アンサンブルに参加中の生徒。

今日もピアノと合わせながらのレッスンでしたが、途中で「なんか音が気持ち悪い」と一言。

要は、「(特に開放のソあたりの)音が、ピアノと合ってなくて気持ち悪い」ということです。

私もピアノを弾いていて、今日はかなり音程がずれているなぁと感じていたので、生徒からその言葉が出てきて、嬉しい限りです。

これは、耳が育ってきたと言えるからです。

よくわからずにチューニングしてます…

吹奏楽やオーケストラ、アンサンブルやピアノとのソロ演奏など、誰かと合わせる前には、必ずチューニングをしますよね。

しかし、なんだかよくわからず、チューニングメーター(チューナー)や基準の音に合わせてるだけ、という人も多いのではないでしょうか。

最初は、わからなくて当たり前です。
きっと「ずれているって何?」という状態でしょう。

それでも、諦めずに聞き続けましょう。

ある日、「あれ、なんかずれてて気持ち悪いかも…」と、気づけるはずです。

ずれを「気持ち悪い」と思えたら耳が育ってきた証拠

それがまず、チューニングで周囲と合わせるための第一歩。
ずれに気づけないことには、何もできません。

チューニングとは、「メーターに合っているか、合っていないか」を確認するための作業ではないからです。

その「ずれていて気持ち悪い」の感覚を、大切にしましょう。

楽器を抜き差ししてみよう

ずれに気づけたら、次は楽器を抜き差しして、基準の音に合わせる努力をします。

楽器は、長いと低い音が出て、短いと高い音が出ます。

とても大きい(管が長い)テューバは低い音が鳴りますね。
逆に、小さい(管が短い)ピッコロは高い音が鳴ります。

それと同じ原理です。

ですので、自分の音が高い、と感じたら、楽器をほんの少し抜きましょう。
(私は、小学校の時「高い時は抜くから『たぬき』と覚えなさい」と教わりました)

低いと感じたら、隙間なく入れますが、「もうこれ以上入らない!」という時は、管の中に息を通して、楽器を温めましょう。
楽器が冷えていると、音程は下がります。

「ずれているのはわかるけど、自分の音が高いのか低いのかわからない…」という時は、どちらか試してみましょう。

ずれが小さくなったら、合っていたということですし、大きくなってしまった場合は、逆だったということです。

「聴き分け」は特別な能力ではありません

誰でも、最初から音程の聴き分けができたわけではありません。
私もそうです。

しかし、注意深く聴くことを繰り返し、徐々にわかるようになったのです。

今、「ずれてるか全くわからない」という人も、必ず気づけるようになります。
根気強く続けてみて下さいね。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags