久しぶりの♭系の楽譜に、悪戦苦闘中の生徒さんのレッスンでした。

あまりの苦手意識に、写真の通りほぼもれなく♭の書き込みをされてきたのですが、残念ながらこれはあまりいいことではありません。

この、調号をとにかく書き込むやり方があまり良くない理由は、吹いた直後にご本人も言っていましたが、「こんなに調号がついた曲なのか…」という、気後れを招いてしまう点と、全部に♭・♯をつけたつもりが、実はつけ忘れていた場合に、それに気づかずに♭・♯をつけずに吹いてしまったり、「この音ってつけていいんだよね…?」と、不安になってしまう可能性がある点です。

書き込みに頼って吹いていると、書き込みがない部分に自信が持てなくなってしまいますし、演奏をより良くするためのガイドであるはずの書き込みが、力を持ちすぎてしまうことになります。

もちろん私も、♯や♭、ナチュラルの書き込みをすることがあります。
ただそれは、「一度間違えた音」のみ。
一度間違えたら、次も同じことをしないために、書き込みをします。

「全て間違えたら書き込みだらけになるのでは?」という声が聞こえてきそうですが、そこまで間違えるということは、まず楽譜がちゃんと読めていない、ということですので、もう一度譜読みを丁寧にやり直しましょう。

また、調号や臨時記号に限らず、「速くならない」「リズム気をつける!」「メロディ美しく」…などなど、吹奏楽で指揮者に言われたこと、アンサンブルで相談したこと、ソロ曲で自分が気づいたことを、文字で書き込む場合もあるかと思います。

これも、演奏を良くするための手段。
「書くこと」が目的になって、「書いたこと」で満足してしまわないよう、充分気をつけましょう。

そういう私も、小学生の頃は色ペンをフル稼働させて、それはそれはカラフルな楽譜にしたこともありますし、先生に言われたことを、小さな文字でぎっしり書き込み、楽譜を真っ黒にしたこともあります。

自信を持って吹くために、書き込みはすべきだと思いますが、同時に、他の人が見てわからないような楽譜にしてしまうことは、少し方向性を誤っているのではないかなと思います。

自分が迷ったり、不安になったりしないためにも、びしっと書くべきことを書き、余分な書き込みは極力控えた、読みやすい楽譜を作り上げていきましょう。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags