本日は、合奏経験者向けアンサンブルの日でした。

お休みの方もいらっしゃいましたが、今日は久々の大所帯。
6名の参加者と、講師のバスクラ合わせて、七重奏です。

どんな演奏になるのか、ワクワクしますね。

発表会出演メンバー全員集合

そして今日は、6月の発表会に出演予定の方が、勢揃いされました!
最近は出欠席が入り乱れていたので、改めて皆さんに自己紹介していただき、結束を固めました。

しかし、浮かれてばかりもいられません。
本番前最後となる、来月のアンサンブルはお休みされる方がいるので、全員揃う練習はなんと今日だけ。

んー。妙な緊張感が走ります。

演奏曲は?

さて今回、発表会で演奏することにした曲は3曲。

  • ドビュッシー『アラベスク第1番』
  • 葉加瀬太郎『情熱大陸』
  • グランドマン『Caprice for Clarinets』

今から無理矢理新曲に挑戦しても、不完全燃焼になってしまうのは目に見えているので、過去にやった曲の中から「聴いて楽しい」「吹いて楽しい」、また「奏者のリクエスト」を総合的に判断して、以上の曲に決定です。

事務連絡をぱぱっと終わらせ、さぁ、みんなで早速合わせていきましょう。

ややこしいリズムを合わせるコツ

まずは、半数の方が初めて吹く『アラベスク第1番』。

この曲は、ピアノ用に書かれたものが原曲で、今回演奏するのはクラリネット六重奏用に編曲された楽譜です。

右手が三連符、左手が八分音符、と、1人で弾いていても大混乱のこの曲、なめらかな演奏のためには、自分を信じ、違うリズムには耳を傾けず、同じリズムのパートを瞬時に判断して、気持ちを揃えることがポイントです。

もちろん、小節のあたまや拍のあたまなど、合わせどころは多々ありますので、そこをしっかりと押さえることも大切です。

テンポが変わる時の対処法

また、ちょっと速くなったり、かと思えば遅くなったり、細かいテンポの動きが多いのも、この曲の特徴。

人それぞれ、心地良い速くなり方、遅くなり方があるかと思いますが、アンサンブルでは共通の速さのイメージを必ず持つようにしましょう。

そのためには「こんな感じはどう?」「こうしてみない?」という、意見を出し合い、個々のテンポ感をすりあわせていく作業が不可欠です。

その上で、その箇所で一番上のパート、もしくは最も動きのあるパートを担当している人が、合図を出しましょう。

合図を出すことは、単純に目印となるだけでなく、全員がその人に注意を向ける=気持ちが揃うことに繋がります。

楽譜になると難しい

細かくテンポの移り変わりや、拍のはまり方を確認していたら、あっという間に1時間以上経ってしまい、慌てて次の曲『情熱大陸』の合わせ開始です。

これも、やったことがある方とない方が、入り交じっています。

この曲は、皆さんもよくご存知かと思いますが、実は楽譜に起こすと、複雑なリズムのオンパレード。

知らないメロディーだとしたら、パッと一瞬で読み取るのは難しいのではないかな、というくらいのリズムです。

他にも、中間部に「簡単そうに見えて難しい」箇所もあったりして、細かくやり込む必要がありそうですが、これは次回に持ち越し。

各自、メトロノームでテンポキープの練習をしておいて下さいね。

まるで吹奏楽のような響きの曲

『Caprice for Clarinets』は、1月のアンサンブルで全員吹いているので、さすがの出来でした。

時間の都合で、1回通しただけになってしまいましたが、吹奏楽で演奏されるような曲に雰囲気も近いので、来月は決めどころを確認するだけで良さそうです。

合わせはあと1回しかありません。
ちょっとした音間違いや、うまく指が回らない箇所など、個人練習をしておきましょう。

次回のクラリネットアンサンブル(経験者向け)

2019年8月25日(日)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

クラリネットアンサンブル(経験者向け)

久しぶりのクラシック『カルメンファンタジー』を、前回からスタートしました。
やり応えのある譜面になっていますので、みんなでかっこよく演奏しましょう。

クラリネットアンサンブル(経験者向け)は
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags