2週前のレッスンで、風邪をひいて喉が痛いと言っていた生徒。
いろいろな症状が出て、なかなか良くならないそうで、今は鼻が詰まっているとのこと。
確かに、かなりの鼻声です。

寒くなってきたこの時期、体調を崩す方は多いと思います。
同じ話になりますが、くれぐれも「風邪をひいたら無理せずクラリネットの練習を休みましょう」です。

本日はしばらく間が空いてしまった生徒さんのレッスンで。 準備中に何気なく話をしていたら、なんだかいつもと声が違うような… よくよく聞いてみると、寒暖の差にやられてしまったのか、喉が痛い日が続いていて、今日もまだ痛いとのこと。 今日は久しぶりのレッスンですし、無理を押していらして下さったのだと思いますが、喉が痛い時と、鼻が詰まっている時に楽器を吹くことは、避けられるなら避けた方がいいでしょう。 無理な練習は意味がない? 私も喉が痛い中吹いたことがありますが、同じように吹いているつ…

彼女は、もう長く私のレッスンを受けているので、自分でそのあたりはよくわかっていて、「あんまり吹ける気がしません。喉に力も入っちゃうし…」と、自己申告がありました。

しかし、せっかくレッスンに来てくれたわけですし、何もせずに帰ってもらうわけにはいきません。
喉や耳に負担がないよう、今日は小さめの音で吹くように伝え、アンサンブルの曲で苦手な部分が何ヶ所かあるようなので、そこを克服することにしました。

トリルキィを使おう

写真の一段目にある三十二分音符。
この曲は♯系なので、どのような速さにせよ「嫌な指」です。
このような音型が出てきた時、どうやって解決していますか。
もちろん、コツコツ練習するのが、今後のためにもなるいい方法ですね。
ただ、それでもやはり限界があるかと思います。

これは「クラリネットのこのキィって、一体いつ使うんだろう…」と誰もがきっと思ったことのある、上管横にあるキィを使います。

DSC_2747

この4つのキィです。
「トリルキィ」と言います。
下の2つは、使う頻度も高いかもしれませんね。

トリルキィってなぁに?

名前の通り、トリルをやりやすく、より細かく吹きやすいようについているキィですが、今回のような「嫌な指」を解決するのにも使えます。

「ラ」の音を吹きながら、一番上のキィを押すと「シ」の替え指になります。
音程があまり良くないため、伸ばす際には適しませんが、この三十二分音符や、トリルのように速い動きであれば、問題なく聞こえるはずです。

やや大変ですが、

DSC_2735

このように、右手人差し指を伸ばして押さえます。

速い曲で威力を発揮するトリルキィ

他にも「ラ」に、上から2番目のキィを足せば「シ♭」になりますし、高い「ド(High B♭)」に同じく上から2番目のキィで高い「レ」が鳴ります。
ちなみに、開放の「ソ」と「ラ」のトリルも、通常の左手人差し指よりも、このトリルキィを使った方が速くできるはずです。(「ラ」は、これも上から2番目のキィです)

少ない指から、たくさん押さえる指になるトリルや細かい音符は、大抵このキィで解決できます。
真ん中の「ラ♯」と「シ」、「シ♭」と「ド」、高い「シ」と「ド♯」、「ド」と「ド♯」などなど…

残念ながら、トリルキィを駆使しても、どうにも代わりの音が見つからない場合もありますが、「え、これ、どうやってやるの?」という音に出くわした時は、いろいろ試して、簡単にできる指がないか、ぜひ探してみましょう。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags