最近入会された生徒さん。

「基礎をしっかり固めたい」とのことで、「スケールをやろうと思うのですが…」と相談されました。

スケールをやる意味は?

スケール(音階練習)は、ロングトーンが安定して吹けるようになった人が、次に取り入れるべき練習です。

スケールで気をつけることは

  • どの音域もまんべんなく出せるか
  • 指は均等に動かせるか
  • なめらかに吹けるか
  • まとまりを意識して吹けるか
  • 様々なアーティキュレーションで吹けるか

など、多岐にわたります。

このように、いろいろな要素を含んだスケールを聞けば、基礎力がきちんと身についているか、とてもわかりやすいので、いろいろな音大の入試でも取り入れられています。

調号が増えるとともに難易度が上がる多くの教本

上記のように、とても大切な練習なので、スケールというのは、ただ音を並べて吹けばいいわけではありません。

今日の生徒さんは、ご自身で購入された教則本に、スケールが載っていたから、それをやろうと思っている…とお持ちになっていたので、その教則本を見せてもらいました。

私が中学生くらいの時に、先生から買うように言われた教則本もそうなのですが、一点とても不思議なことがあります。

それは、「♯や♭が増えるにつれ、スケールの難易度も上がっていく」こと。

今回の楽譜も、ハ長調(C-dur)は四分音符のスケールからあるのに、先に進めば進むほどいきなり十六分音符で書かれていたりします。

調号が増えると、当然音階自体の難易度があります。
なのに、急に細かい音符でやるように指示されているのは、いかがなものか…と思うのです。
(しかも写真のヘ長調、ドイツ音名が間違っていますね)

おすすめの楽譜

その点、国立音楽大学が出版している、ロルフ・アイヒラー著『Scales for Clarinet』は、全ての調が同じ内容で書かれています。

私の大学の入試では『Scales for Clarinet』の音列で、音階を吹くように指定されていたほど。

「スケールをきっちりやりたい!」という人にはおすすめです。

この練習が全てにつながる!

音階練習は奥が深く、思うように吹くのが難しいため、入試の前には何度も「なんでこんなことをやらないといけないんだ!」と思ったことがあります。

しかし何年か前に、『Scales for Clarinet』の著者であるアイヒラー氏の生演奏を聴く機会があり、全く無駄のない指運びに「音階はやっぱりきちんとやるべきなんだ…」と、実感させられました。

スケールは、音の羅列にしようと思えば、いくらでもできてしまう練習です。
しかし、それでは意味がありません。

しっかり目標を持って、有意義な音階練習をしましょう。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags