先週、お仕事の都合で休まれた生徒さん。

「あまり練習できてないんです…」とのことでしたが、ロングトーンも調子が悪そうではないので、頑張って練習されている『春の歌』を、途中までピアノで合わせてみることにしました。

重奏で変わる演奏の質

メトロノームに合わせるのが、少し苦手な生徒さんですが、ピアノと一緒だとテンポもリズムもきっちり!
たまにタイが短かったり、音間違いがあったりはしましたが、かなり正確に吹けます。

「今日は、できる範囲でピアノと合わせてみようかと思うんです」とお話した時は「いやいや、全然吹けないので…」と気乗りされていないご様子でしたが、ご本人も「吹けてますねぇ」とびっくり。

普段と違った環境を作る

もちろん1人でコツコツ練習することは大事だし、やっていないことが急にできるようになったりするわけではありませんが、たまに今回のように吹かざるを得ない・前に進まざるを得ない状況を作り出すと、自身で思っているよりもきちんと吹けていることがわかる場合もあります。

逆に、思わぬ部分が苦手であったり、吹きにくいことが露呈したりもします。
それにより、次に何を練習すべきかの課題が見えてくるのです。

合奏で楽しさ倍増

また、やはり1人で吹くよりも、誰かと合わせると音楽の楽しみは倍増します。
せっかくレッスンにいらしていただいていて、私と2人で演奏できる環境ですので、二重奏であったり、ピアノ伴奏のソロ演奏であったり、少しでも多く合わせる機会を持ちたいと思っています。

もしあなたもどこかの先生についていて、普段と変わったことをしてみたいと思った時、先生にたまには合奏してみたい、と伝えてみてもいいかもしれません。
課題が見えたり、モチベーションが上がったり、様々な変化が見られるかと思います。

得意なところと苦手な部分の差がなくなるように、上手に練習を進めていきましょう。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags