小学2年生の男の子のレッスンでした。

実は、親御さんからご相談があり、ご都合で来週のレッスンが最後。
この数ヶ月頑張った成果を発表する場所を、次回は設ける予定です。

先週、2曲楽譜を渡したのですが、1曲はまだ手をつけてないというので、今日は「これは必ず吹けるようにしてね」と伝えた『きらきら星』をやりました。

課題の進み方をまず確認

前回、レッスンの中でも譜読みを行い、レッスン後に「音を出せなくてもいいので、毎日必ず楽器を出して、歌いながら指を動かしてね」と伝えておきました。

2週間ぶりの、小学2年生の子のレッスンでした。 今日は新しい音を勉強するのと同時に、初めて曲を練習することにしました。 譜読みにはいろいろなやり方がありますが、彼の場合はまだ、クラリネットを始めてそんなに時間が経っていないので、初見でいきなり吹くようなことはせず、少しずつ、確実にステップアップしていく方法を取りました。 『音』に慣れることから始めよう まずは、「ドレミ」で楽譜を読むことからです。 今回の曲は『きらきら星』だったので、それを例にお話していきます。 リ…

今日は、まずそれを確認。

「指を動かしながら歌う」というのは、簡単なように見えて、意外と難しいのですが、小さい声ながら、指と歌がきちんと連動していて、間違わずに歌い切ることができました。

この練習で身につくのは「指を動かしている時(吹いている時)に、頭の中で歌う」こと。

以前も書きましたが、演奏中に頭の中で歌うことができれば、ほぼ間違えることはありません。
逆を言えば、歌えない部分は吹けない、ということです。

「楽譜に書いてある音と運指が完全に一致して、ドレミの認識をせずともすらすらと吹ける」という領域にいるのであれば、その限りではありませんが、わざわざドレミを読まないで、そのようなことをする必要はないですよね。

しっかりと、指と歌を一致させていきましょう。

練習を生かして、次へ進もう

ちゃんと歌えたところで、早速演奏してもらいました。

先週は、音と指の確認で終わってしまったので、レッスン中には曲を吹くまではいかなかったのですが、この1週間で驚くほど吹けるようになっていました。

やはり、「歌いながら指を動かす」ことは、効果絶大です。

次に気をつけることは、まっすぐな息で吹くこと。
特に、タンギングの必要な曲(同じ音が並んでいる曲)だと、ついつい息を入れ直してしまっていませんか?

音の質を均一に保つためにも、ロングトーンの息で曲を吹けるようにしていきましょう。

「なんとなく」の練習はしない

少し練習の仕方を工夫したり、少し意識を変えてみるだけで、曲の仕上がり方は大きく変わります。

「ただひたすら、クラリネットを吹いていられる」という生活であれば、「質より量」でも構いませんが、少ない時間を使って練習している方が多いと思いますので、短くても濃い練習ができるように、有意義に時間を使って下さいね。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags