今日は、合奏経験者向けアンサンブルの日でした。

数日前の予報では、台風の影響があるのではないかと心配していましたが、早めに過ぎ去ってくれて良かったですね。

なんだかんだ、皆さんお忙しい夏。
今回もあまりメンバーが集まらないかなぁと、ちょっとドキドキの日々でしたが、発表会にも参加された方が1名と、体験にいらして下さった方が2名、急遽来てくれることになったバンドアンサンブルメンバー1名と講師を合わせて、5名でのアンサンブルとなりました。

良かった、良かった。

お馴染みのM8!

本日の演奏曲は『ルパン三世のテーマ』です。

この曲は、バンドアンサンブルでもお馴染みの曲。
「吹奏楽を経験された方は、こういうジャンルの曲も懐かしくていいのではないかな」ということで、今回選んでみました。

使ったのは、こちらも懐かしい「M8(エムハチ)」の楽譜。

「M8」とは、「ミュージックエイト」という出版社の略称で、吹奏楽部ではしょっちゅう飛び交っている言葉。
比較的易しいアレンジのものが多く、流行りの曲などもすぐに出版されるので、使っている団体はかなり多いはずです。

「懐かしのM8ですよ~」と言いながら配ったら、「わぁ!M8なんて、懐かしすぎです!」との声が。

では、あの頃を思い出しつつ、早速初見スタートです!

楽譜をきちんと読み込む

パッと見た感じ、多少厄介なリズムはあるものの、「超」がつくくらい有名な曲ですので、なんとか雰囲気で乗り切ることができ、とりあえずは通りました。

ただ、そういう曲の方が、実は仕上げるのが大変なんです。
ついつい思い込みで吹いてしまうからです。

以前にも、そういうことがありましたね。
あれは、ちょうど1年前のことでした。

本日は、合奏経験者向けアンサンブルを行いました。 先月、人数が増えて喜んでいたのも束の間、今回はお仕事や部活の関係で来られなくなってしまった方がちらほらで、講師含めて3人という、かなりの小編成でのアンサンブル。 少し寂しいですが、「いつか機会があったら、びしっと吹いてみたい!」と、講師が数年前に購入していたトリオ向けの曲をやるのにはいいタイミング。 今回は有名な『くるみ割り人形』から8曲を演奏します。 くるみ割り人形 序曲 行進曲 金平糖の精の踊り …

「なんとなーく吹けちゃう曲」は、しっかりとした譜読みが大切です。

15分ほど時間を取って、じっくり読み込んでいただきましょう。

吹く人によって演奏の質を変えない

この曲は基本的に、メロディーに対して、3パートがリズムを刻み、バスクラリネットがベースラインを支えています。

ただ、ある時は1番、ある時は2番、そして最終的には3番も…と、フレーズごとにメロディーが移り変わっていくので、どのパートがメロディーでも、誰が伴奏であっても、同じように聞こえることが求められます。

書かれている音は同じでも、吹いている人が変われば、響きや雰囲気は変わるもの。

しかし「やってる人が違うんだから、しょうがないよねー」とはしたくなかったので、同じことを延々やることになってしまう方もいましたが、徹底して伴奏の吹き方を揃える作業を繰り返しました。

メロディーの方は、その間休みになってしまうわけですが、自分にも伴奏が回ってくるのがわかっているので、きちんと講師からの指示や、皆がどう吹いているかに耳を傾けていらっしゃって、「さすが合奏経験者だなぁ」と感心しました。

吹いていない時間を有意義に

吹奏楽やオーケストラでも、他のパートが捕まっていて「あー、暇だなー」なんて思うこともありますが、その時間は休みではありません

自分も、別の部分で同じことをやっているかもしれないですし、まるっきり同じではないにしても、似たようなことを吹く機会があることもあります。

また、自分のパートとどのように絡むのか、自分はそこにどう乗っかる、または支えるべきなのかなど、吹いていない時間をいかに意味のあるものにできるかで、合奏の質は格段に上がります。

合奏中「さっき○○パートに言ったでしょ!」なんて、怒られたりしている人は、今後注意していきましょうね。

かっこよく聞かせる技

こういうノリのいい曲でポイントになってくるのは、長い音符と休符です。

長い音符

絶対とは言えませんが、基本的に抜かないようにします。

長い音符を、必要とされている分しっかり張って鳴らすことで、演奏に締まりが出ます。
「美しーく」「それっぽーく」抜いてしまう吹き方は、ここではやめましょう。

字にするのは難しいですが「ダーッ」っと吹くと、かっこよくなります。

休符

まず、拍のあたまに休符がある場合は「ンッ」と飲み込むような気持ちで吹き出すと、音の立ち上がりがクリアになります。

休符は、よく「ウン」と表されることが多いのですが、それだとのほほんとした出だしになってしまいます。

また、小節の途中で休符がある場合は、前の音の余韻をなんとなく残したりせず、しっかり音のない空間を作るようにしましょう。

一気に、メリハリのある演奏になります。

練習の成果を出して仕上げよう

細かいニュアンスも揃え、最後に通し。
ちょっと疲れも見えましたが、初見の時とは比べものにならないくらい、ビシッとかっこよい演奏になりました。

普段、バンドでこの曲を吹いている生徒も、いつもとは違う曲の作り方・仕上げ方に、演奏後思わず拍手!

編成は小さかったものの、吹奏楽の練習方法を垣間見てもらえたのではないかと思います。
皆さんが、初見からほんのわずかな時間で曲を仕上げていく、ということにも、驚きがあったようです。

先月も書きましたが、いつもと違うクラスや編成に参加すると、いい刺激になりますね。

おまけの1曲

最後は、ほんの少し時間が余ったので、以前も別メンバーでちらっとやった『世界の車窓から』を軽く…と思ったのですが、十六分音符だらけで、複雑な楽譜に、皆さんこの表情。

呆然としている方々の中、「私は初見はやらないでーす!」と言う生徒は、1人でにやにや。

無理矢理通しちゃいましたが、「???」な曲でしたね。
いつかしっかりやりましょう。

体験でいらして下さった方々含め、楽しんでいただけたみたいで良かったです。
また来月も良い時間を過ごしましょう!

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags