アマチュアオーケストラに所属されている方のレッスンでした。

最近入会された生徒さん。 「基礎をしっかり固めたい」とのことで、「スケールをやろうと思うのですが…」と相談されました。 スケールをやる意味は? スケール(音階練習)は、ロングトーンが安定して吹けるようになった人が、次に取り入れるべき練習です。 スケールで気をつけることは どの音域もまんべんなく出せるか 指は均等に動かせるか なめらかに吹けるか まとまりを意識して吹けるか 様々なアーティキュレーションで吹けるか など、多岐にわたります。 …

「基礎を固めたい」とのことで、今日も前回お勧めしたスケールの楽譜をお持ちになりました。

C-durの1番(ドレミファソラシド)と2番(ドミソの分散和音)を練習されたそうなので、今日は、分散和音をやることにしました。

分散和音って何?

分散和音(アルペジオ)とは、和音を構成する音(ここではドミソ)を、「ドミソド」「ドソミド」のように順番に演奏することを言います。

曲の中(特に吹奏楽)には、分散和音がフレーズに出てくることがしばしばあり、基礎練習に分散和音を取り入れていると、そのような時に部分練習をしなくても、すんなり吹くことができます。

分散和音の注意点

普通の音階練習と、分散和音の練習の大きな違いは、当然なのですが音が飛んでいる点です。

どうしても、弱い指のくせが出やすく、間に音が入ってしまいやすいので、その点注意が必要です。

苦手な部分は、そこだけ取り出して、何度も繰り返し練習しましょう。
自分の耳と、指の感覚を信じて練習することが大切です。

また、指に無駄な動きが多いと、スムーズに進むことが音階練習よりも難しくなります。

音の並びに慣れてきたら、鏡を見ながら、ゆっくり練習して、必要最低限の動きで次の音へ移れるように、指に覚え込ませましょう。

次第に速くしていくと、曲中でも使える運指が身につきます。

効果が見えやすい分散和音練習

全体的に、効果や練習する理由が明白にわかりにくい基礎練習ですが、分散和音に関しては、曲と直結する部分が多いと思います。

ただ吹くだけではなく、より意味のある練習をしましょう。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags