今日は、中高一貫の女子校の部活指導です。
この学校で初めて教えた子達(当時中1)が、今は社会人2年生だそうです。
写真も、もう6年前のもの。
この子達がいたのはつい最近な気がしますが、時の経つのは本当に早い…

この学校は、吹奏楽部ではなく管弦楽部。
管弦楽のクラリネットは大体2~4人ですが、各学年2人(今は高1だけ1人)×中1から高2の5学年・9人の大所帯です。

ここの部でクラリネットをやる子は、楽器の購入が必須です。
楽器が届いて「ではまずケースを開けてみましょう」という段階から私が立ち会えるので、「今までどんなことを、どんな風に教わってきたか」の確認をしなくて済むのが助かります。

初めてのクラリネット

今日のメインは、入部して2週間ほどの、1年生のレッスン。
なにせ新しい楽器なので、楽器の取り扱いを再確認しました。

クラリネットは、廉価な楽器を除いて木でできています。
扱い方を間違えると、ピシッと割れます。

割れた楽器は、見た目は元に戻せても、やはり響きや鳴りを完全に元通りにすることはできません。

購入したばかりは特に割れやすいので、こまめに中の掃除をすること、エアコンが直接当たるような状況にしないこと、しまう時にはしっかり水分を取ることを、改めて伝えました。

ロングトーン

そして初心者にとっては特に大事な姿勢と、ロングトーンの仕方の確認です。
だいぶ大きな音は出るようになっていましたが、体に力を入れ、一生懸命吹いている状態。

  • 楽に構え(だらっとではありません)
  • まっすぐ前を見る
  • たっぷり息を吸う
  • 楽器にたくさん息を入れる

という当たり前のことが、初心者にはまだ当たり前ではありません。
意識せずともできるようになるまで、上記のことを意識しながら、こつこつ続けて練習することが大切です。

上級者は目的意識を持って練習

何年か前の、大河ドラマの主題曲です。
楽譜をぱっと見た感じは、特に難しくもなく、合わせにくそうなポイントもなし。
「どういうところが気になるの?今日見てほしいポイントはある?」と聞いても、「えーっと…」。

やはり、目的意識があってレッスンを受けるのと、ただ漫然と受けるのでは、身に付き方が違います。
この学校のクラリネットの子達は、「準備はできていないけど、レッスンの日が来ちゃったから、とりあえずできそうな曲を見てもらおう」という傾向が、昔から見られます。
年間通して教えに行けることが、裏目に出てしまうことがあるのです。
「それは、お互いにとても時間がもったいないことなんだよ」と、ずっと言い続けてるのですが、勉強第一の生活の間は、なかなか難しいですね。

この部のメインの本番は、9月にある文化祭。
その前には合宿もあります。

真面目に取り組む子が揃っているので、合宿に向け、意義のある練習・レッスンになるよう、一人一人が少しずつ考えてくれるといいなと思います。
もちろん、私もそれに応えられるように、真剣に臨みます。

ひとまず、合宿までにレッスンがあと2回。
次回どうなっているか、楽しみです。


次のレッスン日誌 »
« 前のレッスン日誌

関連タグで一気読み
Recommended Tags