アンサンブルのあと、お仕事がお忙しかったようで、全然練習できなかった生徒さん。
おうちで吹けないとなると、時間に余裕のある時しかスタジオなどに練習に行けないですよね…

絶えないリードの悩み

ロングトーンを聞いている感じでは、あまりわからなかったのですが、ご本人曰く「いつもより音が鳴りにくいです…」と。
前の時間の子に続き、偶然こちらの生徒さんもリードのお悩みを抱えていらっしゃいました。

先週は、アンサンブル直後だったので、お休みにした生徒のレッスンでした。 鳴りすぎるリード ロングトーンの前に軽く音出しをしてもらうと、前回よりもなんだかキンキンした音色になっています。 「アンサンブルの最中にリードが割れちゃって、新しいのにしたらこんな音になっちゃいました…持ってるリードを再オーディションしたんですけど、これが一番ましなんです…」と、困り顔… 話をきちんと聞いてみると、他のリードはどれも鳴りすぎで、音が広がってしまって嫌なんだとか。 彼女はずっとヴァンドレンの3番を…

ただ、症状は真逆。
片や鳴りすぎてしまうリード、こちらは息が入りにくいリードです。

前回まで使っていたリードは、やや年季が入っていたので(リガチャーの跡もついてしまっていたし。)新しいリードを探してもらうように伝えてあったので、今日は別のリードをつけてみたそうです。

リードの再選定

しかし、「前のリードはすーっと息が入ってたんですけど…」という状態なため、持っているリードを全て吹いてみることに。
すべてのリードを取り出し、一つずつ試して行きます。

クラリネットリードの選び方とメンテナンス方法

10枚近くケースに入っていましたが「これ!」というのは結局ありませんでした。

リードの選定基準

「吹きにくくない=鳴る」という、ざっくりした選び方だと、今回のようなことがまたあるかもしれません。

リードは「吹きやすいかどうか」に重きを置いて選んでいきましょう。

リードの鳴り一つで、クラリネットを吹く楽しさは変わっていくので、しっかり選べるスキルを身に付けましょう。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags