2018年2月26日、今年2回目の未経験者向けアンサンブルが開催されました。

今日も、講師を含めたクラリネット3名でのアンサンブルとなりました。

今回は前回に引き続き、2つの新曲に挑戦です。

演奏曲目(順不同)

  • くるみ割り人形より 行進曲
  • 別れの曲

くるみ割り人形の役割分担

「くるみ割り人形 行進曲」といえば、小気味よく軽快な、あの旋律ですね。

あの旋律は1番と2番が担当していますが、実はその次に来る有名なメロディーは、3番が担当しています。

つまり3番以外は、オーケストラにおける弦楽器のTuttiに近い役割を担うことになります。

「くるみ割り人形 行進曲」を演奏する時に大切なのは、3番の旋律をしっかり意識して演奏すること。

この曲では、3番が主役として吹き、それを支える(包み込む)役割が1番・2番となります。

有名なフレーズが割り当てられているため、1・2番がずっとメインかと思ってしまいがちですが、主役をハッキリさせることで、曲の雰囲気は大きく変わりますので気をつけましょう。

別れの曲

アンサンブル未経験者には、少々テンポが取りにくいのが特徴の「別れの曲」。

曲は4分の2拍子ですが、八分音符でカウントして進んでいく曲なので、気がつけば大きくズレが生じてしまうこともしばしば。

ゆったりとした曲なので、テンポをしっかりキープしましょう。

そして演奏に余裕が出てきたら、メロディーに命を吹き込んでいきましょう。

繋がりを意識すること

「別れの曲」の2番・3番は、交互に掛け合いをしながら伴奏を演奏していきます。

両者のフレーズが、綺麗に繋がるように心がけましょう。

一人で吹いているかのように、綺麗に受け渡しができると、美しいメロディーがより一層際立ってきます。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags