先週、新しいリードを手にして、番手を3から、3と1/2に上げた生徒のレッスンです。

回数は吹けなかったものの、リードはちゃんと選べた、と言うので、早速ロングトーン。

音は悪くないのですが、普段はきちんと鳴らせている音が、伸ばしているうちに割れてしまったり、レジスターの音域の息のスピードがいつもより遅めだったり、なんだか吹きづらそうにしています。

私が教えている生徒達には「吹き始めて『吹きにくい』と思ったら、いつでもロングトーンを中断してリードを変えていい」という話をしてあるのですが、頑張って吹き続けているので、こちらも特に遮ることはしませんでした。

しかし、ロングトーンが終わってから「そのリード、吹きにくくないの?」と聞いてみたら、「ちょっと吹きにくかったです~」とのこと。
無理して吹いても、変な力が入ったりして良くないので、リードを一時的に3に戻すことにしました。

さらに話をしていると、彼女も風邪をひいていて、喉が痛いということが判明。
「ちょうど、風邪の時は楽器を吹かない方がいいっていう日誌を書いたところなんだよ」と話すと、「喉に力が入っちゃって、良くない感じはするんです」と自覚がある様子だったので、来週はアンサンブルもあるし、痛みが引くまではなるべく楽器を吹かないように伝えました。

本日はしばらく間が空いてしまった生徒さんのレッスンで。 準備中に何気なく話をしていたら、なんだかいつもと声が違うような… よくよく聞いてみると、寒暖の差にやられてしまったのか、喉が痛い日が続いていて、今日もまだ痛いとのこと。 今日は久しぶりのレッスンですし、無理を押していらして下さったのだと思いますが、喉が痛い時と、鼻が詰まっている時に楽器を吹くことは、避けられるなら避けた方がいいでしょう。 無理な練習は意味がない? 私も喉が痛い中吹いたことがありますが、同じように吹いているつ…

アンサンブルの曲は、先週順調だった八分音符中心の曲が、今日はなんだかアワアワしてしまって、うまく吹けていません。

よくある話なのですが、難しい曲や複雑な箇所があった場合、ついついそちらに気を取られ、簡単な曲や部分の練習が疎かになりがちです。
あとの2曲は前回より良くなっていたので、今日のレッスンでは、あまり練習できなかった、ぱっと見た感じ簡単に見えるこちらの曲を中心にやりました。

この曲は、真ん中のソ・ソ♯を伸ばしていることがしばしばあるのですが、この2つの音とラ・ラ♯は、音の抜けがあまり良くないことに加え、音程が上ずりやすい音です。

そのまま吹いていると、アンサンブルなどの時は特に、他の人と音程が合わず、なんだか収まりが悪い…ということが多いため、対策をする必要があります。

なぜ他の音に比べ、音程が定まりにくいのかと言うと、「指をほとんど押さえていない=楽器が鳴っている長さが短い」からです。
これは、下管のトーンホール(指穴)を押さえることで、多少の解決が見られます。

左手の人差し指だけ、人差し指と中指、人差し指と薬指、人差し指・中指・薬指の3本、さらに小指、右手の薬指も…など、組み合わせはたくさんありますが、鳴りが良く音程が落ち着く押さえ方は、楽器によって異なりますので、いろいろ試してみて、自分の楽器に合った押さえ方を探してみて下さい。

なお、ファ♯から下の音を吹く時にうっかり押さえてしまうと、本来の音に干渉してしまうので、くれぐれも気をつけましょう。

これらの指をごく自然に曲の中で使えるようになるには、やはり慣れが必要です。
ロングトーンの時などに押さえる習慣をつけ、意識しなくても「押さえるのが当たり前」になるまで、何度も練習を繰り返してみて下さいね。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags