本日は、新年最初の合奏経験者向けアンサンブルでした。

始まる時に「発表会お疲れ様でした」と挨拶すると、「あー、そうでしたねー!」との反応。
1ヵ月前が、なんだか遠く感じます。

そして、受験のために少しだけお休みしていた中学生が、無事に高校に合格したそうで、今日からまた参加してくれることになりました。

一足早い春の便りですね。

みんなで「おめでとう!」とお祝いしてから、アンサンブル開始です。

今日は、B♭クラリネット6名・バスクラリネット1名で、リクエストのあった『A列車で行こう』(クラリネット四重奏バージョン)を演奏しましょう。

パートを決めよう

今回は、B♭クラリネットのパートは3番まで。

いつもだったら、じゃんけんでパートを決めるのですが、今回は「今日パートを決めたら、そのパートのまま、発表会でこの曲を演奏することになると思います」とお伝えしたのもあり、皆さんちょっと慎重です。

「どうやって決めますか?」とご意見を募ったところ、「楽譜を見てから、希望のパートに立候補してみるのはどうですか?」というご提案をいただきました。

それはおもしろそうですね。

もしかしたら、極端に希望が偏るかもしれませんが、その時はその時、ということで、

まずは楽譜を見ていただきましょう。

全パートの楽譜に目を通したら、心を決めていただきます。

いざ希望のパートに挙手!となったところ、手が挙がったのは1番1人・2番3人・3番2人。
1番と3番はすんなり決まりました。

「2番はどうやって決めますか?」とお聞きすると、「揉めるのもなんなので…」と、お一方あっさり1番に移って下さって、無事にパートが決定です。

たまたま、最初に座った席のままのパートとなり、なんだか不思議な気分です。

では、初見で通してみましょう。

自分に合った譜読み方法を見つけよう

『A列車で行こう』は、皆さんよく知っている曲かと思いますが、アレンジが凝りすぎていて、辛うじて通したあとの感想は「なんじゃこりゃ…」でした。

皆さんの頭の上にも?マークがいっぱい浮かんでいたので、いつもよりしっかり、時間を15分取って譜読みをしましょう。

それぞれの方々の譜読みの仕方を見ていましたが、おもしろいですね。

手でカウントしながら、頭の中で歌ってみる方。
まずは楽譜を分析する方。
とりあえず楽器を吹いてみる方。

三者三様です。

譜読みの方法に正解はありません。
きちんと吹けるようになるのであれば、やってはいけないことも、やらねばならないこともありません。

ただ、より効率的に進めるためには、自分に合った方法を見つけられるかが鍵になります。

私は初見が比較的得意なので、「ひとまずクラリネットを吹いてみる派」です。

「闇雲に吹いてもなぁ…」という方は、初見の時にうまく掴めなかったリズムを解読してみたり、歌ってみる方法が合っているかもしれませんね。

当然「初見」というのは、1回しかできません。
初見力アップのためにも、いきなり譜読みを始めるよりは、まず一度通してみるといいでしょう。

その後の譜読みの進め方は、先程書いたように

  • 初見で引っかかったところを分析
  • 自分でカウントしながら歌ってみる
  • ある程度のテンポで吹いてみる
  • ゆっくり吹いてみる

など、いろいろなパターンがありますので(もちろん他にもたくさんありますよ!)、自分にはどのやり方が合っているのかを考えたり、試したりしながら、効率よく進められるようにしていきましょう。

譜読みの効率化は、その後の練習の効率化にも繋がりますよ。

今日やったことをしっかり身につけておく

譜読みが無事に終わったら、今回も最初から細かく見ていきました。

「なんでそこでそんなリズム!?」という、数々の引っかけにもめげず、最後にはかなりかっこよく演奏できるようになりましたね。

次回は、とりあえずもう1曲の発表会候補曲の音出し予定ですが、また『A列車で行こう』もさらに磨きをかけていきますので、余裕があれば練習しておいて下さいね。

来月も楽しみにしています!

次回のクラリネットアンサンブル(経験者向け)

2019年8月25日(日)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

クラリネットアンサンブル(経験者向け)

久しぶりのクラシック『カルメンファンタジー』を、前回からスタートしました。
やり応えのある譜面になっていますので、みんなでかっこよく演奏しましょう。

クラリネットアンサンブル(経験者向け)は
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags