アンサンブルクラスが開講してから、ずっと参加して下さっている生徒さん。

いつも♯がたくさんついた曲と格闘していましたが、今は途中で♭系に転調する曲も演奏していて、それはそれで一苦労。
なぜなら、運指は「慣れ」の要素が強いからです。

頭ではわかっているのに指が勝手に…

当然ながら、♭系の曲には、何もついていない調や♯系にはない進行が含まれます。

例えば開放の「ソ」の下の「ミ」から「ミレド」と下りるとします。

C-dur(ハ長調)であれば、「左手親指と人差し指(ミ)」「プラス中指(レ)」「プラス薬指(ド)」と進みます。

一方、「ミ」に♭がついている調で「ミレド」と下がるとなると、「左手親指と人差し指と中指+右手人差し指(ミ♭)」「右手人差し指を外す(レ)」「プラス薬指(ド)」という進行になります。

ここの「ミ♭」→「レ」が厄介で、頭の中では当然わかっていても、指が「ミからレに進むには『指をプラスする』」と覚えていて、右手人差し指を外すのと同時に、ついうっかり左手薬指をプラスしてしまったりするのです。

すると「ミ♭」→「レ」のはずが、「ミ♭」→「ド」と鳴って、自分でびっくり!なんてことが起きてしまいます。

替え指は要注意

今の話は、あくまで例えで、「みんなが陥りやすいから気をつけて!」という話ではないので、誤解しないで下さいね。

よくあるのは、チューニングの「ド」周辺の替え指。
「シ」は左手小指(と右手小指)、「ド」は右手小指、「ド♯」は左手小指(と右手小指)で吹いている人が、多いかと思います。

ところが、替え指のない「レ♯」が出てきてしまうと、これらの指を別の指にする必要が出てくる場合があります。

その時に「シは左手!」「ドは右手!」と凝り固まってしまっていると、とっさにその音に進むことができません。
いくら楽譜に「右」「左」や「L」「R」を書いたところで、普段の収まりのいい指に、ついつい落ち着いてしまうのです。

なぜなら、最初に書いたように、運指は「慣れ」だからです。

ではどうするかと言うと、普段の基礎練習に替え指を取り入れることが大切です。

自在に使うためにもロングトーンに取り入れよう

今日は、長く教えている大学生が「半音階を吹いた時に、間に余計な音が入っていると吹奏楽の指揮者の先生から言われたけれど、よくわからないので、聴いてもらいたいです」と言うので、早速吹いてもらいました。 吹き始めてもらうと、「そこは替え指を使えばいいのになぁ…」という箇所がちらほら。 それを伝えてみると、「そんな指があったんですねー」との反応。 「同じ手の小指が続かないように」だったり、「左手の薬指がなんか大変だから」という時に便利な替え指。 それ以外にも、替え指をちゃんと使え…

上記記事に出てきた指なども、いざその時に使おうとしても、なかなかぱっと準備することができません。

かと言って、曲中では「えーっと、この指は…」なんて考えている暇もありません。

基礎練習(ロングトーン)であれば、考えて準備することが可能ですので、指に感覚を覚えさせるために、使う可能性の高い指は、普段からコツコツと練習しておきましょう。

考えずに指が動くようになるまで、頑張って下さいね。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags