本日は、合奏経験者向けアンサンブルが行われました。

先月、体験にいらして下さったお二方は、来月新設のアンサンブルクラスに参加予定なため、本日は不参加でしたが、コンスタントに参加して下さる5名が、今月も全員勢揃いして下さいました。

今までは、皆さんB♭クラリネットを吹かれていましたが、今月からは1名がバスクラリネットを希望して下さったので、バスクラリネットを吹いていた講師は、B♭管を吹きます。

ベースが変わると、いつもと雰囲気が変わるはずなので、楽しみですね。

曲は、前回に引き続き、ラッセル・コールマン編曲の『カルメンファンタジー』です。

合わせるからこそ気づけること

先々月が前半、先月は後半を細かく見ましたが、時間が足りなくなってしまって、最後の『闘牛士の歌』が途中までしか進んでいなかったので、今日はそこから練習を始め、その後最初からもう一度確認しました。

皆さん、個人練習をしてくれていると思いますが、やはり2ヶ月前・1ヶ月前にやったことだと、どうしてもうっかり忘れていることというのがありますね。

タイミングの類は、特にそうで、

  • フレーズの出だし
  • 付点八分音符のあとの十六分音符
  • 後打ち
  • 三連符の入れ方

などなど、「あ!合わせる時は、そうやって吹くんだった!」と、合わせてみて思い出す部分というのがあると思います。

ですので、実際にアンサンブルしている時に、気をつけるべき箇所をしっかりチェック・メモし、できるだけその場で身につけるようにしていきましょう。

求められている音楽を把握し、表現する

また、アンサンブルをする時には、自分の役割というものを、きちんと把握して、吹き分けることが大切です。

メロディーなのか伴奏なのかはもちろん、メロディーの中でもどういうニュアンスが求められているのか、どんな伴奏が必要とされているのかまで、しっかり考え、それを表現できるようにしましょう。

目先の強弱にだまされてはいけません。

さらに、今回演奏している『カルメンファンタジー』は、メドレー形式になっていますので、例えば同じ「フォルテ」という指示だとしても、曲によって音量も雰囲気も変わります。

スイッチをバシッと切り替え、メリハリのついた演奏を目指しましょう。

さらなるまとまりを目指して

今日は最後に、講師抜きで通していただきました。

このメンバーで何回か本番も経て、慣れてきているからこそのまとまりがあり、落ち着いて聴くことができる演奏でした。

まだまだ、指が回らない部分があったり、テンポがキープできない曲があったりしますが、しっかりアンサンブルはできていますので、12月の発表会に向けて、ますます頑張っていきましょう。

細かい箇所は、ゆっくり練習しておいて下さいね。

次回のクラリネットアンサンブル(経験者向け)

2019年10月27日(日)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

クラリネットアンサンブル(経験者向け)

『カルメンファンタジー』も、かなりまとまってきました。
そろそろ、並行して新しい曲もやりたいなと思っています。
リクエストがあれば、どんどんお知らせ下さい!
10月も、みんなで楽しくアンサンブルしましょう。

クラリネットアンサンブル(経験者向け)は
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り1名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags