アンサンブルに参加してくれている生徒のレッスンでした。

今アンサンブルでやっている曲は、調がバラバラ。
歌ものは、原調のままやっているので、やたら♯が多い曲があったり、かと思えば、クラリネットソロ用に書かれた楽譜で、♯1こで始まったのに、途中で♭3こに転調する曲があったりして…大混乱。

♯が多い曲はきちんと吹けるのに、その後何もついていない調の方がうまく吹けなかったり、なんとも不思議なものです。

これは、ある練習で、解決することができます。

万能な「ある練習」

それは、スケールです。

「えー、またスケール?」と思われるかもしれませんが、本当にスケールは「万能」と言ってもいいくらいの要素が詰まった練習なのです。

私が大学生の時に、師匠からやるように伝えられていたスケールは、1小節もしくは2小節単位で、半音ずつ主音(調)が変わっていくものでした。

これは、主和音(C-durならドミソ、D-durならレファ♯ラ)の分散和音ですが、いわゆる「ドレミファソラシド」の音階や、「ドミレファミソファラ…」と三度ずつ進んでいくものなど、本当に様々なパターンの練習をするように言われていました。

これらのスケールには、練習する理由がたくさんありますが、今回生きるのは「瞬時に調の切り替えをする能力」です。

調を捉える力をつけよう

半音階で主音が進んで行くということは、C-dur(調号なし)、Des-dur(♭5こ)、D-dur(♯2こ)、Es-dur(♭3こ)、E-dur(♯4こ)…といった具合に、目まぐるしく調が変わっていきます。

曲の中では、ここまで転調することはほぼないと思われますが、一瞬で調を捉え、その調号に頭と指を切り替える訓練は、やっておくに越したことはありません。

「調を捉える」と言っても、何も「♭4こはAs-dur!(もしくはf-moll)」とわからなければ駄目、ということではなく、「♭4こなら、シとミとラとレにつく」というのが、とっさにわかればいいのです。
(もちろん何調なのかわかるなら、その方がいいですよ!)

運指を指に覚え込ませる

「今回のこの曲は、こことここの音に♯をつけてみようかな」「こっちの曲は、この音にしてみよう」なんてことは決してなく、♯と♭がつく順番は決まっています。

♯は「ファドソレラミシ」、♭は「シミラレソドファ」です。
ですので、♯が3この曲なら「ファドソ」につきますし、♭が5こなら「シミラレソ」につきます。

まずは、この順番を呪文のように唱えてしっかり暗記し、その後はスケールでしっかり運指を指に覚え込ませれば、曲によって変わる調や、曲中での転調にも対応できるようになります。

しかしこれは、急にできるようになることはありません。
こつこつと積み重ねることで、自然と指が動くようになるのです。

どんな調も吹きこなせる日を目指して、少しずつ練習していきましょう。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags