先月体験レッスンを受けた方が、お仕事との兼ね合いがとれそう、とのことで、無事に入会して下さって、今日は初レッスンでした。

今後、どうしていきたいかを具体的に確認したところ、「まずは基礎をきちんとやってから、みんなで合わせたり、将来的には吹奏楽団などで吹いてみたいです」とのこと。

体験レッスン以来、お忙しくて吹けなかったそうですが、経験者の方なので、半音階のロングトーンから始めました。

ロングトーンが終わって、「音がちょっと…」と言いかけると「やっぱり小さいですよね?」とおっしゃっていて、ご本人も気にはなっているようでした。

基本的な部分(アンブシュアや構え方・姿勢など)はきちんとできていて、音もきれいですし、そこは自信を持っていいと思います。
あとは、先程書いたように、息が少し細く、音が小さいことと、運指が少し不安そうなので、まずはそこを固めていくことにしました。

運指は、楽譜をきちんと見ながら、とりあえずなんとなく指を準備して吹くのではなく、「必ず正しい指で吹く」ことを繰り返せば、徐々に身についていきます。
得意不得意が出てしまわないよう、毎回吹ける範囲の全ての音を吹くことが大切ですので、少し大変ですが欠かさずやりましょう。

今までにも何回か書いてきましたが、音量は息の量と比例します。
いかに楽に、たくさん入れるかが大事ですが、彼女の場合は、まず充分に息を吸っていない印象だったので、本人に確認してみると、やはり「あまり息を吸ってないです」という返事でした。
「一旦息を吐ききって空にし、思いきり吸って楽器に入れる」ことを、当面の目標にして、音量の底上げを頑張ってもらいたいと思います。

くれぐれも、力を入れて息を絞り出す吹き方にならないように、注意して下さいね。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags