吹奏楽団でクラリネットを吹いている生徒さん。

今日も「どうしてもうまく吹けないところがある」と、レッスンにいらっしゃいました。

アクセントなのにデクレッシェンド!?

音は、下に行けば小さく、上に行くと大きく聞こえる特性があります。

低い音の方が、高い音に比べて耳に届きにくいからです。

にもかかわらず、

この形。

上行・アクセント・デクレッシェンド。
相反するものが、同時に求められています。

しかも今回吹くのは、上のパート。
「うまく吹けない」とおっしゃる気持ちも、とてもよくわかります。

しかし、指示通り吹かないわけにはいきません。
今日は、どう練習したらいいのかをお伝えしました。

音量は気にせず練習しよう

まず大切なことは、「アクセントの吹き方を徹底すること」です。
吹きやすい音量とテンポで構いません。

ただ、シンコペーションかつアクセントなので、必ずメトロノームはかけましょう。

その音量でしっかり吹けたら、次に進みます。

小さい音量でのアクセント練習

今度は、ピアノもしくはメゾピアノで、同じ練習をします。

この時に、「音量が下がっただけで、音の粒の形は同じ」にすることが、とても重要です。
音を小さくするには、吹き込む息の量を減らすわけですが、息のスピードを落として量を調節してしまうと、音の密度が下がり、粒の形も変わります。

息のスピードは維持して、細く速い息を入れるようにしましょう。

一音ずつ音量を下げてみよう

ここまでできたら、ゴールまであとちょっと。

次にやるのは、「音の形はそのままに、一音ずつ音量を下げていく」練習です。

このフレーズの場合、スタートがフォルテッシモなので、「フォルテッシモ→フォルテ→メゾフォルテ→メゾピアノ」と、音量を下げるといいですね。

ここでは、自分の中でしっかり理解して音量を調節できるように、メトロノームをかなりゆっくりにセットしましょう。

音量を下げていくイメージは、テレビやオーディオの音量を下げるのと同じ。
テレビの音量を下げていったからといって、番組の中で話している人が滑舌悪くなったり、ぼそぼそ話すようになるわけではないですよね?

音の粒の形を変えないことを、一番大事にして下さい。

うまくできたら、少しずつテンポを上げていきましょう。
慌てず、丁寧にテンポアップしていくことが、合奏での成果発揮につながります。

曲本来のテンポまで上げられたら、しっかり身につくまで何度も吹いて、きちんと自分のものにしておきましょう。

きちんと理解して吹こう

今回のような音量変化や、複雑なアーティキュレーションは、頭の中で理解し、整理してから吹くことが大切です。

勢いよく何度も繰り返しても、「たまたまうまくいった」「なんだかちゃんとできない」を積み重ねるだけ。
一見遠回りに見える練習が、実は大きく実を結びます。

確実に吹けるようになるために、細やかな部分練習を取り入れるようにしましょう。


次のレッスン日誌 »
« 前のレッスン日誌

関連タグで一気読み
Recommended Tags