来月のアンサンブルでやる予定の新曲を、一足先に譜読みしていた生徒ですが、いよいよ来週の火曜日に今月のアンサンブルが迫り、♯7つとの格闘は一旦保留。
今日は、全曲通してみました。

近頃はあまり練習できないらしく、全体的に自信がなさそうに吹いています。
そうすると、確信が持てないため、リズムもなんとなく曖昧になり、その曖昧に聴こえてくるリズムによって「本当にこれでいいのだろうか…」と迷いが生まれてしまい、ますます自信がなくなる…という悪循環に陥ってしまいます。

練習というのは、技術の向上はもちろんのこと、「きちんとさらってある(練習してある)から大丈夫」と、精神的に「根拠のある自信」を持つための材料でもあります。

忙しい、好きな時に吹ける環境ではない、など、いろいろと練習ができない理由はあると思いますが、隙を見て楽譜を見たり、歌ったりしておくだけでも、その「根拠」となり得ます。

レッスンや、人と合わせる機会に、「わぁ…楽譜を見るのすら久しぶりだよ…」というより、「楽譜はたまに見てたけど、ちゃんと吹けるかな?」の方が、状況としてはかなりいいですよね。

それぞれの生活や、物事の優先順位があると思いますが、自信を持ってクラリネットを吹けた方が、何倍も楽しいですし、やる気にもつながっていくので、うまく時間を使っていただきたいと思います。

今日、彼女が一番苦戦していたのが、写真の2段目と3段目の最初の小節のリズム。
特に3・4拍目が、どうもうまくはまらないようでした。

実は、3拍目と4拍目は、同じリズムです。
「え?全然違うじゃん」と思われるかもしれませんが、拍のあたまが休符とタイの違いで惑わされているだけで、それ以外は、3段目の3・4拍目は、動くポイントが完全に同じなのです。
2段目は、最後にもう1つ十六分音符があるだけ。

そう考えると、急に簡単な気がしてきませんか?

パッと見て難しそうだと、どうしても「あー、無理無理。わからない!」と拒絶反応が出やすいのですが、同じ楽譜に似たようなリズムがないか、過去にやったことがないか、じっくり楽譜を見てみましょう。

それと、このようなリズムがうまくはまらない時は、大抵タイが長すぎると思って間違いないです。
細かく動いている時のタイは、ついつい「長いもの」と捉えてしまうので、必要以上の長さになってしまいます。

タイを外してみたり、休符にしてみたり、本来の「次の音の動き出し」をつかんでから、楽譜通りに吹くと、きっとテンポにはまるはずです。
前述のように、楽器を出す時間がない時に、手を叩きながら歌って、リズムを体になじませておくのもいいですね。

クラリネットと楽譜が近くにある生活を送って、楽しく音楽ができる日々を過ごして下さい。

次回のクラリネットアンサンブル(未経験者向け)

2019年9月30日(月)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

クラリネットアンサンブル(未経験者向け)

シューベルトの『菩提樹』にもだんだん慣れてきました。
そろそろ、曲を増やそうと思っています。
冬にちなんだ曲をやる予定ですが、何になるかはお楽しみに!
譜面自体は簡単なものを使用していますので、アンサンブルに自信がない方も、どんどんご参加下さい。

クラリネットアンサンブル(未経験者向け)は
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のレッスン日誌 »
« 前のレッスン日誌

関連タグで一気読み
Recommended Tags