新しいクラリネットをついに購入!したはいいけど、クラリネット購入後は浮かれて吹きまくっていいのかな?

なんて思ったことはありませんか?

木管楽器はとてもデリケートなため、購入後から注意が必要です。

クラリネットを長く使う為にも、吹きたい気持ちをグッと我慢して、しっかり楽器を育ててください。

吹くのは1日30分、掃除はこまめに!

クラリネットは、廉価なものを除いて管体が木でできています。

その木を長い間乾燥させて作っているため、購入直後は特に、気を配る必要があります。

来月には高校生になる、今日の生徒。 今までは、中学校の備品のクラリネットを使っていましたが、高校生になるにあたり、楽器を購入するよう、進学先の吹奏楽部の顧問の先生から言われているそう。 先月までは「まだ買わない方がいいです」と、親御さんにお話してあり、やっとそろそろ買っても平気な季節になってきました。 楽器を買わない方がいい季節がある? 金管楽器とは違い、管体が木でできている木管楽器(クラリネット・オーボエ・ファゴットなど)は、購入する時期を選びます。 それらの楽器は、…

新しい楽器を手にし、ガンガン吹きたい気持ちはとてもよくわかります。
ただ、最初の1ヶ月は我慢しましょう。

乾燥させていた木に、一気に水分を含ませることは大変危険です。

最初の1ヶ月間は、吹いていいのは毎日30分まで。
5~10分ごとに、スワブ(掃除用の布)を通すようにしましょう。

良い楽器にするためのロングトーン

その30分間は、パラパラと吹くよりも、一つ一つ大きな音で、良く鳴る楽器になるよう、大きな音でロングトーンをします。
大きさを追求するあまり、美しくない音で吹いては駄目です。

出せる範囲の音、全てを出しましょう。
その時に気をつけるのは、音によって音量に差が出ないようにすること。

この段階で、「鳴りやすい音」「鳴りにくい音」ができてしまうと、あとから直すことはほぼ無理です。

より良い楽器に仕上げるため、心を込めて吹きましょう。

掃除は徹底的に

30分経ったら、水分の取り残しがないように掃除をします。
管体はもちろん、それぞれのジョイント(楽器のつなぎ目)にも、水が溜まっていることがあるので、そこもきれいに取り去りましょう。

キー磨き用の布がついていたら、片づける前に、キーについた指紋などを拭き取っておくと、きれいな状態が長持ちしますので、ぜひ継続してみて下さい。

楽器ケースに入れてはいけない

掃除に使ったスワブを、ぎゅーぎゅーとベルに押し込んでいる子達を、部活などで見かけることがありますが、ベルはスワブ入れではありません。

4つくらいにたたんで、楽器の上に置いてケースを閉めている人、実はこれも不正解です。

管体内の水をとった布を、楽器ケース内に入れてしまっては、再び水分を楽器に与えることになってしまいます。

クラリネット自体が木でできていることもそうですし、パッド(穴をふさぐために、金属のカップの裏についているもの)は、フェルトと薄い紙でできています。

それらに、水分を吸わせてしまうことのないよう、使ったスワブは楽器ケースカバーのポケットに入れたり、ポーチなどに入れ、楽器ケースの外で保管するようにしましょう。

「急激な○○」を避ける

他に気をつけた方がいいのは、

  • 楽器に直接冷暖房が当たる場所で吹かない
  • 極端に温度が高かったり低かったりする場所に楽器を置かない(ケースごとでも)

この2点は、1ヶ月経過後もずっと気にして下さい。

木でできている楽器に良くないのは、急激な水分量の変化と、急激な温度の変化です。

「学校に自分の楽器を置いておかなければならないのだけれど、楽器庫があまりに寒くて、何度も楽器が割れる」
「大学の練習室で練習中、部屋に掃除の人が入って、楽器を置いたまま部屋を出たら、エアコンの当たる場所に楽器を移動され、数分後に戻ったら割れていた」
「夏に、涼しい高原で行われた講習会中に、楽器が割れた」

これらは、全て私の友人や生徒の話です。

割れてしまった楽器は、見た目を元に戻すことはできますが、やはり吹き心地まで完全に元通りというのは難しいので、割れを防ぐために気をつけるべきことを、常に頭の片隅に置いておきましょう。

大切な楽器と長く付き合うために

どんなに丁寧に扱っても、残念ながら「割れ癖」のある楽器はあるそうですが、用心に用心を重ねて、悪いことは1つもありません。

気にできることは気にして、気に入ったクラリネットを、良い状態で長く吹き続けられるようにしましょうね。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags