今日は、春の歌を練習されている生徒さんのレッスン日でした。

譜読みには、全体にばーっと目を通す方法(吹奏楽などはこちらの方がいい)と、フレーズごとに十数小節ずつ読んでいって、できたら先に進む、というやり方がありますが、この方は後者。

見開きの楽譜半分くらいまでを、ここ数週やっていましたが、この1週間で先に少し進まれたとのこと。
早速聴かせてもらいました。

十六分音符が並んでいる箇所だったのですが、
・苦手な部分(指がすっと動かない部分)で、息を吸ってごまかす
・吹けるところは速く、音がとっさに読めないと、止まったり遅くなったりして、同じ長さの音符が続いているのに、均等に吹けない
という状態でした。

これは、クラリネットに限らずよく陥りがちな演奏の仕方です。

吹けない部分の練習は「大きく、ゆっくり、均一に」が絶対。
特に苦手な箇所が確実に吹ける速さを設定して、練習します。

この時は、メトロノームはかけなくても構いません。
1つ1つの音を「ミーーレーードーーレーーミーー」というように、しっかりまっすぐ、同じ長さで、頭の中で歌いながら吹きます。

吹けない箇所というのは、指の問題のこともありますが、頭の中で歌えてない(楽譜が読めていない)ことがほとんど。
ゆっくりなうちから、着実に頭の中で歌う癖をつけましょう。
楽器を出す時間がない時に、楽譜だけ用意して歌ってみるのも効果的ですよ。

慣れてきたら徐々に速くして、メトロノームもかけるようにすれば、いつのまにか吹けるようになるはずです。
「また均等に吹けてないかも…」という速さに遭遇したら、必ず1つ前の速さに戻して確認を。

こつこつやることは大変ですが、ただなんとなく、それなりのテンポで練習していた場合とは、後々の結果が変わってきます。
曲を美しく仕上げるためにも、譜読みの段階を大切にしましょう。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags