経験者の方のレッスンでした。

「いつか吹奏楽団などで吹きたい」という目標をお持ちですが、ブランクがあるため、今は基礎固めのためにレッスンに通っていらっしゃいます。

今後合奏やアンサンブルを楽しむために、ロングトーンやアーティキュレーション練習はもちろんのこと、初見力があった方がいいので、そちらにも力を入れています。

ご本人はあまり自覚がないそうですが、元々初見は得意なようなので、レッスンでさらに磨きをかけている、といったところです。

今日の、ロングトーンを兼ねた初見練習も、ノーミスでさらりと吹かれていました。
素晴らしいことです。

ところで、たびたびこの日誌でも「初見」という言葉を書いてきましたが、「言葉自体の意味がわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。
「初見」とは、一体なんなのでしょうか。

初見ってなんのこと?

読んで字のごとく、初見とは「『初』めて『見』た楽譜を演奏すること」です。
音楽大学や音楽高校の入試や試験では、「新曲視唱」「新曲視奏」と呼ばれることもあります。

これができるかできないかは、得手不得手というよりも経験値、訓練次第で身につく能力だと、私は考えています。

初見ができると何がいいの?

初めて見た楽譜をぱっと吹ければ、譜読みをする必要がないので、他の練習に時間を回せます。

また、部活や一般の吹奏楽団で、「今から新しい楽譜を配るので、一度通してみましょう」と言われたり、「曲決めのために、候補曲を全部音出ししてみます」などというシチュエーションは、しばしば訪れます。

そういった時に初見ができれば、その時間は難なく過ぎていきます。
逆に言えば、初見ができないと、かなりの苦労をすることになるのです。

初見力をつけるには

前述のように、初見ができるかどうかは、訓練次第です。
もちろん、訓練をせずともその能力を持っている人もいますが、持っていないからと言って、諦めてしまう必要はありません。

具体的な訓練の仕方は下記の日誌に記載してありますので、ぜひ目を通してみて下さいね。

毎月欠かさず、アンサンブルに参加して下さっている生徒さん。 前回のアンサンブルの時に、次のクラリネット重奏の楽譜をお渡ししたのですが、お忙しすぎて楽器を吹く暇どころか、楽譜を見る時間もなかったとのこと。 初見が得意な人の共通点 せっかくなので、初見で吹いてもらうことにしました。 私のところに習いに来始めた頃から初見が得意で、今回もさすがの初見力、と言ったところ。 ほぼノーミスです。 初見が得意な人の共通点は、「とにかく先に行くことができる」です。 もちろん飛ばしてはいけ…

「得意」がたくさんの奏者になろう

私が今まで出会ってきた「初見が苦手」な人達は、全員と言っていいくらい皆、「暗譜が得意」でした。

ということは、そこに「初見が得意」を加えることができれば、かなりの強みを持った奏者が生まれるということです。

初見はとても役に立つ能力ですので、今もし苦手だとしても、毛嫌いせずに少しずつチャレンジしてみて下さい。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags