネット工房を見学させてもらう機会がありました。 意外と目にす…

2018年02月09日 3,246PV

少しずつクラリネットの扱いに慣れていきましょう 少しずつクラリネットの扱いに慣れていきま… 少しずつクラリネットの扱いに慣れていきましょう

日曜日の吉祥寺は、人が本当に多いですね。 特に、駅前のアーケードはかなり賑わっていて、駅からスタジオに行くのも、平日よりも余分に時間がかかってしまう気がします。 組み立ては覚えているかな? 今日は、2週間ぶりの小2の男の子のレッスンでした。 前回は組み立て方を教えたのですが、「覚えてる?」と聞くと「うーん…」との返事。1度やっただけ… 日曜日の吉祥寺は、人が本当に多いですね。 特に、駅前のアーケードはかなり賑わっていて、…

2016年11月20日 2,159PV

クラリネットのリードを効率よく選ぶ方法 クラリネットのリードを効率よく選ぶ方法 クラリネットのリードを効率よく選ぶ方法

クラリネットをより良く演奏するには、リード選びが不可欠です。 自分に合ったリードがなければ、本来のパフォーマンスを発揮することはできません。 しかし、新しく開けたリードは、何度も吹いて絞り込んでいかないといけないですし、試す枚数も多いので、「まとまった時間を取るのが大変で、ついつい先送り…」という方が多いのではないでしょうか。 東京ク… クラリネットをより良く演奏するには、リード選びが不可欠です。 自分に合ったリードがなけ…

2019年04月18日 1,546PV

記事検索
Search Articles

記事検索
Search Articles


音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

音楽教室のご案内
Clarinet Lessons

クラリネット教室

無理なく楽しめる月2回からのプライベートレッスン


オンラインレッスン

好きな場所で楽しめる、クラリネットオンラインレッスン


子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月2回からのプライベートレッスン


アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション


クラリネット教室

クラリネット教室

無理なく楽しむ月に2回からのクラリネット定期レッスン

オンラインレッスン

オンラインレッスン

どこでもレッスンが受けられるクラリネットのオンラインレッスン

子供の音楽教室

子供の音楽教室

子供のペースに合わせた月に2回からの定期レッスン

アンサンブル

アンサンブル

通常レッスンにアンサンブルを追加できる合奏オプション

お知らせ

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

レッスン日誌
Clarinet Lesson Diary

クラリネットで響きのある高音を出すためには クラリネットで響きのある高音を出すために… クラリネットで響きのある高音を出すためには

あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行して、今月からスタジオレッスンを再開しましたが、早1ヶ月が経とうとしています。 オンラインレッスンも、想像以上に違和感がなく、受講いただいた生徒さんには好評でしたが、とは言え、スタジオやカラオケ店などが閉まっていた期間、おうちで音が出せない方には、レッスンを受けていた… あっという間に6月が終わりますね。 東京クラリネット教室は、オンラインレッスンと並行し…

2020年06月30日 139PV

久しぶりにクラリネットを吹く時に気をつけること 久しぶりにクラリネットを吹く時に気をつけ… 久しぶりにクラリネットを吹く時に気をつけること

梅雨に入ってしまいましたね。リード楽器には、厳しい季節がやってきました。 湿度によってリードの状態が変わり、吹きやすさが左右されてしまいますので、使うリードは1枚だけにせず、何枚か良さそうなものを選んでおいて、その日に一番吹きやすいものを使うようにしましょう。 ただし、「一番吹きやすい」を優先した結果、いつも同じものにならないよう、ローテーションする… 梅雨に入ってしまいましたね。リード楽器には、厳しい季節がやってきました。 湿度によって…

2020年06月15日 253PV

音符と休符の捉え方を変えて吹けるリズムを増やそう 音符と休符の捉え方を変えて吹けるリズムを… 音符と休符の捉え方を変えて吹けるリズムを増やそう

気づけば6月。4月・5月と、好きに外出できない生活が続いていたせいか、ワープしたような、なんだか不思議な感覚がありますね。 6月に入り、オンラインレッスンと併せて、スタジオレッスンも再開しました。直接生徒さんの顔を拝見できるのは、やはりほっとします。 ただ、まだまだ不安な方もいらっしゃると思いますし、「今日は、なんだか外には行きたくない気分&hell… 気づけば6月。4月・5月と、好きに外出できない生活が続いていたせいか、ワープしたような、…

2020年06月07日 295PV

細かくて苦手な部分との向き合い方 細かくて苦手な部分との向き合い方 細かくて苦手な部分との向き合い方

日々、粛々と過ごしていたら、あっという間に5月も下旬。 いよいよ緊急事態宣言も解除ということで、徐々に日常を取り戻していけたらとは思いますが、ここで羽目を外してはいけませんね。 天候に左右されないオンラインレッスン 5月は、天気が悪くて肌寒かったり、かと思えば季節先取りの暑さだったりと、落ち着かないことこの上ない感じですが、こんな時にオンラインレッ… 日々、粛々と過ごしていたら、あっという間に5月も下旬。 いよいよ緊急事態宣言も解除とい…

2020年05月30日 280PV

長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に… 長い音符や休みのあとの細かい動きを正確に掴む方法

最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習されているようで、レッスンでお目にかかるのが毎回楽しみです。 「家なので、リラックスして吹けます」という方も、「パソコンの前だと緊張する!」という方もいらして、それぞれ反応が違って、興味深いですね。 今は、誰かと合わせて演奏することができませんが、コンピューターで伴奏… 最近の東京クラリネット教室は、オンラインレッスンのみの開講ですが、皆さん頑張って練習され…

2020年05月20日 361PV

アンサンブル
Clarinet Ensembles

アンサンブル
Clarinet Ensembles

クラリネットアンサンブルに真剣に取り組む生徒達
初級者アンサンブル

回数を重ねるごとにできることを増やすためには 回数を重ねるごとにできることを増やすため… 回数を重ねるごとにできることを増やすためには

2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元々の人数が少ないのもありますが、毎回皆さん揃っていただけるので、前回やったこと・できたことの続きの状態から開始できるのがありがたいですね。 今回も、先月スタートの『小さな世界』を演奏しましょう。 前回アンサンブルの状態を維持しておく 毎回恒例の「全員でロング… 2020年2月26日、今年2回目の初級者アンサンブルが行われました。 このクラスは、元…

2020年02月26日 523PV

楽しそうにバンドアンサンブルする生徒達
バンドアンサンブル

いろいろな調に対応できるようにするには いろいろな調に対応できるようにするには いろいろな調に対応できるようにするには

2020年2月25日、第45回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、急にいらっしゃれなくなってしまった方と、ドラマーがお休みということで、B♭クラリネット4名・バスクラリネット(半分ちょっとキーボード)・ギターの6名での演奏となります。 ドラムとベースがないと少し寂しい感じはしますが、いつもと響きが変わりそうでワクワクしますね。 今回も… 2020年2月25日、第45回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、急にい…

2020年02月25日 440PV

クラリネットアンサンブルする生徒達
上級者アンサンブル

アンサンブルの質を上げる3つのポイント アンサンブルの質を上げる3つのポイント アンサンブルの質を上げる3つのポイント

本日は、上級者アンサンブルが行われました。 1名、お仕事の都合でお休みでしたが、先月から加わって下さった方も継続してご参加いただけたので、今日はB♭クラリネット4名・バスクラリネット1名の計5名でのアンサンブルとなりました。 演奏曲は、先月に引き続き、レハール作曲の『メリーウィドウ』をメドレー形式に編曲した『メリーウィドウセレクション』です。 その… 本日は、上級者アンサンブルが行われました。 1名、お仕事の都合でお休みでしたが、先月か…

2020年02月23日 458PV

クラリネットアンサンブルする生徒達
中級者アンサンブル

「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと 「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと 「その曲らしさ」を出すためにやるべきこと

2020年2月22日、今年2回目の中級者アンサンブルが開催されました。 久しぶりのご参加の方と、体験の方がいらっしゃる予定だったので、「今回は人数が多い!」とホクホクしていたのですが、いざ当日になってみたら、お仕事や体調不良の方などがいらっしゃって、講師含めて4名でのアンサンブルとなりました。 今は特に、いろいろ流行っているので怖いですね。不調な方は… 2020年2月22日、今年2回目の中級者アンサンブルが開催されました。 久しぶりのご参…

2020年02月22日 443PV

バンドアンサンブルする生徒達
バンドアンサンブル

「してほしいこと」ができる演奏を目指す 「してほしいこと」ができる演奏を目指す 「してほしいこと」ができる演奏を目指す

2020年1月28日、第44回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、B♭クラリネット3名・バスクラリネット(半分キーボード)・ベース(ちょこっとキーボード)・ドラムの、6名での演奏となります。 前回に比べ、少し人数が少なくて寂しいですが、今年1回目のバンドアンサンブル、びしっとかっこよく演奏しましょう! 演奏曲目(順不同) 鈴懸の… 2020年1月28日、第44回目のバンドアンサンブルが開催されました。 今回は、B♭ク…

2020年01月28日 667PV

ブログ
Blog

ブログ
Blog

アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス アンブシュアから考える効率の良いブレス

クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレスが苦手だったり、うまくできていない方が多いように感じます。 ブレスが上手にできないと、演奏に必要な息を取り込めないだけでなく、リードミスにも繋がり、安定した演奏から遠ざかることになってしまいます。 今回は、アンブシュア(マウスピースのくわえ方)の面から、効率の良い… クラリネットを吹くには、当然ブレスが必要になりますが、気づいていないけれど、意外とブレス…

2020年04月04日 801PV

「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知… 「8分の〇拍子」のカウント方法を正しく知ろう

ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹奏楽やアンサンブルなどでは、曲の途中でちょこちょこと拍子が変わったり、見慣れない拍子(変拍子)が出てくることがあります。 「4分の〇拍子」だと、そこまで数え方が難しくないと思いますが、それに比べて「8分の〇拍子」って、頻出するわりにわかりにくい…と思っ… ソロ曲だと、クラリネット用に書かれた作品以外では、あまり見られないように思うのですが、吹…

2020年03月28日 2,569PV

音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方 音大入試実技試験での振る舞い方

音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室することが多い専攻の試験ですが、そこでの立ち居振る舞いは、自分自身が最高のパフォーマンスをするためにも、試験官に良い印象を与えるという意味でも、とても大切です。 その時になってみないとわからないことも多いのですが、できる限りのイメージトレーニングをしておきましょう。 試験… 音高・音大入試の専攻実技試験。想像しただけで、緊張してきますね。 複数人で入室すること…

2019年12月19日 1,136PV

音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは 音大受験で求められる「対応力」とは

音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 それはなにも演奏家だけに限らず、教育職に就いたり、舞台関係の仕事などでも同じと言えるでしょう。 そしてこの能力は、音楽高校や音楽大学を受験する時点で、大いに必要となります。 音高・音大受験で試験官が見ているのは、専攻楽器の演奏技術の高さのみに留まらず、総合的な音… 音楽を生業にしようとした時、「対応力」「臨機応変さ」というのは、とても大切なものです。 …

2019年12月17日 885PV

実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは 実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素と… 実技?聴音?楽典?音大受験で重要な要素とは

音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多く、受験期間も長期にわたります。 科目は、専攻実技、副科ピアノ、楽典、聴音、新曲視唱などなど。(もちろん普通のお勉強も) 私は都立高の音楽科に通っていましたが、他の学校よりも入学試験の日程が長かったですし、音大に至っては1週間も入試が続きました。 この数ある受験… 音楽高校や音楽大学の入試は、いわゆる普通科の高校・普通大学に比べて、専門的な受験科目が多…

2019年12月13日 1,012PV

クラリネットイベント
Clarinet Events

クラリネットイベント
Clarinet Events

第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試 第7回音高・音大受験の実技模試

音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 今年度3回目となる今回は、約1週間後に音高受験を控えた中学3年生も参加してくれました。 1回だけでなく、2回演奏の機会のある東京クラリネット教室の実技模試。 受験本番のリハーサルになることももちろんですが、1回目… 音高・音大の受験が本格化する直前の2020年2月9日(日)、東京クラリネット教室「第7回…

2020年02月09日 617PV

第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試 第6回音高・音大受験の実技模試

2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 音高・音大受験において、実技試験というのはかなりのウエイトを占めますが、多くの受験生はどんな場なのか想像もつかぬまま、入試に突入しているのが現状です。 そこで、受験により近いシチュエーションの体験と、そのような場で自分がどのような状態になるのかを… 2020年1月12日(日)、東京クラリネット教室「第6回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2020年01月12日 589PV

東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会 東京クラリネット教室第5回発表会

2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発表会は、思いきり梅雨の洗礼を受けてしまいましたが、今回は見事な冬晴れ!リード楽器奏者にとっては、心配なくらいの乾燥ですが、雨よりは絶対いいですよね。 今回も、第2回発表会以降使っている会場での開催です。 60席ほどご用意しましたが、今回も満席予定。年の瀬も年の… 2019年12月29日、東京クラリネット教室第5回発表会が行われました。 前回の発…

2019年12月29日 727PV

第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試 第5回音高・音大受験の実技模試

2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が開催されました。 この実技模試は、音高・音大受験において、かなりのウエイトを占める実技試験を、受験により近いシチュエーションで体験していただき、本番に向けて今後やるべきことを、各受験生が体感するための会です。 受験の際は、知らない場所・知らない人の前で本来の力を発… 2019年12月7日(土)、東京クラリネット教室「第5回音高・音大受験の実技模擬試験」が…

2019年12月07日 660PV

東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会 東京クラリネット教室第2回懇親会

2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催されました。 東京クラリネット教室第2回ライブ 「クラリネットのお友達が欲しい!」という生徒さんの声で始まった、こちらの懇親会。 今回は、昨年の初懇親会よりも、多くの方にご参加いただきました。 幅広い年齢層のたくさんのご参加者 東京クラリネット教室第2回懇親… 2019年10月6日、東京クラリネット教室第2回ライブに引き続き、第2回懇親会が開催され…

2019年10月17日 807PV