本日は、合奏経験者向けアンサンブルの日でした。

今日は朝から、ここ最近の中でも特にひどい、蒸発してしまいそうな暑さでしたが、久しぶりにB♭クラリネット6人と講師のバスクラ、合わせて7人の大所帯。

少人数もいいですが、やっぱり大きめ編成でワクワクするのは、吹奏楽育ちだからでしょうか。

今日の演奏曲は『星に願いを』です。

きれいなメロディーとジャズアレンジ

様々なアレンジが出ている、この『星に願いを』ですが、今回は若手作編曲家・福田洋介さん編曲の楽譜を使うことにしました。

最初はゆったり美しく、途中からはノリのいいスイングの、クラリネット五重奏用アレンジです。

音源を聞いた様子だと、華やかな、楽しげな感じ。
少し複雑な部分もありそうですが、頑張っていきましょう。

パート分けの仕方

このアレンジでは、B♭クラリネットは4パート。
講師が、スコアを見て頭を悩ませた結果、1・2番は1人ずつ、3・4番を2人ずつにすることにしました。

吹奏楽では、クラリネットは3パートに分かれていることが多いかと思いますが、メンバーが3の倍数でない場合、どのようにパート分けをしていますか?

顧問の先生や、パートリーダーがやってくれるから、考えたこともない、という方も多いかもしれません。

あくまで1つの例ですが、人数に偏りが出る時は下のパートを多くすると、バランス良く聞こえます

例えば5人なら、1番1人・2番2人・3番2人。
7人なら、1番2人・2番2人・3番3人、と言った分け方です。(2番3人・3番2人でも、場合によってはいいかもしれません)

1番パートがしっかり聞こえた方が良くて、人数が多い方がいい気もしますが、実はそんなことはないのです。

各パートの役割分担

下パートを多くした方がいい理由を、各パートの役割を考えながら、見ていきましょう。

メロディーパートは聞こえやすい

1番が担う主な役割は、メロディーであったり、キラキラとした飾りだったりします。

このパートは音も高いことが多く、また、フルートやピッコロ、オーボエなどと同じことをやっていることが、しばしばあります。

ですので、人数を多くしなくても、自然と耳に入ってきやすいパートなのです。

クラリネットの高音は、キンキンしやすいですし、音程も合わせにくいので、人数が少ない方がいい、という側面もあります。

2番は調性を操っている

2番は、内声と言って、音の高さとしては目立たないけれど、とても大切な音を吹いていることが、多々あります。

1・3番と共にハーモニーを吹いていて、他のパートは伸ばしているのに、自分達だけ途中で半音下がる、なんて経験はないでしょうか。

これは、和音を変える大切な役割。
はっきり聞こえないといけない、大切な音なのです。

また、1番パートの吹くメロディーのハモりを吹いて、音楽に厚みを出す、といった役目も担っています。

良い演奏は土台がしっかりしてこそ

他のパートに比べて、低音を吹くことが多い3番パートは、上の2パートの土台です。

土台はしっかり、大きい方が当然安定性が増します。

ピラミッドを想像すると、わかりやすいかもしれません。
上が大きく、下が細かったら、成立しませんね。

しかも、低い音は高い音に比べて、人の耳に届きにくいという特性があるので、大きめに吹いたり、絶対的な人数を増やすと良いのです。

状況に合わせたパート分けを

ただ、上記の内容はあくまで一例ですので、曲によって、吹く人によって、また、他の楽器のバランスによっても変わってきます。

アンサンブルでは、パートを重ねること自体少ないかもしれませんが、もしその必要がある場合には、当然他の楽器の人達はいませんので、より頭を悩ませる必要があります。

今回も「どこのパートが、よりはっきり聞こえたら、曲としての完成度が上がるだろうか」というのを、しっかり考えて分けていますので、「下は絶対に多くしなきゃいけないんだ!」なんて、思い込まないように注意して下さいね。

メンバーの音量や、向き不向きも考えられると、より演奏が良くなりますよ。

安定のじゃんけん

とはいえ、このアンサンブルでは、どのパートを吹くかは、じゃんけんと、その勝者の希望によって決まります。

これは、決して適当なわけではなくて、誰にどのパートを任せても、きちんと吹いてもらえる、という信頼と、案外いろいろなパートを体験してもらえる、という利点があるからです。

今日も、なかなかおもしろい感じに、パート分けができました。

自信のない箇所こそしっかりと

スコアで受けた印象通り、やはり4番パートは大変そうでしたが、2人で助け合って、かっこよく吹いてくれました。

アンサンブルでは特に、メロディーやそのハモり以外で動いているパートがはっきり聞こえてくると、音楽に厚みが増し、聴いていて楽しい演奏になります。

「リズムに自信がない…」なんて時も、まずは大きく吹いてみましょう。
合っていればそれに越したことはないですし、間違っていても、しっかり吹いていれば、その間違いを指摘してもらえます。

小さい音で間違っていると「なんか違和感あるんだよなー」と思われていても、スルーされてしまいかねません。

それは、吹奏楽やオーケストラなど、大きな編成になればなるほど、気をつけた方がいいことです。

無事に仕上がりました!

もちろんアンサンブルですので、他のパートも重要。

拍を刻んでいるパートがなくなったり、裏拍で入るリズム盛り沢山だったり、一瞬躊躇してしまうような、ちょっと凝った作りになっているアレンジでした。

全員揃うはずのところで、バラバラッとなってしまったのは、みんなが探り合っているのがわかって、ちょっとおもしろかったですね。

最終的には、1時間ちょっとで無事仕上がり、本日の成果を録音して終了。

暑くてぐったりな一日でしたが、良いアンサンブルになったと思います。

来月もまた楽しいアンサンブルをしましょう!

次回のクラリネットアンサンブル(経験者向け)

2019年11月24日(日)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

クラリネットアンサンブル(経験者向け)

12月の発表会に向けて、『カルメンファンタジー』『フォスターラプソディー』に挑戦中です!
『フォスターラプソディー』は、今回から本腰を入れて作っていきますので、クラリネットアンサンブルにご興味がある方は、ぜひご参加下さい。

クラリネットアンサンブル(経験者向け)は
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags