本日は、合奏経験者向けアンサンブルが行われました。

今月はお休みの予定だった方が、スケジュールを調整して来て下さったり、見学&体験の方がいらして下さったり、B♭クラリネット7名とバスクラリネットの計8名で、賑やかなアンサンブルになりました。

演奏曲は、前回に引き続き『キャラバンの到着』と、1月に演奏した『A列車で行こう』です。
どちらも、7月の発表会で演奏しますよ!

前回の練習から時間が空いた時は

まずは『キャラバンの到着』から合わせますが、今日は初見の方が2人いらしたことと、先月やったことをしっかり思い出していただくために、各自がクラリネットを出してから、合わせ始めるまでの音出しの時間を、少し長めに取りました。

せっかくメンバーが集まっているアンサンブル。
どんどん合わせる時間を取った方が効率的なことも、もちろん多くあります。

ただ、今回のように、楽譜に馴染みがない方がいたり、前回の合わせから時間が経ってしまっている場合、それぞれが自分のことで精一杯になってしまい、「アンサンブルをすること」に気が回らない可能性が高くなります。

指揮者がいないアンサンブルにおいては、その場の状況に応じて、どう進めることが一番効果的なのかを、常に考えるようにしましょう。

自分の状態を正しく判断する

たっぷり音出しの時間を取ったあとは、一度通してみましたが、やはり

  1. きちんと覚えていて、吹けること
  2. 覚えているけどできないこと
  3. すっかり忘れていること

に、どうしても分かれてしまいますね。

この曲に関して言えば、先月のアンサンブルで、分解と組み立て作業をしっかり行いました。

しかし、いくら細やかに練習していても、それはアンサンブルの場での一度だけのこと。
指にも自分自身にも定着させるには、繰り返し同じことを行う必要があり、時間がかかります。

通した時にできなかった箇所は、なぜできなかったのかをしっかり分析し、まず思い出すことが必要なのか、それとも覚え込ませることが必要なのか、自分に足りてない部分をきちんと見つけ、対処しましょう。

闇雲にクラリネットを吹いてみても、遠回りになってしまいます。

「応用」で練習時間短縮

今回は、先月やり残した後半部分を、かなり細かく見たので、最後の通しでは、後半はすっきりまとまりましたが、前半を思い出しきることができず、なんだか不安げな演奏になってしまいました。

曲の後半でやったことで、前半でも活きることは多々あります。
もちろん、逆も然り。

何度もお伝えしてきましたが、音楽は応用です。

クラリネットを練習するには、ある程度まとまった時間と、場所が必要ですが、楽譜は隙間時間に目を通すことができます。

「あ、こことここ、同じじゃない?」と、楽譜を見直しておくことで、実際に楽器を持った時に、パッと演奏できますし、どう吹こうかと悩まずに済みます。

2か月ぶりとなった『A列車で行こう』も、吹きながら思い出していくような状態でしたので、来月に向けて、前回の引き出しをきちんと開けておきましょう。

次回のクラリネットアンサンブル(経験者向け)

2019年10月27日(日)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

クラリネットアンサンブル(経験者向け)

『カルメンファンタジー』も、かなりまとまってきました。
そろそろ、並行して新しい曲もやりたいなと思っています。
リクエストがあれば、どんどんお知らせ下さい!
10月も、みんなで楽しくアンサンブルしましょう。

クラリネットアンサンブル(経験者向け)は
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags